単なる私の日々。

自分自身が育ってきた環境から見た立場を中心に、触れて行きたいと思います。又、殺処分においても、年間数十万頭からが炭酸ガスによる致死処分であり、これも身勝手な 一般人によって 引き起されている現実。多頭崩壊においてもそう。自覚と責任を意識しないで安易に要求をする者達が引き起している現実だと言う事を。 <非常識なコメントは裏からでもお断り>

根は,短気なので,時々キレテ攻撃的になるやも。荒らし行為は 許しませんよ~(笑)。 <非常識な方からのコメントは裏のほうでもお断り>

トップ固定!!

409b482b.jpg

保護の経緯。

7月の終わりごろ,出先から帰宅したら玄関先に置いてある餌を食べに来ていたので

慌てて踏み板式を取り出してくるも

時すでに遅しでたらふく食べていたらしく,それから10日ほど奮闘した末に保護。

蚤ダニその他寄生虫は駆除。

エイズ&白血病は陰性。3種ワクチン接種(第1回)。推定月齢3か月半前後。

人馴れ度。まだまだ修行中。

保護預仮先→
猫は小判邸。仮称などはまだお聞きしていませんが同じ時期に

別の現場で保護した子猫もやはり三毛。

例の公園の近所にお住まいのその地域の地主さんのお家の方が避妊去勢手術を

殆どされていなかった為に

急激に増えてしまい,小規模の群れ化と化していていつ毒殺が起こっても可笑しくない

状況にあります。現に、この近所では毒殺が比較的最近

行われたということもあり,これ以上増えてしまうと取り返しのつかないトラブルとなるところでした。

私が保護した三毛がいた自宅の玄関先も目の前が比較的交通量の

激しい道路ということもあり,保護するかどうかを迷いましたが,思い切って踏み切ったという次第。

一つの方法として,一か八かの賭けで

生後半年くらいになる迄玄関先で育ててから手術して,リリースしようかなとも思いましたが

譲渡募集という形にしました。仮名称がどうやらたま子らしいっす。

                     追加。

新たに保護猫が掲載されました。

黒毛ちゃん・仮称風太君→。
里親募集掲載。うちの玄関先で捕獲した子だと思われます。

性格はバッチグー、可愛い丸顔の…小判さん曰く

小熊みたいだと…。ウィルスチェック(エイズと白血病)は陰性。保護場所は、うちの玄関先。

ふらっと姿を現して、置いてあるフードに口をつけようとした所を

私が目撃。フロントラインその他も完了しとりまっす〜。バリバリの健康体だとの事。

勿論、ワクチン接種(三種フェロバックス)完了。お問い合わせは
猫は小判邸様へ。

何度も書きますが、野良上がりだからと言って馬鹿にする様な方は

私達の方からお断りします。貰ってやるんだから丁寧に媚び諂えみたいな方は、門前払いと

させて貰いたく思います。当たり前です。そういう方が少なからず

いらっしゃるご様子ですので。

そういう方は、ブリーダー(シリアスホビークラス)も門前払いされる。質を重視する以上

媚びると言う事はプライドが許さないと言う事です。

ボランティアも、やっている事は逆でもやはり譲渡の質に拘るなら門前払いは当然の事と

認識されている筈ですので。


三毛ののぞみ,
引き続き募集中!!


三毛ののぞみ1三毛ののぞみ2


三毛ののぞみ2三毛ののぞみ4



推定年齢5歳。

2010年〜2011生まれ。

私が配膳に通っている現場にふらりと単独で現れました。

2度ほど里子に出ましたが里親様の

無理解さが原因で戻ってきてしまいました(--#)。

血液検査(エイズと白血病のみですが…)陰性。

ワクチンその他完了。追加ワクチンを譲渡時に受ける事になります。

威嚇は一切ないとの事。

募集条件は、たまこと同じでございます。

代理募集主様へご応募ください。

                  更に追記。

三毛のたまこ、現在6か月半。避妊手術完了しました。

さらに追記。たまこ、急死しました。

のぞみは引き続き、継続中です。


保護の経緯。

今年の2月頃、ふらりとうちの玄関先にやって来た所、リリースのつもりで去勢手術の為の一時保護

をしましたが、元の場所に放すのは忍びないと言う事で

そのまま募集という運びになったと連絡が入りました。推定月齢は保護時で生後半年。今は8カ月位に

なっているかと思います。

未だ、完ぺきではないようですが、保護時ほど威嚇が酷くなくなり少しずつ人馴れが始まっていると言う事で

そ〜ろとなら、触らせてくれるとの事。

毛色、見ての通りの雉トラ・性別は勿論♂。血液検査(エイズ・白血病)陰性・3種ワクチン・蚤ダニ駆除完了。

ダルちゃん4

僕ちゃん、ダルちゃんと言うでしゅの。

ダルちゃん3
なんでだか、簡易のトイレの中に入っているでしゅの。ここが一番リラックスできるでしゅ。

ダルちゃん2
悪意でイカ耳になっているんじゃないでしゅ僕ちゃん。

ダルちゃん1

首を傾げ乍ら…なんでしゅか?僕ちゃん、イケメンとまでは行かなくてもあのリリースでと

言っていた保護主しゃん(私の事)が

顔は何となく可愛い顔だちですが、もう放そうと言っていたんでしゅが、僕を放すのが忍びないと

代理募集主様達が言うので、お世話になる事になったんでしゅの。

甘えられる人がいたら、めいいっぱい甘えたいでしゅの。

代理募集主様はこちら

募集条件。

○脱走防止対策をし完全室内飼いに徹底して下さる方
○アンケート・契約書に署名捺印
○定期的な近況報告(郵便・メール)
○必要な医療の受診(予防医療も勿論含みますワクチンなど。)
○未成年者の方は保護者の方のご意向でお断りする事があります
○悪質な里親詐欺・虐待・転売目的を阻止する為医療費の一部をご負担頂きます(1万円)
○当方達は関西圏に在住の為募集は、関西限定とさせて頂きます。

先ずは、お気軽にご応募ください、件名に「雉トラのダルちゃん募集の件で」と

書いて頂ければ。また、いつでも里親募集中にて代理の方が

載せて下さっていますダルちゃん掲載ページ。他にも沢山の保護っ子達が保護場所にいます。

その子らの大半が、人に裏切られ、地獄を見た過去を

背負ってる。生き地獄を、見た事など忘れさせてくれるほど愛情のある方からのご応募をお待ちしています

代理募集主様ともども…。

拡散・転載希望!! 猫とネコの二つの本棚さんから!
京都・迷子犬

↑のバナーをクリック!!

飼い主さん、名乗り出て下さい!!

お宅の犬ではありませんか?



特徴
保護の経緯 連絡先 届け出等 拡散協力依頼



犬の特徴

  • 中型和犬、茶色、雄。
  • 年齢はわかりません。
  • 耳は小さな三角形で立っています。
  • 目は紀州犬みたいな三角形。
  • マズルが長く、ストップが浅い、いわゆる「キツネ顔」です。様子から、人に飼われていた犬であることは確かと思われ、人恋しそうに自ら近寄ってきますが、決して触らせません。あるいは日本犬らしくご主人様にしか心を許さない犬だったのかもしれません。
  • 保護時、首輪はしていませんでした。

保護のいきさつ

京都府北部の山村に保護されています

最初に私が目撃したのは2015年11月25日です。

猟犬の可能性を考え、近隣府県の猟友会に連絡、しばらく様子を見ていましたが、残念ながら飼い主は現れませんでした。

住民に追い払われたり、ご主人様のお迎えを期待してか車を後追いしては何度も轢かれそうになったりし、このままでは危険と判断し、12月17日に保護しました。

現在は周囲をワイヤーフェンスで囲まれた田圃の中にいます。12月23日現在、私の姿を見ると遠くから尻尾を振って歓迎しますが、まだ体には触らせてくれません。

届け出等

  • 警察、保健所、市役所への保護(拾得)の届け出は済んでいます。
  • 周辺府県の猟友会はすべて問い合わせました。
  • 動物病院、ドッグカフェ、その他親切なショップ等にちらしを置いてもらっています。
  • 在住市および隣市の地域新聞に広告を依頼しました。

複数の「迷子掲示板」に投稿しました。

これからますます寒さが増していきます、早く元の飼い主の所へ戻れますように。

近畿地方…只今雨が降っておりますです。今日は木曜かね?木曜でした^^。

今日は,電気代が何とか払えた^^;。

何とか軌道修正に向けて頑張っているが,なかなか上手く行きませんわい。

何とか頑張るしかない。さあ。今日は

例の地区での妨害はなさそう?だったが,あほが本当に余計な事をして下さるので

これって本当に鬱陶しいだす。

台風20号が関東の小笠原近海に接近していて,九州から東日本を中心に

大雨を降らす恐れがあるとの事らしい。

多分、一番最後の奴あたりで列島縦断という最悪のコースを毎年取る。

もう次から次へと今年は台風の当たり年と

なった日本。そんでもって,その台風に被災した人及び動物も結構いると聞く…。

台風11号の時は,九州・中部東海及び近畿地方を

を中心にあちこちで避難勧告が出ていたほど。甚大な被害も出た。

もう…いい加減にブチ切れたが自然の事なんでどうしようもない…心底恐ろしいのは,私が住んでいる所は

川が集中していると言う事…。特に支流の中でも合流・合流で

重なって流れている安威川は昔から水害に弱いらしく,治水の強化がず〜っとの課題になっていると聞く。

何としてでもゆきを守らねば…。これは,飼い主ならみんな

そう思う筈だ…。その為にはペット同行避難を何としてでも実現をと言う事です。温度差の問題もあるが

そこには軽視しちゃいかん命と言う奴なんで。

遅ればせながら…台風11号及びそれ以降にも次々と日本を襲撃している台風により被災された方及び

動物達が一日も早く落ち着いた生活に戻れますよう願っております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて…数日前,お隣の街で個人の猫ボラとして啓豪活動をされている

ねころんださん。なんと,とんでもない目に合われた

と記事にアップされておりました。その内容がこちらこちら。大阪の彩都の方に譲渡されたと言う子猫を

何と里親が逃がしてしまい,それを2カ月も知らせもせずに

放置していたと言う事が判明した(勿論,脱走した時は保護主さんに連絡して指示に従う事と

誓約書には明記されていたそうですが)と。

で…さらに驚いたのは,家族ぐるみで一種の里親詐欺を働いた事が判明したとの事。

良くある偽の家族を演じると言うものじゃなく

本物の家族がしでかしたと言う奴…。家族構成は,子供一人と父母の3人らしい。

現在、夫婦は別居しとるらしく,妻の方の住居は

吹田市の青葉台にある市の団地…。ところがそこはペット不可…だが嫁はんはどうしても猫が欲しくて

彩都の方にある,旦那が住んでる一戸建ての方を

利用して,保護主・募集主様に届けさせ,誓約書(契約書)を交わさせ…。それでその日の内に

嫁は吹田の青葉台の自宅の団地に猫を連れ帰ったらしい。

一応,彩都の方でも聞き込み?をしたりしたらしいが保護主様は,青葉台の自宅で逃がした可能性が高い

と言われています。そこは小高い山になっていて

野生獣も沢山住んでおり…体重1キロに満たないちび猫が無事に生きられるとは思えない…。

まして2か月前と言えば,台風の影響による集中豪雨と

蒸し暑い最中だったと言う事もあり,体力が持たなかった可能性もあるとの事。ましてワクチンにしても

2回とも未接種の状態で逃がしており,雨によるずぶ濡れ及び

暑さによる脱水…。が幸いな事に,このちびちゃんは,非常に人馴れしていると言う事で

もしかしたら温かい気持ちのある方に保護されて

暮らしている可能性もあるかも…と仰っています。勿論,里親には継続して探すようにと

確り言われたとの事。情報を待っておられます。

ちび猫ちゃんの毛色は茶白。写真を見る限りでは当時の月齢が推定で2か月位と思われます。

と言う事は,現在推定4か月ほどになっているかと思います。

茶白ちび猫
募集当時の仮名称が「とら豆」。情報を探しておられます。

もし,このちび猫を保護されて大切に養育されている方,もしくは近くにいるのを目撃されている方

保護主様のブログコメント欄に情報を提供願えませんでしょうか。

保護されて大切に飼養されている方も保護主様のブログに

コメントを入れてコンタクトを取って貰えないでしょうか。非常に心配されていらっしゃいます。お願いします。

逃がした可能性が高い場所は吹田市青山台1−2の付近だとの事。

とても遠くに行ったとは思えません。(猫は犬よりは移動性が低いと聞いています。)どうか一方を

お願いします。

で、明日から急激と言う訳じゃないが、おいおい秋の色に近づく月でもある。

今年は残暑が厳しいとかいうけど

それって毎年そう言っている気がする。踊らされ過ぎの様な気もする…。本当の所は

なってみないとわからないと言う奴。

今日は、予想最高が35度と出ている。これも日によって大きく変わるから何とも。

夏は何処にいても暑いし、冬だって何処にいても

寒い。温暖化と言われているが人間次第でこれも、また本来の地球に回復する事もあり得る。

明日は網戸の修理に業者がやって来る。さあ、ゆきちゃまには

お利口ちゃんにしといて貰わないと。

さあ、今月は、いつ小判邸にお邪魔して来ようかな。此方の方の支払いも少しずつ。

手術代で言うなら♂三匹分相当と端数と言う所まで来た。

今年中には、完納出来る。今年も、既に1月から入れると、避妊去勢だけで10万円、運送

を含む交通費を入れると15万位使ったかな。

これが自動車の運転が出来る人だとガソリン代に代わるからやはりそれ位になるかと。

病院があるS市は、大阪市に比べるとびっくりするくらい、街路樹が多い。

それに加えてS市は、山を切り崩して開発された所で、それにプラスして市が緑地化の推進に

力を入れているのか、行くと「涼しいな〜」と思う。

大阪市でも、私が住んでいる所は緑が未だ比較的、目につくが元々が緑の少ない街でもある

為、まだまだ足りない。うちの近所も、庭に植樹が出来ない代わりに

鉢植えを沢山置いているお家が多い。そのせいか、空気が他よりきれいな感じ。

S市も、そう。特に、S市は本当に多い。で、空気も浄化されている感じがする。大阪市もそうなってほしい。

私は、植物を育てるのは苦手なので、せめて何とか別の方法で

暑さを乗り切るしかないな。うちの空きスペースは土になっている。そこをせめてそのままにする位。

これでもかなり違いますよ。うん。今月も、ちょっとでも支払おう。うん。

昨日からゆきやん,家の中にいます。今日の夕方にはお外に戻って頂きますが〜。


お嬢しゃま,昨日の朝から今朝までは台所のゲージの中にいて,今は玄関先。扉は開けているので(通風の為)風は入る。


隣の馬鹿犬の声が今聞こえた。まあ,飼い主の頭がこの場合,芯から狂いきっているからしゃあないね〜。


だから,何かをやらかした時は,ある程度ど真髄・ど急所に響く位の一撃を与えても直ぐに又繰り返す。喉元を過ぎない内に。


実は、私以外にも荷入れの際に偶然居合わせた店子さんがいてその方は直ぐに気づいた。「訳ありだな」と口に。「いい所を見たな」と思った。今は隠居生活をされているが,以前に商売をされて長年されていたので,人を見抜く目はある程度持たれているんです。


私は,どの程度のレベルだろうと思い、ゆきを使って反応を見た事は以前に書いた事がある。かなり酷いもんだと判断した。



それからの有り様は記している通り。然り気無く監視を続けている。



一応,2度ほど生活保護支援課には簡単に過去通報した。1度目は支援課宛の問い合わせ宛に「指導を要望します」とメッセで。



2度目は,狂犬病ワクチン済み証明書を出しに行った序でに支援課の窓口案内人が立っていらっしゃったので担当のケースワーカーに伝えといて下さいって感じで。



生活保護受給者に対する世間の目が厳しいのは,受給をする事が原因なんじゃなく,その人間性・行いに問題があるからなのでまさにそれに当てはまるのがこの馬鹿夫婦。



病気を患っているのもあるがそれ以前にお育ちの問題が見栄隠れ。そこに脳がダメージを受ける病気になった感じ。思考力や認知を司るほうの。


色々と行動異常も。「相手にしない」が一番。近隣達に迷惑をかけかねない動きを取り出したら手を打つ様にしています。



簡単な事。やらかしている事の中でも皆が知らない事もあるのでそれを話して「こう言う事もやらかしているので深入りしないでね」と言う具合い(笑)。



馬鹿は馬鹿なので(笑)。他の店子達の生活の質・暮らしに影響するような事は許さないのも私の仕事だから。やらかしたらやんわりと牽制する。



強制的に退去させる権限もある。目には目と言う爆破スイッチを握っているようなもんだから。



私がお目付け役である夫婦の担当CWさんに直接ものを言うようになれば住む場所を失う事にも繋がる。



それも彼ら次第になるけどね。さて。ゆきちゃまの話に戻しましょう。爆笑ドックのゆきちゃまは本当に滅多に吠えない。特に躾けた訳じゃないが本当に気が向いた時にしか吠えない。



近所の犬が吠えても気が乗らなかったら反応吠えもしませんし。何かを知らせようとして吠えるのと隣の犬みたいに意味がなくしょっちゅう吠えるのとは全然違う。



うん、違うよ。

そこに向かうべく、Oさんのお店へ行くと…。お孫さんが偶然来られていた。暫く、店に滞在した後

私は単独で配膳へ。。。一番最後に、今日明日

7月分の家賃を持参する店子がいて、その中から生命保険料と年金、建物更生共済の支払いと

猫の方の支払いの一部を済ませようと思っている。

未だ、こちらも莫大(と言ってもそんなに何十万もじゃないけどな^^;)に残っている。

少しずつでいいよ〜と、獣医科の会計た・ん・と・うさん。

余り、迷惑をかけたくないのは重々な所なんだが(先生だってそれで生活していらっしゃるんですしぃ…)。

財政が厳しい我がお財布。未去勢の♂がちらほらと

(5匹位??捕りこぼし…♀が来たらえらいこっちゃだとなるんだが…)現場は、本当に少しずつ

少しずつだが淘汰が始まってきていて、だんだんひっそりと

してきている。だんだん、ひっそりとしてきているね。皆、天寿を全うしてっている証拠だ。殆どが

天寿を全うした事によるもんだ。そら、手違いで増やしてしまった事も

あるが、再度強化し、継続もしているのでそれからは増えてない。何となく寂しい感じもするが

これで良いんだよ、これがコントロールするって事だ。
と私。

トラップニューターリターンだけでは勿論不十分、だから、あらゆる方面から締め付けが行われ出している。

勿論、ボランティアに置いても、今は任意だが徐々に

動物取扱業申請をしなければならない方向になりつつあると言うのは確かになって来ているし。

やがて、強制的に申請させられ業者としての届け出→登録→許可制

と言う事になるかと。そう、保護と譲渡の方をやっている所が当然その対象。未申請の所に、抜き打ちで

愛護行政が行く事もちょこちょこあるようだ。

良いんじゃないかな、それは寧ろ。そこできちんと説明し、改善が必要な部分は追ってやって行く事を

きちんと説明すれば行政だって鬼じゃないし。

私は個人的に思うんだが、殺処理現場にいるのは獣医師さん達でもある…。

嫌なんじゃないかなぁ〜って思うな…。

だからこそ、その上に立つ環境省の役人達が処理現場に行ってその現状を見て(多分見ていないから

わかってない感じがする…)現場の職員達の精神的なケアも

する策を講じる必要があるんじゃないの?と言う気がする。普通の神経なら、きっと病んでしまって可笑しく

なりますよ…。行政での殺処理の現実は

一部の悪質な一般人が齎している者。持ち込まんとする者が齎しているもの。

行政の職員が齎しているんじゃないって事なんだす。

生粋のシリアスホビーブリーダーやきちんとしたごく普通の一般人飼い主なら、持ち込みませんから。

そんでもって、そう言う人達は”甲斐性”と”責任”と言うものも

当然確りと弁えられていらっしゃるのでね。勿論、中には問答無用の情け容赦なんぞ必要のない

クラスも当然存在している訳で。そういう輩は、何処かに

その雰囲気を出している筈。見抜くのは、難しいかもしれないが、見抜くのって必要だと思うよ。

里親詐欺・ネグレクト・虐待・転売目的だけじゃないでしょ悪質な奴らは。

一つ一つを厳しくしていけば、何処かで引っかかってそ奴を門前払いする事が出来るはずなんで。

ペットショップも、これ位やればかなり阻止出来る筈(悪質な所は変に媚びまくる。が、門前払いを

する気で挑めばあほには、更に入手が出来難くなる。生体展示販売スタイルを廃止している

所もあると言うが、あのですね。これはね、いまみたくペットブームじゃなかった頃は

せいぜい置いていても小鳥と金魚位しか置く程度だったんですよせいぜい。

犬や猫は、その専門犬舎やキャッテリー(猫専門舎)を時間をかけて探す。そう、その探し出すのが

困難なだったと言っても良かった筈なんです。それ位、少なかったの。

探し出すとしても、少ない犬舎やキャッテリー(猫専門舎)をつてを頼ったりして。これをご存じない方が

多すぎるんじゃないかな?ほんと。それに、その頃は

インターネットも当然今みたいに普及してなかったからね…)。

その代わり、野良(犬の方も)今とは比べ物にならない位多かったよそら。それでも、それなりにうまく

共生と言うか…。放し飼いも多かったし…。それでも

徐々に犬の方は、減って来た。殺して減らすから、殺さないで減らすと言う方向に、時間をかけて

向き出し始めたからじゃないかね、その頃から。

平成に入ってからペットブームが始まり、その関係で飼育環境が大きく変わった。

犬種・猫種を問わず、室内飼いへ移行し始めた…。

そうなると、避妊手術・去勢手術と言うのを、大半の飼い主達が意識し始めるようになった。

これをO院長は「閉鎖的な環境に置かれる様になった」と表現してたっけ。

バースコントロール(避妊去勢手術)を行わない事で、室内を汚されるようになったり発情シーズンを

鳴き声が五月蠅くなったりと言う事も起こる。忍耐強い飼い主なんて

滅多といませんよそんなの。その結果、別の意味も含めると淘汰と言う形にもなったんだと。

但し、ある面別の問題が増えてしまった気もするけどな。

飼育すると言う意味だけじゃなくて人間としても失格の烙印を押されて当然のあほは幾らでもいるってそら。

うん。

となると、うちの玄関先も現場になるんだが少しフードを置くのが遅くなると皆いったんどっかに散る。

で、他の餌場から帰宅してフードを置いたりすると

皆すごすごと出て来るわけですね〜。この時の写真は、もう深夜なので写真は撮れず。

ゆきちゃまは…私の気配を感じ、猫の気配も感じると

ブーブブーブブーブーブーっとまあ、摩訶不思議な鼻鳴らしをされております。

今は静かですが、深夜は隣りの犬がわんわん吠えてた。

何か、要求をしているっぽい感じだが…原因は飼い主夫婦にあるのは間違いない。

だから、これ以上、犬を増やしちゃならんのだよあんた達は…。

それが犬の為でもあり、あんた達の為でもあるんだと言う事を、本当は言いたい私。

あれから、何にも言ってこないが多分何れは引き取って

連れて来るだろうね…。そうなると、多分修羅場になるよきっと…。今は、まだ2匹だ。

飼育頭数は2頭迄としているのは、自分達の甲斐性ってのを

確り認識しろと言う事なんです。現状を、それとなく観察していると3頭に増やした場合

夫婦ではとても世話が覚束なくなるのが目に見えてる。

現在の2頭でも満足に世話が出来ていない状態…。恐らく、夫婦の持病も悪化するだろうな。

もし、犬の方でも医療を受けないといけない状態が

発生した場合。治療費の捻出もままならない状態になるのも目に見えている。

飼い主達は、医療扶助ってのがあるらしいから

大阪市指定の医療機関に行けば無料で治療が受けられるらしいが、動物は何だかんだで

高額医療になりやすい。そうなると、ぶっちゃけ”見殺し”
と言う事にも。

本当、身の丈を弁えると言う事を学べと言う事。生活保護者でも、受給開始後に貯金が出来れば

話は別だが、現状はそんなに多額の支給はされない筈。

そう。。。必要最低限の額しか。犬の躾の件にしても、保健所の愛護行政指導員はトレーナーに

相談する事も指導してきたと言っていた。

恐らく、その費用が捻出できないと言う事じゃないかと。こういうのも所謂現場だ。

隣り街も含めて区内も、餌場については

特に異常がない感じがする。元気が一番だ。今年の夏の夜は、皆過ごし易そう。

熱帯夜…と言う感じじゃないですから。エアコンの風も、あたり過ぎるとよくない。が、場合によっては

つけないと熱中症の危険も。このままヒートアイランドもだが、温暖化も

ストップして、地球自体が回復してくれないとな。


ゆき様も(今日は写真なし。いつもの如く。)涼しいそよ風にあたりながら…。

(残暑がどうなるかわからないと言われているものの)

私は、室外機のあるゆきの生活場所にしてあったうんPをサラッと片付けて

自身は風呂に入り、浴室から出て2階に上がって

ゲームをしながら日記を書いてます。セミや蛙の声が良く聞こえる所なんでねここは。

実家のある地域や、現在住んでいる地域も

以前に比べると田畑がだいぶ減り、宅地になったりしている。ある、個人ブログさんのコメント欄の

中で「もうこれ以上開発なんてしなくて良いよね。

都市部は、開発に開発を重ねてきたせいで、緑や田畑もかなり減少した。

そのせいもあって、高温化が進んでる。

壁面緑化や屋上庭園も良いが、老朽化したビルを取り壊して更地にして、緑化を復元していく方が

よっぽどいい。」
と私。その通りだとブログ主さん。

緑と河川。うちの地域は未だ街路樹がそれなりに植樹されているし、河川もすぐ傍を通っているし。

また、緑地化されている公園もある。

実家の方に至っても、村の中に公園があり樹齢不明な木が何本もあるのでその下に入って涼む事も

出来る。都市部の高温化を何とかする事で

地方も又、以前のように過ごし易くなるのは確かな筈。温暖化の原因の一つにもなるヒートアイランド。

このまま、また気候・気温と湿度の回復と言う形に

なればな〜と思うんですが。因みに

環境省が都市部の熱帯夜を、2025年迄に3割減少させる事を目標にあげていると読んだ。

なぜ、長期にかけてたったの3割なのかと言うと…。

高温化してきた原因は、長年の都市開発による田畑や緑の減少が原因の為、熱帯夜を減らして

国民(都民・府民・道民・県民)達の健康を被害を

減少させるには、同じ様に長期的に取り組んで行く事が必要とあった。人が住みやすくなると言う事は

動植物たちも当然過ごし易くなる訳で。ゆきの事を書くとなると

何となくおちゃらけ日記みたいになる事もあるが(あいつはおちゃらけ犬なので〜〜)時折、違う事も

upするんですよ〜勿論、啓発日記の時も

クソまじめな内容にしている…なるように。さて。来週は、いよいよ8月だ。お盆もあっという間に

やって来る。歴で言うと、秋になる。どうなるか。

気象庁は、暑さがいつまで続くか予想がつかないと言っているようだが、実際にはなってみないと

わからないものの、何となく思ったよりは厳しい酷暑とならない気もする。

昼間は、そら暑い。が、朝晩が少しずつ涼しくなって行く気がする。太陽の光も秋の色になるのが

意外と早い気がせんじゃない。多分ね。

ほんの少し、空きスペースの草毟りをした。草刈り釜で。これをやるだけでも蚊の発生率が

かなり違う感じがする。盆明け位に、バルサンを焚こうかと

思っている所。通常は、既に成虫となっているのを駆除してから1週間後から10日後に(産卵した卵が

孵化する頃)に追い打ちを仕掛けるような形でもう一度焚く事で

根絶できるって言うから2度焚けば大丈夫でしょう、もし卵を家の中で産み付けていても。

借家の方も、さりげなく巡回して、監視を続けてる。

これは、何処の大家さん達も同じ筈だ。うちだけ例外って事はないかと。私も真面目に

大家さんをする時もあるんですョ

刈り取った草は、半日もすれば枯れて来るので、それを待ってごみ袋にかき入れる。

溝の方も気になっているので、これも近い内にやるか。

溝は、いつもコケみたいなのがへばり付くので、毎回スコップか長い柄がついた

棒たわしみたいなのを使ってこそぐ様に取る。

近い内にやろう。昨日は、昨日で隣り街に新しく出来た業務用スーパーに初めて行ってみた^^。

店内の奥行きが、区内にある上新庄店より広いと感じる。

横の幅は狭いかな…。駐車場も、2階の方にあるらしく、内環沿いのお店より安全みたい。

事故の心配が少ないと言う事。結構、時間帯の割には

客の入りが多かった様な。商業用のお客さんだけじゃなくて一般のお客さんでも買えるので、家族の

多いご家庭は、便利だわね。勿論、少人数でも

小分けにして冷凍も可能ですし。新しく出来た店舗も、駅から比較的近くになるかと。

文房具用品などは勿論販売していないから

そう言うのはまた別のお店に行く事になりますけどね〜。さて。話は戻すが、家主は監視をして

維持をしてなんぼのお仕事なんです。

決して、遊んでいる訳じゃありません。勿論、問題を起こさせない様にすると言う意味もあります。

うん。さあ、これからお風呂に入りますか。

いや、もうちょっと書こう。私の知人の家主さんは、配管が詰まったら本格的に機材を使って

掃除をされる事もあるらしい…私はホースタイプの

クリーナーを使って一度自室の方の配管を掃除した事はあるが…。まあ、なんでもござれが

大家業なんですわ。はい。


普通の夏に終わりそうな感じになって来たなーー。それで良いんだそれで。

ところで、今年は何年も前に

破れた網戸の張替を考えているんだが、情けない事に予算が(笑)。良いんだ〜

ホームセンターに聞いたら、受付は年中やっていると言う事なので(爆)。

ゆきは、相変わらず。ラニーニャとか言っているが

定期的に、異常に暑くなったり極端に寒くなったりってのがやって来る。今年は

何か熱帯夜と言われるのも少ない気がする、今の所。

今日、1年前の7月と今年の今月の電気の使用量を聞いてみると、CO2の排出については

どうか良くわからないが電気の使用量が更に10キロワット分減ってるとの事(電力の消費を抑えたら

反対に、汗を流す為に使うシャワーの回数が増えたりするからねぇ〜。その代わり、夏は

湯船に浸かる回数も減るけど。)。

金額にすると、約900円ほどらしいが。水道代は、余り変わらないかな…。

夜も、扇風機をつけて、窓を開けてれば

そんなに寝れない…と言うほどでもなく…。ゆきも、楽そうな感じ。

今日は、今月分のフィラリアの予防薬を

貰ってきて、早速飲ませた。予防が出来るものについては、1度感染して発症すると完治が困難と言う

のもあって、開発されてきたものばかりなので

中途半端なネットの情報なんて信用しないで適切な時期に、主治医に相談して

受けるのが一番ベストなの。フィラリアは勿論

わんこで言うなら、レプトスピラーに犬ジステンパー…これね、人にも感染する恐れが否定できない

って記述があるんです。獣医師にもそう聞いたりしています。

ジステンパーウイルスってのは、正体を暴けば人の方で言うとハシカのウイルスと親族関係に

あたると言う…。おまけに、食肉目系の動物なら

(海にする海獣類・ネコ科・イタチ科・クマ科など)イヌ科が落として行く排尿や排便からも。

介護にあたる者がそれぞれワクチンを受けていなかったり

幼少の頃に発症した事が無ければ免疫が0と言う事になりますから(フィラリアは蚊が媒介)

そういった危険性をばら撒かない様にする為にも

健康な犬達には、予防措置を取らないと駄目なんですね〜〜。勿論、その他の伝染性の物もですが。

レプトスピラーは、鼠が最初の感染源と

なるっチュー事で駆除に努めるのは当たり前の事。フィラリア(ハートワーム)も治療薬はあるが

その薬自体が、劇薬なんですね。ヒ素剤なんざます。

それも、めっちゃリスクが高い。手術で摘出して、数を減らしてから〜〜とか言うのもあるらしいが

麻酔のリスクもあるし。だから治療薬・治療法があるから予防なんてしなくてもいい!!なんて

頓珍漢な事を叫びまくっている輩の事なんぞ

決して、耳を傾けちゃなりませんぞ。ジステンパーについては、対症療法(確かパルボもそう)しか

今のところ無いって話なので‼

ハートワームは、猫の方での感染例も決して少ないとは言えないんじゃないか?と言う話も

目にした事も。症状が出る=突然死と言う事もあり得ると。

原因不明とされる突然死が相次いだりすると、解剖すればハートワームがぎっしり心臓に繋がる

動脈に絡みついている可能性が高いと言う見解を一つ見つけた。

(猫のサイズってせいぜい、犬でいうとパグやシーズークラスの大きさ位でしょう?幾らでかくても。

それに対して、虫のサイズってのが全長で20cm位ある。かなり

でかいんです、予防薬の説明を受ける時にホルマリン漬けにされた死骸を見た事あるならば

わかるかと。だもんで、虫がたった1匹でも体に与える被害がかなりでかいんだと。)。

お嬢さんは、素直にお飲みになります。

飲ませるのは簡単、ちょちょいのちょいです。察知すると走り回って逃げるが、油断して近づいてきた時に

さっと逃げ道を塞いで口をこじ開けてごっくんせいと

放り込む。まあ〜私は、今のかかりつけ医では、ちぃ〜っと変わり者扱いをされている事もあるんだが

(理由は内緒!!大爆笑)娘さんのN子先生も

まあ〜大体、プライベートの時にお母さんのA子先生とお父さんの院長から聞かされているかと…。

そら親子ですもん、病院を出たら親子の会話だって

されますわねそんなの…当たり前です、はい。勿論、院内でも(爆)。開院当初からじゃないですが

もう20年、同じ病院で世話になっているんですから。

あの飼い主にだけは気をつけろよってなもんですわそんなもん。何か、腫れものに触る様な感じ。

あの、私は普通の飼い主なんですけど。何度も言いますが。うん。

院内のスタッフで現在、長老化しているのは看護師長を努めている子でございます。この子で

20年位じゃないかな。病院も、行ったら夕方5時を回っていたが

飼い主(患畜)がだ〜れもいなかったので私「あれ?午後診が未だ始まってないのかな?」と錯覚を

起こしたほど。それ位、静かだった(^^;)。いつもなら

その時間帯、戦争状態って感じなんだが。
そんな事もありますわねぇ〜って事。

で、今日のゆき様と先日のゆき様の寝顔と不貞腐れ顔。

ではでは挿入させていただきますです。
爆睡中のゆき。
むにゃむにゃ〜
不貞腐れ顔のゆき様
何だべ?何してるべお母ちゃん‼わたちを綺麗に撮影しないと許さないべ。byゆき。

そんな不細工な顔をして何が綺麗に写せじゃお前は!!何とかが逆立ちしても

顔はぶしゃいくな顔だちなのお前は!!

失礼な‼byゆき。

近所で撮影・雉白♂。
引き続き、夕方に撮影した雉白♂君。数年前にTNRした猫。
近所で撮影・雉白♂2

元気にしているようで、時折姿を見かけます。ふらっと玄関先に現れた所をトマホーク型でキャッチ。

taroutarou-2tarou-3
tarou-4

タロウ。保護の経緯。私達の餌場にこの冬頃に現れ,去勢の為に保護し,臆病なため

里親募集を断念し,リリースしましたが

酷い風邪をひいてしまい結局また保護,もう戻すのは無理だろうと完治をするのを待って

猫は小判さんの所で保護預かりの身となり

募集にかけて貰っています。推定現在6カ月位。人馴れ修行はゆっくりと進んでいます。

長い目で見て下さい。3種ワクチンその他も完了。性別は♂。はちわれの牛柄。血液検査陰性。

hikotqhikota-2hikota-3
hikota


まん丸くリンクリン顔のひこた君。

保護の経緯。ボランティア宅の近くに住む方の所に姿を見せる様になり

素手で保護,ご近所の方が抱っこして

ボラ宅へ連れてこられた。生後5カ月くらい。引っ越しの際に置き去りにされた様です。

茶トラ・去勢済み・♂。血液検査陰性(エイズ白血病)・3種ワクチン完了。その他も勿論…。

ひこたも猫は小判さん宅でまったり里親募集中。

里親様へのお願い事,アンケート・誓約書(契約書)等があります。詳しくはHPへ。

もう一匹,雉の♂の子猫が1匹,HPで掲載されております男爵君も

私達の餌場から保護した子です。あちらでは,紙袋に入れられてと記載されていますが

本当は紙袋なんてカッコイイものじゃなくダサい段ボール曝で伯爵・姫ちゃんの3兄妹で捨てられておりました。

雨の降る日の…連休の頃です(怒り)。

配膳場所に行った時に伊の一番で助けを呼ぶ3兄妹の鳴き声に私が気が付き,近くの民家の老人宅で

ドライヤーを借りて乾かして…。気が付かなかったら

凍死する所でした。

                        追記

ひこた君,里子入り決定!幸せをゲットしました。

残り10頭の他にも
引き続き,保護場所にはまだまだ行き場のない子達がいつかやってくる幸

せな暮らしを
くびを長~くして待っております。どんどんご応募下さい。但し…。

きちんと責任を最後まで果たせる方に限ります^^。

中途半端なお方は門前払いとさせて頂きます(はい,そう言うお方には此方も容赦

ありませんのでぇ〜〜〜。あしからず。)。

2015・2/24更新。

更にもう一頭。お試しに入りました。新しく加わった未掲載の2頭を含めて現在11頭(当方達

絡みだけで;汗)が現在居候生活をしとります…。

まだまだご縁待ちの猫達がた〜くさんいます。お気軽にご応募下さい,ただし。

真面目な方に限ります。これ…キツク言わせてもらっておきます。

2016年・5/1補足。

タロウ君、天国に逝きました。3年前強烈な猫風邪をひいてしまったのが原因で

再度保護場所に行きましたが、先日死去したと

連絡ありました。ありがとうございました。



先日、狂犬病ワクチンを受けてきた事をup、写真も挿入した。その前後に

ゆきちゃまのドックフードをこちら

久方ぶりに買いに行ってきたりと…。さて、ゆきちゃまのおいた好きは日々増している気もせんじゃない。

が、人に迷惑をかけて良いなどと、何処かの

愚か者の様には思っちゃいません。が、何かあいつは、得な犬かも知れないなと思える面もある。

人懐っこさがあいつの処世術なのかねと。

元来、気性の激しい一面も持ち合わせてはいるものの、愛らしいしぐさもする事が多いのが柴。

このしぐさもまた魅力の一つなのかもしれませんね〜。

こんな可愛い子が本当に良く家に来てくれたな…と。そら、どの犬も可愛かったよ^^。

が、ゆきにしかない可愛さもあるんですよねぇこれが。

優秀な成績を残している犬の血を引いているからとかじゃなくて、持ち味が出ているんです、持ち味が。

そこが「価格に関係なく、夫々良い所がある」って事。

この意味は、目の前にいるたった一匹でくだらないペット自慢に現(うつつ)を抜かしている自称犬猫好き

達には、恐らくわからないでしょうけど。

被毛の手入れも、十分には出来ていないので、まだ少し死毛があるかなと思うんだが

見た感じ、あらかた残毛は、ほぼ取れた気もする。

そのお蔭か、ちび助でちんちくりんな体系が、さらにちんちくりん状態になったやもと毎回思うが

それは私がやるからそう見えるのであって

トリマーさんに依頼したらちんちくりんじゃなくて普通の柴犬の小柄な♀犬の体系かなと思ったりする。

寝起き顔のゆきちゃま

脇腹と後ろ足の大殿筋〜太ももあたりのブラッシングに毎回苦戦する。日本原産の犬で

短毛、おまけに毛が密集している事もあり

熱が籠り易いと言う事で、ブラッシングをする事でその死毛が取れるので、夏場の熱中症対策の

1つとしても、ブラッシングは有効ですよと言う事。

外産種に比べると、日本の気候に比較的、強いと言う事で四季折々になると大量に毛が抜けて

その季節を越せる様にする。勿論、飼い主も

その為の手助けとして、外飼いの場合は、日の当たらない風通しの良い場所に犬舎を移動させ

るとか、簾などを利用して日陰を作ってやるとか。

室内飼いにしても、直射日光があたらない部屋にゲージを移動させたり、簾・葦簀等を使って

遮り、風通しを良くして26度位にエアコンバーター(エアコン)の設定で

冷えすぎず、暑すぎずの状態になるようにしてやるとか。これは、人の方の健康管理の意味の上でも

理にかなった設定になると言いますよね。

わんこの場合は、底辺の温度がどの位になるかを基準にして設定してやるといいかも。

エアコンの設定を28℃に設定しても底辺の温度が

40℃越えならば意味ないからね〜。因みに、ゆきを家の中で寝起きさせていた時。

私は、底辺の温度が25℃から30℃、湿度が60%から

65%で行き来する様に調節してた。と言う事で、大体25~26度位で設定するとこの間で

行き来させる事が出来たな。勿論、陽の光を極力

弱める様に、簾を勿論使いましたよその時も、今は、それよりも遮断率が高いと言う

ターブを1階につけているのもあって、ゆきは外ですが

エアコンの稼働回数を少なくする事が出来てる。ゆきにしてもそのターブを使う事で

日陰が前よりも多くなるので、まあ楽な筈です。

拙いながらの私なりの知恵です。日本犬は、やはり楽です…外産の犬よりは未だ。

BlogPaint
と言う事で、日が変わっておりますので、もう昨日になりますが行って参りましたよ

ゆきの狂犬病ワクチン

保定は飼い主自身がやる事になりましていつもながらのへたくそな有様(^^;)。

私の身長と診察台と先生の身長のバランスが

合わず、どうしても私が中腰の姿勢になってしまうので、たまたま振り向いた後ろのガラスに

映っている私の格好がまあ何というか…

大股おっぴろげ状態での保定。

夜の診察の部で行ったもんですから、念のため翌朝位までは気を付けてね〜と言われましたが

副作用的な反応が出て来るとしたら接種後

20~30分くらいが一番多いとの事なので、試しにいつもとは違うコースで時間をかけながら

自転車の籠に入れた状態で様子を見ながら

連れ帰ると…。特に反応を起こしている様子もなく、のんびりとしております。帰宅後から

暫く、湿度を下げる為に除湿でエアコンをつけておりまして(もうすぐ切ろうかと)

ゆきは玄関先にて先ほど覗いたら

さあ、餌付けに行く前に、日記を書いておりますのでまたまた簡易投稿みたいな感じになりますが

私が保定をする時は、毎回ものすごい後ろ姿になっている筈だ…。

ゆきは、検温をされる時に既に察したみたいで

後ろ足あたりを逆方向に向けようとする始末…。こらこら、お前じっとしとれ‼と言いながら獣医師の

顔の方角に向け直させた私…。

自分でやろうもんなら、いつもすんなり行く感じがしないねぇ〜と思う私です。

ちょっとしたすったもんだが起こる様な感じ。

因みに、風景を見ていらっしゃったぽい飼い主さんに聞いてみると、言葉をかなり選ばれている感じが…。

やっぱり変な格好に見えたに違いない…。

が、振りほどかれて飛び降りられると面倒なので、格好なんぞ気にしておれず、ゆきはしぶしぶち〜んと

していたです…。では、行って参ります。

器用ぶりを発揮して下さるお嬢様、その名はゆきお嬢。はい、私の目を盗んで時々家の中に

侵入してきては、走り回ってとっ捕まり、摘み出されると言う

不届き者(笑)。玄関の扉をがっちりと閉めて置けば大丈夫なんですけどね。そう、大丈夫。

ゆきは、家に来た時がこれから極寒期に入る時でもあったので

翌年の春ごろ迄うちの中で過ごした。夏の終わりや春ならば、家の外で育つ事になったんですけどね(笑)。

そ〜らもう、小さい幼少期の頃はあの顔で”いかにしてお母ちゃんを

やっちゅける事が出来るのかちら??”と小さい頭で考えていると言う感じで、日々ドタバタとやっている感じ

だったんですけどね〜。今年の夏はどうだろうか?

と思いながら様子見中。今年の梅雨明けは、例年より数日遅れる見込みと出ている関西地方。

そうなるとまた、茹だる様な暑さが続くと思うんだが

何だかんだと言っても、その頃にはもう7月も下旬に差し掛かり、8月迄あっという間。

7月30日と8月1日。たった1日違いでお日様の色が

がらっと変わる。8月は、残暑となる月。暦で言うと初秋。9月は中秋。10月は晩秋。

今年は10月に入っても30℃越えの日が続くかも

と言われているが、平成22年だったかな?ラニーニャの年と言われたあの夏の様になる

と言われているが、それで言うなら去年の夏は

湿度が異常に高かった…。未だ、今年はさほど高多湿ではないかも。いや、蒸し暑いのは

確かに暑いが、去年はもう6月から異常なほどの

高多湿だったもんで、それに比べたらまだマシだったな、この6月は。踊らされ過ぎの様な気がする。

どんな予報が出ても、自分達がきちんと管理すれば

良いだけの事。加えて、CO2の削減云々なら、出来る事をちまちまやればいい。原発反対派

みたいな過激な事はしなくても、やれる方法は幾らでもある。

反対派が言っているようなやり方は、反対に死人の山を築いてしまう。それに下手をしたら

別の面での環境破壊にも繋がってしまう。

色んな面からみて、削減に取り組む事が大事だよ。と言う事で、うちでもやり出しているのが

電化製品を活用したCO2削減方法。非常にこれ原始的(笑)。

節電型の家電も出回っているが、エアコンについては、うちは節電機能がついてない。

だから、タイマー設定を利用したりしてる。

タイマー設定にして、夏は25℃~28℃の間で設定し、今の時期なら除湿(因みにうちは冷房除湿。)。

冬場は21℃から24℃位の間で。これで冬場の電気代が

前年度に比べると劇的に下がったのには驚いたΣ( ̄ロ ̄|||)。その分、CO2も減る訳で。

死人の山を築かずに、上手にやらないと。

勿論、こうする事でペット達も死なずに済むわけで。後は、昔の良かった部分を

再度見直してアスファルトも土に土に戻すとか(笑)。

老朽化したビルは、取り壊してその中に入っているテナントは、空いている周辺のビルに

移動させるとか。そうすれば、風の通過道も出来るし。

植樹もどんどんして。木が一本あるのと無いのとでは、本当に気温ががらりと変わる。

緑をもっと増やさないと。うん。木の葉っぱの色って

本当に目に優しい。さて…。ゆきと私がこの夏、少しでも快適に過ごせる様に頑張るか。

ああ、この人は本当にどうしようもない馬鹿だなとつくづく思ったね〜。

そう、あのブログ。つい最近、溺愛していた

犬が天使になったと言うのを記事でupしていたが、犬に完全に依存している。

そう、飼い主が犬に完全に依存しているという奴。

私は、こういう愚か者が、一番目障り。そう、単純な表現でいうと、目障り。

最愛の犬と言う言葉を使っているが

死んで何年も経つのに、いつまでも遺骨を埋葬しなかったりしている。

完璧に、精神を病んでいるなと…。

犬に依存しているから、いつまでも区切りをつけられず、どんどん可笑しくなる。

その典型かもと思ったわ。うちの場合は

死んだら、直ぐに土葬にしたりした。火葬にしても、いつまでも家に置かない。

自宅の庭をお墓にする事もない。

死んだら…「いつまでも引き留めておくのは良くない」と言う事で49日を境に

ペット供養寺のペットの納骨堂に預けて

暫くしてから土に還した。Oさん宅の、愛犬ちゃんの遺骨も、一緒に土に戻したんじゃないかな。

だが、決して忘れてないよ。だが

犬に依存しきり、駄目にする馬鹿者はどうしようもない。こういう類には

なりたくないな〜と思いながら時々開く。

今、うちにいるゆきだって何れ私より先に旅立つ。当たり前のことだが。

それまで、私をいっぱい楽しませておくれ〜

馬鹿丸出しで愛嬌いっぱい皆に振りまくってと思う。生前、めいいっぱい楽しませてくれたら

私はそれでいいと思ってる。今ですら

悪戯いっぱいしまくり、悪知恵を炸裂させて===我が儘じゃなくて、悪知恵&悪戯です。うん。

天下泰平楽な太閤殿下の秀吉号のご息女です、うん。

何番目かはわかりませんが。秀吉号は、賞を沢山とっていると言うが、そんなのを抜きにしても

元々持っている賢さ(犬種云々関係ないの)が

ゆき以上に滲み出ているんですよ。普通のお家で飼われていたとしても、秀吉が本来持っている

賢さが自然と出てきそうな感じ。ゆきはね、まだその点はね…

ねんねのお嬢やンですが。その飼い主は、犬を完全に駄目にしてしまう。犬種は、うちと違って

洋犬種。アイリッシュセターとフラッドの飼い主。

が、フラッドの方も、数年前に天国へ昇天したとある。どの犬にも依存しまくり…。

もう完全に終わりを迎えていると言う感じの哀れな飼い主一家。

こういう人は、もう飼ってほしくないね…。あんたの事だよ、北海道に住んでいる人!あんた達夫婦に犬たちを

託したブリーダー達が実態を知れば、きっと嘆くね。

改めて思った。この様な者達は、本来飼っちゃいけない類だと。愛情と甘やかしを勘違いしている人。

依存をしてしまい、駄目にしてしまうタイプ。

勘違いなんてものじゃなく、犬を完全に駄目にしてしまう。勿論、こう言う類は彼方此方に蔓延ってる?(笑)。

間違っても私は「1ワン2ワン」と言わず1頭、2頭と言います。

或いは、1匹2匹。ひとりなんていう表現もしません。はい。哀れとしか言えない。久しぶりに

書いてみたくなったので、書いた…かな(笑)。

うちのゆきやんは、多分、残りの生涯、もっともっと腕白に過ごしてくれそうな気がしている。

うちの近くには、多分ゆきの親戚犬はいないと思う。

いても、多分交流はしない。私は、ひっそりと楽しみたいタイプだ。誰にも見世物自慢もせず

とも、わかる人だけにわかって貰えたら良いと言う感じ。

但し、知能の低い馬鹿だけはお近づきになりたくないからね〜。なりたくないからな〜〜〜。

因みに、例の店子は、保健所に電話を入れたのが私だと言う事を

まだ気が付いていないだろうな。次から次へと問題もこれ迄に起こしているので表面上は

ソフトなやり方に見えるだろうが、じわじわ〜っと

真綿で首を絞めつけさせて貰っている。馬鹿につける薬はない。担当のケースワーカーには

私は会った事が無いんだが、じりじりと首を締め付ける事が

出来ればと思ってる。あほは、何処にでもいるという奴でした。ちゃんちゃん〜〜〜ですね、はい。







はい、餓死寸前で私が捕獲したあの三毛。何かえらい元気に威嚇しまくっていましたわ…。

先生曰く、今どんどん食べまくっているそうだ。

で、目が塞がっていたので目薬をさそうとするとさあ、爪を出さんとする勢いの激しい威嚇ぶり。

なので、タオルを上から被せて頭部を抑え込み

目に目薬を垂らす事になり、何とか処置が終了と言う感じでゲージイン。あらら…。

「お前、何を威嚇しとる!!誰に助けて貰ったと思っとる!」と私。

あら、死なんわ。その内、肉がもっとついてきて、麻酔に耐えられるようになったら避妊だわね。

あと残高を聞いたので、残りは年内に完済させよう。

因みに私は、この夏に入ってエアコンをつけたのはまだ4回。殆ど、窓を全開し扇風機で過ごしとる。

それと、服装に置いても私の歳を考えると

かなりダイナミックらしい…。半袖にショートパンツと言う出で立ち。私曰く、安上がりのクールビズだ(笑)。

首から上を冷やすと良いと言うがね。

あっ、話がずれた。まあ、三毛お嬢はかなりご立腹状態なご様子だったが、私が捕獲しなかったらお前

死んでいたんだよ‼そのあとは、引き継いで貰い

強制給餌?みたいな感じだと思うんだが、やわらかいペーストみたいなのから食べさせて貰い?

今はもう、がつがつ食べる様になったって…。

山は、越えた感じみたいだった(^^;)威嚇だきゃやめとけ、恩知らずと思われるから(⁻⁻;)。

では。

画像は少し日の目が未だある時のウッドデッキの様子。

ターブ(昼)
夜に撮影した時のは、数日前にup。


サマーオーニングターブだが、丈が長すぎたせいもあるのかえらくタレダレ…。

のち程、その様子をupするが、改めて言うが

私は、個人の無知な素人繁殖には、絶対に大反対する今後も。

「必要な繁殖」と「しちゃいけない繁殖」と言うのがあると前から何度も書いてる。

MIXに置いても、純血種に置いても交配ってのを

何でみんな安易に考えるのかな?と不思議でしょうがないよ。私自身、もし

ゆきを繁殖に使うとしたら、今みたいな中途半端な知識じゃなくて

その前に、何年もかけて繁殖について真剣に勉強を絶対にする。生前、父親が私にストップをかけられて

私は良かったと思っとる位だもん。繁殖犬舎さん

1度トライしてみないかと声をかけられたが、私は本格的に勉強をし、今なおも勉強を続けて

質を重視されている犬舎さん達以外は

絶対にしちゃいけないと思っているから、ご辞退した事を日記の中に過去日記の中に入れている。

ペットタイプは、生涯に渡り子孫を残しちゃいけない…。

出身犬舎もわかっているし、親犬の身元もはっきりわかっているが、ペットタイプはペットタイプだ。

私達素人は、その質を守る為に頑張っていらっしゃる

番人達の邪魔をしちゃいけない…。この場合の邪魔とは、丹精を込めて守り続けてこられている

良質を、素人の手によって汚すような真似をしちゃいけない

と言う事なんです。その汚すような真似…。それが安易にペアで入手し、増やしに増やしまくって

にっちもさっちも行かなくなる状態に迄陥らせてしまう

素人の自家繁殖による多頭崩壊。こうなると、血は汚れきってしまう…。確かに、シリアスホビーブリーダー

達も、血縁交配をされるけど大きな違いは

彼等は「質の重視」をして、定期的に新しい血も入れられる。定期的にリセットされる。だから、汚れ過ぎない。

素人は、汚しきってしまう。質を悪くしてしまう。

だから、素人繁殖は、ブログ管理人である私は断固大反対です!やるなら、中途半端に齧った知識じゃなくて

本格的に何年もシリアスホビーブリーダーのもとで勉強し

網羅をし尽してからにしなさい。それだけリスクが高いんだと言う事を、身をもって知れと言う事‼

浅はかなのは、何も多頭崩壊だけじゃないですけどね。

甘えた餌やりさんもいて、計画性のない餌付けをしてその尻拭いを私達に押し付けて来る。勿論

これも教育をしなければいけない事なんですけど。

ところで、話は変わりますが6月に買ってウッドデッキに貼り付けたサマーオーニングターブ。日差しは

ある程度、遮れているみたいです。遮熱もある程度

出来ているかと。今度、夜に一つ撮影したものがあるが、今度は昼間にも撮影してみようと思う。

これは夜。

ターブ

こちらへ行ってきた。ゆきに時々与えるリンゴのおやつを買いに。

どっとわんと言う所から出ている

リンゴの成分が主成分のリンゴ7と言う商品を買いに。以前は、おやつタイプの

サプリメントもあったんだが杯盤になったとかで

今は無い。その代わりと言ったら何だが、抗酸化成分を抽出して作ったおやつがあると言う事で

ストレリチアシリーズ(発売元はアズミラの発売元だったかと思う)と

どっとわんからのとを手に取ってみて「どっちゃもあんまり変わらんかね〜」と言う感じで

どっとわんのリンゴ7を時々与える。ストレリチアシリーズのおやつ

の中には、ブルーベリーだったかね?の成分を抽出して作られているのもあり「人間でも食べられそう…」

と思えるのばかり。そらそうです、原材料が人が食べるのと同じ物

ですから。紅芋が主成分のもあるし…。そら、疾患を抱えていて、継続した治療が必要な子には

サポートとして与えるなら、おやつだとてんで役不足って事に

なるんだろうですが…(要求する絶対量が少なすぎる…。)。あの、私は本格的に栄養学の勉強を

した訳じゃないですから、あくまで使い続けている内に何となく…って事で。

何だか、サプリメントだかおやつだか見ていると訳が分からなくなって来る事も多いんだが………。

お客さん達も、色々悩みがあり店頭に相談に来られる事も多いみたいで

「体力回復には?」「この病気のケアに適した方法は?」と言う具合な感じで、相談される事も多いみたい。

勿論、メインは病院での治療で、そのアシスト的な感じで使うのが

私はサプリメントだと思っているので(若しくは予防)どれとどれとどれなんでしょうね?店長?と言う感じで

聞いたりする。うちのゆきが現在取っているのは野菜から摂れる酵素と

ミツバチ花粉から取れるビタミンを含む酵素と海藻系(こちらも酵素が摂れるとか)とあとは、抗酸化

成分系の物と言う感じで与えている。そのせいか何かよくわからんが

かなりパワフルなんですよ本当。先日は、今年に入って3回目のブラッシングをしたら、ようやっと

残りの冬毛がやっとこさ抜けた…と言う感じ。取れないんですもん中々…。

いや、これからは夏毛が追い打ちをかけて抜け出すから一緒かな。特に気になるのが大殿筋から後ろ足

の太ももあたり。ここを梳こうとしてもなかなかじっとしてくれず…。

さあ、少しずつ、また梳くぞ。まだまだしぶとく頑張って貰わねば。うん。



今日、譲渡会にうちの地区からの保護猫も一緒に参加してくると仰っている小判さん。

ちびタキシード君が参加するらしい。

他にもダルちゃんもいるし、今年の1月に保護猫となった黒♀ちゃんもいるし…。

焦らずに良質の里親が現れるのを待つからと言う私。

摂津市では、私だけじゃなく他にも個人の方が奮闘されていると言う。しのちゃんママさんと

めいぴーさん。彼女たちは摂津市と吹田市の丁度

境界線にあたる地域がメインの現場らしい。私の摂津の現場も、ちょうど大阪市との境界線に

なる場所となる。摂津の行政に意見を陳情する時は

大阪市に住む者が5年ほど前から摂津と大阪市の境界線にあたる地域に遠征してTNRを

継続して行っている事、摂津市も普及啓発に力を入れて

動物の遺棄は犯罪である事を周知徹底して行ってほしい旨を伝えてほしいと依頼した事がある。

蛇口に制限をかける事。ペット業界に置いてもせめて

生後50~60日位、親の元に置いて育てさせ、初乳と母乳を十分に与えさせ、離乳も始まり

完全に固形の物もがりがりと食べられる様になる

ちょうど乳歯が顔を見せだす時期までそばに置かせる様にさせれば、だいぶ違ってくるのですョ。

これだけで、流通過程での死亡率もかなり激減する筈なんでね。

そう徹底させる事!で、1回目のワクチン接種をしてから1週間ほどして、親から引き離して

店頭に置かせるようにすればね〜。だいぶ違ってくるんだすの。

40日にも満たないちび助を見たって私、欲しいと思わないですもん。私は60日過ぎたくらいの、ちょうど

熊ちゃんフェイスの方が良い(柴犬のちび助は、ちょうどこの時期が一番

面白い顔立ちで、熊五郎と言う呼びかけが相応しい位の、真っ黒くろすけ状態なんだすね〜。

この時期からの方が、育て甲斐があって体もがっちりしてきて

一番良いんです。)。今、ちょうどゆきの生後2カ月位の時期の頃の事を不意に思い出してしまった。

父犬・秀吉号に最後まで私の手元で面倒を見て

私の手で、土に還すからな。心配すんな、絶対に裏切らんよと誓って決めて、駅でゆきを受け取って

その足で、遠路遥々2時間の列車とタクシーの旅で

うちに来てくれた小さいころのゆきの姿を。事故で、左大腿骨を無くしてしまったが、そんでも

ピンピン。誰が、障害持ちの犬なんて言わすかい。

あいつは、健康な犬なんだよ。元気に歩き、元気に走り回っとるがな。それで良いがな。うん。

猫達も、10頭いたら、10頭とも里親募集と言う事は

失礼を承知で言わせて貰うとやはり難しいと思うが、そこはやはり一線を引いて見極めと言うのも

ある程度はして欲しいと思う。また、仕掛けに入った

時点でも、殺気立った雰囲気を確り出しているようなのは当然無理と判断してほしいし

少し厳しいと思うと言う。また、リリースのスタンスでと

はっきり伝える。陰と陽。陰が強すぎれば、無理。と言う事で、その時は颯爽と迎えに行きます。

それで良いのです、うん。また、死ぬ寸前で保護した

三毛の様子も今度見て来よう。

ラニーニャ云々と言っているけども…。まあ、私達が対策を取ればいいだけの話なので。

さて、猫の方のお支払いも、何となく順調とは

言えないが、近々福祉協会への申請をしてバックが入ったら、それを足しにして支払い

しようかなと思っている所。ちびタキシード君の

2回分のワクチン代と血液検査代を先払いした感じになったと思うんだが

トータルが合えばいいだけの話なので

とりあえず、猫の方の支払いも、この秋中には終わらせたい。いや、来年度迄には(^^;)。

さてさて…。27年度の冬の終わりには

怒涛の如く、未去勢と未避妊が合わせて5匹位やって来て前半が何となく嵐の様な感じで

始まったんだが、今ちょっと落ち着いているのかね?

ちび君のワクチン1回目が多分直ぐにされたと思うので、その分と血液検査代が前回

お支払いした分の中から差し引かれたっぽい感じがしてる。

今度、聞いてみよ。何とか、立て直しを図りながら…。ねころんだのめいぴーさんも同じ摂津で

頑張っていらっしゃる…。お聞きすると

かなり吹田寄りの方だとの事ですが…。私も、大阪市と摂津市の境目の所で踏ん張って

1匹残らず淘汰して見せると決心している。

あれだけ一掃に向けてやって来たと言っても、まだ油断をすると出て来る。恐らく、手を付けてない所では

ちびも生まれている筈だ。現に、今年も

うちの界隈では出産数が減ってきている筈だとしても、手を付けていない場所で交尾があって

生まれたのが乳離れし、私の居住する界隈でも

ふらりとやって来た。三毛を捕獲しようと張っていた最中にだ。ちびを見て正直ガクぅ~となる事も

あるが1人で広範囲にトラップを一度に仕掛けて

一斉捕獲なんて無謀な真似を出来る筈もなく…。ただ、ここ5~6年でのうちの界隈でのTNRで

かなり繁殖に抑えが効果を発している気がしないでもなく…。

猫を見かけたら、気が狂ったように私、次から次へと捕獲していますから…摂津では中々タイミングが

合わなくて、捕獲できない事もあるんだが…。

大阪府の方の地域も、時間がかかってはいるがようやく前向きに動き出す市町村も増え出してきている。

これは、恐らくどの都道府県でもだ。

継続しないからダメなんだ。さて、また、ゆきのブラッシングを近い内にやるか。私の大事な相棒でも

あるんでね、毎日おちゃらけして馬鹿ばかりやらかしているけど。

うん。7月に入れば、8月まであっという間だ暑い夏も、直ぐすぎてしまう。熱中症には気を付けつつ。うん。



暫くぶりに見た茶白君(レッド&ホワイトタビー・どうも縞が入っているっぽい)を現場でお見掛け(^^)。

この現場では、同じ毛色の別の♂も捕まえていてそちらはもうそっと尻尾が

短くどちらかと言うとテイル状。これがまた、五月蠅い位に良く鳴く…。あんまりにも鳴くので五月蠅くて

「去勢したら静かになるべかな?」と考えてとっ捕まえたのが

3年位前かね??同じ時期にもう一匹捕まえたのが、今回お久方ぶりに見かけた♂。

私が捕まえるのは不思議な事に♂が多い…自分でも謎…。

種付けのシーズンじゃなくても♂が多い様な(・・?)。♀もそら掴む事はありますよそら。現に、今月捕まえた

三毛お嬢もそうですし、この一月に捕まえた黒毛ちゃんもそう。

本格的に現場入りしてから暫くの間、感じていたあのターゲット以外のが入った時は勿論

何とか狙いの奴が入っても何かミスしてないかな?という感覚は

だいぶ薄れてきたな…。目で見たのが頭で完全に理解でき、うまく行った、成功したとなる感じ。

が、油断はするべからず。これ、肝に銘じてます。だから

決して、無茶な事はしません…。移し替えは難しいから下手にしなさんな、無理は禁物と言われているので。

やばいと判断したら絶対にしないのが私。

お上からも、無茶は禁止と言われているから。未去勢っぽい黒毛も時折来ているから

これも何れはやらねばならんと思ってはいるが

今、完全に定着している黒毛がこれまた泣き虫君でその未去勢っぽいのがいると怖がって

近づかない。誰かあの辺で気まぐれに餌を

やっているのがいるな…さては…。悪気がないと言えど、そう言う事をされるのって本当に困る。

私が管理し辛くなるから。次の支払いは、来月の末にしよ。

さて、私も続きで税の支払いを未納分しなければ。うん。これも順繰りにやりますから〜。

やはり、黒毛が来ているな…。多分、前から時折見ている猫だと思うんだが…。

♂なら暫く余裕はある。隣り街も

1年近くTNRをしていないが、うちの近辺の猫達の手術代(未納分)があともう1頭

減った時に考えるかね捕獲の段取りを。

今の所、3匹分となっている。ちびタキシードの血液検査代とワクチン代が加わった分だけ

また増えてしまったが、今月に1頭分として

振り込んだので、残高が同じ額になったと思う。小判さん曰く…三毛…食欲が出てきているそうな。。。

あらま凄まじいや生命力…。ゆきには

こんなど根性なんてありゃせんわきっと。あの方は、あちょんでくだちゃい、頭を撫でてくだちゃい

でへへ〜と言う感じなので。親しみを込めて

誰にでも接近するので(‾▽‾)。可愛いと言って貰おうもんならもう目がの状態。

悍威に富、良性にして素朴の感あり 感覚鋭敏にて歩容軽快弾力あり。

感覚は確かに鋭いし、敏捷な動きも確かにある。

素朴さも勿論あるし、、。そら、大臣賞を取るほどに優れた犬たちと比べたらしょぼしょぼ犬と

言えなくもないが賞を取っている取ってないに

限らず、夫々に良い所があると言う事。私達は確かにTNRをやっている立場でもあるが

これがバランスをとると言う事なんです。

日付が変わっているので昨日になるが、またマナーを弁えない馬鹿な親子が目の前に

現れ、飼い主の許可を得ずに犬に手を出して

頭を撫でている馬鹿親がいた。NGなんですよねこれ。幸い、私もよく会う犬でおとなしく

従順な犬だと言う事を知っている犬なんだが

いきなり手を出すと言う事は、犬に咬みついてくれと言っているようなものなんです。

そんな事もわからないのか?なら、本当のあほですわ。

無恥の典型・愚の骨頂と言うか。こういう奴ほど、咬みつかれた、責任を取れと喚くんですよ。

親の方は、20代の終わりから30代の前半って所。

こういう時は、先ず飼い主に先に尋ねる事。それで、ストップをかけられたら手を出さない。

馬鹿親は何処にでもいるって事かと。

さて、現場は引き続き要監視と言う事で。やるべやるべやるぞよ〜〜〜。

コメントをされていた方が、裏の方を除くとコメントを下さっていた。「ボラの多頭崩壊…」と言う

非常に重い場面に直面してどうすれば困り果てていると言う

何とも深刻な事態に巻き込まれているとの事…。嗚呼…これ、最悪な事態ですよ…。

mae.samulaiさん、ありがとうございます、こんなしょぼいブログに

コメント下さって…。私も、この方を通じてちょっと顔見知りになった方がいるんですが

その人は急な病に倒れられて

急死されました。多数の保護猫を残して…イニシャルをMさんとします。

因みに、最初に紹介された方は、今もピンピンされています。つい数日前も、広島へ遠路はるばる

何時間もかけて行かれて帰宅されたばかり。Mさん、生涯を独身で

通されたらしく、自分が死んだ後の事を考えておかねばならないなと言っていらっしゃった矢先の

急死だったんですよ。私やOさんが住む、大阪市内在住の方で

私とOさんは府側に近い地域でMさんは市内の南部寄りの方の地域。そのMさんが保護されていた

猫達は、他のボラさん達が管理に入られている?ようですが。

私達も、ボラの多頭崩壊…。これを一番恐れてる。救助者タイプのアニマルホーダーじゃなくても

起こりうることだ。mae.samulaiさんが、このMさんの生前

懇意にされていたかどうかは不明だが彼女の所もかなりの纏まった数の保護猫がいると

聞いていた…。誰もブレーキをかけなかったのかな…。

ブレーキをかけようとする者がいても、中々難しいもんだと思うんですがね。中々、聞く耳を

持とうとしないのも事実なんで(本人が頑なに自分は正しいと思い込んでいる。)。

結果、それが動物を含む周りも苦しめる事になるんだと言う事が。余り

おもてに出ないだけで、水面下では結構あるんじゃないかな。ボラの多頭崩壊については

行政が一枚絡んでいる場合もあると言う。救助者タイプの

アニマルホーダーに、動物を委ねてしまうと言う奴。行政の方に、出入りさせる場合に

もっと厳しく審査をする様になればそれだけでもかなり

阻止出来るんじゃないかな?と思うんだがそれは、申請をしに来たボラにはそれが出来るけども

うちらみたいに表に出ないタイプの場合は、中々監視の目が

行き届かない…。だから、第二種動物取扱業者として申請させて監視下に置かねば…と言う事なんでしょ。

悪い事をしている訳じゃないんだからと言う者もいると思うが

ある面は確かにそうだが、それを良い事にやりたい放題みたいな感じにしてしまのも出て来る。

虐待をしている事にもなるんです。
「質」と言うのも何もないから。

さて、うちのゆきも雨が小降りになったら、トイレに連れ出そう。ゲージの中なので

出して外でさせないと。うん。mae.samulaiさん、連鎖崩壊にならない様に気を付けてね。

ドタバタ捕獲をした三毛様。はい、猫は小判さん曰く少しずつ食べる量が増えてきているたら何たら…。

もっとくれくれ食べるのぉ〜と言うらしい…。

一体どうなっとるのやら…、凄まじい生命力…。食い納めにしては長すぎるよとOさん。

もしかして飢えで死ぬ寸前だった?それが

食べる気力が湧いてきた??じゃ、口の痛みはどうなんよ??これは、もしかして口内炎か??

ところで、夕方位から何処かから猫の鳴き声が…。

そう思って、大体の場所を突き止めた。少し河川敷沿いに上がった所あたりから聞こえてきた。

ちょっと、所用があって出かける途中でキャッチした。

1~2カ月のちびの声じゃないねこれは多分。今は、春猫がどんどん巣立っている時期ですからのぉ〜。

で、それと同時に、秋のお産の準備に入る為に順番に

早いのから交尾に入ってる。降って湧いた様に次から次へと出て来るが、これ以上増やす訳には

行かない、この界隈も。が、姿を見せない以上捕まえようがないし。

私もいったんツケを0にしたいし。と言う事で、もう少し様子を見ます。さて、お次はゆきちゃま。

こ〜のお嬢様は、い〜っつもマイペースで過ごしてる。

たまには外へ連れ出そうと思っているが、裏庭で放しているのもあるので、まあ何とかなってる。

今日は、フィラリアの予防薬を投薬した。

来週当たり狂犬病を受けて来ようと思っているがちょうど月末に未納分の健康保険料の残金の一部を

その頃に払うつもりでいるので、証明書を持参して

序に届けて来よう。うちの地区から小判邸へ搬送したタキシード君は、どうやら黴を沸かしている

感じなので暫く治療するとの事。だもんで

募集待機中。血液検査(エイズと白血病)は陰性、蚤壁蝨も駆除完了…ワクチンは多分まだ。

黴が綺麗に落ちてから打たれるかと。

保護の経緯は、ガリ痩せの三毛を狙って張っていたら急遽現れて捕獲器に入った。と言うのが正解。

小判さん、懐っこいよ〜との事。そう言えば

半袖ショートパンツで仕掛けで自転車で仕掛けを取りに行った時だったかな??彼女を母猫の様に

慕ってペタッと縋る様に抱き着いてな…。

「おかあ〜しゃ〜ん」と言う感じで…多分今頃は、一度シャンプーして貰っているかと思う。

マラセチアだと思うんだがシャンプーが必要に

なると思うんだわどちらにせよ…。ゆきにも、フィラリア予防薬を飲ませたばかりなので

来週の月曜位がちょうど良いかな、接種は。

狂犬病ワクチンの副作用…と言う記事を読んだが、確かに死亡例もあるがこれは恐らく特殊なケースだわ。

それも、15年から20年近く前の古いデーター。

年々、改良が進んで副作用の危険性も抑えられている筈だが一部の者達は、気が狂った様に

騒ぎまくる。踊らされない様に気を付けないと。

寝起き顔のゆきちゃま
しょうだべ、おどらしゃねないようにしゅるのが一番だべ byゆき。



続きを読む

大阪は、現在洪水注意報が出ていると言う事ですが、多分ピークは明日の夜明け頃じゃないかな。

先日安楽死となった雉白母さんの写真を過去ログの方にupした。

その続きで、今日は先日撮影したゆきちゃまの最新画像をupする事にします。生で見たり写真を

送ったりすると「可愛い」と必ず言って貰えるゆきちゃま。

愛嬌のある顔立ちだからでしょうか?中には、お母さん(私)よりもゆきの方が一枚上手を言っているんだ

等と、毒舌を吐くお方も(笑)。。。。さて、冗談は抜きにして

動物って人間が思っている以上に賢くて、よく観察していると思うよ〜。あの雉白母さんの画像は

TNRアシストさんが撮影してupされたものを拝借してきたものなんだが

あの顔を見て、賢くないと言う方は相当にお馬鹿だと思いますね。あの目で、人を観察するんです。

人間の子供も鋭いが、それよりも更に鋭い感受性を

持っているかもしれませんね。多分、死因は、舌癌と判定されたと思うんだ。手術して病巣の一部

を切り取って病理検査に出した訳じゃないのであくまで獣医師の主観で。

最初はOさんが何年にも渡って餌付けし、その次に

別の方がこれまた同じように餌付けをし、、、で2人共、馬鹿者の妨害によってやれなくなってから

今度は私がやる様になってほぼ5年は経過しただろうか。

つまり、1人が5年ずつとして合計で15年、食うに困らないでやり過ごしてきた雉白♀。

本当に、賢い猫でしたわ…。それに比べて、ゆきはまあ何というか…。

おちゃらけほにゃらら…。日々、悪戯に勤しむかぐ〜すかぴぃ〜で過ごす暢気なお方…。

推定2歳の時に、今の餌場にふらっと流れてきたのなら

享年が17歳となっている事になるので15~17歳と言う事になる、幅を持たせて。

まあ、ゆきにはこの老猫の様な賢さなんてありませんョ。

悪戯をする為の悪知恵は働いても…。

寝起き顔のゆきちゃま

毎度毎度ぼろくちょに言うでしゅね‼わたちだって負けないわよ‼byゆき。

あのね、雉白母さんとあんたとでは

年数が違うの年数が。お前は未だたったの6歳、雉白母さんは推定15年は生きてきたの。

だから、色々と学んできた事もお前と違って多く生涯を終えて

旅立ったんだす!わかった?お前は、まだまだこれからなのこれから。byおかん。




それと、ゆきの寝具の一つの冬用毛布を終う為に洗濯機で洗って昨日から干している

と、その最中にうちの入居者宅のベランダに

ハチの巣があるのを発見した店子さん。私が見に行くと、直径4センチ位のが確かにあった。

すかさず、その場にあった物干竿で巣を直撃した私。

それから、ハチ専用の駆虫薬があるから買ってきて成虫達を駆除をする様にと指示した。

夕方に息子さんが帰宅されたので

散布されたそうだ。あしなが蜂と違うかなあれ?そこで、例のお隣もしゃしゃり出てきて…。

自分がシューっと振るからとか何とか言っているのが

丸聞こえ。このお隣、相変わらずスペースの侵害をしている。が、あえてその時は何も言わなかった。

私、実は何気に知らんふりを装いながら実は巡察(じゅんさつ)しています。

外の空気を吸いがてら、軽~く散歩をする感じを装って。私が、何もしていないと思っているのか?

道路の方から裏庭が見えるんだョ。で、場合によっては

共有の通路から入って行く事も。これは、私の権限なんで。今日も、店子さん宅に行って

(その時は息子さんが在宅されていた)

その後の様子を聞いてきた。様子を見ておいてください、それから巣を二度と作らせない様に

定期的に、散布して下さいとお願いした。

エアゾール系で殺虫するタイプの他に、吊るすタイプも様なので、何れかを使っての継続駆除を

お願いしますと。小さい内に潰す事が大事なのでと言う事。

後に少し調べたが、本当は全身を白無地の服装で固めて(勿論顔も白系で防御する)からまず先に

巣に(それも日がくれてから)赤いセロハン紙で懐中電灯を包んで巣に向けて

噴霧するのが一番いいらしい。黒系では、反対に蜂を刺激してしまうので反対に危険との事だった。

はい、巣を直撃した時の私の格好は

ショートパンツに半袖の今思えば半分自殺行為??(ある意味)で挑んだわけでして…。今度から

気を付けよう…と同時に、うちも蜂駆除用の殺虫剤を

用意しとかねばね、こういう時の為に…。蟻の巣穴には、毎年蟻の巣コロリを設置しているんだが

ハチの巣退治なんて自分でやったの初めてと違うか?いや

うちもだいぶ前に、巣穴を作られた気もするが、その時はどうやって駆除したんだかな?店子さんは

エアゾール系タイプでその時はやったと言う事でね。

うちは、今年こそはバルサンを焚くぞ。去年は焚いてないの。はい、家のメンテナンスの

意味も兼ねてね。でもって

たまには、エアコンを使って除湿をしようか。

その間、ゆきは家の中に避難させておくかシャンプーに出すなどして。バルサンを焚くときは、勿論

家の中には入れませんよ。私と一緒にどこかに避難するか

裏庭にいて貰う事にします。一回焚いてから、一週間後か10日後にもう一度焚くと、何となく

すっきりするんだ。あとは、簡易のエアゾールスプレーで

シュッシュッとやれば。ところで、話を戻します。あっ、ゆきの名前を出した事で思い出した。

今月の予防薬が未だだった!近い内に飲ませよう。何となく

意識しないでやり出した電源落とし作戦。関西電力の高浜原発、大飯原発も鹿児島の薩摩川内原発に続き

(私、さつまかわちと読むのかと思ったらかわちと書いてせんだいと読むんだと蓮月さん

再稼働したと言うが、此方は、また福井地裁?で

再度停止の仮判決?がおりたとかなんたらで今また、停止中なんだとか。四国電力??かどこかの電力?

も再稼働うんたらこうたら…。あら、また話がずれ気味だが。

ガス会社や楽天が、電気の自由化云々に伴って、販売開始をしているとか何とか…。これも

良くわからないのだが、火力を使っての発電についても

私は、素人ながらちょっと疑問がね…。だから、どこに変えても同じような気もしてる。風力・水力についても

デメリットがあると言うし。何でも贅沢をしすぎた結果と言う事だ。

また、下手な事をすると、今度は病人の山を築く事になるし。現に、節電を意識するあまりエアコン類の

使用を控えすぎて熱中症が増加…と言う事も言われているようですし。

やり方を間違えていると言う事でもある様なんだが。室内だと、反対に逃げ場がないからね…わかる気も。

だから上手にやらないといかんよね…。うちは、今年1階は何とか

クリアできた。さあ、今年こそはゆきもこの夏を元気に乗り切って貰わないと。うん。相変わらずのボケボケ

ゆきやん。あの顔で人を笑わすゆきやん。

毛の手入れの時は、勇猛果敢にブラシに勝負を挑むお嬢様。昨日もごっそり取れましたとさ。





洗濯機をガラガラ回しながら、数日前に回収してきたフック型のトラップを、浴槽の中から出して

シャワーを浴びがてら軽く洗浄をしながら

アクアリブクリアRでシュッシュと簡単に消毒し、現在乾くのを待ってから次の仕掛けの際の下準備

をして押し入れに終うつもり。私は

直ぐに取り掛かれるように中敷きを入れて次に備えておくんです。そんな私を尻目にしているであろう

ゆきが見ていると思うんだが?あいつは本当に

呑気な奴。さて、今月の末には、ゆきの狂犬病ワクチンを受けてこようかと思っている。

私が、飼う様になってからは、かかりつけ医で

受ける様にしている。あいつは、人がいればどこで受けてもあたちは大丈夫よ〜という感じの

犬…( ̄▽ ̄:)。遊んで貰えると余裕をかましている犬…。

いや、愛想がいいと言う事なんだが、人の姿を見かけると、しゅる〜って寄って行き、お愛想。

が、芯は確りしたものを持っていると言う感じ。

だから、本気を出した時がどれだけの破壊力を発揮するかと言う所なんだが調子の良さで

私をおちょくりまくり、悪戯もシレっとした顔でやらかす。

まあ、そんな犬なんだが、ここいらあたりこの賢さは秀吉号譲りなのかも。賞を取っているから

とかじゃなくて、そこから更に遡り、お爺ちゃんの秀錦号もまた

かなり賢い犬のよう。元々この系統、血筋で言えば相当に優秀な成績を残しているらしいが

成績よりも遺伝子レベルで賢いんだろうね。

でもって、おっとりのんびり。人には、非常に懐っこい、おとなしい(ま、そういう見方も出来ると言う事。)。

が、見る人が見れば、その懐っこさは表面的なものか

どうかは、直ぐに判別が出来ると思うので、わかる方だけがわかってくれれば良いから。芯は確りしていて

勝気な一面があるのは、見る人が見ればわかる。

良い犬に育ってくれているのかな?飼い主の私に似ている所も大いにあるかどうかって所だが。

いえいえ、こいつは秀吉号と祖父犬秀錦号に似ているんざます。

秀錦の孫娘にあたり、秀吉号の娘になる通称ゆき・本名・鯉の寿号。この10月で満六歳。まだまだ味が

衰えていません。お転婆じゃじゃ馬なんちゃやら…。

時々、今でも不意にヒートアップしてデッキの上でどったんばったんとやっているが、元気な証拠と

言う事で、良しとしますかね。まだまだ、頑張って

弾けて頂きますです、はい。あんまりやりすぎたら、私の雷が落ちますけど。落雷って奴。

ところで、先日、保護した現場の老猫…。鎮静にかけて貰い

診察をして貰った結果、、、。手の施しようのない状態と判明、安楽死となったようです…。人の方で言うと

舌癌の様な感じだったと。どおりで涎だらだら状態だったわけだ。

この老猫、若い時に避妊が間に合わず、妊娠して出産してしまったと言う経緯が。

この親子の存在を快く思わない者が猫狩り業者(闇の猫捕獲業者)を

雇って、子猫は全滅…その母猫である老猫だけが運良く難を逃れ、今迄生き延びたと言う…。

今頃は、天国で子供達と再会しているかと。

あんまりね、無碍な事をするとばちが当たると思うよ本当に。他にも数人いたらしいが

不思議な事に、おバカさん達全員、ろくな余生と

なっていないようです。つまり…結果はきちんと跳ね返って来たと言う事だと。

雉白・みぃちゃん
この翌日の夕方頃…安楽死処置で天国へ旅立ちました…。

やっぱり賢い猫です。人に飼われた事は一度もなくても、リラックスをしていますね…安全な場所だと

理解している…。合掌。。。

はい、何れにしても私が行かねば出てこなかったであろう餌場に、急遽行く事になり

行ってきました。取り急ぎ、保護せねばならんのが

現れまして、それでTNRアシスト氏にOさんが依頼、はい。私が必死で声掛けをして

仕掛けの方ににゃんこを誘導。私ならば

完全に気を許していますので声につられてやってきました。仕掛けに入った所を

完全に確認してから「OK」と合図を出した途端

バシッ。歯の調子が悪いのか、最悪は厄介な口内炎なのか…涎がだらだらでしたので

多分、口内炎かな?とOさん。

何れ、この場所も閉鎖しなければならないので、今現場にいる錆も、近くの別の場所に

誘導せねばならんねと前から話している私達。

この現場の猫を可愛がっている人がいまして、それは寂しくなるとか言ってましたが

いや、そう言う訳にはいかんのです、移動させて

何れは閉鎖しないといかんのですよ。と私。永久保護なら、口の中の状態によっては

最低でも、スナップコンボによるウイルスチェックと

ワクチン一回接種となる。先日、ドタバタ緊急保護をしたうちの三毛は、もっと酷い状態で

の緊急保護となった。今回の保護となったのは

推定15歳過ぎの老猫。かなりのおばあやんです。決して、パンチも威嚇もないおとなしくて

賢い猫。直ぐに大丈夫と理解する筈だと伝えてくれと私。

今頃は、ゆっくり病院で静かに寝ているかと思うんだ。この猫は、もっと若い時に一度出産をしているらしい。

親子を快く思わない者が、闇の猫捕獲業者に依頼。

一説には、保健所とグルだと聞いた事があるんだが、今はどうなっているのかわからない。

現場の近くに、だいぶ前に捕獲業者が住んでいると

いう情報を掴んだ事があるんだが、今はどうなっているのか。子猫達は、可哀想な事になった…。

唯一、難を逃れたのが母猫である今回の老猫。

この猫は、確かT橋さんにキャッチされた猫じゃないかな…。そう聞いた覚えがある。

勿論、避妊済みです。人間に、我が子を殺害されても

ご飯をくれる人には、ちゃんと心を開いてくれる。信用をしきっているんですね…。

痛いのがましになれば、余生はきっとそれなりに送れるかと。

先日の三毛は、もうこれ以上苦しめるのも良くないから、あとはタイミングを見て処置をして頂ければ。。。

今回の老猫も、静かに余生が送れれば。

ゆきちゃまのドックフードが本日、営業所の倉庫に届いたと言う事で、明日はちょうど

配達時間内に現場に行かねばならないいい用事が重なり

急遽、クロネコヤマト井高野集配センターに行ってきた。本当の井高野は、随分最寄駅から

離れているんだが、自転車でえっちらおっちら。

その前に、昼頃にも一度近辺に来ているんだが、此方と合わせると荷物の量が多くなるので

一度自宅へ帰宅。良い運動になった…。

ところで、うちの馬鹿なお隣さん。今日、初めて空きスペースの草むしりをやったぞ(笑)。

私が「バイクをちょっとどけてくれ。草を毟り取るのに

邪魔になるから」と言うと、一緒にやると言い出して。そう、こうやって態度にちょこちょこ出す。

ここは湿地帯と言う事を、まだ気が付かなかったんか?

育った街が、海に近かったとか何とか?そんなこと、私は聞いてはおらん、勝手にべらべらと

喋っていただけなんだが(笑)。「ここは湿地帯。水田だった場所。」

とだけ言うと、あとは知らんぷりして作業を適宜続けて完了した。何かと問題を起こすお隣だが

それなりにある意味私を意識しているっぽい。ある意味ね。

そう、怒らせるとまずい相手…みたいな。が、今日もやっていましたよ、人の怒りを買う行為を。

まあ、これは暫く様子みとこう。兎に角

私が一つ何かを言ったり行動に移したりすると、何だか少し慌てるみたい。様子見、様子見。

他人と良い関係でお付き合いをして行くならば

ある程度、信頼関係を築きつつ、ある程度距離を放す事も意識してやらないといけない。

これが学べていない感じ。だから、やっちゃいけない事も

平気でやらかす。直ぐに、生活に支障が…とか言って甘えた事を言うが、それをうまく工夫して

支障がない様に考えて生活をするのが知恵と言う事なんだ。

それが、無い。本当にお子様。完全に、人様に迷惑をかけている馬鹿な夫婦。飼い犬にほろくに

無駄吠えをやめさせる躾もしない。私は、躾をきちんとして下さいと

以前に、3頭目を入れるかもと言ってきた時にそういった。これ、犬の吠え声がかなりうるさく感じている

と言う意味も含めて言ったんだが、馬鹿夫婦には

当然理解できていない。少しずつ、リアクションする事である程度、夫婦が馬鹿をやらかす事への牽制にも

なればと思い、ある程度グサッと来る様な行動に出ている。

限度を超えだしたなと判断した場合に。うちにも犬がいるが、うちの犬は、自身が気が向いた時にしか

吠えないので、本当にいるのかいないのかわからない

程度の存在だと思う。で、人が傍に来たら…一生懸命お愛想する…。良いのか悪いのか。さて、近い内に

ゆきのブラッシングをまたやるぞ。良く抜けるんよねこの時期。

だから、確り解いてやらないと、ゆきも暑かろう。春夏秋冬の毛の生え変わりは、四季折々の

季節に対応出来るようにあいつらの体はある程度

出来ている。その上で、ほんの少し様に、過ごし易い様に手を添えてやる。今年は、オーニンぐターブを

1階の裏庭の部分につけた。また、吠えてる。しまいに苦情が

来るよ、馬鹿夫婦の所に。あほか。

↑このページのトップヘ