単なる私の日々。

自分自身が育ってきた環境から見た立場を中心に、触れて行きたいと思います。又、殺処分においても、年間数十万頭からが炭酸ガスによる致死処分であり、これも身勝手な 一般人によって 引き起されている現実。多頭崩壊においてもそう。自覚と責任を意識しないで安易に要求をする者達が引き起している現実だと言う事を。

根は,短気なので,時々キレテ攻撃的になるやも。荒らし行為は 許しませんよ~(笑)。

保護の経緯。

今年の2月頃、ふらりとうちの玄関先にやって来た所、リリースのつもりで去勢手術の為の一時保護

をしましたが、元の場所に放すのは忍びないと言う事で

そのまま募集という運びになったと連絡が入りました。推定月齢は保護時で生後半年。今は8カ月位に

なっているかと思います。

未だ、完ぺきではないようですが、保護時ほど威嚇が酷くなくなり少しずつ人馴れが始まっていると言う事で

そ〜ろとなら、触らせてくれるとの事。

毛色、見ての通りの雉トラ・性別は勿論♂。血液検査(エイズ・白血病)陰性・3種ワクチン・蚤ダニ駆除完了。

ダルちゃん4

僕ちゃん、ダルちゃんと言うでしゅの。

ダルちゃん3
なんでだか、簡易のトイレの中に入っているでしゅの。ここが一番リラックスできるでしゅ。

ダルちゃん2
悪意でイカ耳になっているんじゃないでしゅ僕ちゃん。

ダルちゃん1

首を傾げ乍ら…なんでしゅか?僕ちゃん、イケメンとまでは行かなくてもあのリリースでと

言っていた保護主しゃん(私の事)が

顔は何となく可愛い顔だちですが、もう放そうと言っていたんでしゅが、僕を放すのが忍びないと

代理募集主様達が言うので、お世話になる事になったんでしゅの。

甘えられる人がいたら、めいいっぱい甘えたいでしゅの。

代理募集主様はこちら

募集条件。

○脱走防止対策をし完全室内飼いに徹底して下さる方
○アンケート・契約書に署名捺印
○定期的な近況報告(郵便・メール)
○必要な医療の受診(予防医療も勿論含みますワクチンなど。)
○未成年者の方は保護者の方のご意向でお断りする事があります
○悪質な里親詐欺・虐待・転売目的を阻止する為医療費の一部をご負担頂きます(1万円)
○当方達は関西圏に在住の為募集は、関西限定とさせて頂きます。

先ずは、お気軽にご応募ください、件名に「雉トラのダルちゃん募集の件で」と

書いて頂ければ。また、いつでも里親募集中にて代理の方が

載せて下さっていますダルちゃん掲載ページ。他にも沢山の保護っ子達が保護場所にいます。

その子らの大半が、人に裏切られ、地獄を見た過去を

背負ってる。生き地獄を、見た事など忘れさせてくれるほど愛情のある方からのご応募をお待ちしています

代理募集主様ともども…。

拡散・転載希望!! 猫とネコの二つの本棚さんから!
京都・迷子犬

↑のバナーをクリック!!

飼い主さん、名乗り出て下さい!!

お宅の犬ではありませんか?



特徴
保護の経緯 連絡先 届け出等 拡散協力依頼



犬の特徴

  • 中型和犬、茶色、雄。
  • 年齢はわかりません。
  • 耳は小さな三角形で立っています。
  • 目は紀州犬みたいな三角形。
  • マズルが長く、ストップが浅い、いわゆる「キツネ顔」です。様子から、人に飼われていた犬であることは確かと思われ、人恋しそうに自ら近寄ってきますが、決して触らせません。あるいは日本犬らしくご主人様にしか心を許さない犬だったのかもしれません。
  • 保護時、首輪はしていませんでした。

保護のいきさつ

京都府北部の山村に保護されています

最初に私が目撃したのは2015年11月25日です。

猟犬の可能性を考え、近隣府県の猟友会に連絡、しばらく様子を見ていましたが、残念ながら飼い主は現れませんでした。

住民に追い払われたり、ご主人様のお迎えを期待してか車を後追いしては何度も轢かれそうになったりし、このままでは危険と判断し、12月17日に保護しました。

現在は周囲をワイヤーフェンスで囲まれた田圃の中にいます。12月23日現在、私の姿を見ると遠くから尻尾を振って歓迎しますが、まだ体には触らせてくれません。

届け出等

  • 警察、保健所、市役所への保護(拾得)の届け出は済んでいます。
  • 周辺府県の猟友会はすべて問い合わせました。
  • 動物病院、ドッグカフェ、その他親切なショップ等にちらしを置いてもらっています。
  • 在住市および隣市の地域新聞に広告を依頼しました。

複数の「迷子掲示板」に投稿しました。

これからますます寒さが増していきます、早く元の飼い主の所へ戻れますように。

近畿地方…只今雨が降っておりますです。今日は木曜かね?木曜でした^^。

今日は,電気代が何とか払えた^^;。

何とか軌道修正に向けて頑張っているが,なかなか上手く行きませんわい。

何とか頑張るしかない。さあ。今日は

例の地区での妨害はなさそう?だったが,あほが本当に余計な事をして下さるので

これって本当に鬱陶しいだす。

台風20号が関東の小笠原近海に接近していて,九州から東日本を中心に

大雨を降らす恐れがあるとの事らしい。

多分、一番最後の奴あたりで列島縦断という最悪のコースを毎年取る。

もう次から次へと今年は台風の当たり年と

なった日本。そんでもって,その台風に被災した人及び動物も結構いると聞く…。

台風11号の時は,九州・中部東海及び近畿地方を

を中心にあちこちで避難勧告が出ていたほど。甚大な被害も出た。

もう…いい加減にブチ切れたが自然の事なんでどうしようもない…心底恐ろしいのは,私が住んでいる所は

川が集中していると言う事…。特に支流の中でも合流・合流で

重なって流れている安威川は昔から水害に弱いらしく,治水の強化がず〜っとの課題になっていると聞く。

何としてでもゆきを守らねば…。これは,飼い主ならみんな

そう思う筈だ…。その為にはペット同行避難を何としてでも実現をと言う事です。温度差の問題もあるが

そこには軽視しちゃいかん命と言う奴なんで。

遅ればせながら…台風11号及びそれ以降にも次々と日本を襲撃している台風により被災された方及び

動物達が一日も早く落ち着いた生活に戻れますよう願っております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて…数日前,お隣の街で個人の猫ボラとして啓豪活動をされている

ねころんださん。なんと,とんでもない目に合われた

と記事にアップされておりました。その内容がこちらこちら。大阪の彩都の方に譲渡されたと言う子猫を

何と里親が逃がしてしまい,それを2カ月も知らせもせずに

放置していたと言う事が判明した(勿論,脱走した時は保護主さんに連絡して指示に従う事と

誓約書には明記されていたそうですが)と。

で…さらに驚いたのは,家族ぐるみで一種の里親詐欺を働いた事が判明したとの事。

良くある偽の家族を演じると言うものじゃなく

本物の家族がしでかしたと言う奴…。家族構成は,子供一人と父母の3人らしい。

現在、夫婦は別居しとるらしく,妻の方の住居は

吹田市の青葉台にある市の団地…。ところがそこはペット不可…だが嫁はんはどうしても猫が欲しくて

彩都の方にある,旦那が住んでる一戸建ての方を

利用して,保護主・募集主様に届けさせ,誓約書(契約書)を交わさせ…。それでその日の内に

嫁は吹田の青葉台の自宅の団地に猫を連れ帰ったらしい。

一応,彩都の方でも聞き込み?をしたりしたらしいが保護主様は,青葉台の自宅で逃がした可能性が高い

と言われています。そこは小高い山になっていて

野生獣も沢山住んでおり…体重1キロに満たないちび猫が無事に生きられるとは思えない…。

まして2か月前と言えば,台風の影響による集中豪雨と

蒸し暑い最中だったと言う事もあり,体力が持たなかった可能性もあるとの事。ましてワクチンにしても

2回とも未接種の状態で逃がしており,雨によるずぶ濡れ及び

暑さによる脱水…。が幸いな事に,このちびちゃんは,非常に人馴れしていると言う事で

もしかしたら温かい気持ちのある方に保護されて

暮らしている可能性もあるかも…と仰っています。勿論,里親には継続して探すようにと

確り言われたとの事。情報を待っておられます。

ちび猫ちゃんの毛色は茶白。写真を見る限りでは当時の月齢が推定で2か月位と思われます。

と言う事は,現在推定4か月ほどになっているかと思います。

茶白ちび猫
募集当時の仮名称が「とら豆」。情報を探しておられます。

もし,このちび猫を保護されて大切に養育されている方,もしくは近くにいるのを目撃されている方

保護主様のブログコメント欄に情報を提供願えませんでしょうか。

保護されて大切に飼養されている方も保護主様のブログに

コメントを入れてコンタクトを取って貰えないでしょうか。非常に心配されていらっしゃいます。お願いします。

逃がした可能性が高い場所は吹田市青山台1−2の付近だとの事。

とても遠くに行ったとは思えません。(猫は犬よりは移動性が低いと聞いています。)どうか一方を

お願いします。

taroutarou-2tarou-3
tarou-4

タロウ。保護の経緯。私達の餌場にこの冬頃に現れ,去勢の為に保護し,臆病なため

里親募集を断念し,リリースしましたが

酷い風邪をひいてしまい結局また保護,もう戻すのは無理だろうと完治をするのを待って

猫は小判さんの所で保護預かりの身となり

募集にかけて貰っています。推定現在6カ月位。人馴れ修行はゆっくりと進んでいます。

長い目で見て下さい。3種ワクチンその他も完了。性別は♂。はちわれの牛柄。血液検査陰性。

hikotqhikota-2hikota-3
hikota


まん丸くリンクリン顔のひこた君。

保護の経緯。ボランティア宅の近くに住む方の所に姿を見せる様になり

素手で保護,ご近所の方が抱っこして

ボラ宅へ連れてこられた。生後5カ月くらい。引っ越しの際に置き去りにされた様です。

茶トラ・去勢済み・♂。血液検査陰性(エイズ白血病)・3種ワクチン完了。その他も勿論…。

ひこたも猫は小判さん宅でまったり里親募集中。

里親様へのお願い事,アンケート・誓約書(契約書)等があります。詳しくはHPへ。

もう一匹,雉の♂の子猫が1匹,HPで掲載されております男爵君も

私達の餌場から保護した子です。あちらでは,紙袋に入れられてと記載されていますが

本当は紙袋なんてカッコイイものじゃなくダサい段ボール曝で伯爵・姫ちゃんの3兄妹で捨てられておりました。

雨の降る日の…連休の頃です(怒り)。

配膳場所に行った時に伊の一番で助けを呼ぶ3兄妹の鳴き声に私が気が付き,近くの民家の老人宅で

ドライヤーを借りて乾かして…。気が付かなかったら

凍死する所でした。

                        追記

ひこた君,里子入り決定!幸せをゲットしました。

残り10頭の他にも
引き続き,保護場所にはまだまだ行き場のない子達がいつかやってくる幸

せな暮らしを
くびを長~くして待っております。どんどんご応募下さい。但し…。

きちんと責任を最後まで果たせる方に限ります^^。

中途半端なお方は門前払いとさせて頂きます(はい,そう言うお方には此方も容赦

ありませんのでぇ〜〜〜。あしからず。)。

2015・2/24更新。

更にもう一頭。お試しに入りました。新しく加わった未掲載の2頭を含めて現在11頭(当方達

絡みだけで;汗)が現在居候生活をしとります…。

まだまだご縁待ちの猫達がた〜くさんいます。お気軽にご応募下さい,ただし。

真面目な方に限ります。これ…キツク言わせてもらっておきます。

2016年・5/1補足。

タロウ君、天国に逝きました。3年前強烈な猫風邪をひいてしまったのが原因で

再度保護場所に行きましたが、先日死去したと

連絡ありました。ありがとうございました。



トップ固定!!

409b482b.jpg

保護の経緯。

7月の終わりごろ,出先から帰宅したら玄関先に置いてある餌を食べに来ていたので

慌てて踏み板式を取り出してくるも

時すでに遅しでたらふく食べていたらしく,それから10日ほど奮闘した末に保護。

蚤ダニその他寄生虫は駆除。

エイズ&白血病は陰性。3種ワクチン接種(第1回)。推定月齢3か月半前後。

人馴れ度。まだまだ修行中。

保護預仮先→猫は小判邸。仮称などはまだお聞きしていませんが同じ時期に

別の現場で保護した子猫もやはり三毛。

例の公園の近所にお住まいのその地域の地主さんのお家の方が避妊去勢手術を

殆どされていなかった為に

急激に増えてしまい,小規模の群れ化と化していていつ毒殺が起こっても可笑しくない

状況にあります。現に、この近所では毒殺が比較的最近

行われたということもあり,これ以上増えてしまうと取り返しのつかないトラブルとなるところでした。

私が保護した三毛がいた自宅の玄関先も目の前が比較的交通量の

激しい道路ということもあり,保護するかどうかを迷いましたが,思い切って踏み切ったという次第。

一つの方法として,一か八かの賭けで

生後半年くらいになる迄玄関先で育ててから手術して,リリースしようかなとも思いましたが

譲渡募集という形にしました。仮名称がどうやらたま子らしいっす。

                     追加。

新たに保護猫が掲載されました。

黒毛ちゃん・仮称風太君→。里親募集掲載。うちの玄関先で捕獲した子だと思われます。

性格はバッチグー、可愛い丸顔の…小判さん曰く

小熊みたいだと…。ウィルスチェック(エイズと白血病)は陰性。保護場所は、うちの玄関先。

ふらっと姿を現して、置いてあるフードに口をつけようとした所を

私が目撃。フロントラインその他も完了しとりまっす〜。バリバリの健康体だとの事。

勿論、ワクチン接種(三種フェロバックス)完了。お問い合わせは猫は小判邸様へ。

何度も書きますが、野良上がりだからと言って馬鹿にする様な方は

私達の方からお断りします。貰ってやるんだから丁寧に媚び諂えみたいな方は、門前払いと

させて貰いたく思います。当たり前です。そういう方が少なからず

いらっしゃるご様子ですので。

そういう方は、ブリーダー(シリアスホビークラス)も門前払いされる。質を重視する以上

媚びると言う事はプライドが許さないと言う事です。

ボランティアも、やっている事は逆でもやはり譲渡の質に拘るなら門前払いは当然の事と

認識されている筈ですので。


三毛ののぞみも引き続き募集中!!

三毛ののぞみ1三毛ののぞみ2


三毛ののぞみ2三毛ののぞみ4



推定年齢5歳。

2010年〜2011生まれ。

私が配膳に通っている現場にふらりと単独で現れました。

2度ほど里子に出ましたが里親様の

無理解さが原因で戻ってきてしまいました(--#)。

血液検査(エイズと白血病のみですが…)陰性。

ワクチンその他完了。追加ワクチンを譲渡時に受ける事になります。

威嚇は一切ないとの事。

募集条件は、たまこと同じでございます。

代理募集主様へご応募ください。

                  更に追記。

三毛のたまこ、現在6か月半。避妊手術完了しました。

さらに追記。たまこ、急死しました。

のぞみは引き続き、継続中です。


麦茶を沸かし…。そんでもって、その前にはゆきの体をほんの少しだけブラッシング。多分、今年初。

そんでもって、胸肉を2枚ゆで乍らブログを書こうと上へ。

近日中に、店子が家賃を持参すると言うので「はいはい」と私。多分、午前中かな〜って。

うちの場合、猫については「コロニー」と言うのは

余りないかな…って感じなんだが、この界隈を1つの場所として考えれば、コロニーという考え方も

成立するのかな?と思った。うん、そう考えれば

納得も行くが、新顔も定期的に姿を見せるし、一度に全部を捕まえるのは余程の事がない限り

困難なので年間単位で継続してやって行くことが

やはり重要だと言うのは、実感できるね確かに。これ、どうぶつ基金やその他の団体のHPでも

書かれてるよ。私もそれは強く思います。

明らかに、人馴れしているのが現れて、あっこれ遺棄されたなと見て取れる場合もあって

やはり監視は必要と言う事を。

ところで、ゆきちゃまをブラッシングすると時は、一度に大量にそぎ落とせないので

数回に分けてブラッシングをする事になります。

この時期、日本犬の犬舎さんを含む、シリアスホビーブリーダーさん達はそら大変だと思うわ。

犬舎中が大量の抜け毛という感じでしょうから。

私は良く、ゆきの出身犬舎さんを含む確りと堅実にされているとわかるブリーダーさんの事を

時々枠の中に入れるが、こういった本当の意味での

プロクラスの方の傍らで、無知(無恥)な一般人が生み出した悪質な業者の存在もやはり…。

悪質業者達も無知な一般人たち(他の人が飼っていない

毛色の犬や猫が欲しい等というバカも含めて)も、徐々に国が監視の目を強化する方向で

少しずつ前向きに動き出してきているのは

本当に有り難いが、中々思う様に進められないのもやっぱりあるみたいで……。私が

訪問した事があるのは琉球宮城さん・鯉淵さん親子の犬舎さん(琉球宮城さんがお嬢さんです)

と今はちと繁殖から遠のいていると言うフードショップさんでもあるA&MEさん

見た目はブリーダー犬舎には見えないがダイゴ犬舎さん(一応ペットショップ形式になってる。)と

た〜まぁ〜に足を運ぶアズミラとオリジナルのペットフードとサプリメントの発売元でもある

ペットショップパピヨン(輸入元の代理店紹介の所に掲載されてる。)位のもの

なんだが、一つ物言いを間違えれば100倍にして返されると言ってもいい位、本当の意味での

プライドの高い所ばかり。あのね。簡単に言うと、敷居が高いのです。

拘りのある、頑固一徹おやじとお嬢さんたちがやっていると言う。何件も行ってみると違いが本当に

わかるんだ。社会性については、親から50日くらいで引き離しても

同じ月齢のちびわん達がいるので遊ばせたりしていれば身につく。パピヨンさんは、オーナーの専門が

猫らしいのだが、お友達関係でわんちゃんのブリーダーと

も懇意にされていると生体部門の部門長っぽい感じの子に聞いた事がある。このおっちゃんも

そら五月蠅い位の頑固じじぃなのでちょっとやそっとでは

妥協されないだろうね…。他の皆さんも、妥協なんぞせんよ〜ってのが丸出し。

私は、そういう人が大好きなんだ。前から言っているがこういう人だけが残ってくれればいい。中途半端な

奴らはいらん。そう思ってる。だもんで

わんちゃんやにゃんこちゃん達も、のんびりゆったりしてる。昭和の頃は、犬猫を扱うタイプの方の

ペットショップが殆どなかったと記憶してる。

このあたり、私がかなり幼少期の時期になるのでうろ覚え的な部分もあるが。みんな、繁殖をさせている

今でいうブリーダーの方の所に直接足を運んで

交渉して入手を決めたりするのが普通だった筈だ。うちにも希望者が現れればかなりの低料金か

ほぼ無料でお譲りしていた…。それで食っていた訳じゃないのでね。

それで得た糧は皆、維持費の方に当然回っていた。

今、行きつけにしているお店の一つがひごペットフレンドリーなんだが、私は彼らにとってちょっと

怖い存在になっている感じがするかなぁ〜。いや、そんな事はないと思うんだが。

あっ。隣りのマルチーズが吠えている(笑)。

確かに血筋もあるけどねぇ〜この夫婦にも問題があるなぁと感じているんだな。わしならこの場合

犬がどんなに騒いでも黙ってフェードアウトするんだが。

勿論、五月蠅いと一喝を落とした直後に。

この夫婦に犬を託した人物ってどんな人なんだろう?と首を傾げる。さて、明日はゴミ出しの日なので

出す準備をしておかねば。と言ってももうしているが。

私は犬のプロじゃないが、、、、。往々にしてこう言うのが多い感じがするねぇ〜。

このブログを見ている気もするが、別に構わない。

思ったまでの事を書いているので。うちの場合、躾らしい躾はしていないがそのつど急所でピシャっとやる。

適材適所という奴。「お座り・お手・待て・伏せ」から

入るのは、本当に未熟な者から。躾をしていても、本質はやはり出てしますので

そこも確り熟慮しておかないと、取り返しのつかない事態に発展する事も。

ゆきは、確かに普段おっとりのんびりな犬だが

やはりしぶとさも持ち合わせている。その一面も垣間見せる事があるんです。はい、私もかなり荒療治

な事をしますけどねその時は。しぶとさがまた良さでもあるんだが。

躾、だけじゃないんですって(笑)。

また、借金が増えるが仕方がない(笑)。と言っても、捕獲の方じゃないです。

これは、順当に減らしてる。

本当に、貯金が出来ない(泣く)。そうしながら、私は今更ながらに戦争の恐ろしさというのを

今一度知りたいと思い、自分の足で調べられる範囲で

知り出した。隣り街では、通称「すりばち公園」と言われている公園があり、なんでだろう?と

市史を追いかけると、我が大阪市内と同じで

(大阪大空襲と記されています。)ライフラインが集中する場所に的を絞って攻撃をされていたのが

わかる。勿論、それ以外の地域でも空からの波状攻撃で

多くの方が亡くなられている事も…。戦争ってえぐいな(関西人なんで:笑)とつくづく。

通称「ピカドン」と言われる爆弾。これ、広島と長崎に落とされたと聞く。

それに付随して戦争終結宣言をされた理由も

近くのご老人から偶然お聞きする事が出来た。これは、投下されて直ぐにわかった事じゃなくて

暫く経ってから判明したらしいんだが

このピカドンと言われる由来。これ、落とされた爆弾が普通の火薬だと皆思っていたらしいんだが

これが投下されてから続々と原因不明の健康被害に

陥る状態の人が相次ぎ、死亡して行き、原因は何か?と言う事を調べたら、その2県に投下された爆弾の

中身が原子爆弾・つまり放射能だった事が判明し

原因不明の体調不良も(恐らく白血病と思う)これが原因だと言う事が判明し、それを知った当時の日本政府

が天皇からの戦争終止符宣言及び敗北宣言を

公表、で終戦日となったんだと聞かされた。つまり、放射能がぴかっと光って地面にドンと落ちて

ピカドンと言う事に。知るのは怖いが、知らねばならない事でもある。

戦争って本当にえぐい。大阪府下の中では、現在2つ目の政令指定都市になっている堺市と大阪市が

一番大きな被害を被っているわけだが

主に狙われたのは、移送の糧となるライフラインと兵器の製造を含む工場。文字通り、戦地への武器の

補充や内部に残った民の生活ラインを叩き潰す為。

当然、その周辺には沢山の方が住居を構えられていた。人については機銃攻撃、建物については

爆弾。という感じだったみたいだが、一度に大量に殺害する為に

勿論、爆弾も。長崎は、雨模様だったと言う事もあり、広島より被害が軽かったらしい(雲行きで

視界が悪く、米兵達もうまく投下できないと判断したと聞くが。)。

兎に角知る事だと思った。初空襲は、いつだったかな?今もう一度見てみると、春の中頃の3月13日

の夜半から14日の未明にかけて市内の北区扇町あたりを

中心に投弾されたとある。それから第2回投弾、第3回投弾という数回に渡り奇襲空爆を受けて

焦土と化したと…。初投弾以降は、夜が明けてから

昼前後の間に、投弾された地域もあるようだ市町村の方では。嫌だ嫌だ嫌だ。

考えてみれば、戦争は第二次世界大戦だけじゃなく、古くは

戦国時代にまで遡る。どこの国もそうだ。どこの国でも自国内での戦争・内紛を繰り返している訳です。

そして今現在、その渦中にある国もまだ。

あちゃーー北朝鮮も、馬鹿な事をやっとるしぃ〜。我が動物愛護では、猫の事だけじゃなくて

序に歴史の事迄遡りをやってのけると言う事迄

やらかしてしまう私。いや、本当にわかるんですって…夜道を通過しているとある意味、戦国時代の

武将達がどれだけ頭が良かったか、武将だけじゃなくて

その時代を生きた士農工商民達も。昼間でも夜でもそこを通るのは同じなんだが、兵法に置いては

地形と言うのもうまく利用している筈なので。また

そういう風に作った筈なんで。そんでもって、その時代に生きた人が現在の基礎を作ったと言う事なんで。

機会があれば、大阪市内の図書館の場所も聞いて

話を詳しく聞いて来よう。先月だったかな?戦後70年の大阪市史というのを貰って来たんだが

思ったほど、詳しくは記載されていなかったと思う。

薄い小冊子だったんだが…。だが、被害にあった場所などは詳しく記載されていた。

間一髪、機銃掃射から免れて命拾いしたという方の記述も。

(その方のお母さんはその際に眉間を撃ち抜かれ即死されたそうな。お寺の部屋の中にいて

外へ脱出しようと当時赤ん坊だったその方を抱いて

廊下に出た所を機銃掃射がめがけて攻撃を仕掛けて来たんだと成長されてから

聞かされたとご本人。)なんでこんな話に迄繋がってしまうんだか

という話なんだが、知らねばならん事っていっぱいあるじゃない?もっともっと知れば知るほど

2度と起こしちゃいけないってのも。まあ、グロイ話ですが。

爪痕って、あちこちにあるかと…。皆さんも、ご自分がお住まいの地域がどの様な被害にあったのか

というのを、一度調べてごらんになられたら如何でしょうか。

兵隊さん達もかなり戦死されていますし…。因みに、隣り街の図書館に初めて行った時に

そのすりばち公園の事を話すと「あるのは気が付かなった」と編さん室の人。

通称の由来が、園内に焼夷弾の流れ弾が落ちて

穴が出来た事に由来するんだと隣り街の地主さんがそうおっしゃっていると耳にしたと話す私。

確かになっている、道路の端から端までを見渡してみると

園内全体が歪な斜めすりばちになっているのがわかります。実はこれ、猫の避妊と去勢で

お世話になっている病院に行く際にも「あっ。ここも落とされて出来たんだな」

というのがわかる場所がある。その辺は

大小合わせると4つぐらいあるのが搬送中に気が付いた。もともとそこは、山を切り開いて

開発された所でもあるが、同時に戦争の被害にも

あっている地域の一つ。知らないと、同じ過ちを繰り返してしまうから…。知ろう。皆。

ゆきちゃまの写真も撮影してないし(是非とも、ゆきの父犬・秀吉号の所有者様。にはなるべく写真を送りたいが)

現場の写真も、ご無沙汰だが、ゆきちゃまと久方ぶりに

早朝散歩に行ってきた。ゆきちゃま、久しぶりだもんから「おかあちゃん、早く早く〜」と言わんばかり(笑)。

そしたら、うんPも沢山するする。いえっ。連れ出さなくてもするんですけど

ここぞとばかりしまくったお嬢さん(爆笑)。また、被毛の手入れもしてやらねばと思う。どうしても、季節の

変わり目には、馬鹿みたく抜ける。前季節の時に活躍した

毛が死毛となって、抜けるんだな。さて、ブラシを探さねば。あれ、どこにやったかな?ペットを見世物みたいに

自慢しまくっている買主には、本当にうんざりするなか

うちは、飼い主の私があまり見せびらかしたくないと言うのもあってたまにすれ違う人に

声をかけて貰うと、シューって近寄って行き「頭を撫でて~」と

すり寄るゆきべぇ様に「こらこら、余り飛びついたらいかんよ、服を汚してしまうから」と言って少し後退させる。

だが、わかる人にはわかるみたいで

怖がらずに頭を撫でて下さる。ゆきは、攻撃をする犬じゃないので。これが、わかる人はわかるんですね。

目つきと顔つきで「攻撃性の意思はない」と。

ただの自称大好きさんレベルだと、寄って来られるのが嬉しいと言う事でキャーキャー騒ぐ。

扱いがわかっていないあほのレベル。

私が言っているのは、扱いがわかっている人。扱いがわかっている人は、飛びつかれても不動の姿勢。

それでいて、むやみに手を出さない。様子を見てから

「よしよし」という感じ。だから、犬を見ている時(猫の方の繁殖に携わっている方なら猫を見ている時)

の目が違うんだよこれが本当に。犬を見抜くと言う感じ。

犬の本質を。目は口ほどにものを言うと奴で、犬もまたそうやって人を見抜くし、人もまたそうやって

犬を見抜く。猫もまたそう。鯉淵さんもそうでした。

秀吉号と対面する際、その隣りの犬舎に入っていた鯉の秀錦号が私に向かって吠えた時も

コラッ!と一喝されたんだが、その鯉の秀錦号を

見据えていらっしゃる時にちらっと見た時。やはりプロの目だなとわかった。彼もまた、秀吉号と

同じで最高賞受賞犬の実子で、母犬は違うらしいが

秀吉号と同じ血を引いている。秀錦号の実子。私は、賞を取っているから〜等は関係なしに

性質がごく普通の穏やかな血統なんだなと思うんだ。

勿論、展覧会に出て厳しい審査を受けて審査員を含む本部が授与するに相応しいと認定したから

それだけの賞を授与出来たと言う事なんだが

その賞が取れなかったからと言って、その犬が駄目犬なのか?と言うと決してそんな筈はない。

それなりの良さを残す為に、汚さない様にする為に

より質の良い繁殖を目指していらっしゃるのが琉球宮城さん・鯉淵さんなんで。

ゆきは、ペットタイプだが確りといい面がやはり

受け継がれている。ゆきは、外見こそ見事にペットタイプだが、気質・中身はやはり良い面を確り

受け継いでいると思う。本当に、迎え入れる時。

かなり深いところまで掘り下げて聞いた。ペットタイプだからと言って、病弱と言う事はないか?

と。ショータイプだから頑丈で、ペットタイプはひ弱と言う事はないかと。

それはない、同じ様に育てているからとはっきり。

確かに、ゆきは丈夫だ。内臓面は丈夫だ。体質も強い。うん。嘘じゃなかった^^。時折、あほあほ

状態炸裂となるが、まあ、これも良さとしましょう。

この様に、確りと質に拘って妥協をせずに取り組む方だけが残って下さればいい。

良くに目が眩み、利益主義に走る馬鹿と

そいつらを蔓延らせた無教養な一部の一般人達。本当、無教養な一般人なんぞ

淘汰されてしまえ、共にね。といつも腹の底で

思う私でございますはい。

また、妨害が(笑)。いいえ、例のS市です(笑)。まあ、いつかはやるだろうと思っていましたが。

はい、計算づくです。分散させる為にしています。

どうしても範囲が狭いからね=^♀^=。はい、うまくやりますよ〜。その為に、移動癖をつけているんですから。

先日、ちらっと書いた某商店街の猫達の事も

その商店街の中にあるコンビニの店員に聞くと、やはり相当数の数がいるようです…。

寄って来るんですよ、食べ物商売が並ぶ所でもありますから。

それから、区内の方の餌場で時々現れる多分、♀の様な感じの雉。多分、雉だと思うんだが。

昨日は見なかったね〜。その延長線上にある

公園猫ボランティアが入っている公園の方に行ったりしているんだろうか。Oさんと相談したが

様子を見たらどうかと言う彼女。どんなに頑張っても

中々徹底するのは難しい。隣り街のS市も、ようやくTNRの為の助成金が年間50頭分らしいが

支給される事となった。支給される頭数も

市区町村によって限定数が違うらしいが、それでも出ないよりはましって事でしょうね。

さて、私は、先日1月に捕獲した黒♀の手術代を

郵便局から振り込んだ。あとはその♀の血液検査代とワクチン代に♂3匹分の

手術代が今の所未納金として残っている。

出来たら、未納金が0になってからにしたい、次を狙うなら。さあ、領収書を発行して貰い

あとは、福祉協会へ返送するのみ。今日か明日

病院へ行って領収書を書いて貰い、ポスト投函しよう。妨害なんぞに負けるかよ。うん。

さあ、頑張るよ。今年も既に4匹捕獲した。

おいでおいでと手ぐすねをひき、来たらあれに入って貰うだよ=^♀^=にゃんこちゃんってなもんです。

私の精神衛生上の為にもやめられません。

見つければ、あっちゅーまにあれで御用となって頂き、種無し肥しなしの体になって貰いますはい。

ひゅう~っと侵入、ぽとんがしゃん。目が覚めたら〜

中性の体になりました私&僕ちゃんという奴です。昨日、黒毛が来ていた気がするけどこの間

リリースした♂かな?あれ…。今度よく見てみよう。

そこでもうちの界隈と同じで、やはり商店街通りになっている所がある。で…。小耳に挟んだんだが

野良猫が寄ってきているらしい。私が着手している地区じゃないだけに

状況が良くわからないのだが恐らく自然繁殖しているんじゃないかなと思うんだこれがね。

それが問題になっているんじゃないかなって…。

前にも書いたけど、うちの界隈も私が着手する前は、あほみたく繁殖を繰り返すのみだった

ようで、毒殺も頻繁に行われていたと聞いている。

これは、その地域の人が自分達の手で解決するべき問題だと思うんだわ。

私が住んでいる界隈は、私の精神衛生上の

為にも、これからも継続してやるつもりでいる。毒殺をしても問題の解決にならないから、その地域の人が

問題解決の為に、TNRに着手するしかないのです。

今は、大阪市からも助成金が出る様になっていますし、民間の助成金支給団体も存在

していますからそう言う所から支援を受ける事も可能。

この界隈で私が着手しただけでもこれまでに40匹からにのぼる。多分、数十匹は生息していると思うが

継続して行う事が大事なのでね。今、私達が監視の為に

補助的に行っている公園にも、ちらちらと新顔らしきのが姿を見せ始めているが、こいつが定着するか

どうかを見極めている。しかけている感じがするが

さあ、8匹の中に入れて貰えるかどうかは疑問。どこででも、頻繁に起こるのが野良猫問題。

身近な問題。徹底して手術をして行けば

必ず減少して行く。そう、完全に淘汰は難しい。長い年月がかかる。♂も♀も来たら、必ずターゲットにする。

やる。諦めずにやるしかないです。





来ていた、例の公園の入り口近くに近寄って来たあれ、錆かな?雉かな?今度、見かけたら

良く見てみよう。Oさんにも伝えねば。

私がひっ構えてやって行くなら、自分の判断で出来るんだが中々そうも行かず。あっ。

先日、喧噪状態になった電気屋の隣りの駐車場。

良く見てみたら、私が5年ほど前にドタバタ捕獲した、例のタキシードの♀だった(^▽^)。

で、お相手はこれも3年位前に私がとっ捕まえた

白雉猫。また、お尻の方だけ見てまた新顔か?となった。いや、新顔が来るとしたら

多分、信号を渡ってきているんだと思うんだが。

見かけたら、定着するかしないか位の時にバシッと捕まえてしまうので、多分驚いて皆元の場所に

帰ってしまっている可能性も高いんです(笑)、特に♂は。

近づくとまたどんな目に合うかわからんのでもう2度と近づくものか‼ってなもんですよ。確か、白雉の内の

1匹は、猫は小判さんが事情を察して生涯のお家を

見つけて下さったんだが、残りはみんな確かリリースしたと思う。白雉だけじゃなく確か雉白の♀もいた。

恐らく、思うに急死された老人にみんな貰っていたんじゃないかなフードを。

貰えなくなって、うちに来たが全部私が捕まえて手術したものだから…。で、周辺では歩いている姿を

みるけども、うちの方に食べに来ている様子がない。

多分、誰かに貰っている。やっている人物は、うすうす検討がつくけど。私は、馬鹿おやじと腹の底で

思っていますが。1人だけじゃなくて通りすがりの

人にも貰っている可能性も勿論あるんですけど。頑張ってみんな生きている。何れ、順当に姿を消すが。

しかし…この狭い界隈で、結構生息しているんだなと

まじで驚いたその頃。私がキャッチに関わった猫だけであなた、40匹越えですよ、半径数百メートル内で。

一体、地域中となったら何匹いるのかという話で

そうなると、先日も書いたように数百単位に上ると言う事。地域猫。個人では限界がある。

勿論、NPOを含めても。普及啓発と法律改正。

元凶を断たねばどうにもならない。ペット業界においても、まともな方だけになって欲しい。

ブリーダーの方に置いても、きちんと真髄を極めている方

だけでいい。一般人に置いても、知慮のない者は排除・淘汰でいい。特に、人としてもどうか?

という奴が、多いので。いらない、馬鹿は。

近くの電気店の横にある駐車場から、猫の喧嘩の声が聞こえたので行ってみた。

場所は後ほど写真撮影してくるつもり。

あれ、♀かな?いや、良くわからないが「こらこら」と空容器で地面を叩き吃驚させて追い払った。

一時は、とっかえひっかえ猫がうちにやってきて

(本当に色んな柄がやって来た(笑))怒涛の如くの近辺でのTNRを再開して、今は、スローダウンの

状態なんだが(それでも今年に入って既に4匹してるしぃ~。)

Oさんの所にも、結構とっかえひっかえにゃんこ様がおいでになる。と言うのもうちと似たような条件なの。

彼女の本業は飲食店の自営業なんだがその隣に

今はもう無い(違うお店になってる)お寿司屋さんが出来てから、猫達が集まり出したそうな。

おいしい残り物が一杯ごみとして出るからね〜。

それで寄ってくるようになったそうな。加えて、道路を挟んだ向かい側の筋にスーパーがある。

今はライフだが、それが出来る前にはサンホープという

小さなスーパーがあった。ちょうど条件が。そういう所にはね、寄って来るんです、周辺に棄てられて

代を築いてきたのを中心に、棄てられて間がないのも。

前日の日記にも書いたが。うちの方では私が界隈の一層を目指して頑張っているんだがそれでもさあ

どれくらい、制御が出来ているかどうかは?というのも

正直な所あるんだが、繁殖はかなり抑えられている筈です。怒涛の如くの徹底したTNRをしたからこそ

今がある。1年で、一人で何匹も捕獲していましたからねあの年は(笑)。

誰のアシストも頼まずに、バシバシ掴んで。皆に「どんどん来てるよ家に‼」と言うと本当に多いね〜

あんたの所。当たり年になってしまったねと言われた5年前。

どんどん、気が狂った様に捕まえてどんどん病院へ運んで。今年もあと何匹捕まえる事になるのかな。

恐らく、元からいたのが順当に寿命を迎え出して行っているのに

伴って、他地域から侵入・流入してきているのかなと思うが、そうはとんやがおろしません。

路上での病死、虐待その他の事故死体も何としてでも減って行って貰わないと

困りますし。大阪市では、22年度から待ち猫助成制度と公園猫サポート制度が始まっているので

恐らく、順当に減ってはいるんじゃないかなと思うが

兎に角、まだまだ多い。以前に比べたら、減少してきていると言う人もいるが。実際繁殖による

増加は、かなり抑えられていると実感はしてるも

着手してからまだ10年も経過していないのもあって、もう少し時間がかかる筈だ。流入してきても

必ず捕まえてやる。うちの界隈の野良(手術済みで

Vカットは入っているけど、私の感覚では野良です。)を、徹底して手術し、界隈から一匹残らず

淘汰してやると言う途方もない野望を企ててやって来ている。

それは、今も変わらない。因みに、私が今年4匹目の捕獲をして運んだ時。その前日に

O邸でもTNRアシスト氏による捕獲が行われ2匹キャッチして

病院へ搬送され、手術を受けた。でっ!「Yさん、Oさんは自宅の庭で野良猫を飼っているのか?」なんて

聞かれる始末で「違う違う!私の実家の近くですが

その辺も、野良猫が多いんです!それで、彼女宅の庭にやって来るんですよご飯を食べに‼」

と言うと、大笑いされた。何でそんな発想になるんだか。

人間の出来は、実家の方が、げのげですがね。私の場合は、兎に角、捕獲率については♂の方が

断然高いんだが、これは♀も移動する事はあるが

♂の方が、シーズンになると♀を探してうろうろする事が多くなる為に、捕まえる率が高くなるんだろうね。

勿論、♀だって捕まえますよ。その場合、妊娠中だったら

なおの事よろしい、出産を阻止すると言う意味で。先生には「ある時払いの催促なしでお願いします〜」

とあっさりと言ってのける。私は、妊娠中であっても

そのあたりは、決して可哀想な事をしたとか思わない様にしている。その点は、かなりドライ。

出産中に難産になれば、確実に母子ともに死ぬ。

お産間近の堕胎も、リスクはあると言うけど間に合う様に堕胎&避妊という形にする。

20年で、どれだけ淘汰出来るか。いや、10年でも良い。

やるだけやる。それだけの事。うん。




商店街筋で、何十年にも渡って(それこそ昭和の30年~40年代の頃から)商売を

されてきている方、うちの店子さんや戸建ての人達に

「どうしてこんなに多くなったの?いつ頃から生息をするようになったの?」と言う具合で

折に触れては聞いてきた。一戸建ての人達は

平成に入ってからの方も多いので、昭和の頃から同じ様に居住をされている方に此方も

限定している。つまり、流れを知るには40年~50年位

この地にいる方でないと答えがわからない。それで、経緯を教えて貰ったりしてきた。

毒殺された死体を良く片付けたと言う店子さんの話も。

中には、保健所に捕獲に来てくれと頼んだ店子さんも。そんなのを聞くと、野良と言われる

犬や猫も、もとは人間が棄てたものだ。どんなに

邪魔に思っても、殺す事は許されんよと。色々と聞いている内に、やはりTNRをやり出して

良かったな〜と思う。どこぞやの馬鹿は、苦し紛れの

因縁をつけてきたが、私に一蹴された事で、何も言ってこない。もういい歳こいた中年に

なっていて恥ずかしいとは思わないのかと言う奴だが

私が一切、触れないのでもう許されたと思っているだろう、馬鹿が。私は、そんなバカばかり

言ったりまた馬鹿な事をやっていると

家主の私を中心として、他の入居者や近隣住民達の怒りの制裁を食らい、地域の住民(私も

この地域の住民になるからね)達に排除されてしまうんだと

言う事を、本当の意味で理解しないといけないんだと言う事を、言いたかったんだが恐らく

理解できていないよ。つまり、社会的制裁の一つと言う事になる。

本人たちは、病気でもあるんだが(表面上は健常者にしか見えないんだが脳の異常があるのは

じっと見たり聞いたりしているとだんだんわかってくると思う周りも。)

それは私も気づかないふりをしてうまくやらないと。さて、話がそれたが、大阪市バスの車庫の

ある地域でも、うちと立地条件がほぼ同じで

古い商店街に続き、車庫のすぐ手前にもスーパーが出来ていたりするので前よりも

寄って来やすい状況になっているかも。これは、棄てられる

という意味も含めてる。ここなら生きていけるだろう、仲間に入れて貰えるだろう。

誰かが面倒を見てくれる…
大きな間違いですから。それ。

生きていける餌場を見つけられるのは、ほんの一握り。たいていは、見つけられずに餓死するか

それは免れても虐待・毒殺を含む事故死・病死が待っているだけなので。

さて、こんな訳で私のTNRもこれからずっと続くのです(ちゃんちゃん)。

今朝がた、外へゆきの生活場所を掃除と洗濯物を干す為にちょこっと出た際にいつもと変わらぬ

景色をきょろきょろ。今日は生ごみの日だったので

序に空き缶もビニール袋に入れて生ごみと一緒に外のごみ箱に出した。回収は、うちの地区は

午後の3時過ぎに来るので、大体出しておくのは1時から2時50分位に

出す事が多い。鴉対策の意味も兼ねている。

ツインカム、ダブルインカム(共働き)のご家庭は勿論、専業のご家庭も朝10時頃には出されている事が

多いが、その場合は鴉除けネットを被せていらっしゃる。

ゆきは、今のところは頗る快調…過ぎて毎日私の顔を見ると燥ぎ回る--;。と言っても、わんわんきゃんきゃん

騒ぐ事はないが、足元を走り回る…。で、テンションがだんだん

なると、寝起きしているリッチェルのゲージの中と外を全速力で出たり入ったりしてからに

何かの拍子で、こんな感じになるんだが

私の目には映らない何かと一緒に遊んだりしているのかな?とふと思ってみたり(動物はその手の感が

鋭いと聞いた事がある。)。そう、鋭いと。

可愛いと言えば可愛いが、お前毎日何をそんなにちょこまかしているンさ?と聞きたい私ですが。

病院でも、ゆきは平和なほうの犬だと言われた事がある。

これもまた、前にも書いたが最近の柴の傾向なのかね?いや、本質は変わってないと思うんだが

飼育環境によってもある程度、強固な面が

ある程度、和らぐ事もあるよと聞いた事は、そらあるけどさ…。うちは、至って普通の…。

ペットタイプでも、血筋に関していえば良質。

日本犬の記述の中にある、非常に難しい言葉で今でもちょっと理解しづらいんだが

稈威に富 良性にして素朴の感あり 感覚鋭敏にて歩様軽快弾力あり(大型に置いては

重厚な振る舞いがある事)と記されているその言葉。

ペットタイプにも、それがあてはめられているんかな?と言う気がする。女らしさ…ってのは

微塵もないけども…。「素朴の」というのは

日本人に例えると、女性は女性らしく、男性は男性らしく…と言う事らしく、それが犬にも

当て嵌まるんだとか。感覚が鋭敏ってのは

読んで字の如しで、これは何となく現れている感じがするにはするんだが、ゆきにも。

「歩様軽快弾力」と言うのも読んで字の如しで

はっきりとわかる。かなり機敏な動きをしてる。大型の秋田犬の場合は、連れている飼い主の方に

沿って歩いている姿を見るとこれもまた読んで字のごとしで

ズシッとした動きを確かにしてる。これが、重厚な振る舞いと言う事かな。厚みのある重みという。

これ…言葉自体、余りにも難解すぎてねぇ…。

誰か、私の頭でも理解できるように講釈してくれやと言いたくなる私です(笑)。この程度迄

何となくでも、理解するのに鯉淵犬舎さんを含め日本犬保存会など

幾つかのHPを読み漁った。悍威の悍の部分が手が付けられない程に獰猛、荒々しい、おぞましい

という意味でそこに「威」をつけて、それを気迫・威厳とし

そこに良性という言葉がついてきてその意味が忠実・忠誠心としているとあります

(稈の分部は辞書などで調べれば出てきますよ。)。

日本犬を迎えたいと思うなら、日本犬をある程度知り尽してから迎える方が良いという意図も込めて

いるんだが(安易な入手をさせない事も大事なんでね。

安易な入手をする側が問題なんだと言う意味。何度も言うが。)門前払いの姿勢を貫いて貰わないと。

法律も、前向きに進みだしてきている。

不思議なことに、日本犬保存会ほど、種類の保存に拘りを持っていると言うのをはっきり公言している

所がJKCなどでは見受けられないかなと…。

いや、表現の仕方が違うだけかな?世界の公認犬種と言う事で、色んな種類を扱っていると言う事も

あり、曖昧な感じの表現しか出来ないのかね?

いや、何を大事にしているのか?という、そこがはっきりと伝わってこないと言う事。スタンダードなど

については、細かく記されているが日本犬専門の公認保存団体

ほど、パンチの強い拘りが伝わってこない…。しかし、何かを大事にしているからこそ、保存に力を入れている

と言う事は、間違いない筈なんですが。




うちの借家は、前から言っているが猫の通り道になっている所でもある。

そんなうちの店子の中に

「お前はガキか?いい歳をして訳の分からない事を言って情けないと思わないのか?」

と言いたくなるのがいる。

この店子、ちょっと精神疾患と軽度の知的系の障害がある感じが…。

だからなのかな?だからと言って

ものには限度と言うのもある。ちょくちょく問題を起こし、他の入居者およびご近所からの

顰蹙をかう真似をしている。今は

顰蹙をかう程度だが、こういう事が積もり積もるとその店子の大家である私を含め

皆さんの怒り爆発状態に何れ繋がると言う事を

いい加減に理解せいよという奴なんだが、それが理解できるとしたら普通の健常者と言う事なので

その都度、理解できるようにビシッとやるしかないと言う事かな。

私が管理をする様になってからは

ペットは2匹まで可という事にしている。店子は、小型犬を2匹飼っているんだが

この2匹をまともに管理出来てないんだな。

手入れがどうとか云々じゃなくて躾がはっきり言って出来ていないの。

うちのゆきも、余り入っている方じゃないが

その代わり、対策は取っている。お隣は、その対策もまともに取れてない。わかってないから。

1匹はMIXと言っていたが、もう1匹は、マルチーズだと思うあれ。

その、自分ちの犬の管理がまともにできない分際で、猫が糞尿して生活に支障が云々とか

言って来たので、正論でピシャっとやると何も言い返してこなくなった。

皆さん、猫の糞なんぞ自分で処理されている。いい歳こいた中年層になっていて馬鹿かと

腹の底で呆れかえる私。だが、そこは何度も言うが

お頭と精神状態は”お子様”な店子。事の発端は、店子が各自権利として得ている

”利用権”。共有の部分の。
物件と土地の所有権は勿論この私なんだが。

その店子に私が利用する事を許可している分部があり、隣りの入居者宅との間に通路があり

その真ん中のラインを中心に各入居者の利用スペースの

割り当てが決まっているんだが、これを侵害する真似をしているのを私が発見し、注意をしたら

話を猫の事にすり替えて来た訳。駄目なものはダメ。

猫の糞尿については入居者が自分で対処する事。また、この地域は商店街に面している所でもあり

昔から猫の多いところで、私が野良の去勢と避妊に着手

するまでは誰もして来なかった為、もっと数は多かった。私が手術に着手したのは、シーズンの際の

♀の奪い合いや、縄張り争いの喧噪に堪り兼ねてやり出したのだ。

また、糞尿対策の一環としてもやり出した。それで徹底して今も継続しているんだと言うと

まともに反論できなくなったようだ。Oさんにその件を話すと

それ以上その件には触れるな、黙って見ていろ。それが一番の薬になるんだと言った。

うん、わかっている。と私。今、私は玄関先と書いているが

ダルちゃんを含む、その次の雉♂と黒♂は向かい側のビルの車庫の傍で捕獲している^^。

この3匹以外にも、以前に茶トラ♂2匹と別の黒♂1匹もそこ。

それ以外に、少し先に進んだ一戸建てが並んでいる所でも黒♂1頭と商店街の筋を更に表通りに

進む途中でも親子3匹と黒♂と黒♀1匹、表通りの

薬局や医院の直ぐ傍でも♀2匹をバシッ。だが、やはりうちの玄関先が一番多いわけね。

その玄関先で約30匹位かな。これは自分で捕まえた数ね。

それから更に5年ほど前に遡る。その時に関わった猫が一番最初の現場体験となる猫達なんだが

この猫達の時は、T橋女史に来て貰い、捕獲の手解きを

して貰う形で掴んで貰った。この時の数は、ちびは一匹を除いてほぼ全滅したが

成猫たち5匹は捕まえて貰って病院へ搬送して貰った。

因みに、このちびも二次成長期を待って捕獲して貰い、初期の猫達は一応全部この時でほぼ

完了となる。あとは、追加でやって来た猫を

今度は餌やり本人に捕まえて貰い、当時アルバイトでOさんのお店に勤務に来られていた

猫は小判さんに頼んで2匹位、搬送して貰ったかな?

こう言った経緯を知らないとは言え、ガキ丸出しの様な事を言ってきた店子。本当、知能が低い。

で、今では、自分で約1年半に渡って周辺に生息している

猫達を怒涛の如く捕まえまくり元からいた猫達については、ほぼ手術が完了したと思われ現在は

追加で他からふらふらと現れる新顔を発見しては

タイミングを狙ってバシッて奴。みんなが、夫々出来る形で自分で対処しているというのに

自分で対処をしようとしないで人に甘え、まして

他の入居者の利用権まで侵害しようとする事は絶対に許しちゃなんねぇぜと言う奴。

また、狭い裏庭で炭火で焼肉なんてやらかし…

近所中に迷惑をかけると言う騒ぎもちょいと前に引き起こしたばかり…。嫁はんの

「怒られるわ、怒られるわ…」と言う声が聞こえてきた。

私は、お風呂に入っていたんだが、マッチ棒を燃やしたような、蝋燭の様なにおいが

部屋に入って来た。で、全身洗って綺麗に拭いて外に出たら…。

煙に驚いた他の店子が消防署に連絡してパトカーと消防車が…。旦那が消防士に睨まれ乍ら

火を消していた。恐らくのちに始末書を書かされた筈だ。

その時の事は、少し前に記事にしたが

そのつどビシッと対処するしかないし、それがまた私の仕事でもある。猫のキャッチも私がやらなければ

誰がやる?兎に角、減らすには手術をするしかないのである。

時に、店子に爆弾を落とすのも私の仕事なのである。この件でこの間、不動産屋に電話して

聞いてみると結局は信頼関係を築き、維持が出来るかどうかと言う事だ

と言われた。契約書についている約欺の分部を

今1度コピーしてくれ、取りに行くからと言って先日貰って来たところ。あの店子がそんなの読んでいる

筈がない。また読んでいたとしても理解なんぞ

出来る筈もない。だから、子供を叱るような感覚でやるしかないってこと。バシッとやったその日の翌日。

夫婦は、1日寝て過ごしたのか静かだった。

多分、安定剤の様なものを処方されているんだろうな、それを2人で飲んだんでしょう。

私、相手が障害持ちであろうとなかろうと

そこは関係なく許さないですから。駄目なものは駄目!なんです。ほんと。子供でも分かる事。

駄目なんだと。


先日の黒毛がリターンしてきた。今年に入って4匹目だ。これで、♂が3匹と♀が1匹の合計4匹。

♂は、♀を探して回っている内に餌場があったと言う感じで

食べに来た所、私の目に留まったという感じかな。以前の様なハードな感じで捕獲する事はなく

追加でちょろちょろとやってくる感じ。

そこでバシッと捕まるという(笑)。いや、それでいいんだが。捕まる事で楽になるんですからね〜。

さて、ゲージは来週末か、来月はじめ位に

返却しようと思っている。それ迄にカバーを洗濯してゲージも洗って消毒してという感じで。

近所の方にも猫の数が増えている様に見えますか?と聞いてみる。

たま〜にだが。同じ人じゃないよ。違う人に。

殆ど見なくなっているとの事。私が聞くのは、子猫が生まれている様子があるか?と言う事。

小さいのは、見なくなったと言う人もいる位。

小さいのが徐々に見なくなり、現在いるのもやがて年齢を重ね、最終的に世を去ると言う事は

最終的に0になると言う事。私は、TNRを主に

書いているがこれ自体が、1つの普及啓発でもあるんだよ。飼育下に置かれている犬や猫も

その飼い主が、未熟だと惨めな飼育生活を送る事に。

おやつをあげて良いですか?
いいえ。馬鹿も休み休みに言って下さいって奴です、御免こうむります。

(こんな事を言ってくる時点で、その人の値打ちは0と

判断させていただきます。お近づきになりたくない類ですので。)どこぞやの馬鹿が何か

変な喚き声を出していた様だが、きっと酔っ払いでしょう。

これからも徐々に動物愛護法も厳しくなって行くと思う。さて、もうじき、配膳の時間。さあ、もうちょっとしたら

準備するか。


配膳の準備をしていたら何か外で餌の奪い合いが始まり出した気がしたのでふらっと外へ出てみると…。

恐らく、ターゲットにしていた奴だと思うが

黒毛が置いているのを狙って食べに来た所を、茶トラの♂に威嚇され始めていたようだ。

で、今回は、フック式でチャレンジ。

仕掛けて直ぐに中に入り、扉が閉まった。今年、もうこれでうちの方では4匹目のキャッチとなった。

私は、食べに来たら狙う。自分から、個人的に遠征して迄

捕獲はしない。お腹を空かせて食べ物を探したり、来季に向けての繁殖の準備に入り出す時期でも

あるし、春猫のお産のラストスパートでもある。

♂にしても、去勢をしてしまう事でよその地域に遠征して種を付けることがなくなり、♀の奪い合いや

縄張り争いによる喧噪も減少する為

絶対にやった方が良い。と言う事で、チャンスがあれば、隣り街でもまた狙う。

今回は、うちの方で狙ったのがうまく入った。

私の場合、一度に何匹も捕まえると言う事は余りない。金銭的な事もあるんだが

一度に何匹も捕獲すると、神経がダウンしてしまうんです。

引っ張って閉めるんじゃないにしてもやはり、集中しているので2匹も3匹もとなるとグタ〜ってなるの。

今年は、これで4匹目だがあれだけやってきても

どこかからかフラッとやってくる。K地域全域を入れると、未手術が未だわんさかいるに違いないが

うちの界隈に関して言えば、私がこれ迄捕獲してきた事で

ある程度の食い止めには、なっている。他地域からふらっとやってきている事も勿論

あるが、私の目に入ったら最後、何れは捕まえるよ〜と

言う事になるのである。野良猫問題の解決には、このTNRも欠かす事が出来ない。

絶対数を減らす事。そして、行政・国による普及啓発と

飼い猫及び飼い犬と(必要な繁殖を除く)、飼い主不明猫(および不明犬)に対しての避妊去勢の徹底と

助成金制度の充実化と国による一般人飼い主とペットショップを

含む、悪質業者を排除する為の監視の強化、行政による譲渡制度も、もっと。。。。

知識のない者を駆逐・排除。やらねばならん事は、目白押しの筈。さて、私が今回捕まえた黒毛ちゃん。

♂っぽいかなと言う気がするが何にしても

手術だけはしておかないと。うん、する事をしてリリース。今度も絶対‼

黒猫・深夜にキャッチ

目が興奮状態と化しています。仕掛けちゃん、フル稼働でやんすよ。

前回の雉♂とダルちゃんの時は確か踏板だったと思うな。200の大台にのるには、まだちと間があるが

一体、うちの地域だけでもどれだけの数が生息しているんでしょうね…。

あと10年でどれだけ淘汰出来るのか。1丁目から4丁目…全域を入れたら500はいるだろうな。

4丁目がうちの方。

今年は、ウッドデッキの部分にサマーオーニングターブをつけようと思い、1つ注文した。

2階は、内側に簾をつけようかと思案中。

今は、レースのカーテンしかつけてない。が、良く見ると日焼けをしているような…。

日光の遮断率も余り良くないみたいで…。

どうも、2階はうち簾しかつけられないみたい感じがするなぁ…。地球温暖化とかヒートアイランド現象

とか色々言われているが、よくよく考えてみれば

こう言うのは、都市開発が進みすぎて便利になりすぎた為に起こっている現象でもある。

ゆきにも少しでも楽に過ごしてほしいと言うのも

あって、考えての事なんだがそれ自体、結局省エネにも繋がるんですよね〜。台風で風が強くなる時期だけ

外せば良いだけみたいなので、今年から試してみよう。

湿気も十分吸ってくれるみたいなので、裏庭も少しはカラッとするんじゃないかな。さて、動物愛護の方は

と言うと、私が行っている隣り街の方では

時々ねころんださんが依頼を受けて、その近くでTNRに着手される事もあるようだ。私も負けない様に

頑張らねばね〜。私が行っている所は、あの

婆さんが増やしまくっていた所でもある。私達は、この現場に関わる時に、一つの条件として手術を

条件にしない事にはお受けできないときっぱりと

言った。それで、強硬に推し進めた。婆さん、結局、私に押し付けて自分はあの世へ逝ってしまったが。

国もまた一つ、助成金を出す地域を

更に増やしつつある。助成金を出す地域を増やしながら、普及啓発も強化する方向で少しずつだが

進んでいる。ねころんださん達は、隣り街が

お足元なので、もし、市役所へ行く機会があれば普及啓発を強化する様に進言してくれと頼んだ事が

ある。元々私の足元は大阪市なので

行った所で門前払いにされる事があるからだ。隣り街は、1年に1軒あたり5頭分の助成金が出るとの事。

摂津市の皆さん、是非是非TNRをされる時は

ご利用なさいませ。もしかしたら、今後50頭が100頭になるかもしれませんし、200頭になる可能性も。

大阪市の場合は、市内の病院に限定みたいですが

摂津市は、今の所病院の指定はないとの事なので、どんどん利用なさいませ。早い者勝ち勝負みたいに

なるかもしれませんが。私は、たとえ摂津の現場でも

大阪市民ですから…ズルをする訳にも行かないと気が引けるんですが、お足元の方なら胸を張って

堂々と申請出来ますよ。当たり前です、貴方たちは

摂津市に市民税やら固定資産税やらを払っているんですから、権利があるのは当然です。私は

自分が関わった現場は、自分で頑張って淘汰します。

さて、うちの近所と区内の動物愛護も、新顔が姿を見せながら、着々と進んでもいます。Oさんの判断を

仰ぎながらのTNRとなるんだが区内の餌場については。

彼女は、家庭の事情で今、フードの準備は出来ても現場に足を運ぶ事が出来ない状態なのだ。

その彼女邸で、先日、TNRアシストさんによる

捕獲が行われた。此方は、2匹捕獲できたらしい。どうにもこうにもならない事情の為に身動きが

取れない為、私が現在1人である意味楽しみながら(笑)

フードやりをしているのだ(笑)。夜半にフードをやりに行く際に、いつも思うのだが士農工商・エタ非人の内の

士の立場(武士)にいた人は、農(農民)・工(大工や今でいう建築士)・商(商人)

達も勿論だが非常に頭が良かったんだなと言う事も見て取れる。

農民達から勿論年貢米を取り立てたりもしていた立場だが、戦略においても反撃・返り討ちにし易い様に

大工達を使って常に強化に取り組んだり仕留めたりしていた訳で。

計算や図面を引くにしても今みたいに電卓やコンピューターみたいな便利なものはなく、

んな頭を使い、腕(筆とそろばん)のみで

やっていた訳だ。農業にしてもそう。耕すにしても桑とスコップしかなかった訳で。

今は違う。便利なあまり頭を使わなくなってきてる。

だから、頭が退化しているとも言われている。特に、ゆとり世代はその傾向が酷いと。

時代の背景がそうなんだ。その世代が受けた教育が

考える習慣を奪った。今はゆとりが終了に向かいだし、詰め込み教育の良い点と

ゆとり教育の良い点をMIXさせる形の教育になっている

と聞く。ええ〜っと…ゆきちゃまもある意味、ゆとり児童なんですかね??ゆきに聞いたら

あたちはゆとりじゃないわよお母ちゃん‼太閤(関白)殿下の秀吉号の娘なのよ!!

と言い出しそう…口がきけたらですが。

元気にしてるかな…秀吉号。あんたの娘・本名鯉の寿号・通称ゆきは

元気に過ごしているよ。もう、6歳になるよ今年で。

あんた、私と犬舎で対面した時。穏やかな目をしていて、私を歓迎してくれたね。

その時に目でわしらの子を、最後まで大事にしてやってください。

決して裏切らんでやって下さい。とそう言ってたね。そんな事、誰がするかと私思ったよ。

裏切るような真似はせんよと。来年は、あんたと対面した時の

当時の年齢と同じ年齢になるよゆきが。あんた、元気にしていたら今年13歳の筈だ。

もうすぐ、引退となる年齢だと思うが、ゆきと

あんたは違う犬生を送っているが、あんた達が愛情いっぱいかけて貰っているのを

一目でわかったよ。そんでもって、一本筋を

通したブリーダーさんである事も。実際に、足を運んでみてわかったんだが

猪名川の街は、京都の茶畑で有名な宇治市と同じ

環境に恵まれた場所だ。良い街だ。動物にも人にも住むに恵まれた場所。

これからどんどん開発もされるんだろうが

(もう開発はしなくていいと思うが。)さあ、私はこの夏は裏庭のちょっとした改良だ。


次なる、針ちっくんは狂犬病予防。もう、ゆきちゃまは「しぇんしぇい、早くしなしゃいよ!あたちいつまでも

おとなちく出来ないわよ!」と言わんばかり(特に若手は完全にナメラレテル?)。

が、これがA子先生だと相手がちと悪いと言わんばかり(爆笑)。見ていると滑稽。いつもは診察台に乗っても

借りてき猫・まな板の上の鯉の状態な事が多いんだが

注射関係の時は、どう見ても担当医と看護士をからかっている様に見える。不思議でしょうがないが。

そんな事をしても、母ちゃんが張り手を飛ばすんですけどね〜。

時に、振りほどかんとする時があるんでね。誰にでもお愛想したりして、結構愛嬌もんなんだが

相手の事は確りと観察している様にも見て取れる。

ゆきなりの観察眼があるのかな。うん、持ってるね、うん。本気でブチ切れた時に怒りの形相でとびかかって

行く感じはする。敏捷で感覚は鋭くても、女らしさと言うのは

0じゃないかい?と言う奴だが、続きで最後の予防となるのが狂犬病予防注射。フィラリアは、うちは12月迄

となるので…。第1回目の投薬は先日やっとこさ済んだ。

2回目は、来月だ。さて、ゆき関係の事はこれ位にしておいて…。先日は本業関係で不動産屋を訪れてきた。

入居者の契約書の中にある約款の部分をコピーしておいて貰ったので

それを貰って来たのだ。契約書を無くしてしまったので、確認したい事があっても確認できなかったのだが

思った通り、一筆記載されていた。法律に則っての事だ。

で、第26条と共益費の部分について。うちは、基本的に共益費は貰ってない。それを確認しておきたかった。

貰ってないと言う事は、入居者が共有の部分を使用するにあたり

入居者個人で管理をする事になる。使用権という名のもとに。所有権は家主である私にあるんだが。

改めてそれをちょっと確認しておこうと思ってね。

使用権があるのは、店子が入居している側の部分だけで、それ以外の場所については使用権がない。

勿論、それ以外にも信頼関係を壊すような真似をシテクレタラ

あたしも容赦はしませんよという。下心を見せても、直ぐにわかるんですからねという奴。人は、直ぐに

見抜くんですから。ゆきちゃまでも見抜くんですから(動物は特に鋭いっての)。出先で3
ちと古い写真ですが…お母ちゃん、あたちを呼んだ?いや、別に。

のびにのびていたフィラリア予防薬の受け取り。4月のドタバタど緊急騒ぎもあって投薬日が延びに

延びてしまい、今日やっとこさ「出してくれ〜」と行ってきた。

前回の未納金も、半額以上入れてきたのであと3000円ちょっと。次の投薬の際に払って来よう。

それか、振り込みかにして。もうそろそろ飲ませないと

やばいべな〜となって(病院の周辺では、あっ痒いの状態になりつつあるらしい。うちの方も

そろそろやばいかも。)今日の夕方か明日にでも飲ませよう。

悪い事ばかりやって、気位?だけはいっちょまえに高いゆきお嬢やん。悪知恵がしきりに働く…。

ハルバっちゃまは、もうちょいお利口ちゃんだったぞや。

間違ってもしおらしさは微塵もない様な…。あるのは、感覚が鋭い余り、燥ぎ回るのみ‼

風の香りを嗅ぎ乍ら、時折流れてくるメロディーに合わせて

合唱するあたりを見ていると”聴覚”と”嗅覚”で情報収集をしているのを見ると、感性を常に

研ぎ澄ませているのはわかるんだが。

燥ぐのはやめて、お淑やかになりなさいあんたと言おうものなら「母ちゃんこそお淑やかになれ」

と無言で口ごたえしてくる…。そんな犬だなゆきは。

抱っこしたら「抱っこしゃれまちた」と言う表情になる。甘えているんですよね〜^^。

さて、月末位に狂犬病を受けて来るか。

法律で決められているからとか言うよりも、未然にちょっとでも回避できる可能性があるのなら

回避したい。咬みつき事故を起こした時の事も

そら考えての事でもあるんだが、受けていれば良いと言うものでもなく、未然に阻止できる可能性が

あるのなら極力防止の方に努めたい。

そういう事。保護家の中でも、多分受けようとしない者もいると思うがそう言う所は行政による

摘発の対象となってこっぴどくやられればいい。

私は、保護家じゃないが同じ犬飼でもお近づきになりたくないのが「室内飼いだから」「国内での発症は

もうないから」と言うタイプ。「誰からも聞かされた事がないから」と言う方もいるが

一番最後の方の中には「かかりつけ医に行った時に聞いてみる。それでもし接種OKとか受ける様に

言われたら即日または近日中に受けて来る」という方もいた。前者の2つは質が悪い。

2度と汚染国の時代に戻らないようにするには、意識レベルの高い愛護レスキューの方は勿論ですが

獣医師(この人達が一番確りしてくれないと特に困るんだ、獣医療に

ついている方が一番病気には詳しいのですから…)や国がもっと啓発に力を入れてくれないと…。

うちの場合は、もう鑑札とか済証を装着するのは諦めたけど…。

装着しといた方が戻って来られる率が高いがうちのゆき様の場合、首輪に縫い付けたりビスで留めたりしても

引きちぎってしまう可能性が高く…。こうなったらと苦肉の策と

断崖絶壁でほぼ幾つものゲートを潜らないと勝手に外へ出ていけない状況(これは前からその状態に

してある)と、外に出る時も同輪(ハーネスタイプ)と首輪の二重装着にして

連れ出す事にしている。これを家に来た時にOさんが見て

吃驚した様子…。余程のことがない限り脱走は不可能だわと言っていた。されたら困るよと言うのが私。

あの手この手を駆使して阻止するべきという。

そんでもって、市が指定する会場に連れて行くと、私が大恥をかく可能性もあるので(あの、針が刺さった時に

大げさに鳴き喚かれたりするとこっぱずかしい思いをするので)

恥をかく可能性がかな〜り下がるかかりつけ病院で。何で、ちょこっとちっくんされた位でぎゃぴーなんて

言うんだろうもうと言う。最近は、ちょっとお利口ちゃんに

なったかな?いや、それでも無言で跳び蹴りをかましかねないかな下手をしたら。だから、リードを外さないで

と言うのもありまして(これをやられた時は、ムカァッ〜と来たよ。)。

月末位に連れて行こう。うん。

ゆきを今日は、散歩へ連れ出そうとしたら生憎の雨。あれれ。と言ってもあいつは

裏庭で生活しているので(それも普段から放している状態。)

まあ、ぎゅうぎゅう生活じゃないんだが。時にクレートトレーニングじゃないが「拘束」の習慣を

徹底させる為に短時間(小一時間位)から5時間位、頃合いの季節の時に

パシッとゲージに入れる事もある。病院等に預ける時に自由を奪われてもおとなしく出来る様に。

シリアスホビーブリーダーの方との一般人との間の

大きな違いにこの「拘束による管理」と言うのがある。そんで「運動量」に置いても大きな違いが。

柴犬に限って言えば、この種類はかなり活発な運動量の為

ウォーキングのそれにしても、半端ない運動量の筈です。30分から小一時間を目途にされている方も

多いみたいですね…(お前も歩けよそれ位と言われそう:笑。)。

年齢を重ねればそら、動きもにもなるも私なんぞ、犬に付き合っていたら息が上がってしょうがないと

言う事で、数キロ単位での時は「私は自転車でゆきは自走」と言う。

で、ゆきに少しばて気味になっていただく。小柄であってもパワーがあるハンティングドックなのでこの手は。

だから「感覚鋭敏にて歩様・軽快・弾力あり」。ペットタイプでもそれは当てはまる。

うちの店子さんが一昨日の夜。玄関の扉を開けっ放しに

していたら、犬が逃げ出して、大阪市バスの終発停留所(つまり車庫)の近くまで追いかける羽目になった

と言っていたがここにも一般人の管理の未熟さが

現れてるなと。そら、逃がしてしまうと言う事は誰にでもあり、1度や2度はあっても次は起こらない様に

しようと気を付けるなら未だしも、暫く起こらなかったら

「もう大丈夫だろう」と考えてしまうのが浅はかな一般人って奴。2度ある事は3度あると言う事が

どうしてわからないのか?と呆れる。で「ノーリードでも大丈夫」とか

安易に言ってのけるのもこの手のお方。

だもんでやはり高いハードルを設けるのが必要だなと思うんだねほんと。私、この店子が犬を

飛び出させてしまうのを少し前にも1度見ている。

因みに、車庫の方に行くまでの間に数か所、交差点があり交通量もかなりあるので

もし、事故死したらどうするのさ?と言いかけた。

もろに言いそうになったがそこは少し和らげて「はねられたのか?」と聞くとそれは免れた。

車庫の手前当たりでUターンして来た所を捕まえたとの事。

夜半だったから交通量も少なかったと言うが、夜半から夜明け前迄は、その交通量が少ないので

これ幸いと言う事でスピードを出して走っている車両やバイクが多いのだ。

深夜に餌やりに行くのでそう言う車両をよく見かける。

躾云々と言っていたが、普段はそれでコントロールできても弾みで錯乱状態になった時等は

動物も冷静さを欠いている為、コマンドが

耳に届かなくなると言う事がわからないのもこの手の類。もう一匹は、ノーリードでも大丈夫とか

言っていたが、いいえ。決して大丈夫じゃない。

そんな事もわかる訳ないか。以前、同じ部屋に入っていた店子の中にも犬と猫を飼っていた

ご家庭があったが、その家族はゲージを利用されなかったが

その代わりにリードを長くして犬と猫の室内での行動範囲が狭くならない様にしながら

首輪に括りつけられていた。それなりにお考えだった。

そう、考える。これがないのだ。今、隣りに入っている入居者は。考えないし、管理もできない。

私、犬の事に今、絞っているが他にもそれが見える面がある。

全面的に浅はか。当たり前の事なんだがそれが出来ない訳。まあ、完璧な人ってそらいないが

普通は出来るでしょ?って事でもその調子って感じ。

それで以前にちょっとした騒動を起こしてる。だから、出来る範囲で目を光らせている。

それは、どの店子に対してもだが限度を超えている

のと許容範囲内とでは、監視の目の光らせ度合いも違って当たり前。限度を超えていれば

厳しくなるのも当然って事。さあ。次の支払いは、水道代だわ。

支払い用紙を紛失している為、改めて再発行の依頼をした。5月から窓口での支払い業務が

無くなったと言って、コンビニ支払いか金融機関からの

口座引き落としのみになったとかで不便だなと感じる。簡素化の為かな?人員削減をして

財政赤字を少しでも解消…みたいな。不便…。






猫のキャッチだけに限らず色んな面で気がついたら大失態をやらかしたって事はあるんじゃないかな。

私も意地になってバシバシと本格的にやり出して暫くは

捕獲した。私は「保護」と言う点に固執せず、保護派に負担かけたくないと言うのもあって

なるべく、基本の基本である「トラップニューターリリース(リターンともいう。)」に

徹底したい(募集にかけてあげると言われると、何だか

全く関係のない地域の人に自分の地域で起こっている事を解決させているみたいで何となく

落ち着かない…有り難いけど、あんたが倒れたら

どうするの?という奴。そう、無茶をして体を壊したらどうするの?という奴。)と言うのもあって

もう、余り情を移さんでくれと懇願する。

泥を被るのは私だけでいいからと言う意味。兎に角、うちの地域も狭い範囲だがそらわんさか出てきた。

次から次へと出てきて、その猫達のキャッチ手術に追われ。

あらかた元からいたのについては、ほぼやり尽した。あとは、他の地域からふらっと現れるのを

時折追加で捕まえる位。未だ、黒毛がいる筈だ。今年に入って雉トラの♂2匹と

黒♀1匹を捕まえて手術した。♀も攻撃性が低いと言う事で

何と…里親募集待機中…みたいです…。私達が受けている術式は「卵巣摘出術」と言うやり方で

これは、卵巣のみを摘出し子宮は体内に残すやり方。

可能性としては、子宮は体内に残る訳ですから、非常に低い確率であるものの、子宮蓄膿症に

なる可能性はあるものの、繁殖機能自体は奪われている為に

ホルモンの分泌も無くなり子宮が退化すると言う事で、実際は全適したのと同じ様な結果になるらしい。

どの様なやり方であっても数は減る。

想いだけで突っ走るような真似をしていて、大失態を招いてドツボにはまるのもいるが

なるべくそうならない様にして

数だけを何年かかっても減らす様に出来れば官と民が連携を取りながらやるのが一番なんで

行政に暴言を吐いて敵視するんじゃなくて

中立として見て貰い、多方面から解決に向けて動いてほしいと願う私。

現にその方向で動いているじゃないの。今。

地域猫ママの独り言さんの地域猫ママさんによれば、彼女のお足元の市町村でも市が助成金を

出す事になったそうだ、この4月から。

先ずは助成金から。それから、もっと具体的に動いてってくれと願う私。

とある個人ブログが、やたらに行政を批判しまくり

愛護ボランティアを必要以上に絶賛しているのを時折見る。何かこの人は大きな勘違いをしているな

と思いながらそのブログを見るんだが

基本的な所がわかってないと言う感じだ。本当に、想いだけで突っ走りそれが正当に動いている

人達の足をも引っ張るって事がまるっきり理解できてない。

目の前にいるたった一匹から始まる。それがわかってない癖に、声高々に批判ばかりする。

私だって、現場入りするきっかけは

目の前に現れたたった1匹から始まったんだ。「数なんて関係ない。たった1匹でも目の前にいたら

そこが現場だ。その1匹に「保護して譲渡募集と言う事だけが

あれじゃない。手術して1代限りにした後、食うのだけは困らない様にしてあげる。それでも手を差し伸べた

事になるよ。」と言われた。今では、行政だって

模索しつつ、動き出している。文句ばかり言ってもしょうがないよ。そこがわからないと駄目なんで。

私達のスタンスは「出来る時に出来ることを精一杯やる。」

そのスタンス。近所の床屋のおっさん達は、自分達で責任も取れない・果たせ無い癖に餌だけやる。

この手の奴らは、もううんざりする。

私の目の黒い内は、これ以上増加はさせないし、許さない。私、その床屋の前を時折わざと通る。

見張っていると言う事を理解させる為だ。

あほが楽しんで増やすのを妨害して、これ以上増える事がない様にする。

それが、手術だ。先回りしてその際は、とっ捕まえてやるから。

そいつは、店を定年退職すれば猫を放棄するのは目に見えている。他の店員が餌だけはやるだろうが

お店自体が廃業すれば誰も世話をしに来る事が

無くなる。ほんと、中途半端で身勝手な輩だわ。この手の輩も、排除しないと進んでかないね。



今日、迎えに行って玄関先でリリースした。迎えに行き、taxiに乗せるなりもう気配を察した様で

あちらでお願いして持参したキャリーに移し替えて貰ってから

帰路に向かい、帰宅後に玄関先で「出なさい」と促すと脱兎のごとく走ってった。捕まえたのは

向かい側のお家の車庫の前だったのだがもう、出る体制を

確り取っていて、元の場所に戻った事を理解した感じ。頑張って生きて行けよと言う感じ。

これで、種付けと言う仕事から解放される。

毒を食わされたり吸わされたりして死ぬより、短くても自由闊達で残りの人生を謳歌し、天寿を全う

出来るならそれでいい。保護して譲渡募集と言うのも

1つではあるが、この場合。見極めも必要になってくる。早い時期での見極め。今回の猫は

少し怪我をしていたのもあり、手術後4日間置いて貰った。

今日、迎えに行くからと言う事を先方さんに伝えて。税金関係の26年度分の残りの一部は

今月末に支払おうと思っている。こちらも、何とか

追い付かねば。うん。頑張るべ。さて、明日はゆきんこべぇちゃんのフィラリアの予防薬を

貰ってくるべかな。前回の騒動の分の支払いの一部と

一緒に。うん。こちらも、どちらも。頑張る頑張る、うん。頭の悪い床屋の店員にもチクりと

嫌味を言ってやり、餌場で猫達に食事をさせている最中

自転車のライトもつけず、イヤホンもつけた状態で以前に目の前に私がいるのに走ってきて

ブレーキが私のリュックサックに絡まり、その勢いで横転した馬鹿が

先日も深夜に目の前に現れた私に暴言を吐くと言ったあほがいたが、本当。馬鹿が多いわ今の世の中。

以前、横転した時に横腹の一つでも蹴りを入れてやれば

良かったかしらと思うが、全然反省をすると言う事を知らない、反省する事が出来ない馬鹿ですと

書いているのが見えたのでもっと痛い目にあえこの馬鹿!

と腹の中で舌を出し、笑っている私。はい、猫の方がよっぽど賢い、うちの犬のゆきの方がよっぽど賢い。

まあ、ゆきんこべぇはほわ〜んぽにょ〜んとしていて

完全な平和ボケ状態でもあるけどねぇ〜(良いんです、地獄は見なくていいのならそれに越したことはなし。)。

その♂のあと、黒毛の姿を見たが、今は未納分の税金OR動物病院のそれとでかなりきついので

何れは…と思いつつ、我慢&自粛をしている。

ふらっとやって来るのは、♀が少なくてどう見ても♂が多いのは何度か書いているがこれは発情した

♀を探してやって来る事が多いのが大まかな理由。

因みに、捕獲をする際に…ちょっとした悩みの種になるのがあの、扉が閉まった際に出る

「バッシャ〜ん」と言う音。近所にはそんなに響き渡らない

と思うんだが、もう少し何とか出来ないのかな?と思うのはいつもの事。が、私のようなどんくさい者が

仕掛けに入った事を確認するにはその音が頼り…。

T橋氏には「無理は絶対にするな。自分で確実にやれる方法で行けばいい」と散々言われた…。

妊娠した♀を狙うには、私がやっている方法だと

不利な場合も多いと感じるので、出来ればお腹に入る前に狙いたい。と思うも、やって来るのは

♂が多いのもまたこれ事実。足を運んでいる餌場でも

結構、♂と遭遇する事が多い、未去勢の。どうぶつ基金とおおさか猫の会が無料のチケットを配布している

と言うが、多分大阪市とも連携を取っているんじゃないかな。

避妊と去勢手術の委託病院にもなっているんじゃないかなと確か。私達は日本動物福祉協会の会員に

なっているので大阪市の委託病院を使う事は余りないね。

TNRに力を入れている病院では、臨床処置が必要な場合処置が受けられない場合もありまして

(↑目的が行政による致死処分減少が目的な為

治療に必要な設備が整っていない事があるんですゎ。天神橋筋通りに出来たバンビの森さんでは臨床設備も

お持ちの為、治療が受けられるとご利用のボラさんから。)

おら達がお世話になっている病院の先生は、もうかなりご高齢の為にいつ引退されても可笑しくない為

新規の病院の確保も何れはしなければならないと

思っている(私が今後継続して行くことも考えると。)が、予約制となるのがネックかな…と思うが

バンビさんの場合は、出来る限り応じるとされているので

どうにもこうにも苦肉の策…と言うときは、ちょっと不便でもし、正規の値段でとなっても領収書を

発行して貰えるならそれを出して貰えばいい。

私が不便だと言うのは、予約制が不便だと言う事の他にも交通の便の事もあるんだな、私

自動車の運転が出来ないので…。だから自分で搬送する

となると、ペット専用のタクシーか、一般のタクシーを利用する事になる。一般のタクシーを利用すると

体臭がこもるかも…と言う心配から「窓を全部開けてくれ!

新聞かペットシーツを持ってくるからそれも中にそれを敷いてくれ!」と頼むか

それか、トランクの中に入れて頂戴と自分から言う。

バスを利用して行くには、ちょっとねぇ〜ってな所もあって。この場合は、小さな子猫か

成猫でもおとなしくて人馴れしている場合か

上手に移し替えが出来る人(でも、鎮静剤と麻酔をかける際には、外に出さねばならないので

人に馴れていない場合は、かなり厳しいかと。)。

私の場合は、ほぼあれに入った状態で連れて行く。また、この時に気をつけねばならん事も

当然あるので勿論万全な状態にしてから。

逃走防止対策、糞尿及び唾液の飛び散りによるウイルス撒き散らし対策などを

ある程度した上でと言う意味。

捕獲をする際に、中敷きとして段ボールを分解した物を敷き、 その上に新聞紙、ペットシーツを重ねて

順に敷く。そんでもって猫が捕まった後に

扉の部分とスライドになっている部分(私の踏板は、後部がスライド式になっている。)

の四隅に紐を通して括りつける。それから、仕掛け全体を覆う様な感じでカバーをかけている。私達は

それをある程度、心得ているからこのような形で

連れて行くが、これを理解できていない者が多く、危険極まりない形で平気で連れて来る事が多いらしい。

だから野良の受診を嫌がる病院が少なからず多いと聞くのも

頷ける。まあ、野良に限らないがね。一般の病院での診察待ちをしていると、そこでも馬鹿を見かける事が

多いので。捕獲後、病院から持ち帰った仕掛けと布は

きちんと洗って、それから仕掛けは消毒液をかける事になる。病院である程度、洗っているみたいだが

入念にと言う意味。近い内に迎えに行ってきます、はいっ。

それから、啓発ポスターを貰って来ようかな機会があれば。


7fde5ac73fa2bf724605.jpg
当然のことですが、この画像の通りです。はい。

棄てたりしたら、貴方の後ろに官憲の

手が回りますぞい。官憲ってわかる?

官僚の官は、警察官。官憲の憲は

憲法・法律って事です。






で、今日が手術となりました。そう、一昨日の深夜、捕獲した♂猫。多分♂だろうと思っていたら

やっぱり雄だったとの事。尻尾のあたりにケガをしていると言う事なので

多分、喧嘩でやられたんじゃないかなと私。きついながら、何とかやりくりを考えて手術代とお迎えの

費用を捻出しなければ。保険料も、まだ4回分が未納。これは、月末にまた1回分

用意出来たら支払いに行くと言ってある。日本は、固定資産税、市民税その他がやってくるが何れか

一本で全てを賄えるような方法に変えられないのだろうか。

そうなると、また高くなるんだが…。猫の手術も以前の様に次から次へと搬送〜と言う必要がない分

未だこの点が助かる部分。これで、未納分がまた3匹分に増えたが

これも少しずつ支払わせて貰おう。先生、体調が悪い中今朝、手術をして下さったとの事。

以前の時みたいに、どんどん膨れ上がると言う事がない分

助かる。私やOさん(ブログやHPはお持ちじゃない。)は、日本動物福祉協会の南大阪支部の会員。B会員で

年間10頭迄の助成金を頂ける。フルに活用させて貰ってる。

4月利用分から助成額がupしたとの事で助かる(財政は大変みたいですけど…)。支部長さんがかなり

はきはきと言われる方で、頭はかなり切れる(回転が早い)お方みたい。

普及啓発においては、福祉協会だけじゃなくどうぶつ基金やその他の大型団体もかなり力を

入れていらっしゃる。その普及啓発と言えば…。

昨日、ほんのちょっとだけOさんと電話で話したんだが「これだけ私達の周辺については私達が

やっているのに、なんでやれどもやれども次から次へと

姿を現すんだろうね?」と言うわれら。で、そこで。

考えられるのが3つ。
1)こっそり誰かが棄てて行く、棄てに来る。2)誰かが手術もしないで餌だけやってる。

3)手術もしない代わりに餌もやらないが、塵等を漁り生き延びて自然繁殖。

それに加えて、この可笑しな気候が、自然淘汰の妨げとなっている。全てが淘汰される事はなく

強いのが生き残るから、当然成長したら繁殖可能な体に。

それを放置していると、ネズミ算式と言う言葉で増えて行く。人の飼育下に置いて管理されているのと違い

野の場所での事なので、それはそうなって当然ってこと。

繁殖・交配に取り組まれ、子孫を残す役割をしなければならないのはシリアスホビーブリーダーの所に

ブリードタイプのみで、はっきり言ってそれ以外のタイプは

使われるべきではない。これはMIXも含めて野良も同じ事。殆どの者は無知であり無恥なんだ。

ブリードタイプを飼養管理しているシリアスホビーブリーダーは

きちんと丹精を込めて普段から管理をされている。で、生まれてきたのがうちのお嬢やん。はい。

このお嬢やん、性格はノー天気、やることなす事が未だに破天荒ぶり。

ですから太閤殿下の秀吉号のご息女と言うだけはある。はい。お父ちゃんの彼は、本当に

利発な感じの良い子でしたよ^^。ゆきの気性は、お父さん譲りかもしれません。

悍威・良性・素朴…。全部がハマる。因みに、秀錦号はゆきのお爺ちゃんにあたる犬。

もう17歳位じゃないかと。父方のお爺ちゃんにあたる犬。

新手の里親詐欺?の話も少し入ってきているが、俄か知識か本物かは、見る人が見ればわかる筈。

さて。昨日の搬送となった猫は、誰が見ても生粋の野良っ子。

近々、迎えに行って来よう。



ゆきを含む動物関係と税金関係と水道光熱費(これも遅れてますね^^;)がどんちゃんでやってくる。

そこへインターネットの累の支払いも遅れ気味…。

必死で立て直しに取り組んでいるんだが…。中々思う様にできない。それはさておいて。私は

若い世代を見ていると非常に不愉快になる事が多い。

これについては、以前に書いているけどね。礼儀ってのかな。これが全くなってないと言うか。

勤務中でも、お前たちそれで仕事していると言えるのか?

と言いたくなる。あの、そういうのは確り伝わってくるからね〜。甘く見すぎです。ほんと。さて、それは

これ位にして。段取りを追って、順当に

支払いをやっつけているんだが…。ゆきの方の支払いも6月の頭位にしようかなと思ってる。

順番にやっつける結局、このお嬢やンの騒ぎは

一応ひと段落ついたと言う事だと思う。入念に調べた結果、どうやら飲み込んでなかったっぽい。

一つは、翌日デッキの上をよく見てみると騒ぎの元凶となった

らしい釦が落ちていた。と、なると目の前にて飲み込んだのは一体なんじゃらほい?と言う事に。

多分、思うにドックフードではないかと…。飲み込んですぐに

獣医師の所へ連れて行き、せいか剤を2本打って貰ったのと、家でも2回、簡単に便のチェックをしても

それらしきものがなかったと言う事。ほぼ白っぽいねじゃ疑いはと言う事で。

さあ、明日中に、福祉協会への入会金の振込も済ませなければ。うん。色々としんどい時に悪い事は

重なるものなので、気をつけねばならんなと思いつつ。

ゆきの新しい写真が捕れたらまた載せよう。現場の方も相変わらず、って所。何れは、私が全現場を

1人でやっていかねばならない。そう思いながら。

まあ、その頃には、現場の猫も殆ど姿を消す筈だ。死んで行ったりしてね。最終目標がそれ。

まあ、私達の事を謗りたい方は謗ればいいが

その後ろ姿を若い世代、子供達が見ていると言う事をお忘れなく。それが、馬鹿が馬鹿を生み出す負の連鎖

と言う事なので。因みにわが実家を継いでいる5代目夫婦が

馬鹿の初代となり、子供達に哀れで醜い姿を見せている。その姿、見ていてほくそ笑んでいる者がこの私。

はい。この嫁もまた、おさとが知れる愚か者、という称号を

与えられるに相応しい愚か者。で、その夫である実兄も、愚か者。と言う所。まさに、馬鹿は馬鹿。はい。


<暫くの間は固定>

去年の10月の末で契約解除で退去した店子。この店子が出てから暫くの間は二度目の

小火の発覚の関係で暫くの間,リフォームが出来ず

にいた…。で,本格的に着手出来たのが,11月の初め位だったと思う。それから2週間ほどで完了。

その間に問い合わせが何件かあったみたいだが

今は,両家共に(兄・三男坊の方も一軒空いている。)ぱったり問い合わせが止まっているらしい。

兄貴の所は,リフォームが終わって未だ2か月足らず。こちらは6カ月ほど。

私の所は,4か月位8ヶ月位…。私,賃料55,000円〜6万円の間でペット共に「応相談」と言う感じにしている。

兄貴の所は56,000円で後は同じ条件。シニアも相談可。

私達が利用しているのはリクレアライフエージェント上新庄支店。物件の所在地は東淀川区北江口

4丁目。地区44年のメゾネットタイプの木造の借家。

私達は,単身者の方でも生活保護者でも別に色眼鏡で見るつもりはない。複数の不動産物件賃貸サイト

にも入居者募集の為に掲載されている。

が,PCでは殆どのサイトが閲覧できるが,モバイルで閲覧できる所は,少なくなっているのかな…。

SUMOCAはモバイルでも以前は見れたが何か

今では見辛いかな…って。SUUMOも同じような感じ…。モバイルサイトを閉鎖している所もあるんだよこれが。

ITが進んでいる現代と言っても,ご自宅がネット環境に

ない方もいると言う事を考慮して欲しいもんだわね。コンビニや書店に行けば全国の賃貸物件情報(勿論

購入売却情報も載ってる)雑誌を扱っとるけど

わざわざ買いに行ってまで…と言うめんどくさい事をしてまで目にする必要はないョ…と言う感覚もあるし。

PCやモバイルから見るのも考えようによっちゃただじゃないけどさ(笑)。

複数のサイトに載せていると言う事なので私もちょこちょこ見ている。

それがSUMOCA,SUUMOの2サイトの他に,CHINTAI,HOMUSUと言うサイトさん。因みに,うちらの

地域の家賃の相場と言うのを掲載サイトで調べてみようと

思ったんだが,検索の仕方が不味かったのか,ヒットせず…。物件が戸建タイプかマンション・アパートの

ようなタイプかでも違ってくるんだが欲に目が眩んでいる?

あほな大家は,未だに高額な保証金設定(いや,礼金敷金設定しておまけに家賃も…)をして

募集している所もある。いまや,新築でも礼金や保証金が

取れない時代だってのに。おまけに,人口の減少化が始まっていると言われ,供給と需要のバランス

狂ってきている状態の中でみんな必死に集客していると言うのにさ。

だったらと言う事で,私達は礼金(保証金)も敷金も0で募集している。高額設定して入居率が下がるよりも

(これらを取るのは,家賃滞納が始まった時の補填や退去時の

リフォーム費用に充てるのが目的。そこに敷き引きと書いてあれば幾らかが退去時に入居者に

バックされるというものだが(これは保証金の場合)。加えて礼金は

住まわせて貰えるので有難く感謝しなさいと言う事で家主に納めるもので家主側は返さなくてもいい。

保証金としてある場合でも,現在は経済事情が世間一般に大きく変化しているから

建築当初から住んでいる入居者も恐らく退去時は

返金されないと言うケースも出てきているかと思うと言うのは,うちの物件が建築された当初に

入居募集を依頼した現在は,2代目さんが経営されている

不動産屋さんのHPで読んだ。)現在,依頼しているのはリクレアさんの上新庄店ですけどね。

もし,うちの物件を見てみたいと思う方はそちらへ電話して見て下さい。

閑静な所でもあり,生活する場所には住みやすいと思う。細かい事は,リクレアライフエージェントの

上新庄スタッフに聞いて貰えば良いかと思うんだ。と,営業日記はここまで(笑)。

山野家所有の物件を見てみたいと

リクレアライフエージェント上新庄支店さんにお問い合わせ

をして頂ければ,後は案内の後,詳しく説明して貰えます。

                             追記

もう一軒,依頼している不動産屋が増えました。
丸中不動産さん。こちらにも

問い合わせて見て下さい。来られてお写真も撮影されています。

綺麗に内装も完了し,いつでも入居していただける状態となっています。上記の不動産屋さんに問い合わせて

頂ければ,いつでも案内が可能となっています。(不動産屋さん同士の情報交換も

されていますので。築年数は古いですが,それなりの良さはあると思います。マンション希望者の方が多い

と言う事ですがこのタイプも中々のもんですよ。)。即入居が可能ですよ。

                             
                         こちらも追記

これは,私の実家の方の所有物件になるんだが「ルノン茨木」または「ルノン茨木供でも検索してみて。

物件の所在地は大阪市じゃなくて府の方の地域となる茨木市。

同じ様に,SUMOCA・CHINTAI・HOMUS・SUUMO等のサイトで掲載されています。まあ

物件が現存している場所は,まだまだ未開発の部分もあり,都市部から

離れてはいるものの,うちと同様に

閑静な場所なので騒音に悩まされる心配はないかと思う。ルノンの方は,茨木市内の

複数の不動産会社が取り扱っています。掲載サイトに取り扱っている

不動産会社が載っています。日常の買い物で言えば平和堂と言う所もありますし小学校や中学校も

近くにありますので…。まあ,このあたりはどこの地域でも同じですね。


相も変わらずの文章だけの馬鹿日記になるけど、毎度毎度に渡り私を脅かしビビりあがる騒動を

引き起こしてくれるゆきお嬢様もこの10月で満6歳になります。

がっ‼あどけなさはまだまだ残る。幼い感じもまだまだ残る。いや、もう一応は壮年期を過ぎてぼちぼち

シニアに突入し始めるお年頃に近づいているんだが

毎日、何かしら1つずつ思い出を作ってくれるおちび姫。何があっても私が絶対に、私の手元で

土に還すよ。最後まで責任を持ってやっていくからと

繁殖犬舎さんと父犬秀吉号に誓った。本当、不思議に思うんだが、なんでみんなポイスカと

平気で棄てたりできるんだろうか?その背景に勿論

長引く不況もあるのはわかるが、迎え入れる事を決める際にはそのあたりもきちんと吟味して

(一家の収入が今後も安泰する保証があるのか?

1頭当たりの生涯に渡る食費・医療費その他諸々を最初に考えないのかえ?転居の可能性は?

最低限、考えろよこれ位。って奴。)責任感のある方なら

考えますよ普通。うちは、トリミングの必要のないタイプの犬なので美容代については、よくかかっても

シャンプーくらいのものだが、よくよく考えてから

迎え入れると言う事をなんでしないんだろうかね?ペット不可ならば、ペットOKの所へ移動する迄

諦める。うちもお隣が、3匹目をもしかしたら

入れるかもしれないと言ってきたが「きちんと躾をして管理が出来るなら構わない」と言ってある。

恐らく、癒しで飼っているのだろう。

責任をもって管理できるなら構わないと言う事で許可をした。監視は怠るまい。

さて、税金類については27年の4期目の固定資産税が

やっと払い終えて。次が来ているが・・・。うん、何とかやっつけよう。うん。やるしかない。うん。

では、今年もTNRもぼちぼちやる、タイミングが合えば

捕まえるつもりだ。次のターゲット猫を定めている。うん。今年は、今の所は気が楽だ。まだ

去年に比べたら。まだまだ頑張らねば。うん。

ここ最近、区内の現場も含めて全部私一人で回っているんだが(Oさんが事情が出来て現場に出れない為)

腹は括っていたものの最終的には私一人で全部やる事になるんだなと。

とは、言うものの現在の現場の大半がシニアに入っているのばかりで、あと数年すれば恐らくは更に

もう半数になるかと思われる現場。そら、急遽

監視をしなければならない箇所が一か所増えてしまっている為、当面はと言う面もあるものの

それ以前からの現場の猫達が順番に淘汰されて行っている。

彼女の貢献度は高いね。あの疫病神の愛護推進員のTが押し付けて行った現場もあるが

疫病神は、次の場所で災いの種を撒き散らす為に

日夜、精を出しているようなので、そこでまた攻撃を受ければ良い。キ○ガイ馬鹿とは彼女の事。

うん、はっきり言って。さて。そうそう、現場です。

新たに監視の為に通っている現場がそう、例のあの区内の公園。そう。TNRアシストさんにOさんが依頼し

2人とも立ち会った現場。この公園も時折、見慣れない顔の猫が

来るが、いつもほぼメンバーは、決まっている。やはり10匹近く今もいる。子猫達も順番に早いのから

里子入りしている。少し、障害のあるのもいたが

その猫は先住猫がいるお家に貰われた。そう、その先住とは私が隣り街でリリースのつもりで捕獲した

あの長毛の♂と、別の地域から保護場所にやって来た

猫が先住。で、これまた別の地域で保護されて来たシャム風の子がその後に3頭目として里子入り

区内の公園から引き揚げてきた♀猫が4頭目となる。つまり

猫4頭とわんこちゃん1と言う、何とも賑やかなご家庭になったと言う訳。わんは、風太たちが迎えられる前

からお家にいるんだそうな。さて。うちにもまた、次々と来ているようだ。

少しペースは落としつつも、またちょっとずつでも捕獲しよ。経済の立て直しを継続して行いつつね。うん。

がんばりまっしょ。はい。猫も捕るから。うん。

現在は、ちょっと休止中でもあるが狙っている猫が数匹いる。が、こちらも中々タイミングが合わず

支払いは、ぼちぼちで良いと言って貰えるけど

今は、兎に角未納金を少しでも減らしたい。夏頃にまたやるかなタイミングを狙ってと思っている。

今年は既に2匹捕獲している。♂でも♀でも

基本的に狙うのは狙うんだが、他にも色々支払いがたまっているので、そちらも減らして行かねばならず。

が、やりますぞ!!今年もあと数匹は頑張って狙いますって。

本日は、国民年金の26年の6月分(笑)と、生命保険の3月分の支払いが終わったぁーーー。

勿論、来月にまた自振貸付分の一部を返します。

やらかしてしまった事でもあると言えど、やはりもう見たら黙っていられなくなっているのがこの私。

ゆきちゃまは、今日からお外に戻って貰う事にした。

もう大丈夫だろう。先日の騒ぎで、点滴とせいか剤で少しご機嫌が悪くなり、診察台の上で

ごねていたお嬢やん。おかんのゆる〜いびんたがとびました。

たまに緩めのヒステリー?を起こすお嬢様。すかさずパチンでございます。玄関先に出ると

いつもの茶トラ君がにゃ〜と言いながらくれ〜と促す。

が、決して触らせません。お外で生きていく以上、それでいい。今年も、猫キャッチと未納金解消に

少しでも頑張る。はい、がんばりますですよ〜。

↑このページのトップヘ