単なる私の日々。

自分自身が育ってきた環境から見た立場を中心に、触れて行きたいと思います。又、殺処分においても、年間数十万頭からが炭酸ガスによる致死処分であり、これも身勝手な 一般人によって 引き起されている現実。多頭崩壊においてもそう。自覚と責任を意識しないで安易に要求をする者達が引き起している現実だと言う事を。 <非常識なコメントは裏からでもお断り>

根は,短気なので,時々キレテ攻撃的になるやも。荒らし行為は 許しませんよ~(笑)。 <非常識な方からのコメントは裏のほうでもお断り>

啓発目的の為、暫くの間トップ固定!

行って確認をして来ましたよ!隣り街の行政の対応!!きちんとやってる。

先ずは園内に貼られた普及啓発!

公園・犬 ノーリード禁止3

さて、別の位置にも。
公園・犬 ノーリード禁止2
お次も。
公園・犬 ノーリード禁止
公園の中の奥の広場の方でノーリードで遊ばせていた飼い主夫婦。

こんな非常識な夫婦の為に、皆が嫌な思いをする。

そう、犬と追いかけ合いっこしていた所をこの目で確り確認。どこまで恥知らずなんだか!

公園・犬 ノーリード 現場2
この下の方で遊ばせていた。犬種もわかっています。その旨を、市役所の公園担当の課の方に

伝え、それから動物愛護行政担当の方からも電話があり

その際に、普及啓発を確りとする様にと伝えたら早速対応に取り掛かってくれたようで夜遅くに

確認しに行くとバシッと打ち付けてありました。

写真は、昼間に撮影する為に現場に行った際に撮影してブログにupしたもの。

自分達が良ければまわりがどれだけ迷惑を被ろうが関係ないと言うその感覚で至る所で

トラブルを引き起こす。何が「よ〜いどん!」じゃ。そんなかけ声を

して追っかけ合いっこをしていた、させていた飼い主夫婦。少しは、反省せい!これを見て。

公園・犬 ノーリード 現場1

階段を下りて直ぐの位置に嫁が立っていた。夫婦が連れていたのはトイプードル系のミックスが

1匹と、マルチーズが1匹の2匹。後者の方を放して追いかけっこさせていた!。

悪い事は出来んぞい。人は見ていない様でしっかり見ていると知れ。馬鹿夫の方が、犬と追いかけっこ。

本当、放し飼いをしているのと同じだ。馬鹿めが。

この夫婦は、前回引き起こしたトラブルの件を、私の通報により生活保護課に知られる事となり

保護費の支給方法を変更されると言う形で行政による制裁懲罰を

受けている。保護費の支給方法を振込から窓口に迄取りに来させる手渡し形式に戻される

と言う、懲罰の中でも一番軽い罰となるが、その代わり

決まった日、決まった時間に行かないと貰えないから、余り軽いとは言い難いみたいだが。

生活保護の身でしてはならない事。

条文でいうと、この言葉を引用する事になるけどそれを平然とやり続けるこの夫婦。

これは、生活保護だからと言うよりも、この夫婦のお育ちとIqの問題。

それと人間性に障害と病気も含まれる。

まっとうな生活保護の方達は、この夫婦の様なあほの為にいい迷惑な筈だ。

まして、公園や広場と言った公共の施設は

皆の者だ。一部の者がこのような身勝手な使い方をすれば、他の利用者を含む皆が迷惑する。

大迷惑!!

あわせてこちらもどうぞ→ 動物愛護法について。(テキストリンクになってます。)

日本全国、どこも同じですよ!全面的に禁止です!

関連記事の為、これもトップ固定

隣り街の公園の近くにあるコンビニに夕方頃、フラッと行くとなんか見覚えがあるな?と2匹の犬を連れた夫婦。

何と、うちの生活保護者の馬鹿夫婦。

この夫婦、犬を連れて園内に入っていたのは良いが、犬の内の一匹をノーリードで走らせていた。

これ、犬飼いとして絶対にやってはいけない事の一つ。

ほんと、どんな育ちをしたらこんな事もわからないクズになるのか不思議でしょうがないと言う程。

こうもレベルが低いと反吐が出ますねぇ〜。私はどちらかと言うと平凡クラスよりちょい上って感じ。うちの場合は

基本的に、何があっても犬は放さない。

人と犬との間での当然のルール。どこまでも、外道でクズだと見下している私です。

うちも、たまにこの公園の中に犬を連れて入り、通過するが

人が少ない時に行く。この公園も、夜明け前位になると犬連れの方にちょろちょろと遭遇するが

このあほ夫婦みたいに園内で放すって方に遭遇は余りないかな。

この夫婦は、自分達さえ良ければ人がどれだけ迷惑を被っても関係ないと言う、非常に情けない

非常識の塊なので(だからお育ちも知れてしまう。おまけに

内臓だけじゃなくどうもお頭の方にも障害か病気があるなと前から。それと人間性もかなり最悪の部類。)

やってのけていましたよ〜、位置はコンビニの駐車場寄りの方のスペースです。

近い内に園内での犬のノーリード禁止の看板を立てるように管轄行政に電話しよう。こういった馬鹿の

為に、犬の散歩禁止の公園が増える。殆どの方は、マナーを守り

お互いに嫌な思いをしない様にと弁えているのにこの馬鹿の様な奴らのせいで十把一絡げにされてしまう。

こう言うのを見ると、私も虫唾が走る。どこまでも、人に迷惑をかけ続ける

クズだなと思った。必ず、通報してやる。猫の方は、三毛の捕獲のチャンスをずっと狙っているが

中々タイミングがない…去勢済みの黒毛は見かけるが。

あ〜あ、きっとまたあると思って諦めてはいない。最後の三毛だと思うんだが…。また、姿を

見せてくれないかな…。♂だけでもやっておいて良かったと思った。

チャンスが再び現れればその時こそ、やるぞ。うん。


<トップ固定といたします>

拡散をお願いします。つい最近、うちの地区にある公園で猫の斬首死体(首から下がない)が発見され

発見した住民達に警察に通報、現場に駆けつけると言う事態が

起ったと言う情報が入りました。場所は大阪市東淀川区北江口にある桜公園と言う緑地化された公園です。

加害犯は捕まったと聞いていません。そこで私から

お願いがあります。犬も猫も決して放さない事。そしてお子さんがいらっしゃるご家庭は

決してお子さん達に一人で行動をするような事はしない様にと親御さんは厳しく言い聞かせて頂きたい。

殺人を犯す者たちは(不可抗力・正当防衛は別)まず小動物を

実験の様に繰り返して殺害し、それから人に標的を変え殺めるケースが多いと言う事が犯罪心理学の面からも

証明されていると耳にした事があります。お住まいの地域で

小動物の変死体は勿論不審者を目撃した場合は、直ぐに警察へ通報して下さい。お願いします‼

暑い間、飼い主のお供でエアコン生活を送るゆき。
昨日の昼間のゆき
ゆきからもお願いするでしゅ。決して、ノーリードや

外出自由なんて事はしないでくだしゃい。

お子しゃま達にも、1人で行動しない様に言い聞か

しぇてくだしゃい。

なんてことをするんだか本当にT-T。また、小学生以下のお子さんをお持ちの方は、学校からも

定期的に注意喚起をして頂く様に進言してほしいです。

小さいお子さんほど、標的にされる可能性が高いと思います。

一定の年齢層の方なら兵庫県神戸で起こった小学校の門に当時知的障害?を持ったとされる小学生の

斬首死体が置き去りにされた事件をご存知かと思います。

また、此方も少女を拉致して殺害してその人肉を食べたとされる宮崎勉(だったと思いますが)の事件も

ご存知かと思います。何方も、残忍性があったと言う様な事が

確か当時叫ばれていたと思います。犯罪は、未然に防げればそれに越した事は無いが、起こってしまっても

最初の段階で逮捕がされれば、被害が広がる事は無い。

十分に気を付けてほしいと思います。

拡散をお願いいたします。

勿論猫達の。警察官に声をかけられた。最近、結構巡回しているなと思ったら

犯罪を防止する為に巡回警邏を強化している。

配膳をしている姿を何度か見かけているので、猫の不審死を見かけた事がないか?

虐待をしている所を目撃した事が無いか?

と聞かれた(笑)。やはり、見られていたか(爆笑)と思いつつ、特にない。と答えた。

去勢後にリリースした♂が、姿を見せなくなっている。

その♂は後ろ足の指が見事に欠損状態となっていて、それが奇形によるものなのか

虐待によるものなのか?と言う事になると、獣医師の見解では

その両方の可能性があるとの事。これ以上、数が増えると、毒殺などが行われる可能性も否定

出来ない為、監視を続けながら継続して避妊去勢を

行っている。もし、不審死を見つけたら通報させて頂くのでその時はお願いします。

と言う様な意味の事を伝えた。警察官の口から

動物虐待も、見逃しているとそれがエスカレートして来る恐れが十分にある。

それを阻止する為に協力してほしい。

と。勿論だ。この言葉を聞いて、少し舌っ足らずだが、何が言いたいのかはわかる。

そう、殺人を犯す者の中には、幼少期から

先ず小さい動物を見つけて殺害を繰り返し、それに味を占めて人の方にエスカレートしている

ケースが後を絶たない、と良く聞く。それは、私も耳にしていますと。

これは、私からのお願いでもあるんだが

もし動物の死体を発見した場合は最寄りの警察に通報してほしいと言う事。道路の真ん中で死んでいる場合

は、ほぼ自動車やバイクに轢かれたに違いないが

道路の脇の溝(側溝)や敷地内、公園、高架下のフェンスの中と言った所で死んでいる姿が見つかった場合は

確実に虐待によるものが高いと思われるから警察に介入して貰い

犯人を逮捕させる事が必要と言う事。その段階で犯人にトドメを刺さないと、かなりの確率で

殺人事件を引き起こすと
言う事なのです。確実に警察も動きます。

今一度言います。

棄てる事も犯罪・動物虐待・虐殺も犯罪。

給仕の妨害も犯罪。皆さん、お互いにお声を掛け合って

地域での監視をして下さい。動物虐待犯も含め、不審者がいたらすぐに警察に通報を。

小さい動物の安全を確保する事も、私達の安全を守る事に繋がる。

皆一本で繋がっていると言う事です。暫くトップ固定にしておきますわ。

トップ固定!!

409b482b.jpg

保護の経緯。

7月の終わりごろ,出先から帰宅したら玄関先に置いてある餌を食べに来ていたので

慌てて踏み板式を取り出してくるも

時すでに遅しでたらふく食べていたらしく,それから10日ほど奮闘した末に保護。

蚤ダニその他寄生虫は駆除。

エイズ&白血病は陰性。3種ワクチン接種(第1回)。推定月齢3か月半前後。

人馴れ度。まだまだ修行中。

保護預仮先→
猫は小判邸。仮称などはまだお聞きしていませんが同じ時期に

別の現場で保護した子猫もやはり三毛。

例の公園の近所にお住まいのその地域の地主さんのお家の方が避妊去勢手術を

殆どされていなかった為に

急激に増えてしまい,小規模の群れ化と化していていつ毒殺が起こっても可笑しくない

状況にあります。現に、この近所では毒殺が比較的最近

行われたということもあり,これ以上増えてしまうと取り返しのつかないトラブルとなるところでした。

私が保護した三毛がいた自宅の玄関先も目の前が比較的交通量の

激しい道路ということもあり,保護するかどうかを迷いましたが,思い切って踏み切ったという次第。

一つの方法として,一か八かの賭けで

生後半年くらいになる迄玄関先で育ててから手術して,リリースしようかなとも思いましたが

譲渡募集という形にしました。仮名称がどうやらたま子らしいっす。

                     追加。

新たに保護猫が掲載されました。

黒毛ちゃん・仮称風太君→。
里親募集掲載。うちの玄関先で捕獲した子だと思われます。

性格はバッチグー、可愛い丸顔の…小判さん曰く

小熊みたいだと…。ウィルスチェック(エイズと白血病)は陰性。保護場所は、うちの玄関先。

ふらっと姿を現して、置いてあるフードに口をつけようとした所を

私が目撃。フロントラインその他も完了しとりまっす〜。バリバリの健康体だとの事。

勿論、ワクチン接種(三種フェロバックス)完了。お問い合わせは
猫は小判邸様へ。

何度も書きますが、野良上がりだからと言って馬鹿にする様な方は

私達の方からお断りします。貰ってやるんだから丁寧に媚び諂えみたいな方は、門前払いと

させて貰いたく思います。当たり前です。そういう方が少なからず

いらっしゃるご様子ですので。

そういう方は、ブリーダー(シリアスホビークラス)も門前払いされる。質を重視する以上

媚びると言う事はプライドが許さないと言う事です。

ボランティアも、やっている事は逆でもやはり譲渡の質に拘るなら門前払いは当然の事と

認識されている筈ですので。


三毛ののぞみ,
引き続き募集中!!


三毛ののぞみ1三毛ののぞみ2


三毛ののぞみ2三毛ののぞみ4



推定年齢5歳。

2010年〜2011生まれ。

私が配膳に通っている現場にふらりと単独で現れました。

2度ほど里子に出ましたが里親様の

無理解さが原因で戻ってきてしまいました(--#)。

血液検査(エイズと白血病のみですが…)陰性。

ワクチンその他完了。追加ワクチンを譲渡時に受ける事になります。

威嚇は一切ないとの事。

募集条件は、たまこと同じでございます。

代理募集主様へご応募ください。

                  更に追記。

三毛のたまこ、現在6か月半。避妊手術完了しました。

さらに追記。たまこ、急死しました。

のぞみは引き続き、継続中です。


保護の経緯。

今年の2月頃、ふらりとうちの玄関先にやって来た所、リリースのつもりで去勢手術の為の一時保護

をしましたが、元の場所に放すのは忍びないと言う事で

そのまま募集という運びになったと連絡が入りました。推定月齢は保護時で生後半年。今は8カ月位に

なっているかと思います。

未だ、完ぺきではないようですが、保護時ほど威嚇が酷くなくなり少しずつ人馴れが始まっていると言う事で

そ〜ろとなら、触らせてくれるとの事。

毛色、見ての通りの雉トラ・性別は勿論♂。血液検査(エイズ・白血病)陰性・3種ワクチン・蚤ダニ駆除完了。

ダルちゃん4

僕ちゃん、ダルちゃんと言うでしゅの。

ダルちゃん3
なんでだか、簡易のトイレの中に入っているでしゅの。ここが一番リラックスできるでしゅ。

ダルちゃん2
悪意でイカ耳になっているんじゃないでしゅ僕ちゃん。

ダルちゃん1

首を傾げ乍ら…なんでしゅか?僕ちゃん、イケメンとまでは行かなくてもあのリリースでと

言っていた保護主しゃん(私の事)が

顔は何となく可愛い顔だちですが、もう放そうと言っていたんでしゅが、僕を放すのが忍びないと

代理募集主様達が言うので、お世話になる事になったんでしゅの。

甘えられる人がいたら、めいいっぱい甘えたいでしゅの。

代理募集主様はこちら

募集条件。

○脱走防止対策をし完全室内飼いに徹底して下さる方
○アンケート・契約書に署名捺印
○定期的な近況報告(郵便・メール)
○必要な医療の受診(予防医療も勿論含みますワクチンなど。)
○未成年者の方は保護者の方のご意向でお断りする事があります
○悪質な里親詐欺・虐待・転売目的を阻止する為医療費の一部をご負担頂きます(1万円)
○当方達は関西圏に在住の為募集は、関西限定とさせて頂きます。

先ずは、お気軽にご応募ください、件名に「雉トラのダルちゃん募集の件で」と

書いて頂ければ。また、いつでも里親募集中にて代理の方が

載せて下さっていますダルちゃん掲載ページ。他にも沢山の保護っ子達が保護場所にいます。

その子らの大半が、人に裏切られ、地獄を見た過去を

背負ってる。生き地獄を、見た事など忘れさせてくれるほど愛情のある方からのご応募をお待ちしています

代理募集主様ともども…。

Oさんも私も徹底してTNRを推し進めて来た、その為に時間はかかっているが確実に

確実に淘汰が始まっている場所もある。

その反面、新しく加わった場所もまたあったりして(^^;)。区内のとある公園、そう。TNRアシストのブログさんに

泣きついて来て貰った現場です。ここは、偶然見つけた現場で

(はい、別の場所に現れて捕まえて貰った牛柄の手術済みの♂に案内されてついて行ったあの公園)

不審者と勘違いされて警察に通報され私とOさんが職質される

と言う、トンデモナイハプニングに見舞われた場所でもある(笑)公園は、未だ2年行くか行かないか位かな…

ここもあと2年位したら、少しずつ集団の猫達も高齢化して

順当に淘汰が始まるとみているんだが、如何せんメインで餌付けをしているH口と言う婆さんが

どうしようもない人で、この人がもう元凶で、この人の面倒を?

見ていたと言うボラさんも、愛想をつかして離れてしまわれていると言う事なので目を放せない場所

なんですよね…。そう言えば、私は隣り街の場所でも

職質をされた事があったなぁ(⁻⁻;)。それも若い警察官に。その場所も含めて、かなり徹底して

手術してきているので、未手術・捕り溢しがいるのはわかるが

3~4頭と見ている。実際、それ位しかいない筈だ。多くても3~4頭と言う所かな。勿論、♂もやらないと

他の地域に遠征してそこで種付けをするからと言う事で

なるべくやりたいと思って、捕まえられる奴は自分で掴んだり、難しいと判断したらアシスト氏や

女性のT氏に来て貰う等して掴んでる(T氏とはもう何年もお会いしてない…。

彼女も高齢の域に入っている為、なるべく無理をさせたくないと言うのもあって…。)…。

今は、私が既製品と言えども、ある程度仕掛けを使いこなせる様になっているので私も区内の餌場で

掴んだりする事もある訳です。そんな感じで、私達、何年にも渡り

着々とTNRを推し進めてきた結果、今がある。だから、順当に淘汰が始まり出したなと言う奴。

未だ私の近所では、た〜ま〜にちびが姿を現して

私、腰を抜かす事もありまして「〇×※△??×300倍」となり、どうしよう??と言うと

必ず捕れ‼と言われるんだが…。はい、結局は

捕ってしまう事になる…。情に絆されると言うかね…。もう鬼になれないのかね…と言う奴。

いや、わかるんですけど…TNTA=トラップニュータ―チームアドプト。

確かに、これだと路上から野良っこが姿を消す日が確かに速くなるんですけど、一頭残らずね。

また、理にかなった方法でもあるし。ですがね、理想と現実は

そう、上手く行かないもの。保護者の自己責任として、毎月生活用品を確保して持参していますがね

私で頭の中で把握しているだけで保護場所に居候中の保護猫が

4匹いるんです。はい、4匹。で、Oさん経由でYさん依頼の居候猫が聞いてるだけで3匹か4匹?

私の方の4匹は、三毛が2匹と雉虎♂1と錆が1。三毛2匹の内1匹は、餓死寸前で

搬送したあの三毛。こやつはもう、完全に一般のお家に

里子に出せる様な猫じゃないのは散々書いている通り。雉♂のダルもちょいと気難しい、三毛の

のぞみもお世話をしてくれている方には触らせるが

此方もちとばかり気位の高いお嬢(いや、今は初老のおばあ猫?)、錆も片目(確か左目)が

完全失明…だけならいいが、これもかなり気位の高い

偏屈猫らしく、一筋縄ではいかないって様な事を小判さん仰っていたような…。

が、そうかと言ってこんなど偏屈集団みたいな猫ばかりが捕まるかと言うとそうでもなく、外では

テンパり状態で気が張っていて近づいて来なかったが

保護場所に行って直ぐにデロロ~~んとなってしまうのもこれまた普通にいるので…。

去年の秋の終わり頃に捕まえた黒ちびなんぞは

仕掛けの中に入った瞬間から、人馴れが始まり出したって感じ。これは、多分、うちに

食べに来ている間に人に馴れだしたのかなと言う気もする。

1月に捕まえた黒♀も(こちらはみちょって言う名前を付けて貰い、先に捕まえた黒♀同様に

幸せなハッピーライフが始まっていると言う知らせが既に入ってます!)

保護場所で「掴める、触らせる。おとなしいよ!」と言われたので、人に馴れだしていたのかもしれないね…。

多分、捕まえるとなったら四苦八苦するかな?と思い

私の姿を見ても、慌てて走って逃げ去るなら厳しいぞ、捕まえるのは…と思いつつ、姿を見せているなら

大丈夫だ!挑め保護に‼と押し切られ、見てしまったのなら捕れと言う事だから

と言う事で、挑む事も数知れず…ちょこちょこありかな?(笑)。確かに、野良が路上から姿を消すのが

勿論、早くなるんですが…。そう、反面、居残ってしまう可能性もある。

身体上のハンディがある場合も、子猫が外で生活するのと同じくらいリスキー。隣り街でも1歳未満?だけでも

これまでに5匹は確実に現れて、大半は「保護(人馴れ)・譲り渡し」と言う

形で、減らしてきている。ちび以外にも

確実に、綿密に計画を立てて、TNR作戦を推し進めて成猫だけでも公園も入れると20頭近く

手術をしてきている。外で暮らすとなると

たとえそれが身重であったとしてもお腹の中の子に日の目を見させちゃいけないねと堕胎の決断を

して手術してしまう。外の場合は、日の目を見させる事が可哀想。

命の差別じゃなく、する必要がある繁殖としちゃいけない繁殖があると言う理論。これで、TNRを

強硬に推し進めて来た我ら。勿論、わんの方においても

この理論は、通りますぞや。徹底して、手術をしてきているので、ちびを見かける事が

グッと減ってきている筈だ、私達が着手している所は。

ごちゃごちゃいう奴は、問答無用で蹴散らす感じでこれからもやる。蹴散らされている

ふりをして蹴散らしてやる。目指せ、これからも共存と淘汰。かな。

TNRや、TNTA自体が共存という意味を含んでいるので。ゆきにも私のTNRのサポートを

これからも時々して貰う事になる。まあ、あいつにとっちゃ

運動がてら外に連れ出して貰う事になり、通りがかりの人にも頭をなでなでして貰い…

燥ぎ、遊びの一石二鳥状態になるから(爆笑!!)。

ゆき・初詣2

任せなしゃい!お母しゃん!byゆき。

ゆきも、私の相棒になってきているみたいですねぇ!!ちと頼りない面もあるけどなまだまだ。


このライブドアブログの方の紹介で、柴犬どんぐりコロコロまんが日記。主人公は文字通り

どんぐりっていう可愛い♀犬ちゃん(ぴちぴちの若い♀柴。)。

うちのゆきんこべぇと同じ種類。ゆきんこべぇは、お歳が今年で7歳になるちょいと中年の域に

入ったお嬢やンですが、中年の。一部を未だ読んだだけなんだが

飼い主さんは、20代の若い女性でイラストレーターの仕事をなさっているんだとか。

多分、余りの可愛さに皆写真を見た途端なったんだね〜〜。

うちのゆきとはまたちょっと違う可愛さを醸し出しているどんお嬢さん。一発で、落ちたね私も(笑)。

時々読みに伺おうっと。因みに…私は、あんなにふくよかに出来ないな…。

批判じゃないが、余りに太らせるのは良くないのでね。因みに私自身が、体重を落とすのに四苦八苦

なので、この上ゆきまで体重オーバー、脂肪一杯にしてしまうと

二重に四苦八苦する。初めてお邪魔したブロガーさんなので、柴犬大好き!と言うのはわかるが

うちだったら、獣医師にお怒りを食らう所だ。ゆきの場合は

反対に、もう少し、8~9キロ位迄増やしてくださいと言われてる。アズミラのフードの給餌量の目安では

200侫ップで1杯半とある。これね、かなり栄養が濃縮されている

と言う事で市販の一般的なフードの目安量で与えていると、体重オーバーになってしまうと言う事で

季節の変わり目と日々の運動量を考慮に入れつつ

調節してくれとは勿論あるんだが、ある意味特殊なプレミアムフードの為に、他のメーカーの

目安量通りに与えてしまうと駄目なんです。

ゆきの場合は、アズミラだと1杯半位が丁度いい適切な量となる。飼い主さん、もうちょっと配慮して

やって欲しいな…。そのあたりを…と思った。

可愛い子なんですけどね、どんぐりお嬢さん、将来、足がやられやすくなるよ。

飼い主さん自身「我が家は大きい柴犬を育てるのが上手」ってあった・・・・。それ駄目ですってば(笑)。

うちで引き取ったら、1カ月もしない内に1kgは痩せるよ。

写真で見ると、♀のスタンダードより大柄なのかな?最初思ったんだが、良く見たら明らかに肥満だあれ(爆)。

可愛いんだけどね^^。因みに、うちのゆきの後ろ姿の写真を

また貼り付けてみます。1年位前の奴。

f155f6be.jpgゆき・散歩先で128b76b5.jpg

ゆき・初詣3
下が今年の正月の初詣の時の奴。

殆ど体系は変わってません。毛の抜け変わりが、えらく日数がかかったので、ちょっと

心配はしたけども、現在は、ほぼ普通。

ゆきの方が、かなりほっそりしているのがわかると思う。ゆきにとっての理想標準体重に

近付けるのに、四苦八苦している私です…。

油断すると、直ぐに体重が落ちてしまうので…。でもいいなぁ、どんぐりブログも。

どんちゃんの可愛さに落ちたなぁ





続きを読む

毎度毎度の、猫現場からの実況中継(嘘)とまでは行きませんが簡単に書きたいと思いまする今日も。

配膳、気がついたら出発が午前3時前の時もあり、こんな時は流石に慌てる。

急いで準備してダッシュで行く。困った高齢のYさんも、最近はちょっとわかって来たのか余り

沢山置かなくていい…みたいな事を言い出したとOさん。

そう、区内の現場での猫の頭数が中々減らないのは、このYさんのせいでもある。呼び寄せてしまうのだ

沢山置いて。棄てる奴も勿論悪いが、Yさんの様に

頭数と言うのを把握しない、或いはしていても量が足りなかったら可哀想だからなどと中途半端な事を

やるお蔭で頭数のコントロールが中々出来ずにいた訳だが

これで少しは、出来るようになるかな。そう、彼女が邪魔をしていたと言うのもあるんです。

何度言えばわかるんですか?あなたは!という奴だったんですが。

後は、このYさんが餌やり現場から何れ姿を消す事になり、最終的には私が1人でやる事になるが

Oさんももう高齢なのでいつまでも来るのは無理。

それまでには、かなり淘汰は出来るだろうと踏んでいるんだが、その間にもちらちらと

捕まえなければならないのがまた現れるだろう。

それが気になる所だが、腹は括っている。仕方がないですもん、皆順当に年齢を重ねる訳ですし。

次なるは、普及啓発を強化して貰う様に訴えかけだ。

但し、批判と言う形でじゃなくてあくまでも要望。少しずつ、要望。行政も国も少しずつは

前向きに動き出している感じもする。だから要望。うん。

私の配膳時間が非常に遅い為に、うっかりすると遭遇するのがバイクや

自転車を乗り回して夜な夜なほっつきまわる

悪ガキ集団に遭遇する。真冬の場合は、外に屯しない代わりに、現場近くのコンビニとか

飲食店に入り屯なさっているおこちゃまたち。

余りに酷いと感じる時は、見かねて地域を管轄している警察に物陰に隠れて携帯を取り出して

通報する事もある。隣り街では、3回ほど通報した。

直近では、昨日の夜明け前。そう、例の公園内です。この時は、バイクの台数だけで5~6台確認。

一台2人乗りをしている事もあり、その旨を警察官に伝えたら

下手をしたら10人超えているかもしれないねと言う事で、直ぐに行かせるからと言う事で電話を切り

そのままその場を去った。私は、きちんと毎回自分の住所氏名を

必ず伝えます。ガキ共は、こう言った所に屯をし、大きな声で騒いだりする。これが近隣住民の

怒りを買う事になる。隣接市に住んでいる私ですら

その場所を通ると「五月蠅いなガキども!」と癇に障る位。直ぐ傍に建っている民間の賃貸や、一戸建て

の住民達にしてみたら堪らないと思うよ。店舗にしても

店の中で騒がれたら営業妨害になるしな。若いから遊びたいと思うのも無理ないが、今の子達は

物事には限度があるって事を小さい時から全く教わって無かったりする。

だから、思いっきりぶちのめされない限り

やりたい放題しまくると言う事に。ぶちのめされて気が付いた時は既に手遅れって事。

何れ、大やけどを負いますよ、おこちゃまたち。

今日、すき家に入っていたら、7~8人のガキ集団が入って来た。その内の一人に見覚えがあったな…

多分、バイクに乗って園内に屯していた悪ガキの一人だ。

他のも、一緒に行動しているガキだね〜〜。悪い事は出来ませんよ。何れ、大やけどをしますよ

あんた達、と腹の中で思う私、haluでした。

今日は、又ゆきの日記にしよう。ゆきは、基本的にお外での生活だが、獣医師さんの中でもやはり

柴犬は(と言うか多分、和犬全部)その性質を考えると

室内飼いをする事で、免疫が落ちてしまうと言う記事を読んだ事がある。多分、その性質を理解していない

飼い主が、必要以上に構い倒し過ぎるかな?と思って見たり。

犬種、と言うかこのタイプって独立心が高く、構われ過ぎるのを嫌う傾向があるなと言う感じがする。

これが、ストレスから虚弱体質になって病気になりやすくなるのかね。

ゆきを、緊急避難で家の中に入れる時も、気を付けるのが実はこの点。私、必要以上に構い倒さない

様にしています。勿論、ブラッシングがそろそろ必要になってきているので

ぼちぼち開始しないとなぁ…と思っているんだが。今年の10月でもう7歳。早いな…あのマメちび狸マスク

で、うちに来たちび助がもう今年の10月で7歳。可愛いね〜

面白い顔立ちしてるお前〜と見るたびに思ったあのちび狸が(笑)。私にとっての1頭目となった犬が

楽しい思い出を殆ど作る事無くたった6カ月半でこの世を去り

2頭目としてやって来た先代のハルは14歳10カ月迄生きたものの、病気の宝庫の様な生涯で

苦しむばかりで、楽しい思い出も殆ど作らずに逝ったのもあり

(私もかなり厳しく躾けたのもあるが。)。ゆきは、私が怒りモードになると、素早く逃げの体制に(笑)。

ハードな悪戯をやらかした時に「何をやらかしとんじゃぁ己は!」

なると、目と体で「ごめんなしゃ〜い」と言う態度を取る。ちゃんと理解します、これで。手をあげる時は

渾身の一撃にします。だもんで、良く効くみたい。幾ら

人懐っこいと言っても、そこはそれ。厳しくする時は、厳しくする。悪い事をした時は、厳しく叱る

と言う、そういう感じ。お座り、お手、待て、伏せは服従の基礎と言う

事なんだが、私の場合は「悪い事をした時に厳しく叱る」と言う感じなのでね。ちゃんと理解しています。

あと、おとなしくして欲しい時は、座れって言ってんでしょと言う感じ(笑)。

おやつを使ったやり方は殆んどした事が無く、体でパシッと。この血統は、こういう血統なのかなと

感じるね。要所要所でパシッ。と言う感じで。まだまだ、残りの生涯を

楽しんでもらいますよ、ゆき様に。勿論、私も爆笑させていただきます。また、写真が撮れたら載せよう。

ゆきの狂犬病ワクチンとフィラリア予防開始が来月から始まる。フィラリアは任意と言う奴だが

人の方にも、寄生して症状が出る事があると言うのをちらりと

読んだ事があるから(多分、免疫不全などで抵抗力が元々弱かったりする方が危ないと言う事だと思うが。)

やはり、蚊の駆除と同時にフィラリアの検査後に

陰性が確認されたら直ぐに飲ませるべきだなと思った。狂犬病ワクチンにおいては、再び汚染国に

ならない様にと言う意味も含めて検疫の強化も含めて

接種も当然受けていなければならないって事で(色々言われているみたいだけどなこれも。)。

任意の8種ワクチンについては、2月に受けているからね。

するべき事はきちんとやって置くって当然の事でしょう。病院側に、フィラリア検査と狂犬病予防を

一緒にやって貰おうかなと思っています。御ちょけ姫・ゆき

このあどけない顔を、出来るだけ長く見たいからね。何かに注目した時の表情は

愛らしい、そのもの。ハルの時も、勿論だったが

今頃はもう、とうに生まれ変わって今世を生きているんじゃないかなと思ってる。

こいつは、私にとって1頭目になる♀にどことなく雰囲気が

似ているなと思ったね。こいつがうちに来た時、14年の時を経て、うちに戻って来たと思ったね。

あの時は、僅か6か月ちょっとでこの世を去ったが

今では、あの時の分までちゃ〜んと生きていますよって感じ。ゆきは、ゆきです。ハルはハルです。

それでいい。1頭目の子も、またしかり。それでいいんだな。

がっ!しかし…もうちょっとお頭が賢くならんかえ?と毎度毎度言いたくなる私です、悪戯をやらかすたびに…。

悪戯はやらなくていいから、お淑やかになれ…って奴。

ゆきは、お淑やかでしゅよ〜だ。byゆき。

私の夢の中に、子猫が現れた。はい、子猫を保護すると言う夢です。悪夢だと思う(爆)。

夢の原因は、恐らく私がペットショップでの展示生体達を

見ていて、ふと疑問に思った事っを生体担当の子達に尋ねた事だす。これ、ウイルスの侵入を

何処まで阻止出来ているの?と言う質問をぶつけた事にある。

確かに、抱っこ希望の方には、消毒液を掛けさせてから、抱っこをさせているのをよく見るけども…。

それだけで防ぎきれるものなのか?という疑問をぶつけたんだな。

店員は「お客さん達の中にも、知識をある程度お持ちの方も増えてきているし、自分達も日々

勉強している」と言ってはいるものの…。これは、前にも書いたことが

あるなそう言えば。ペットホテルもやっている様な所だと、幾らワクチンを打っていると言っても

わんちゃんで言うなら5種程度だと、全然対策が取れていないのと

同じですからね〜お客さんの犬が。犬なら最低でも7種から8種は受けていないと。猫でも最低4種。

クラミジア感染症と言うのもあるらしいから出来れば5種。

これは、犬のレプトスピラと同じで、人への感染例も報告されていて、人の方では結膜炎を引き起こした

と言う報告があると言う記事を読んだ。獣医師さんサイトの記事だ。

ワクチンアレルギーなども言われているが、勿論、それに備えてショップ側もシリアスホビーブリーダー側も

あの手この手で徹底してウイルスの侵入の阻止に挑んでいるのは

わかるんだが、100%と言うのは難しいんじゃないかなと思ったりして。こういう疑問をぶつける人って

どれ位いるんだろうか?あの手この手で対策を取っていても

危険性って必ず0にはならないと思うんだ。O動物病院のA子先生も、日々、突然変異を繰り返すのが

ウイルスですからね
と以前言ってらしたし。獣医学のプロですら

日々、どう対処しながら?と言うのを常に頭に入れて院内の清掃消毒に力を入れていると思うんですよね。

あ〜あ、恐ろしやです。Oさん曰く、「それを言い出すときりがないよ」と

言ってましたが。まあ、確かにその通りだ。うちも気をつけねば。うん。






これは、餌やりに出かける前に書いているんですけどぉ、えらい静かですわ^^。

ここ最近は、排水管が詰まったので

自分で数日かけて、ホースクリーナーで排水管を突っつき倒し、水を流しながら

ジャバジャバと流したり、一度訪問してみたいと

思ったひごペット泉が丘店にお邪魔したり、恒例の自振貸付の返済にとわりとあちこちにお邪魔する。

猫の方は、やはり新顔がちらちらと来ているが

お支払いの方を完全に0にしない事にはどうにもならない。次は、来月の頭位にと思っている。

勿論、監視は怠りませんよ。ただ、区内の餌場の方は

自宅の玄関先でない限り、私の一存では捕まえる事が出来ないので…。だが、此方も監視は

しています。変化があれば必ずOさんに伝えますし。

村の中の公園の方については、私が捕まえる事も出来ますので何れはやらねばこれはという奴。

さて、どんどん順当に支払っていきますよ。

隣り街の方では、茶白君が来ていますよここ最近ほぼ続けて。多分、放棄をしたな餌やりさんが。

手術をしないで、餌だけを与えるタイプの方ですその方は。

これから、㋄頃までがお産の時期に入るのでやるとしたら今の間に急ピッチで阻止に入らないと

間に合わなくなるぜ~~と言う奴なんですけどね手術をして食い止める。

さあ、私も早く現在の残高の支払いを済ませないと次に手を出せないからねぇ〜〜〜〜〜〜〜。

それを済ませたら、捕まえ倒しますぜ〜〜〜。うん。

春猫は、3,4,5月に生まれる〜〜。交尾の月が1,2,3月。1月交尾が3月にお産。2月交尾は4月。

3月交尾は㋄。必要な繁殖と不必要な繁殖。

勿論、野良は不必要な繁殖。そんでもって、素人が軽はずみにやるのも不必要な類。いりません

乱繁殖、乱交配(みだれた繁殖、みだれた交配)は。

私達の餌付けは、それを阻止する為のもの。今年に入って、未だ黒毛の子猫しか捕まえてない。

続きで、この調子だとあと9匹は捕まえる事になるかな年内に。

1カ月に1匹のペースで捕まえるのがこの私。捕まえ倒す〜〜と息巻いていてもその程度(笑)。

10匹越えとなったら私にしてみればハイペースそのもの。うん、やろう。

依頼があって捕まえに行くのは別として…行きましょう。やって行きましょう、このペースで。はい。

タイトル通りなのだが、かといって私は見世物自慢の如く「血統書がついているから〜」とか

父犬秀吉号・祖父犬秀錦号・兄犬その他親戚犬が優秀な成績を残している

血筋を引く犬だから」とか言う理由で決して自慢をしてきたつもりはない。同じ犬には違いないし

私には、賞を取っているからとか云々で、価値は決まらないと思うので。

価格に関係なく、皆それぞれに良い所を持っていると言う事。母犬や父犬の良い所を受け継ぐのは

何も賞で優秀な成績を残すだけじゃないですから。気性なども

そうです。この血統、非常に良い気性している感じがする。だから、陰と陽で言うと陽の方が非常に強い。

そら、本番でイザっ!となった時は和犬種を知らない方には想像もつかない一面を見せるであろう事は

容易に想像できます。それが、和犬種の物凄い所です。まさにこの言葉通りの状態となる。

悍威に富 良性にして素朴の感あり 感覚鋭敏にて歩容軽快弾力あり。

要は、素早く察知して尽くす・守る。

と言う意識が凄く強い為に、本領を発揮すると、止まらない勢いになる。

ゆきも、まさにその通り。あいつはあいつなりにと言う事。

この、質を守る為に心血を注ぐのがシリアスホビーブリーダー。これを邪魔するのが無知な一般人と

それによって生み出された繁殖屋。その両方に規制を

かける為に法改正が5年に1度の割合で行われる。で、既に規制の強化が始まっている。

少しずつ、少しずつ50歩100歩って形で進んでる。

一見後退しているようにも見えるが、一般人の未熟でだらしない面にも締め付けをかけないと

意味がないと言う事で、表面から見えない所で

締め付けがかけられてきているって事。細かく見る様にしていれば、気が付きますよ皆さん。

ゆきの生活スペースを今日も少し掃除した後

この間からまた詰まっていた排水管を、1週間くらい前から少しずつ水を流しながら

ホースタイプのクリーナーでちょっとずつ突っついたら

やっと流れるようになった。根気よく時間をかけてやれば、その日の内に解消すると思うが

気が短い私は、短気を起こして排水管を潰しかねない為

壊さないように用心をしながら(笑)。業者に頼めば10,000円以上するので節約の意味も兼ねて

自分でやる訳ですたまには。これで少しはもつでしょう。

ゆきの方の生活スペースもまた本格的に大掃除せねばかな。ゆき。本当に良い犬がうちに来てくれた。

とても私には琉球宮城・鯉淵犬舎親子みたいな管理は

真似が出来ないが、出来るだけ心配をかけないようにしないとな…。私、本当に理解に苦しむんだが

どこからの縁にしろ、縁があって迎えたならば

どうして、簡単に保健所に連れて行ったりするんだろう?引っ越しでペット不可?だったら

根気よくペットOKの所を探せばいいでしょ?

自身や家族が病弱体質?そんな事、最初からわかっている事でしょうに。不明だったら事前に

検査を受けれるでしょうが!皆、勝手な理由ばかり。話にもならない。

それでいて業者ばかり責めるってのもおかしな話。要は、自分勝手なわがままとエゴなんです。ほんと。

今日は、久しぶりの豚バラと大根の煮物を作ってみるかな。なんか、鬱陶しい気分だが。

今月も支払いに追われまくり、首が締まっている。

いや、それだけじゃないんだが…。先日は、ひごペットフレンドリーの泉が丘店に急遽訪問してきた。

どんな所にあるのかな?と思い、前から行って見たいと

思ったので、最寄り駅の阪急上新庄駅から遠路はるばる?大阪北部寄りの北の入り口となる

我が足元の大阪市東淀川区から南部の入り口となる

堺市迄、片道約一時間かけて遊びに行ってきました。泉が丘店の最寄り駅となるのが

泉北高速線泉が丘。ここから、津久野行きと言うバスが出ていて

それに乗車して古畑(ふるはた?こばた?)で下車して〜とあったが、一日の運行本数がかなり少なくて

私が泉が丘駅に着いた時間帯は、一本も出ていない時間帯だったので

駅のローターリーに停車していたタクシーに乗車。ひごペットフレンドリー泉が丘店に行きたい

と言うと、やはりご当地のタクシー。多分、店舗からお客さんを

乗せる為に頻繁に呼ぶんだな。それ位、バスの本数が少ないんです。近くの人なら自転車で

行き来できるが遠方からのお客さんだったらちっと厳しいわねそら(爆笑)。

で、因みに運転手に「大阪北部の地域に面している

大阪市の東淀川区から乗って来た!」と言うと、仰天されました。泉が丘の子達も「えっ?」と言う

感じ。ほぼ、北の入り口付近から南の入り口付近まで

小一時間ちょっとの乗車旅を楽しむ為に行った訳です。和歌山寄りの方に面した地域と言う事もあり

小高い位置にあると言う感じ。いつも利用しているのが

東淀川店。勿論、手ぶらで帰って来るのもなんなので、ドライフードを3袋ほど買って帰宅しました。

これを、東淀川店のスタッフやOさんに話すとやはり仰天された(^^;)。

ひごペットフレンドリーのポイントカードは、東淀川店しか使った事が無かったので、泉北のお店でも

使えるかどうか?と聞いたら使えるとの事でそこでポイントを付けて貰った^^。

私、学生の頃に4年間ほど鉄道沿線は違うが

阪急線と近鉄線の乗り換えで、自宅から1時間半程度かけて通学していた事もあり

短時間での滞在ならこの位の乗車は平気。

おまけに、泉北線では区間急行があるのでそれで時間がうんと短縮されて両方合わせても

小一時間程度なので楽と言えば楽です。

がっ!実感は、流石に北部大阪に近い東淀川区から南部大阪の入り口となる堺市まではかなり遠いと

感じた。が、時折考えもなしに、とっぴおしもない行動に

出る私には、ちょうどいい気分転換にもなった(^^)。あの山を越えたら和歌山か。となる。

泉が丘店のある場所は、住宅街と言う事もあるが

ひっそりとした感がある。その地域全体が。お店の前には、規模はそんなに大きくないが

ジャグダン公園と言う名称の公園があってお店から

帰る時に少し遊べるかな?親子連れは。うちの地域は、大阪市内でも北大阪方面の入り口となる

場所でもあり、摂津市と隣接しているのもあり(元々田畑が周りに沢山あった所なので。)

田舎という雰囲気が色濃く残っている所なんだがこれは、泉が丘店がある土佐屋台も

住宅街ではあるが、堺市の街はずれの田舎という雰囲気が色濃くある。

それに、堺市と言えば「大阪は堺の包丁(ほうちょう)」で名を鳴らした街でもある。

運転手さんに聞くと、包丁の製造は、もう少し先の街になるけどなとの事。今はもうだいぶ廃れてきている

と言う様な事も。はい。店員たちも、接客態度がそれなりに

悪くなく、まあ普通と言う感じ。五月蠅い事を言う者もやはりいるから、こう言う人達が教育を厳しく

する様にと色んな手段を使って言っているのも多分あるよ。

私も、ある意味その口かな…。所謂、うるさ型の存在も必要になるんです、でないと

現場を直接見ていない本部の方達にも情報が入らないから。細かい事に至るまで。あたしもある程度は

言います。この時は、激怒状態になっている事もあり

かなりな辛辣状態になるかと思うが。私達購入利用者に媚び諂う必要はないが間違いは間違いとして

許しはしないよと言う事。私達の声を直接運営側に

入れるだけで全部は正せないがある程度は、正して貰う事が出来る。法律の事は難しくて

よくわからないが、可笑しな事をやらかしてくれたら

「どういう教育をしとんだ?」位は言えるってもんです。今は、展示販売をするにしても

夜の8時までと決まっていると言う。前回の法改正で

それが決まり、施行されたと言う。8時には就寝させ、又、展示時間内で、一定の時間

を交代で休憩させる等の配慮する事とも決まったと言う。

人と同じで睡眠を多く取らせる事で疲れも和らぐ。言って見れば、愛情だもんでこれも。


着々と進む、自振貸付の返済と動物病院へのお支払い。で、税金は、未だなんだが…。

さあ、此方も少しずつ支払いに向けて奮闘中。

私達は本当にポケットマネーから動物病院への支払いを出して来ているのもあり

此方も少しずつのお支払いにして貰っている。

春と秋は、猫達も新顔が姿を現すシーズンでもありまして、なるべくなら借金はしない様に

しながら、お支払いをしている。その為には

決して無理をせずに「今月も1~2匹のペースで」と言うのを基本にしながら捕獲する様にしています。

今の病院の先生は、基本的に予約なしで受けて下さるが

もう、高齢と言う事もありいつまで続けられるかわからないと言う心配もあり、そうなると新しい病院を

開拓する必要が何れ出て来るなぁ…と思っているのは

前にも書いている通りだ。が、後に続くこう後世の世代が次々とそれ迄に一人前となって

開院されるから何とかなるさぁ〜っていう私。

ネックなのは、予約制の病院がどんどん割合を占める…。妊娠猫の場合、本当に困る(;´Д`)。

その状態で捕まえる事が無い様に。せめて空っぽの状態でお腹が。

で、♂もなるべく捕まえよう。♂も♀と同じ様にしてしまえば、ビビらなくていいからね〜〜と言う私達。

但し、首がこれ以上締め付けられないようにしながら。

と、毎回同じことを言っている私です(笑)。今月も自振貸付金の一部を何とか返済出来た。

動物病院の方の支払いも、何とかあと少しの所まで

と言う所にめどがつき出している。少しずつ、これからも支払いをして行こう。人間、誠意が大事。

猫の方の支払いも少しずつ進んでいる中で、先日の三毛の避妊についてちょっと猫は小判さんや

執刀の方をして下さる先生ともちょろりとして見たら…。

やはり、小判さん難色を示されている事はわかったのだが、何と血尿が出たのは多分あれだね…。

そう、血尿が出たらしい…原因は、やはりあの餓死寸前に

追い遣られた事で内臓がかなりのダメージを受けたんだな…。それの後遺症と言うか多分。

小判さんは、余命があまり長くなさそうな気がすると仰る。

かも知れん、当初に安楽死を勧められた事もあり(が、食欲がどんどん出て来たことで、それが中断となった。)

もし、悪化が始まったら安楽死をしてくれと依頼しといた。

処理後は、市の方に出して焼いて貰えればそれでいいからと私。これも厳しい現実でございますわい。

それを、少しずつまたこれからも見て行く羽目になるって事か。

ほんと、初めて姿を見せた時は腰を抜かすほどの酷い有様で、急いで捕獲器を取り出したものの

中々うまくいかず、数日かけて捕まえてやっと保護出来て

保護場所へ連れて行って(おそらくアシストについている方達も全員、あの姿を見て腰を抜かしたはず。)

あの手この手の給餌で何とか生き延びている三毛。

そ〜らもう、人の手が近づくと大発狂状態で泣き叫ぶ所か、手も出さん勢いで相当に痛めつけられた感じ…。

せめて、次に生まれ変わる時は幸せな飼い猫として生まれ変われればね〜と願う私でした。

このまま、苦しまずに逝ってくれればな。


うちのお嬢さんを撮影してみました。はい、完全に弾けています…。裏庭で遊んで飛んで暴れ回ってる…。

そこへ、灯油の巡回販売車がやって来て…

美声を出すお嬢さん。焚火の歌です。山茶花、山茶花咲いた道〜に反応してうまく歌を歌います♪毎回。

動物愛護…。私にとっては、どれがそうなんだかな?

何でもござれと言う事でいいかな。今日は、解毒サプリと言っても良いのか…デイリーブーストを

買って来た。やはり、何かがちと違う様な…。

燥ぐ燥ぐ、何をやっても燥ぐゆき。この写真を、繁殖犬舎さんにも送ろうっと。

元気だと言う事をわかって貰えればそれでいい。

御ちょけ姫・ゆき

ボールに注目している所です。飛びつかんばかりのゆきです。

一日でも長く、こんな日が続くと良いんですけどね。ゆき、元気な今年7歳の熟女でございます。

顔は、ちびギャング状態ですが(爆笑)。



深夜に通った際は、黒毛ちゃんが私の姿を目撃して出てきたと書いたが夜が明けてから引き続き

隣り街のコンビニに行く際にも円の中に入ると

超小型犬を連れた(お聞きしてみるとチワワとの事だったが私は見間違えてポメラニアンかと思ったΣ(=゚ω゚=;))

連れられた若い女性に声をかけてみた。

どうですか?犬を放している飼い主を目撃する事がありますか?私は大阪市に住んでいる者なんですけど

つい最近、園内で犬を放して走らせている飼い主を目撃して

どの課に言えば良いのかわからないが公園を管理している市役所の総合案内窓口に電話して担当の課

に繋いで貰い、公園で犬を放して遊ばせている飼い主がいる。

動物愛護担当の部署の方に伝えて欲しい。動物愛護担当の課にも伝えて貰い、普及啓発に来て欲しい。

何だったら私の電話番号を教えておくから、自分の口から

改めて内容を伝えても良いよ。詳しく説明をするから。と言って、伝えたんですよ。公園や広場はみんなが

楽しむ為に用意された場所であり一部の者がそんな使い方を

するとみんなが迷惑を被るからね。私も犬を飼っていますが、そう言うのを見ると不愉快極まりない。

と言うと、自分も不愉快極まりない。私も絶対に放さないとの事。

先日、同じ公園内でお会いした男性もやはり放さない、放す飼い主には、ほとほと困っていると仰っていた。

女性に聞いてみると園内で犬を放す飼い主は確かに減っているとの事。

良かった、本当に言って見るもんだ。河川敷で放している飼い主にも遭遇したが、中々そこまで徹底となると

難しい…。本当に、浸透性が低いなと思いつつやらないよりはまし。

行政も、受忍限度を超えている住民からの声に応対するのに苦慮している様だ。自分勝手な

者が後を絶たないから、そう言う事になる。先日の続きになるが

意識の問題と言う事に本当になる。貼っている場所が、特に目立つ場所でもあるので(目撃した場所も

目立つ場所!!)余計に目につきやすい。心理的効果でもある。

その行いは、見ていない様で人は見ているんだと言う事を、感じさせる…プレッシャーとなる様に。

☆訂正☆

×「行政も苦慮している事にしている様だ」〇「行政も苦慮している様だ」訂正しとこっと。

私が去勢をした黒猫♂が、私の姿を見て追いかけてきた。ここでは、缶詰は出来るだけおきたくない。

なので、竹輪かお肉のどちらかを少し置く。

もう一匹の三毛を出来れば捕まえたいが、その公園では殆ど見なくなった(T‐T)。昼間は、少し手持ち金が

危うくなったので数千円程度しか入ってなかった

口座から全額下してきた。その時に、未手術の黒猫が近くの団地で寝そべっていた…これ、多分

先日うちの玄関先に猫だと思うのよね…。

あれこれ、支払いが多すぎて出来ればもっと猫の方の避妊や去勢ももっとしたいけど…。

支払いは少しずつ払うと言う事にして貰えば良いじゃないか。

見つけたのなら可能な限り捕れ‼

と猫は小判さんは仰るけど…。あんまり此方も未納の金額が増えると私、それはそれでまた

半分発狂状態になるし(いや、全く払ってない訳じゃないんですよ。毎月一定の金額は

必ず支払っていますので…。少ししか払えない時でも

その半額は必ず振り込んだり直接持参したりしてますから…)中には、借金(この場合の借金は

消費者金融(恐らく少し前の古い言い方をすると闇金?)

みたいな所で借りたりして迄される方もいるみたいなので、何とかその状態だけは避けたいから

自主規制もしながら…。皆一緒なんよ、私達リリース派も

保護派も関係なく(にゃんこ保護派は勿論、多分わんちゃんの方も)。TNR及びTNTAをやるなら。

普及啓発これ、末端まで浸透してないのが良くわかる。

結局のところ意識の問題。生体販売禁止とか言っても、意識が最低の低以下ならば、同じ事ですんで。

ならば、委ねる側(売り手)も門前払いをする様に

義務化すれば良いだけの話。これをする事で流通ルートにもいい意味での影響が出る筈なので。

ブリーダー様も、シリアスレベルの方なら

全ての責任を意識されていますから、常時ちびがいる状態ではなく、♂♀関わらず定期的に休ませるからね

個体管理の為に。だから、ちびが犬舎やキャッテリーに

いない時期もあるんです。これを、正式に法律で義務化すれば同じようにウインドウの中にいるちび達の

数も減って来る筈です。店頭販売を廃止に‼と言っても

流通ルートの方に規制をかけないと意味がないからね。ここに、規制がかかれば鎮静化してくると思うよ。

そうなると店頭販売と言っても直接ブリーダーさんと契約している(ホビー及びシリアスホビーが前提)

所だけに絞られてくるからね、ルートに規制をかける事で。

競りをルートにして仕入れているタイプのショップを無くすって事。競りごと無くすって事。そうすると

残るは、シリアスクラスの優良ショップやシリアスホビークラスの

ブリーダーさんだけが残ると言う事になるので、この手の方達は、買い手にも媚びたりなんかされませんから

「あんたには売れない!うちの大事なちび達を‼うちが所有している

親犬や親猫達が命がけでこの世に送り出したちび達を‼また、信用をしてうちにおろしてくれる

犬舎やキャッテリー達が管理している親猫たちから産まれたちび達を

あんたみたいな中途半端なのに渡したらどんな事になるか安易に想像がつくから渡せない!

どうぞ、このままお帰りを‼」
という奴です。

その方達がご覧になるのは、私達がどこまで本気かと言う事です。人間性も含めてね。

私達は確かに素人です。あなた方の様に十分に行き届いた管理をするのは難しい。

技術もない。だが、迎えたからにはどんな事があっても

最後の瞬間まで、うちで世話をする。それだけは、絶対に誓います!

と言うそれなんよ。そういう方は、先ず色々とお勉強をされる筈です、色々とお勉強をされて

認識ももっと深められる筈なんですよ。或いは、真剣に購入後に

アドバイスをお受けになるとか。中途半端なあほが保健所に連れて行ったりする。これは

多分、質の悪いショップから手に入れたパターンが多いかと思うが。

或いは、繁殖屋の放棄。質の悪い買い手が質の悪いショップや繁殖屋を生み出すと言う理論。

質の悪い買い手が棄て、質の悪い業者を生み出す。

それで、業者の許可制度と言うのが出来た訳だが、排除する為に。野良もその結果

路上に派生したものなんで。全ては、人間の我が儘でありエゴ。

さあ。地道にやるかねぇ。


もう何か月か前になるが(2カ月位?)、TNRアシストさんに来て頂いて仕掛けを組み立てて貰ってから

囮餌をセットされる前に、あろうことか進んで中に入り自分で扉を閉めてしまう

と言う快挙をやらかした豪胆と言うか豪快と言うかただのあほと言うのか…タキシード♂君。一緒に

出来れば酷い風邪ひきの猫も捕まえたいと言う事で(食欲がかなり減退していたのがいた)

出来れば、そちらを優先にしたいがもし来なければ

その快挙をやらかした方も去勢をしてしまいたいと言う事で、あわよくば2匹とも捕まえてしまおうと言う

事だったんだが、その日を境にその風邪ひきが姿を見せなくなった

と言う経緯がある。Yさん曰く触らせるので♂だと確認できたとの事。(これが、重度の風邪ひきだった。

と言うが、Yさんでは猫の判別が出来ないので皆同じ柄、顔だちに見えてしまう。)

私、ふと気が付きました。Yさんには、タキシード柄に見えたらしいが(一見、よく似ているので私でも

見間違えかねない程。)よく似た柄のがいるんです、現場に。

それがもし、Yさんが確認をした♂ならば自力で完治させた可能性があるんですよね、病気を。

けど、かなり症状がきつかったと言う事なので勿論死んでしまった可能性もあり

全くの別猫と言う事もあり得るんだが…。あの毛色なら、タキシードにも

ぱっと見は見えてしまいますね…。白と黒のハチわれ模様で、全身はやはり黒が多いものの

純粋のタキシードよりは、白い部分が若干多い柄で牛柄と言う程でも

無いんだが、純粋のタキシードでもない。全体が、少し小柄だったと言う事で(私も数回、Yさんの方の

餌場で見ているんです。)多分あいつの可能性もあるぞという奴。

運があれば、自力で完治・運が悪ければそれが最後となったと言う事。こればかりは、天運と言う事で。

私達の場合、更に厳しい現場となる行政の殺処理施設に

保護をメインとしたレスキューチームとして入る事は無いんだが(行政の登録ボランティアではない

と言う事でね。)お外の現場も、中々の厳しいものがありますね。

だが、中途半端に簡単な医療知識みたいなのもあるせいか、変にビビり倒している面もある(^^;)

あ・た・い達(笑笑)。年齢にしたら、意外と気がすばしっこい…。

これについては、ゆきのかかりつけ医のO動物病院の院長婦人でもあり、獣医師でもある

A子獣医師にも半分呆れられている節がある(苦笑い)。

これは先日の話なんだが、ソファーに寝そべっている時に、ふと気になったのが犬のデュラミューン8にも

含まれているパルボワクチン。ゆきが受けているタイプなんだが

わんこの場合は、もしパルボウイルスに感染しても、満1歳を過ぎると不顕性感染(キャリア)と言われる状態で

発症は長期間に渡りしない事が多く(ただし、体力が低下したら発症する恐れがある)

一見は、健康な犬と見た目がつかない為に飼い主も気がつき難く、採血又は便を取って

検査機関に出して貰うかまたはパルボウイルス検出用の

簡易キッドでチェックすればよい(私は個人的にこの簡易キッドは信用は出来ないかなと言う気も。犬の場合

は検出率が高いらしいが、猫の場合は使い物にならないとも聞いた事が。

また、獣医師さん自体、この簡易キッドの使い方をよく理解してないケースもあると言うのをかかりつけ医

様にお聞きになったと言うのをこちらのブログ様でupされていたのを読んだりして。)が

私は、このこのブログ主様も仰っている様に綿棒で肛門内の組織(これはブログ主さんの記事を見て知った。

私が知っているのは、便か血液で測定するやり方だけだったので)を巻き付けたものか採血して

貰ったものを検査機関に出して測定して貰う方をお勧めしたい。どちらかと言うと

此方の方が信憑性が高いと言う事、かなり高性能な検査方法で調べる為に

どんだけ僅かな菌量でも、逃さずにはじき出してしまうと言う事で。

これで感染しているかどうかがわかる、仮に症状が出ていなくても。で、何でA子獣医師にも

呆れられてしまっているか?と言うと、これ迄の私のビビり振りを

A子獣医師も見ているからです(爆笑。)で、不顕性感染と言うのは、俗にいう「キャリア」の事です。

つまり、症状は長期間、出没しないがウイルスだけを撒き散らし続けるという奴。

わんこの場合、感染をして発症を多発する年齢が、ほぼ1歳未満に

集中する。2頭目のハルの時に初めて、この検査方法がある事を知り、初めて希望して

即受けた。2度と、同じ目にあわせてたまるかい!同じ失敗はしないから!

と言う事で、場合によってはワクチン後暫くして抗原検査を受ける事も視野に入れる事にした。

また、生後3カ月から4カ月迄の間に出現し易い

急性心筋炎型(パルボウイルス1型)の発症例は、ここ数年報告がないと言う記事も読んだが

実際に発症してしまうとこの型の場合は腸炎よりも

生還率が低く、殆どがあっと言う間に天国へ…という奴。だから、別名コロリともいう。

但し、現在でも腸管にダメージを与える消化器型は依然として

報告例があるみたいで、厳戒態勢と言う意味も含めて他の抗ウイルスワクチンと共に

必ず定期的にワクチンを受ける様にと言う事。

接触感染と言う事で、糞や尿の中に混ざって排出されるウイルス(パルボで死んだ動物の死体が

一番やばいと聞く、一度に大量にウイルスが排出されるらしく。)に

接触する事で感染が成立するらしい。と言う事で、冒頭の猫風邪のウイルスもだが、パルボウイルスも

ドックランや河川敷などは、気を付ける方が良いと言われた。

猫風邪も、蔓延している場所に猫が行けば当然、貰う率が高いと言う事。此方は恐らく、飛沫だろうね。

不特定多数の動物が飼い主とともに行き来する場所は

知らず知らずの間に汚染されている可能性がぐんと跳ね上がると言う事で。ゆきの場合もたまに

河川敷に連れて行く事がある。専ら危険とするなら、恐らく

草むらだ。だから、もし行くとしてもなるべく入らない様に気を付ける。私の場合は、未だ用心を

している方だと言われるが、だから獣医師も呆れるんだろうな…ビビりと言う事で。

A子先生は、必要以上にビビらせない様に若干

気を付けながら、かつ1番危ない場所を改めて教えてくれた訳だがもし良かったら

血液による抗原検査をまたしてみるといいよと

言われた。うん、気を付けようと相成った。現在、使用されているパルボワクチンでは

1型も対処できるようになっているのかな。

1型と2型とでは、ウイルスのタイプが違うと言う様な記事も読んだ事があるのでちと

不安になって聞いたのだが、口ぶりからすると

多分、対処できるようになっているんじゃないかな。因みに、にゃんこ様の方では

年齢に関係なく、発症率がどの年齢でも関係なしに高確率で

発症する傾向があるらしい。が、中には、不顕性感染の状態でやはり見た目は

健康そのもので、検査をして初めて陽性反応が出て

慌てて臨戦態勢を挑む事態に発展する事もあるようだ。その時の事も、ブログ主さんは

書いていらっしゃる。このブログ主さんは、決して開き直って

いらっしゃる訳じゃない。確かに、パルボが発生した事は良くupされているが、私は

批判をしないよ。努力をしてらっしゃる事が良くわかるから

出来るだけ、出さない様に努力されている事がわかるから。出来得る対策を常に

取り続けていらっしゃる事を読んでいればわかるから。

不特定多数が来る所は、その分だけ保菌した動物も当然やって来てしまう。それを、事前に見抜く為に

導入されたのがパルボ抗原検査。普通なら、ここまで

思いつかないよ。恐ろしさを理解していなければ、思いつきません。私もやった事があるし、1度

その恐ろしさを目の前にしたら、忘れる事は出来ませんって。

たった1頭でも、心底震え上がってしまうのに…。どうしても、出てしまいがちになるとしても、なるべく

事前に見抜ける様にと数年前から導入することにしたと言う

パルボ抗原検査。あたしは、ここまで最大限に努力をされるのは、たいしたもんだと思うよ。

勿論、パルボだけじゃなくて他のウイルスも出来るだけ

持ち込まれない様に色んな面から(衛生面と言う意味も含めて)防止に取り組まれているようですし。

多少の差異があるからって、それで揚げ足を取るような真似は

もうやめた方が良いんじゃないかね。私自身はリリース派で、自分勝手な事ばかりする保護派には

かなりシビアな目で見るが(これは保護派と言うよりもその人物の人間性かな)

同じ保護派同士だけじゃなくてリリース派の中には私以上に辛辣な表現を保護派に浴びせる方も

いる。とてもここじゃ書けないような辛辣な台詞を。

私も、かなりきつい表現をするが(これには理由があるんだけども…)。良い所取りをして行けばいい。

箸にも棒にもかからない中途半端なお方が、可笑しな事を

することで十把一絡げで見られてしまう事になるのだけは、もう辞めた方が良いと思うけど。

問題視されるのは「保護・レスキュー」と言う言葉を

お題目にして「譲渡」と「保護」のバランスを考えないボランティアタイプのコレクターの駆逐だと思いますが。

行きつく先は「崩壊」と言う事にならない様に、させない様に

する為に私は五月蠅く言うんですよ。確かに、現場に戻せないケースもある。難しい決断を迫られるケース。

先日の日記に上げた三毛のケースがまさにそれ。

私が見捨てればよかったのかなと言う気もするが…。最大限に、最善を尽くそうとしても

出来ない事もある。これが現実ってもんです。

保護をメインに動いている方でも、バランスと言うのを常に意識されているなら

安易な保護依頼は拒否される。

じゃ、どうするか。法律の再改正による罰則の強化と普及啓発の更なる徹底を要望する事かな。

業者さんだけじゃなくて一般人への監視も強化する様に。

正しい知識をもって飼育管理をする様に。




あと少しの所まで来た!来ましたぁ!動物病院へのお支払い。そろそろ、去年の6月頃にドタバタ騒動で

急遽捕獲した三毛様の避妊手術も視野に入れねばならなさそう。

とは言うものの、三毛様は瀕死の状態で保護して急いで連れて行ったのもあり、実際にお世話をして下さって

いる


レスキューin Osakahu

↑バナーリンクになっています。

猫は小判さんの判断も勿論必要となるので…。いつもなら、どんなに遅くても体調が回復してきたので

やります〜〜みたいな感じで来る事もあるんだが

支払いがもう少し少なくなるまで==とお願いしている事も多分関係していると思うんだが

一番の理由は、恐らく麻酔かな?と言う気がする。

かなり、強烈だった事もあり三毛

これが当時の写真。多分、麻酔に耐えられるかどうか?を懸念されているのかなぁ〜と

いつも野良ちゃんを執刀して下さる獣医師さんと話していた私。

小判さんが、GOサインを出し次第すぐに手術をして下され〜〜〜と頼んでおいた。

頑張って払えば良いんだわい。今は、かなり肉付きも良くなっているんだがどうなのかね内臓が。

何れはやらねばならんのだし…。、まだまだ。未手術が沢山いるらしい。

細々と、年間10頭足らずだが、一個人としてはこれが限界。出来る範囲でしかできない。

もっもっと、国も重い腰を上げてくれないとね…しかし、偏屈を起こされても困るし…

第一線でバリバリの猫ボラ軍団には「もっと批判する側に回れ!」と言われるが、行政ってどんな所だか

未だお分かりにならないんですか?私達と同じ普通の人間が集まる所ですよ?

と思う。あんまりにも批判が多ければ、誰だけへそを曲げるでしょ?という奴なんです。だから、要望と言う形

で行かないと。時間はかかっても、確実に前に進んでいるのもあると思う。

色んな所が手付かずで、修正も必要な為に中々進まないと言う事もあるんだろうね。指をくわえてみている

訳じゃないって事はわかってやろうやと言う事です。頭がいたかですよ。あらら…。

ゆきは、相変わらずのhappyultradock(はっぴーうるとらどっくて書いたらこんな字になった。)です。

抱っこしたらぺろぺろぺろ〜〜。下したら足に飛びついてくる…。暢気なやっちゃ。






さて、明日か遅くても6日位には猫の方の手術代の支払いをまた少しして、税金類もまた支払うか。

洗濯も、昨日洗って置いた奴をさっき干して、また続きで籠に入れて…。

続きで干す…の前に少し一息。おっつけ、自振貸付の解消もまた少しやりますわよ〜〜。これも借金です。

少しずつ、少しずつ。これから少し、昼寝でもするかな…。

ゆき様は、相も変わらずのんびりこん。強か、裏庭に出た時は、全身を弄り捲る私。相変わらず

「あたちがしゃわらせてあげているのよ!」ってな感じの顔だち。

あの、あたしが遊んでやってんですけど。本当に今日は、良い天気だ。少し横になりますかね。


公園・犬 ノーリード禁止2

この公園にゆきと一緒に行ってみると…。犬連れの男性に会ったのでそれとなく聞いてみた。

園内で犬を放しているのは、どうやらうちの店子だけじゃないらしい。

何組もの犬連れが犬を放しているとお聞きした。で、私、これを張る様に市へ要請をした事を話す。

事故が起こってからでは遅いし、何を考えて皆さん放すのか

私には理解できませんわと言うと、確かに危ないとその男性も。自身の犬にも近付いて来たりして

喧嘩になる時もあるとの男性。本当に迷惑な話。

今のうちは、ハルの時よりもバージョンアップでこの状態ですからね、何せお嬢さんがはっちゃけてくれるので。

ゆき・初詣1

それもなんでだか、お嬢さんはお姉さん座りをする…。絶対に放すまい、絶対に逃がすまいと言う奴で

この姿です。愛らしい、可愛いからこそ。

繁殖者さん親子が見たら、吃驚されるかも知れませんが…いいえ、たまに送っていますので娘さんから

お聞きだと思うんだが…(@_@)しながら。

既に、咬みつき事故は過去のもの?いいえ、過去にそれだけ多発しているから、どこもいろんな形で

警鐘・啓発をしているんですよ。普及啓発を‼と強く要望されるし

またしなければなりません。浅はかにもほどがある…。本当、放し飼いをしている事になるんだよこれ。

道中は繋いでいると言い訳をする者も出て来るかも知れないが

いいえ。その場所で放してしまえば放し飼いと同じなんですョ。頭が足りなさすぎる…。あ〜あ、ほんと。

と、行って参りましたよ先日、こちらこちらに。前者は、保護猫達の生活用品を届けに。

何でだかこちらの商品がえらいお気に入りのこちら様。

これは、パッケージのデザインがスヌーピーになっとりますのでわんちゃん専用に勘違いされる可能性が

あるが、いいえ。ちゃんと裏面に説明がありますので

そこを読めば、猫用のトイレにも使用できる事がわかります。システム式のトイレなら使用できますよ〜〜。

えらいお気に入りになられたみたいで…。植物のラベンダー?

の成分が、お香の香りとなっている?みたいでこれがえらいお気に入りになられた様子…。どれが良いのか

良くわからないので、数社の会社の製品を暫くの間

交代制で持参していたら(吸収性がどれが一番高いか試してくれとお願いして。)薄目でも吸収力が抜群

と言う事でね。で、多分、ラベンダーの香りにも嵌られたのかも。

フードについても余りに高いと経済が大変だから安いので十分と言われても、保護の所なので元々弱った

状態でやって来るのが普通に多いから、余りにNBばかりでも

ショック死されてしまうと困るからね〜と言うとちゃんと認定が取れている奴なら大丈夫だ!と言われる(笑)。

保護の所と言えど、せめてうちらが関わった猫だけでも

里親様が後々お世話をして下さる事になるから、せめて譲渡後も次から次へと健康障害が出て

あとあと四苦八苦される事が無い様に、あるいは少しでも少ない様に

と思いまして…。保護で関わった者の責任でもあるかなぁ〜って事もありまして……。後者さんの方には

Oさんがここ約1年近く、体調の悪さやらお家の方のご不幸等も

重なって来寺が出来ない状態なのでわりと体が自由に動く私が「たまには此方にも代理兼身罷った保護猫

や、飼い犬&飼い猫(私とO家とO家の)の墓参りを兼ねて行って来るか〜」

と日にち違いでを手配して行ってきました。どちらも、代表で。私が単独で行く時は、殆ど予告なしで

行きます〜〜〜。後者のボラさんは、アズミラの発売元が近いと言う事で

良く、出かけられた際には立ち寄られるようです。ここの社長さんが、アニマルホリスティックケアアドバイザー

さんでもあり、色んな商品の開発にも携わっておられるようでしてね。

私も説明を聞いていて良いな〜と思ったらこちらに取り寄せして貰えるかどうかを確認し可能だったら

注文して送って貰ったりする。で、最近うちでも

また少し使い出したアズミラの粉末ハーブ。これはアズミラのハーブ系デトックス。と言っても良いみたいで。

これは、元々フードの中に混ぜられていたものらしいが

アーフコが削除命令を出したと言う事で、それでサプリメントとして売りに出す様になったんだと聞いた。

ハーブは、食材の一部としてじゃなくてあくまで植物だから?

と言う事らしいが…。時々は、使いましょうと言う事でうちもまた使い出した訳ですよ(笑)。

ゆきのお手軽デトックスと言う事で。あいつはね〜体に毒素が:::と言うより、

お頭の方の修行が足りないのね、お頭の方の修行が‼(笑)。

だから、少しはこれで成長をするかと期待して(爆)。では。これから行って参ります、餌やりに。


猫達への配膳用として用意されている胸肉が不届きものによって盗まれる…と言う珍事件が起こっています。

で、それが誰なのかを突き止めた…。奴らだ…。

うん、そうだ。。。。それは、同じ野良ちゃんだ。器用に開けて中身を取り出し、加えて持っていく…。

子育て中が来ている?わからないが…。で、対抗策を考えた我ら。

それは、先手を打って私が一足早く今日は取りに行き、家で茹でるからと言う事で数回分貰って来た!

缶詰類は、いつも通り取りに来るからと言う事で。

不審人物じゃなくて良かったよ…もし、そうならば別の意味で危ないからね…、動物もそうだが人命にも

危険が及びかねない。私もある意味、不審人物に

間違われかねないですけど(笑)。うちの周辺も、最近また未手術のを見かけた。多分、♂だと思うが

まあ、様子を見ながらその間に少しでも未払金を減らさねば。

お風呂の給湯器が壊れて、修理代もまだはらってない有様なので(^^;)。折角、通帳に入れられた

万金がまた0に…。良いわい、こうなったらまたやけくそです。

とりあえず未納金を0にする。で、振出しに戻ってしまった貯金を少しでもまた…。

どうしてこうなるんだか…。いや、嘆いてもしょうがないのでやりましょう。うん。頑張って払いますよ〜〜〜。

で、自分なりに出来る普及啓発も…。私が出来る事と言うと

「病気にさせない為に、少しでも良質の物を。」と言う事で、そのきっかけになればと言う事で

人の方も同じみたいだがホリスティックケア・栄養学を本格的に

学んで商品の販売をされているお店さんを紹介する事位かな。また、手作り食にトライされる方も

増えているみたいで、それも良いと思うよ。

これも「正しい知識を学んで管理する」と言う事の1つでもあるんで。保健所への収容原因の一つに

「動物が病気になったから」と言うのも多いと聞いた事がある。

また「大きくなり過ぎたから」と言うのもそれに次いで。あほか?何にも考えずに、安易に手に入れた

飼い主が馬鹿なんです。全て、学のなさから来ると言う…。

全て、身勝手な理由ばかり。飼い主達の。

ねころんださんの所で「TNR=トラップニューターリターン」からこれからは

「TNTA:トラップニュータ―チームアドプトに一歩前進させる

必要があると言う事を、NHKで伝えていたと言う様な事を目にした…。どういうこっちゃかと言うとですね。

今迄、NPO含む個人も国も「今いる野良猫達を減らす一環として

先ず、TとN(トラップ=捕獲 ニュータ―=手術)は同じだが、今迄はそこにR(元の場所に戻して一代限りで

生涯を終えさせる)でまず地域で管理して淘汰させる。譲渡可能なら

リリースと言う形にせずに、そのまま募集にかけるとなおの事宜しい…と言う感じだったんだが

TNTAは、リリースと言う形にせずにもう一歩進めて

TとN(捕まえて手術)と言うのは同じでも、T(チームで人に馴れさせる)A(アドプト・譲り渡す)と言う形に

もう一歩前進させようと言う事なんだそうな。

確かに理にかなっているんだが、TとAは中々リスクを背負うと言う事になるんですってば。

保護と譲り渡しをやっている方の所には

思う様に人馴れが進まないで、そのまま居残ってしまっているのも普通にいたりする。それも、どんどん

そういうのが増えてしまう為に、人馴れさせる事に手が回らない

と言う事態にもなって、下手をするとボランティア施設の崩壊って事にもなりかねない訳です。

行政が、連携を取らないと。そうはいっても言うは簡単だが

中々実行に移すとなるとねぇ…。しかし、トラップニュータ―チームアドプトなんて言葉、私も初めて知ったわ。

そら、いらっしゃいますはい、私の周りにも…。

その様子を見て、保護は恐ろしや~~~と思っている私でございますんで。TNTAをやって退けていらっしゃる

方を見てしまうと…。保護と言う形になると、お世話をする人も

下手をすると神経を病んでしまい、病に倒れてしまう事もあるんですよ。。。。崩壊と保護は、紙一重みたいな

所もあるんです…だからね、よっぽど国が確りしてくれないと

本当に困るんですってば。理想なんですけどね…、それがね…。だから、見極めが必要なんだと言う事を

わかって貰わないと…。トラップニュータ―チームアドプトならば

路上から野良っこが姿を消す日が早くなるけど、お世話をする方の負担も大きくなる。双方にとって

命がけでもあるんでね、ある意味。

ちびボケワンのゆき様。先日、給湯器が故障した為にコールセンターに電話して担当の方に来て貰いました。

で、手持ち金が無かったので月末にもう一度来て貰う事になった。

折角、貯めたのに…と思いつつ、預金通帳を全額下して用意しようと思った。お金がない時に限り故障する。

で、修理に来て貰っている最中、ゆきは私が抱っこしている有様。

あいつ、修理担当の方を見ると必死で愛嬌を振り撒こうとして尻尾をパタパタする。お兄さんは仕事中だから

駄目と抑える私。こいつの場合は、芯からのものなので

攻撃目的ではない事は明白です。可愛いと言うかなんというかもう。預金ってこういう時に少しでも

持っておくものだなと思った…。次は、何が壊れるか。

もう、嫌だ〜〜〜〜〜〜〜。税金が呪わしい…。何とか今回は、部品交換が出来たが次は何処が壊れるか

わからないと言われた。2004年製と言う事なので

13年が経過している事になる…。ゆきは、どんな時でもめいいっぱいお愛想をしてくれる。

誰に対しても、どんな時でも。非常に穏やかな犬です。

賢いと言うか…。本当に、繁殖犬舎さんには、良い子を譲って貰ったと思ってる。愛情いっぱい

かけてお嬢さんの琉球宮城さんも、お父さんの鯉淵さん

指導を受けながらお勉強をされ、ちび達を責任を持ってお世話され、2人で手塩にかけて大事に

大事に可愛がって送り出されてる。白柴の希望者も

来られるとの事。柴犬の白毛は、まるで犬じゃないみたいな扱い方をされてきた風潮があるが

各団体が独自で自粛要請を出しつつも、白毛の犬も

世間に知られるようになったと零されていた。確かに私にもそれは零されていた。私の大好きな

柴犬が、学のないお馬鹿達の毒牙にかかるのは

嫌だな…と思いつつ、白毛ちゃん達にしか無い良さがあると思うのでそれなりにその魅力を

理解して、ハマることが出来たらそれはそれでいいんじゃないかなとも思うね。

そんな事になったら炭酸ガスとはまた別の意味で

可哀想な目にあう事に…炭酸ガスも勿論可哀想なんだが、、、、(汗)。虚弱体質で生まれてその生涯を

飼い主さんと共に苦しみ続ける事になるってのもあるから。

流行だからと安易に要求したがる一般人が、繁殖の質を落とすと言う事も確かにある。だから

その安易な要求には応じず、正しい繁殖を行う事を

JKCも警鐘しています、各犬種のブリーダー達に。これは、どこの団体に属している方も同じだ。

皆さん、良い意味でプライドをお持ちなら…。本当、そうじゃないと

困るわ(‐‐:)。一般人も、流行だからとか言う安易な理由で要求しない様にと。前にその部分を

直接リンクさせて貰った事があるけどな。柴犬は

犬を初めて飼う人には、はっきり言って手こずる傾向がある。多分、どの日本犬も。甘くないよ。

だから、どういう犬かと言う事を、自分なりに

調べて勉強してからでないと駄目ですよ、これは柴犬だけじゃないですけどね。どの犬種も猫種も

同じでございますョ。で、どのブリーダーさんも

真剣に愛情をもって取り組んでいらっしゃる方は、同時に厳しく購入希望者を見られていますから

時には門前払いもされます、これは本当に。ペットショップにおいても同じ。

質の高いお店なら、足を入れるだけで此方が敷居の高さを感じてしまう事もある。そう言うものですから。

隣り街にも、日々日参している内にもう6年は経過した。最初の時は合計で7匹を捕獲。

成猫は全部リリースし、その時にいたちびは現在

里子入りして…。またこれがかなり野良化が進んでいた為に馴れ難く、やっと何とか格好が

ついたのが1年後位じゃなかったかな?

それ以後も、1年に4匹位捕獲する年が続き、現在は2匹位の捕獲で済んでいる時もある。

それだけ、順当に進んでいると言う事なんです。

恐らく、初期の猫達は天寿を全うしている可能性が高いですね…。

この隣り街も、やっとこさ市が重い腰を上げ出して来ている様で先日の犬の普及啓発の事でも

直ぐに対処してましたし、恐らく野良猫の死体の回収率が

高かったのではないかなと…。それで、苦慮した市が、助成金の支給を開始したと言う事なんでしょう。

死体の回収率が高いと言うのは、TNRの普及率が低く

捨て猫犬の防止対策が中々進んでいないと言う事でもあるので、苦慮した結果と言う事でしょうな。

和泉市も、去年から助成金の支給が開始されたと言いますので

今後もっと、年間頭数の限定はあるにしても、支給される市町村が増えて来ると思いますよ。

私達が行っている区内の餌場でも、時折道路でかちんこちんに

なったご臨終状態の姿でたま〜に遭遇する事がある。これは、病死じゃなくて多分事故死じゃないかな?

という奴。病死の可能性もそらあるが、死体の回収率は

年々減り出してきているんじゃないかな市としては。その為のもんですもん、トラップニューターリターン

って。地域猫・公園猫対策なんて。私達、身銭を切り

支払いに四苦八苦しながら払って何とかちょっとでも増加の阻止に努めようと意地でも続けている訳です。

勿論、行政にはその為の中心となって貰い続けてもらわないと

駄目なわけです、行政と言うよりお国でございます。私が6年ほど前から行っている隣り街の現場も

だいぶ変わって来た。次から次へと捕まえてますもん。

ちびが現れた時は、どうしよ〜〜〜と思う時もあるが、、、、、。生後半年になるまで生き延びたら…

と言う手は、これからもう使えないのかな…と言う気もがする(ほんとはこれが基本。)。

今年も、既に来月から第一陣が出産を迎える…。

何とか、阻止に励みまひょ。で、巣立ちを迎えるのが5月頃…本当にもう…。

↑このページのトップヘ