平谷村 cafe sue is fine

長野県平谷村のcafe sue is fineのブログ。 地元の食材や、こだわりの食材を使った生パスタ、手作りピッツァ、焼きたてワッフルのお店です。 長野県下伊那郡平谷村443-1 09034432682 営業時間:11時~日暮れor売り切れまで 定休日:金曜日

2018年09月

DSC_1548

今朝はショウゲンジを狙いましたが、まだ始まりかけでした。

ペンキ塗ってくれてるお客様とご一緒したので、採りきれないくらい出てて欲しかったのですが…。

何故かミニサイズの松茸が出る場所で、1本採れました。

あくまでショウゲンジ狙いで、あちこち歩いてると、ハナイグチでびくが埋まって来ました。

松茸期待ポイントをいくつかはさんで行きましたが、どこもダメでした。

お客様が松茸採りたかったみたいでしたし、台風でお客様も来ないだろうと、僕はほとんど行かない松茸のシロを目指す事に。

途中ハナイグチやオオツガタケ、アイシメジにアミタケと出ててくれたので、僕としては正直松茸は良かったのですが、こうした機会でもないと行かないシロなので行ってみようか、って気持ちも正直ありました。

結果、やはり出る場所を知ってる僕が見つけてしまい、申し訳ない気もしましたが、200g超とあまりにも立派で譲る事も出来ず、そこで計4本、本日5本の松茸合計400g程を採りました。

DSC_1550

DSC_1551

松茸はコメントにてご希望いただいてた辰巳さまにヌメリスギタケモドキ・アミタケ・オオツガタケ・ハナイグチと一緒に発送致しました。

店で選別作業をしていると、来たけどやってなかったから温泉で飯食っちゃった、とのお客様がおみえになりました。

申し訳ございませんでした。

先週の木曜日から松茸の収穫が続いており、遅れましたが平谷村の松茸もシーズンインした感があります。

明日は牛乳配達があるのですが、台風が早く通過してくれれば配達前に松茸チェックに行けます。

台風次第では、山に入らない選択もあり得ます。

結局最後の最後まで雨に祟られた9月、きのこはたくさん出てますがお客様は少なくて、良いやら悪いやらです。

ハナイグチ・アミタケ・オオツガタケ・ヌメリスギタケモドキ・ショウゲンジで2kgくらいのきのこがあり、明日の発送なら可能な状況です。

よろしかったらどうぞ!

明日から10月。

好天で、お客様がたくさん来ると良いです。

DSC_1535

なんだか画像のアップロードが出来なくなってます。

まずは昨日から。

定休日でしたが、きのこご購入ご希望のお客様の為に牛乳配達後すぐ山へ。

前回置いてきた松茸が目的でしたが、まず画像の様にオオツガタケが出迎えてくれました。

DSC_1536

お、アップロードできた。

こっちにも。

DSC_1537

松茸は思ったより育ってませんでしたが、1本増えてました。

DSC_1538

反対側の斜面に猪。

見えますかね?

シャカシメジの出る場所あたりにいたので、「掘るなよ!」の意味で咳払いで威嚇。

お客様からご到着の報せを受け、下山して店に。

きのこをお渡しして、発送を済ませて再び山へ。

DSC_1539

DSC_1540

DSC_1541

DSC_1542

DSC_1543

13:00過ぎの山入りになってしまい、この時期覚悟はしてましたが暗くなるまで山に居ました。

オオツガタケと競う様に、クリフウセンタケ。

アミタケも良いのが沢山。

クロラッパタケも少し。

その他オウギタケ・ヌメリイグチ・ハナイグチ・ショウゲンジ・ハツタケ・チチタケ・スミゾメシメジ・ハタケシメジ・アイシメジ・クギタケの収穫でした。

松茸は、根っこに引っ掛かって割れた60g1本。

やや開きで、香ります。

台風来るので、販売準備を優先して進めました。

DSC_1544

DSC_1545

DSC_1546

DSC_1547

今朝はまずハタケシメジから。

少し採れました。

ボリボリ沢へ行ってみると、既に終わってました…。

何かを流してしまうのは仕方がないのですが、良い状態のものを食べた事があれば、ナラタケは何より優先したいきのこで、残念でした。

仕方なくヌメリスギタケモドキの場所へ移動。

ヌメリスギタケモドキも凄かったのですが、ナラタケが結構あって助かりました。

逆に沢山あると思ったハナイグチがほとんどありませんでした。

週末のたび天気が悪く、来客が期待出来ないところに大収穫が続き、どんどん発送してます。

本日も既に半分くらいのきのこが発送や販売でなくなりましたが、まだヌメリスギタケモドキ1kgくらいとアミタケ750g、クリフウセンタケ450g、チチタケとハナイグチが200gずつ残ってます。

明日も来客には期待出来ないでしょうし、明日はショウゲンジたくさん採って来る予定ですので、積極的に発送してしまおうと思ってます。

ご希望の際は090-3443-2682まで、お気軽にお申し付け下さい!

今年は最後まで、きのこはあれどお客様は少ない9月となりそうです。

10月に期待したいと思います。

DSC_1529

雨ばかりできのこは絶好調ですが、お客様が少ない9月となってしまいました。

天気にだけは勝てません。

ショウゲンジが姿を見せ始め、ピークへのサインを受け取った昨日から、かなり行き先選びに頭を悩ませました。

薄暗いうちから歩き出して、車止めた場所から歩き出してしばらくして戻って別の方向へ行くくらいに。

思えば、僕は、「きのこが出る」状況を、知らなかったのかもしれません。

基本的に、どんなに不作と言われていようが毎年それなりに採れてますし、それは幅広い狙いとひたすら歩くというやり方の結果だったと思います。

しかし、今年は出てます。

何度かきのこ採りの方が、「イクチも出てねえ」と言うとご紹介したと思いますが、山裾ならまだしも、山の中でそんなにアミタケが出てるイメージがなく、正直ピンと来ない言葉でした。

今年は、山の中でもいつでもアミタケ拾える感じです。

要するに「イクチも出てねえ」状態は、僕がいつも歩いてる様な状況の事だと思います。

平谷村は「きのこが出る環境ではない」とも、良く言われますし…。

DSC_1530

けれど、例年の様に、歩けばきのこは集まります。

しかし、今年は、きのこが採れ過ぎて、ルートの半分も歩けない、って状況に、ここまですでに何度も陥ってます。

必ずピーク時期に1度、また、クリタケ祭の時期に1度ある事ではありますが、まだ一般的にはきのこシーズンとは言えない早い時期からこうなるのは珍しい事です。

DSC_1532

発送で評判が良いチチタケも少し採って来ました。

このチチタケ、食感を楽しむきのこではありませんので、冷凍保存も良いんじゃないでしょうか?

ウラベニホテイシメジも5本採れました。

例年せいぜいこれくらい採れれば上等なのて
、今年の出の良さを物語ってます。

本日は、よほど割り切って採取日にしてしまおうか、と思う様な状況でしたが、午後から雨が止む予報に期待して店開けてます。

ディナーにご予約1組様で、松茸1本出します。

他の4本はすでに行き先決まっちゃいました。

明日は定休日、ナラタケ・ハナイグチ・ヌメリスギタケモドキ・ハタケシメジが気になりますが、1度松茸廻りした方が良い気もします。

どうしようかな…

DSC_1518

牛乳配達前に、ショウゲンジ見に行くつもりでした。

やっといつもの場所に松茸見つけましたが、まだ小さく、置いて来ました。

またシャカシメジが出てました。

オオツガタケの極上品が採れました。

ショウゲンジは、ショウゲンジ山行けばかなりの収穫を見込めそうです。

DSC_1519


少し前に「新たな発送の取引は出来ない」みたいな事書いて、気を遣っていただいたお客様にも、今頃きのこが届いている頃かなと思います。

内容的にお任せいただけるのであれば、本日2kgまでは発送可能です。

DSC_1520
DSC_1521
DSC_1522

DSC_1523

DSC_1524
DSC_1525
DSC_1526
DSC_1527
DSC_1528

以上は店頭販売の様子ですが、早めにご連絡いただければ、こちらから発送にまわす事も出来ます。

尚、これからピークを迎え、単一種で2kg〜3kgとかのご要望にもお応え出来そうです。

特にショウゲンジは沢山採れると思いますので、ご希望の際はお申し付け下さい!

お問い合わせは090-3443-2682まで。

店頭販売、びっくり価格ですが、来ていただいたお客様へのサービスで、発送の場合もう少し高くなってしまいます。

ご理解いただけると幸いです。

また、一応ご希望いただいたお客様にはひと通り発送したつもりですが、「あれ?うち忘れられてる」という方いらっしゃいましたら優先致します。

良い収穫が続き、今後も続くであろうと見込まれます。

またしばらくすると発送が難しい状況になるかもしれません。

その際はご容赦下さいませ。

DSC_1514

今朝は名駅CさんのMさんと山に入りました。

昨夜、というか、今朝の2時までお仕事されてたそうで、「1時間くらいは寝れたから、良いかな」とおっしゃってました。

僕などまだまだ甘いですね…。

イタリアン系の方なので、クロラッパタケをメインにルート組みました。

中3日のクロラッパ畑は、今ひとつな感じでしたが、オオツガタケがあちこちで良い感じに出始めてました。

この感じ見ると、シバモチは前回でクリフウセンタケはだいたい出てて、これからオオツガタケメイン
になりそうな感じです。

アミタケは途中で拾えるだけで狙わず、昨日に続いて良いホウキタケと、ハタケシメジ・チチタケ・サクラシメジ・ハナイグチ・シロヌメリイグチ・オウギタケを採りました。

うれしいアイタケ1本にも当たりました。

何よりウスヒラタケがすごい勢いで出てて、二人ともウスヒラタケでびくを埋めた感じです。

ヌメリササタケがやはり良い感じで、Mさんには採っていただきました。

Mさん、今夜もお仕事でお忙しいなか、お疲れ様でした。

またよろしくお願いいたします!



ここから一宮のO様向けの説明です。

皆様も是非ご参考になさって下さい!

DSC_1517

ウスヒラタケ。

状態が良かったので発送致しましたが、常温で保管するとキノコバエが発生しやすく、普段あまり販売や発送に使わないきのこです。

チルド発送なので大丈夫だとは思いますが、到着後速やかに強めの塩水に浸けて虫だし処理してください。

虫だしは1時間以上を目安に、半日くらいは入れておいても大丈夫です。

一緒に送ったアミタケやオオツガタケの小さいのとまとめて虫だししてしまうと良いです。

アミタケは、虫だし・洗浄後下茹でしてしまうべきですが、ウスヒラタケ・オオツガタケは、虫だし・洗浄後水を切り、冷蔵庫で2日くらいは保管出来ます。

ウスヒラタケは特に炒めものに向きます。

和洋中問わず、特に中華風の炒め物には相性抜群です。

DSC_1516

オオツガタケ。

立派なものは、虫だしせず流水で洗浄して直火焼きが美味しいです。

今回400gあるので、生から醤油だけで味付けした炊き込みごはんや、すき焼き・鍋・クリームシチューもオススメです。

何にしても美味しいきのこです。

DSC_1515

アミタケ。

柄はかたいので、傘だけを使ってください。

前述の様に下茹でまでしたら、ざるにあげてゆで汁を切って、冷ます時は器にあけてそのまま冷ましてください。

水でしめると、うま味も流れる気がします。

冷めたものを、味噌汁やおろし和えが一般的ですが、ごま油と塩でレバ刺し風も美味しいです。

もちろんウスヒラタケ・オオツガタケをクリームシチュー や炒めものに一緒に使ったり、ウスヒラタケ・オオツガタケ・アミタケを鍋やすき焼きにするのも良いと思います。

最後にチチタケですが、栃木県出身の僕としては是非正しい食べ方(そんなのないですけどw)で美味しく召し上がっていただきたいきのこです。

チチタケ出汁の取り方

チチタケは虫だしに入れず、流水で洗浄、いしづきを取り、きれいなまな板の上で細かく刻む。

乳液が出ますが、乳液ごと油を入れて弱火にかけたフライパンに投入してください。

焦がさない様に、じっくり炒めていきます。

1口大にダイスカットした茄子を入れて、さらに炒めていきます。

茄子は表面が炒まれば大丈夫です。

醤油を入れて、温まり全体にまわったら、水でのばして火を強め、沸かして出来上がりです。

これを冷たいうどんやそばの温かいつけだれとして食べると、めちゃめちゃうまいです。

チチタケは虫もつかず、持ちが良いきのこですので、冷蔵庫で2日くらいは持ちます。

1kgくらいのきのこは保存するまでもなく食べきってしまうと思いますが、保存する場合、1度火を入れて、出来れば味付けまでしてから冷蔵、あまりオススメはしませんが冷凍していただくと、美味しく保存できると思います。

あ、あと、きのこは菌類で金属とは相性が良くないです。

ざるや器は金属のものは避けてください。

包丁で切らず、手で裂く理由もここにありますが、こちらはさほどこだわる必要はないと思います。

また、生焼けは中毒のもとですので、どんな調理でもしっかり加熱する事を意識してください。

長くなりましたが、是非ご参考にお楽しみ下さい!

娘たちが紙のきのこ気に入って作りたがってたのです、またのご来店の際には作り方教えて下さい。

よろしくお願いいたします!

このページのトップヘ