単なる私の日々。

自分自身が育ってきた環境から見た立場を中心に、触れて行きたいと思います。又、殺処分においても、年間数十万頭からが炭酸ガスによる致死処分であり、これも身勝手な 一般人によって 引き起されている現実。多頭崩壊においてもそう。自覚と責任を意識しないで安易に要求をする者達が引き起している現実だと言う事を。 <非常識なコメントは裏からでもお断り>

根は,短気なので,時々キレテ攻撃的になるやも。荒らし行為は 許しませんよ~(笑)。 <非常識な方からのコメントは裏のほうでもお断り>

トップ固定!!

409b482b.jpg

保護の経緯。

7月の終わりごろ,出先から帰宅したら玄関先に置いてある餌を食べに来ていたので

慌てて踏み板式を取り出してくるも

時すでに遅しでたらふく食べていたらしく,それから10日ほど奮闘した末に保護。

蚤ダニその他寄生虫は駆除。

エイズ&白血病は陰性。3種ワクチン接種(第1回)。推定月齢3か月半前後。

人馴れ度。まだまだ修行中。

保護預仮先→
猫は小判邸。仮称などはまだお聞きしていませんが同じ時期に

別の現場で保護した子猫もやはり三毛。

例の公園の近所にお住まいのその地域の地主さんのお家の方が避妊去勢手術を

殆どされていなかった為に

急激に増えてしまい,小規模の群れ化と化していていつ毒殺が起こっても可笑しくない

状況にあります。現に、この近所では毒殺が比較的最近

行われたということもあり,これ以上増えてしまうと取り返しのつかないトラブルとなるところでした。

私が保護した三毛がいた自宅の玄関先も目の前が比較的交通量の

激しい道路ということもあり,保護するかどうかを迷いましたが,思い切って踏み切ったという次第。

一つの方法として,一か八かの賭けで

生後半年くらいになる迄玄関先で育ててから手術して,リリースしようかなとも思いましたが

譲渡募集という形にしました。仮名称がどうやらたま子らしいっす。

                     追加。

新たに保護猫が掲載されました。

黒毛ちゃん・仮称風太君→。
里親募集掲載。うちの玄関先で捕獲した子だと思われます。

性格はバッチグー、可愛い丸顔の…小判さん曰く

小熊みたいだと…。ウィルスチェック(エイズと白血病)は陰性。保護場所は、うちの玄関先。

ふらっと姿を現して、置いてあるフードに口をつけようとした所を

私が目撃。フロントラインその他も完了しとりまっす〜。バリバリの健康体だとの事。

勿論、ワクチン接種(三種フェロバックス)完了。お問い合わせは
猫は小判邸様へ。

何度も書きますが、野良上がりだからと言って馬鹿にする様な方は

私達の方からお断りします。貰ってやるんだから丁寧に媚び諂えみたいな方は、門前払いと

させて貰いたく思います。当たり前です。そういう方が少なからず

いらっしゃるご様子ですので。

そういう方は、ブリーダー(シリアスホビークラス)も門前払いされる。質を重視する以上

媚びると言う事はプライドが許さないと言う事です。

ボランティアも、やっている事は逆でもやはり譲渡の質に拘るなら門前払いは当然の事と

認識されている筈ですので。


三毛ののぞみ,
引き続き募集中!!


三毛ののぞみ1三毛ののぞみ2


三毛ののぞみ2三毛ののぞみ4



推定年齢5歳。

2010年〜2011生まれ。

私が配膳に通っている現場にふらりと単独で現れました。

2度ほど里子に出ましたが里親様の

無理解さが原因で戻ってきてしまいました(--#)。

血液検査(エイズと白血病のみですが…)陰性。

ワクチンその他完了。追加ワクチンを譲渡時に受ける事になります。

威嚇は一切ないとの事。

募集条件は、たまこと同じでございます。

代理募集主様へご応募ください。

                  更に追記。

三毛のたまこ、現在6か月半。避妊手術完了しました。

さらに追記。たまこ、急死しました。

のぞみは引き続き、継続中です。


保護の経緯。

今年の2月頃、ふらりとうちの玄関先にやって来た所、リリースのつもりで去勢手術の為の一時保護

をしましたが、元の場所に放すのは忍びないと言う事で

そのまま募集という運びになったと連絡が入りました。推定月齢は保護時で生後半年。今は8カ月位に

なっているかと思います。

未だ、完ぺきではないようですが、保護時ほど威嚇が酷くなくなり少しずつ人馴れが始まっていると言う事で

そ〜ろとなら、触らせてくれるとの事。

毛色、見ての通りの雉トラ・性別は勿論♂。血液検査(エイズ・白血病)陰性・3種ワクチン・蚤ダニ駆除完了。

ダルちゃん4

僕ちゃん、ダルちゃんと言うでしゅの。

ダルちゃん3
なんでだか、簡易のトイレの中に入っているでしゅの。ここが一番リラックスできるでしゅ。

ダルちゃん2
悪意でイカ耳になっているんじゃないでしゅ僕ちゃん。

ダルちゃん1

首を傾げ乍ら…なんでしゅか?僕ちゃん、イケメンとまでは行かなくてもあのリリースでと

言っていた保護主しゃん(私の事)が

顔は何となく可愛い顔だちですが、もう放そうと言っていたんでしゅが、僕を放すのが忍びないと

代理募集主様達が言うので、お世話になる事になったんでしゅの。

甘えられる人がいたら、めいいっぱい甘えたいでしゅの。

代理募集主様はこちら

募集条件。

○脱走防止対策をし完全室内飼いに徹底して下さる方
○アンケート・契約書に署名捺印
○定期的な近況報告(郵便・メール)
○必要な医療の受診(予防医療も勿論含みますワクチンなど。)
○未成年者の方は保護者の方のご意向でお断りする事があります
○悪質な里親詐欺・虐待・転売目的を阻止する為医療費の一部をご負担頂きます(1万円)
○当方達は関西圏に在住の為募集は、関西限定とさせて頂きます。

先ずは、お気軽にご応募ください、件名に「雉トラのダルちゃん募集の件で」と

書いて頂ければ。また、いつでも里親募集中にて代理の方が

載せて下さっていますダルちゃん掲載ページ。他にも沢山の保護っ子達が保護場所にいます。

その子らの大半が、人に裏切られ、地獄を見た過去を

背負ってる。生き地獄を、見た事など忘れさせてくれるほど愛情のある方からのご応募をお待ちしています

代理募集主様ともども…。

拡散・転載希望!! 猫とネコの二つの本棚さんから!
京都・迷子犬

↑のバナーをクリック!!

飼い主さん、名乗り出て下さい!!

お宅の犬ではありませんか?



特徴
保護の経緯 連絡先 届け出等 拡散協力依頼



犬の特徴

  • 中型和犬、茶色、雄。
  • 年齢はわかりません。
  • 耳は小さな三角形で立っています。
  • 目は紀州犬みたいな三角形。
  • マズルが長く、ストップが浅い、いわゆる「キツネ顔」です。様子から、人に飼われていた犬であることは確かと思われ、人恋しそうに自ら近寄ってきますが、決して触らせません。あるいは日本犬らしくご主人様にしか心を許さない犬だったのかもしれません。
  • 保護時、首輪はしていませんでした。

保護のいきさつ

京都府北部の山村に保護されています

最初に私が目撃したのは2015年11月25日です。

猟犬の可能性を考え、近隣府県の猟友会に連絡、しばらく様子を見ていましたが、残念ながら飼い主は現れませんでした。

住民に追い払われたり、ご主人様のお迎えを期待してか車を後追いしては何度も轢かれそうになったりし、このままでは危険と判断し、12月17日に保護しました。

現在は周囲をワイヤーフェンスで囲まれた田圃の中にいます。12月23日現在、私の姿を見ると遠くから尻尾を振って歓迎しますが、まだ体には触らせてくれません。

届け出等

  • 警察、保健所、市役所への保護(拾得)の届け出は済んでいます。
  • 周辺府県の猟友会はすべて問い合わせました。
  • 動物病院、ドッグカフェ、その他親切なショップ等にちらしを置いてもらっています。
  • 在住市および隣市の地域新聞に広告を依頼しました。

複数の「迷子掲示板」に投稿しました。

これからますます寒さが増していきます、早く元の飼い主の所へ戻れますように。

近畿地方…只今雨が降っておりますです。今日は木曜かね?木曜でした^^。

今日は,電気代が何とか払えた^^;。

何とか軌道修正に向けて頑張っているが,なかなか上手く行きませんわい。

何とか頑張るしかない。さあ。今日は

例の地区での妨害はなさそう?だったが,あほが本当に余計な事をして下さるので

これって本当に鬱陶しいだす。

台風20号が関東の小笠原近海に接近していて,九州から東日本を中心に

大雨を降らす恐れがあるとの事らしい。

多分、一番最後の奴あたりで列島縦断という最悪のコースを毎年取る。

もう次から次へと今年は台風の当たり年と

なった日本。そんでもって,その台風に被災した人及び動物も結構いると聞く…。

台風11号の時は,九州・中部東海及び近畿地方を

を中心にあちこちで避難勧告が出ていたほど。甚大な被害も出た。

もう…いい加減にブチ切れたが自然の事なんでどうしようもない…心底恐ろしいのは,私が住んでいる所は

川が集中していると言う事…。特に支流の中でも合流・合流で

重なって流れている安威川は昔から水害に弱いらしく,治水の強化がず〜っとの課題になっていると聞く。

何としてでもゆきを守らねば…。これは,飼い主ならみんな

そう思う筈だ…。その為にはペット同行避難を何としてでも実現をと言う事です。温度差の問題もあるが

そこには軽視しちゃいかん命と言う奴なんで。

遅ればせながら…台風11号及びそれ以降にも次々と日本を襲撃している台風により被災された方及び

動物達が一日も早く落ち着いた生活に戻れますよう願っております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて…数日前,お隣の街で個人の猫ボラとして啓豪活動をされている

ねころんださん。なんと,とんでもない目に合われた

と記事にアップされておりました。その内容がこちらこちら。大阪の彩都の方に譲渡されたと言う子猫を

何と里親が逃がしてしまい,それを2カ月も知らせもせずに

放置していたと言う事が判明した(勿論,脱走した時は保護主さんに連絡して指示に従う事と

誓約書には明記されていたそうですが)と。

で…さらに驚いたのは,家族ぐるみで一種の里親詐欺を働いた事が判明したとの事。

良くある偽の家族を演じると言うものじゃなく

本物の家族がしでかしたと言う奴…。家族構成は,子供一人と父母の3人らしい。

現在、夫婦は別居しとるらしく,妻の方の住居は

吹田市の青葉台にある市の団地…。ところがそこはペット不可…だが嫁はんはどうしても猫が欲しくて

彩都の方にある,旦那が住んでる一戸建ての方を

利用して,保護主・募集主様に届けさせ,誓約書(契約書)を交わさせ…。それでその日の内に

嫁は吹田の青葉台の自宅の団地に猫を連れ帰ったらしい。

一応,彩都の方でも聞き込み?をしたりしたらしいが保護主様は,青葉台の自宅で逃がした可能性が高い

と言われています。そこは小高い山になっていて

野生獣も沢山住んでおり…体重1キロに満たないちび猫が無事に生きられるとは思えない…。

まして2か月前と言えば,台風の影響による集中豪雨と

蒸し暑い最中だったと言う事もあり,体力が持たなかった可能性もあるとの事。ましてワクチンにしても

2回とも未接種の状態で逃がしており,雨によるずぶ濡れ及び

暑さによる脱水…。が幸いな事に,このちびちゃんは,非常に人馴れしていると言う事で

もしかしたら温かい気持ちのある方に保護されて

暮らしている可能性もあるかも…と仰っています。勿論,里親には継続して探すようにと

確り言われたとの事。情報を待っておられます。

ちび猫ちゃんの毛色は茶白。写真を見る限りでは当時の月齢が推定で2か月位と思われます。

と言う事は,現在推定4か月ほどになっているかと思います。

茶白ちび猫
募集当時の仮名称が「とら豆」。情報を探しておられます。

もし,このちび猫を保護されて大切に養育されている方,もしくは近くにいるのを目撃されている方

保護主様のブログコメント欄に情報を提供願えませんでしょうか。

保護されて大切に飼養されている方も保護主様のブログに

コメントを入れてコンタクトを取って貰えないでしょうか。非常に心配されていらっしゃいます。お願いします。

逃がした可能性が高い場所は吹田市青山台1−2の付近だとの事。

とても遠くに行ったとは思えません。(猫は犬よりは移動性が低いと聞いています。)どうか一方を

お願いします。

taroutarou-2tarou-3
tarou-4

タロウ。保護の経緯。私達の餌場にこの冬頃に現れ,去勢の為に保護し,臆病なため

里親募集を断念し,リリースしましたが

酷い風邪をひいてしまい結局また保護,もう戻すのは無理だろうと完治をするのを待って

猫は小判さんの所で保護預かりの身となり

募集にかけて貰っています。推定現在6カ月位。人馴れ修行はゆっくりと進んでいます。

長い目で見て下さい。3種ワクチンその他も完了。性別は♂。はちわれの牛柄。血液検査陰性。

hikotqhikota-2hikota-3
hikota


まん丸くリンクリン顔のひこた君。

保護の経緯。ボランティア宅の近くに住む方の所に姿を見せる様になり

素手で保護,ご近所の方が抱っこして

ボラ宅へ連れてこられた。生後5カ月くらい。引っ越しの際に置き去りにされた様です。

茶トラ・去勢済み・♂。血液検査陰性(エイズ白血病)・3種ワクチン完了。その他も勿論…。

ひこたも猫は小判さん宅でまったり里親募集中。

里親様へのお願い事,アンケート・誓約書(契約書)等があります。詳しくはHPへ。

もう一匹,雉の♂の子猫が1匹,HPで掲載されております男爵君も

私達の餌場から保護した子です。あちらでは,紙袋に入れられてと記載されていますが

本当は紙袋なんてカッコイイものじゃなくダサい段ボール曝で伯爵・姫ちゃんの3兄妹で捨てられておりました。

雨の降る日の…連休の頃です(怒り)。

配膳場所に行った時に伊の一番で助けを呼ぶ3兄妹の鳴き声に私が気が付き,近くの民家の老人宅で

ドライヤーを借りて乾かして…。気が付かなかったら

凍死する所でした。

                        追記

ひこた君,里子入り決定!幸せをゲットしました。

残り10頭の他にも
引き続き,保護場所にはまだまだ行き場のない子達がいつかやってくる幸

せな暮らしを
くびを長~くして待っております。どんどんご応募下さい。但し…。

きちんと責任を最後まで果たせる方に限ります^^。

中途半端なお方は門前払いとさせて頂きます(はい,そう言うお方には此方も容赦

ありませんのでぇ〜〜〜。あしからず。)。

2015・2/24更新。

更にもう一頭。お試しに入りました。新しく加わった未掲載の2頭を含めて現在11頭(当方達

絡みだけで;汗)が現在居候生活をしとります…。

まだまだご縁待ちの猫達がた〜くさんいます。お気軽にご応募下さい,ただし。

真面目な方に限ります。これ…キツク言わせてもらっておきます。

2016年・5/1補足。

タロウ君、天国に逝きました。3年前強烈な猫風邪をひいてしまったのが原因で

再度保護場所に行きましたが、先日死去したと

連絡ありました。ありがとうございました。



ラニーニャ云々と言っているけども…。まあ、私達が対策を取ればいいだけの話なので。

さて、猫の方のお支払いも、何となく順調とは

言えないが、近々福祉協会への申請をしてバックが入ったら、それを足しにして支払い

しようかなと思っている所。ちびタキシード君の

2回分のワクチン代と血液検査代を先払いした感じになったと思うんだが

トータルが合えばいいだけの話なので

とりあえず、猫の方の支払いも、この秋中には終わらせたい。いや、来年度迄には(^^;)。

さてさて…。27年度の冬の終わりには

怒涛の如く、未去勢と未避妊が合わせて5匹位やって来て前半が何となく嵐の様な感じで

始まったんだが、今ちょっと落ち着いているのかね?

ちび君のワクチン1回目が多分直ぐにされたと思うので、その分と血液検査代が前回

お支払いした分の中から差し引かれたっぽい感じがしてる。

今度、聞いてみよ。何とか、立て直しを図りながら…。ねころんだのめいぴーさんも同じ摂津で

頑張っていらっしゃる…。お聞きすると

かなり吹田寄りの方だとの事ですが…。私も、大阪市と摂津市の境目の所で踏ん張って

1匹残らず淘汰して見せると決心している。

あれだけ一掃に向けてやって来たと言っても、まだ油断をすると出て来る。恐らく、手を付けてない所では

ちびも生まれている筈だ。現に、今年も

うちの界隈では出産数が減ってきている筈だとしても、手を付けていない場所で交尾があって

生まれたのが乳離れし、私の居住する界隈でも

ふらりとやって来た。三毛を捕獲しようと張っていた最中にだ。ちびを見て正直ガクぅ~となる事も

あるが1人で広範囲にトラップを一度に仕掛けて

一斉捕獲なんて無謀な真似を出来る筈もなく…。ただ、ここ5~6年でのうちの界隈でのTNRで

かなり繁殖に抑えが効果を発している気がしないでもなく…。

猫を見かけたら、気が狂ったように私、次から次へと捕獲していますから…摂津では中々タイミングが

合わなくて、捕獲できない事もあるんだが…。

大阪府の方の地域も、時間がかかってはいるがようやく前向きに動き出す市町村も増え出してきている。

これは、恐らくどの都道府県でもだ。

継続しないからダメなんだ。さて、また、ゆきのブラッシングを近い内にやるか。私の大事な相棒でも

あるんでね、毎日おちゃらけして馬鹿ばかりやらかしているけど。

うん。7月に入れば、8月まであっという間だ暑い夏も、直ぐすぎてしまう。熱中症には気を付けつつ。うん。



暫くぶりに見た茶白君(レッド&ホワイトタビー・どうも縞が入っているっぽい)を現場でお見掛け(^^)。

この現場では、同じ毛色の別の♂も捕まえていてそちらはもうそっと尻尾が

短くどちらかと言うとテイル状。これがまた、五月蠅い位に良く鳴く…。あんまりにも鳴くので五月蠅くて

「去勢したら静かになるべかな?」と考えてとっ捕まえたのが

3年位前かね??同じ時期にもう一匹捕まえたのが、今回お久方ぶりに見かけた♂。

私が捕まえるのは不思議な事に♂が多い…自分でも謎…。

種付けのシーズンじゃなくても♂が多い様な(・・?)。♀もそら掴む事はありますよそら。現に、今月捕まえた

三毛お嬢もそうですし、この一月に捕まえた黒毛ちゃんもそう。

本格的に現場入りしてから暫くの間、感じていたあのターゲット以外のが入った時は勿論

何とか狙いの奴が入っても何かミスしてないかな?という感覚は

だいぶ薄れてきたな…。目で見たのが頭で完全に理解でき、うまく行った、成功したとなる感じ。

が、油断はするべからず。これ、肝に銘じてます。だから

決して、無茶な事はしません…。移し替えは難しいから下手にしなさんな、無理は禁物と言われているので。

やばいと判断したら絶対にしないのが私。

お上からも、無茶は禁止と言われているから。未去勢っぽい黒毛も時折来ているから

これも何れはやらねばならんと思ってはいるが

今、完全に定着している黒毛がこれまた泣き虫君でその未去勢っぽいのがいると怖がって

近づかない。誰かあの辺で気まぐれに餌を

やっているのがいるな…さては…。悪気がないと言えど、そう言う事をされるのって本当に困る。

私が管理し辛くなるから。次の支払いは、来月の末にしよ。

さて、私も続きで税の支払いを未納分しなければ。うん。これも順繰りにやりますから〜。

やはり、黒毛が来ているな…。多分、前から時折見ている猫だと思うんだが…。

♂なら暫く余裕はある。隣り街も

1年近くTNRをしていないが、うちの近辺の猫達の手術代(未納分)があともう1頭

減った時に考えるかね捕獲の段取りを。

今の所、3匹分となっている。ちびタキシードの血液検査代とワクチン代が加わった分だけ

また増えてしまったが、今月に1頭分として

振り込んだので、残高が同じ額になったと思う。小判さん曰く…三毛…食欲が出てきているそうな。。。

あらま凄まじいや生命力…。ゆきには

こんなど根性なんてありゃせんわきっと。あの方は、あちょんでくだちゃい、頭を撫でてくだちゃい

でへへ〜と言う感じなので。親しみを込めて

誰にでも接近するので(‾▽‾)。可愛いと言って貰おうもんならもう目がの状態。

悍威に富、良性にして素朴の感あり 感覚鋭敏にて歩容軽快弾力あり。

感覚は確かに鋭いし、敏捷な動きも確かにある。

素朴さも勿論あるし、、。そら、大臣賞を取るほどに優れた犬たちと比べたらしょぼしょぼ犬と

言えなくもないが賞を取っている取ってないに

限らず、夫々に良い所があると言う事。私達は確かにTNRをやっている立場でもあるが

これがバランスをとると言う事なんです。

日付が変わっているので昨日になるが、またマナーを弁えない馬鹿な親子が目の前に

現れ、飼い主の許可を得ずに犬に手を出して

頭を撫でている馬鹿親がいた。NGなんですよねこれ。幸い、私もよく会う犬でおとなしく

従順な犬だと言う事を知っている犬なんだが

いきなり手を出すと言う事は、犬に咬みついてくれと言っているようなものなんです。

そんな事もわからないのか?なら、本当のあほですわ。

無恥の典型・愚の骨頂と言うか。こういう奴ほど、咬みつかれた、責任を取れと喚くんですよ。

親の方は、20代の終わりから30代の前半って所。

こういう時は、先ず飼い主に先に尋ねる事。それで、ストップをかけられたら手を出さない。

馬鹿親は何処にでもいるって事かと。

さて、現場は引き続き要監視と言う事で。やるべやるべやるぞよ〜〜〜。

コメントをされていた方が、裏の方を除くとコメントを下さっていた。「ボラの多頭崩壊…」と言う

非常に重い場面に直面してどうすれば困り果てていると言う

何とも深刻な事態に巻き込まれているとの事…。嗚呼…これ、最悪な事態ですよ…。

mae.samulaiさん、ありがとうございます、こんなしょぼいブログに

コメント下さって…。私も、この方を通じてちょっと顔見知りになった方がいるんですが

その人は急な病に倒れられて

急死されました。多数の保護猫を残して…イニシャルをMさんとします。

因みに、最初に紹介された方は、今もピンピンされています。つい数日前も、広島へ遠路はるばる

何時間もかけて行かれて帰宅されたばかり。Mさん、生涯を独身で

通されたらしく、自分が死んだ後の事を考えておかねばならないなと言っていらっしゃった矢先の

急死だったんですよ。私やOさんが住む、大阪市内在住の方で

私とOさんは府側に近い地域でMさんは市内の南部寄りの方の地域。そのMさんが保護されていた

猫達は、他のボラさん達が管理に入られている?ようですが。

私達も、ボラの多頭崩壊…。これを一番恐れてる。救助者タイプのアニマルホーダーじゃなくても

起こりうることだ。mae.samulaiさんが、このMさんの生前

懇意にされていたかどうかは不明だが彼女の所もかなりの纏まった数の保護猫がいると

聞いていた…。誰もブレーキをかけなかったのかな…。

ブレーキをかけようとする者がいても、中々難しいもんだと思うんですがね。中々、聞く耳を

持とうとしないのも事実なんで(本人が頑なに自分は正しいと思い込んでいる。)。

結果、それが動物を含む周りも苦しめる事になるんだと言う事が。余り

おもてに出ないだけで、水面下では結構あるんじゃないかな。ボラの多頭崩壊については

行政が一枚絡んでいる場合もあると言う。救助者タイプの

アニマルホーダーに、動物を委ねてしまうと言う奴。行政の方に、出入りさせる場合に

もっと厳しく審査をする様になればそれだけでもかなり

阻止出来るんじゃないかな?と思うんだがそれは、申請をしに来たボラにはそれが出来るけども

うちらみたいに表に出ないタイプの場合は、中々監視の目が

行き届かない…。だから、第二種動物取扱業者として申請させて監視下に置かねば…と言う事なんでしょ。

悪い事をしている訳じゃないんだからと言う者もいると思うが

ある面は確かにそうだが、それを良い事にやりたい放題みたいな感じにしてしまのも出て来る。

虐待をしている事にもなるんです。
「質」と言うのも何もないから。

さて、うちのゆきも雨が小降りになったら、トイレに連れ出そう。ゲージの中なので

出して外でさせないと。うん。mae.samulaiさん、連鎖崩壊にならない様に気を付けてね。

ドタバタ捕獲をした三毛様。はい、猫は小判さん曰く少しずつ食べる量が増えてきているたら何たら…。

もっとくれくれ食べるのぉ〜と言うらしい…。

一体どうなっとるのやら…、凄まじい生命力…。食い納めにしては長すぎるよとOさん。

もしかして飢えで死ぬ寸前だった?それが

食べる気力が湧いてきた??じゃ、口の痛みはどうなんよ??これは、もしかして口内炎か??

ところで、夕方位から何処かから猫の鳴き声が…。

そう思って、大体の場所を突き止めた。少し河川敷沿いに上がった所あたりから聞こえてきた。

ちょっと、所用があって出かける途中でキャッチした。

1~2カ月のちびの声じゃないねこれは多分。今は、春猫がどんどん巣立っている時期ですからのぉ〜。

で、それと同時に、秋のお産の準備に入る為に順番に

早いのから交尾に入ってる。降って湧いた様に次から次へと出て来るが、これ以上増やす訳には

行かない、この界隈も。が、姿を見せない以上捕まえようがないし。

私もいったんツケを0にしたいし。と言う事で、もう少し様子を見ます。さて、お次はゆきちゃま。

こ〜のお嬢様は、い〜っつもマイペースで過ごしてる。

たまには外へ連れ出そうと思っているが、裏庭で放しているのもあるので、まあ何とかなってる。

今日は、フィラリアの予防薬を投薬した。

来週当たり狂犬病を受けて来ようと思っているがちょうど月末に未納分の健康保険料の残金の一部を

その頃に払うつもりでいるので、証明書を持参して

序に届けて来よう。うちの地区から小判邸へ搬送したタキシード君は、どうやら黴を沸かしている

感じなので暫く治療するとの事。だもんで

募集待機中。血液検査(エイズと白血病)は陰性、蚤壁蝨も駆除完了…ワクチンは多分まだ。

黴が綺麗に落ちてから打たれるかと。

保護の経緯は、ガリ痩せの三毛を狙って張っていたら急遽現れて捕獲器に入った。と言うのが正解。

小判さん、懐っこいよ〜との事。そう言えば

半袖ショートパンツで仕掛けで自転車で仕掛けを取りに行った時だったかな??彼女を母猫の様に

慕ってペタッと縋る様に抱き着いてな…。

「おかあ〜しゃ〜ん」と言う感じで…多分今頃は、一度シャンプーして貰っているかと思う。

マラセチアだと思うんだがシャンプーが必要に

なると思うんだわどちらにせよ…。ゆきにも、フィラリア予防薬を飲ませたばかりなので

来週の月曜位がちょうど良いかな、接種は。

狂犬病ワクチンの副作用…と言う記事を読んだが、確かに死亡例もあるがこれは恐らく特殊なケースだわ。

それも、15年から20年近く前の古いデーター。

年々、改良が進んで副作用の危険性も抑えられている筈だが一部の者達は、気が狂った様に

騒ぎまくる。踊らされない様に気を付けないと。

寝起き顔のゆきちゃま
しょうだべ、おどらしゃねないようにしゅるのが一番だべ byゆき。



続きを読む

大阪は、現在洪水注意報が出ていると言う事ですが、多分ピークは明日の夜明け頃じゃないかな。

先日安楽死となった雉白母さんの写真を過去ログの方にupした。

その続きで、今日は先日撮影したゆきちゃまの最新画像をupする事にします。生で見たり写真を

送ったりすると「可愛い」と必ず言って貰えるゆきちゃま。

愛嬌のある顔立ちだからでしょうか?中には、お母さん(私)よりもゆきの方が一枚上手を言っているんだ

等と、毒舌を吐くお方も(笑)。。。。さて、冗談は抜きにして

動物って人間が思っている以上に賢くて、よく観察していると思うよ〜。あの雉白母さんの画像は

TNRアシストさんが撮影してupされたものを拝借してきたものなんだが

あの顔を見て、賢くないと言う方は相当にお馬鹿だと思いますね。あの目で、人を観察するんです。

人間の子供も鋭いが、それよりも更に鋭い感受性を

持っているかもしれませんね。多分、死因は、舌癌と判定されたと思うんだ。手術して病巣の一部

を切り取って病理検査に出した訳じゃないのであくまで獣医師の主観で。

最初はOさんが何年にも渡って餌付けし、その次に

別の方がこれまた同じように餌付けをし、、、で2人共、馬鹿者の妨害によってやれなくなってから

今度は私がやる様になってほぼ5年は経過しただろうか。

つまり、1人が5年ずつとして合計で15年、食うに困らないでやり過ごしてきた雉白♀。

本当に、賢い猫でしたわ…。それに比べて、ゆきはまあ何というか…。

おちゃらけほにゃらら…。日々、悪戯に勤しむかぐ〜すかぴぃ〜で過ごす暢気なお方…。

推定2歳の時に、今の餌場にふらっと流れてきたのなら

享年が17歳となっている事になるので15~17歳と言う事になる、幅を持たせて。

まあ、ゆきにはこの老猫の様な賢さなんてありませんョ。

悪戯をする為の悪知恵は働いても…。

寝起き顔のゆきちゃま

毎度毎度ぼろくちょに言うでしゅね‼わたちだって負けないわよ‼byゆき。

あのね、雉白母さんとあんたとでは

年数が違うの年数が。お前は未だたったの6歳、雉白母さんは推定15年は生きてきたの。

だから、色々と学んできた事もお前と違って多く生涯を終えて

旅立ったんだす!わかった?お前は、まだまだこれからなのこれから。byおかん。




それと、ゆきの寝具の一つの冬用毛布を終う為に洗濯機で洗って昨日から干している

と、その最中にうちの入居者宅のベランダに

ハチの巣があるのを発見した店子さん。私が見に行くと、直径4センチ位のが確かにあった。

すかさず、その場にあった物干竿で巣を直撃した私。

それから、ハチ専用の駆虫薬があるから買ってきて成虫達を駆除をする様にと指示した。

夕方に息子さんが帰宅されたので

散布されたそうだ。あしなが蜂と違うかなあれ?そこで、例のお隣もしゃしゃり出てきて…。

自分がシューっと振るからとか何とか言っているのが

丸聞こえ。このお隣、相変わらずスペースの侵害をしている。が、あえてその時は何も言わなかった。

私、実は何気に知らんふりを装いながら実は巡察(じゅんさつ)しています。

外の空気を吸いがてら、軽~く散歩をする感じを装って。私が、何もしていないと思っているのか?

道路の方から裏庭が見えるんだョ。で、場合によっては

共有の通路から入って行く事も。これは、私の権限なんで。今日も、店子さん宅に行って

(その時は息子さんが在宅されていた)

その後の様子を聞いてきた。様子を見ておいてください、それから巣を二度と作らせない様に

定期的に、散布して下さいとお願いした。

エアゾール系で殺虫するタイプの他に、吊るすタイプも様なので、何れかを使っての継続駆除を

お願いしますと。小さい内に潰す事が大事なのでと言う事。

後に少し調べたが、本当は全身を白無地の服装で固めて(勿論顔も白系で防御する)からまず先に

巣に(それも日がくれてから)赤いセロハン紙で懐中電灯を包んで巣に向けて

噴霧するのが一番いいらしい。黒系では、反対に蜂を刺激してしまうので反対に危険との事だった。

はい、巣を直撃した時の私の格好は

ショートパンツに半袖の今思えば半分自殺行為??(ある意味)で挑んだわけでして…。今度から

気を付けよう…と同時に、うちも蜂駆除用の殺虫剤を

用意しとかねばね、こういう時の為に…。蟻の巣穴には、毎年蟻の巣コロリを設置しているんだが

ハチの巣退治なんて自分でやったの初めてと違うか?いや

うちもだいぶ前に、巣穴を作られた気もするが、その時はどうやって駆除したんだかな?店子さんは

エアゾール系タイプでその時はやったと言う事でね。

うちは、今年こそはバルサンを焚くぞ。去年は焚いてないの。はい、家のメンテナンスの

意味も兼ねてね。でもって

たまには、エアコンを使って除湿をしようか。

その間、ゆきは家の中に避難させておくかシャンプーに出すなどして。バルサンを焚くときは、勿論

家の中には入れませんよ。私と一緒にどこかに避難するか

裏庭にいて貰う事にします。一回焚いてから、一週間後か10日後にもう一度焚くと、何となく

すっきりするんだ。あとは、簡易のエアゾールスプレーで

シュッシュッとやれば。ところで、話を戻します。あっ、ゆきの名前を出した事で思い出した。

今月の予防薬が未だだった!近い内に飲ませよう。何となく

意識しないでやり出した電源落とし作戦。関西電力の高浜原発、大飯原発も鹿児島の薩摩川内原発に続き

(私、さつまかわちと読むのかと思ったらかわちと書いてせんだいと読むんだと蓮月さん

再稼働したと言うが、此方は、また福井地裁?で

再度停止の仮判決?がおりたとかなんたらで今また、停止中なんだとか。四国電力??かどこかの電力?

も再稼働うんたらこうたら…。あら、また話がずれ気味だが。

ガス会社や楽天が、電気の自由化云々に伴って、販売開始をしているとか何とか…。これも

良くわからないのだが、火力を使っての発電についても

私は、素人ながらちょっと疑問がね…。だから、どこに変えても同じような気もしてる。風力・水力についても

デメリットがあると言うし。何でも贅沢をしすぎた結果と言う事だ。

また、下手な事をすると、今度は病人の山を築く事になるし。現に、節電を意識するあまりエアコン類の

使用を控えすぎて熱中症が増加…と言う事も言われているようですし。

やり方を間違えていると言う事でもある様なんだが。室内だと、反対に逃げ場がないからね…わかる気も。

だから上手にやらないといかんよね…。うちは、今年1階は何とか

クリアできた。さあ、今年こそはゆきもこの夏を元気に乗り切って貰わないと。うん。相変わらずのボケボケ

ゆきやん。あの顔で人を笑わすゆきやん。

毛の手入れの時は、勇猛果敢にブラシに勝負を挑むお嬢様。昨日もごっそり取れましたとさ。





洗濯機をガラガラ回しながら、数日前に回収してきたフック型のトラップを、浴槽の中から出して

シャワーを浴びがてら軽く洗浄をしながら

アクアリブクリアRでシュッシュと簡単に消毒し、現在乾くのを待ってから次の仕掛けの際の下準備

をして押し入れに終うつもり。私は

直ぐに取り掛かれるように中敷きを入れて次に備えておくんです。そんな私を尻目にしているであろう

ゆきが見ていると思うんだが?あいつは本当に

呑気な奴。さて、今月の末には、ゆきの狂犬病ワクチンを受けてこようかと思っている。

私が、飼う様になってからは、かかりつけ医で

受ける様にしている。あいつは、人がいればどこで受けてもあたちは大丈夫よ〜という感じの

犬…( ̄▽ ̄:)。遊んで貰えると余裕をかましている犬…。

いや、愛想がいいと言う事なんだが、人の姿を見かけると、しゅる〜って寄って行き、お愛想。

が、芯は確りしたものを持っていると言う感じ。

だから、本気を出した時がどれだけの破壊力を発揮するかと言う所なんだが調子の良さで

私をおちょくりまくり、悪戯もシレっとした顔でやらかす。

まあ、そんな犬なんだが、ここいらあたりこの賢さは秀吉号譲りなのかも。賞を取っているから

とかじゃなくて、そこから更に遡り、お爺ちゃんの秀錦号もまた

かなり賢い犬のよう。元々この系統、血筋で言えば相当に優秀な成績を残しているらしいが

成績よりも遺伝子レベルで賢いんだろうね。

でもって、おっとりのんびり。人には、非常に懐っこい、おとなしい(ま、そういう見方も出来ると言う事。)。

が、見る人が見れば、その懐っこさは表面的なものか

どうかは、直ぐに判別が出来ると思うので、わかる方だけがわかってくれれば良いから。芯は確りしていて

勝気な一面があるのは、見る人が見ればわかる。

良い犬に育ってくれているのかな?飼い主の私に似ている所も大いにあるかどうかって所だが。

いえいえ、こいつは秀吉号と祖父犬秀錦号に似ているんざます。

秀錦の孫娘にあたり、秀吉号の娘になる通称ゆき・本名・鯉の寿号。この10月で満六歳。まだまだ味が

衰えていません。お転婆じゃじゃ馬なんちゃやら…。

時々、今でも不意にヒートアップしてデッキの上でどったんばったんとやっているが、元気な証拠と

言う事で、良しとしますかね。まだまだ、頑張って

弾けて頂きますです、はい。あんまりやりすぎたら、私の雷が落ちますけど。落雷って奴。

ところで、先日、保護した現場の老猫…。鎮静にかけて貰い

診察をして貰った結果、、、。手の施しようのない状態と判明、安楽死となったようです…。人の方で言うと

舌癌の様な感じだったと。どおりで涎だらだら状態だったわけだ。

この老猫、若い時に避妊が間に合わず、妊娠して出産してしまったと言う経緯が。

この親子の存在を快く思わない者が猫狩り業者(闇の猫捕獲業者)を

雇って、子猫は全滅…その母猫である老猫だけが運良く難を逃れ、今迄生き延びたと言う…。

今頃は、天国で子供達と再会しているかと。

あんまりね、無碍な事をするとばちが当たると思うよ本当に。他にも数人いたらしいが

不思議な事に、おバカさん達全員、ろくな余生と

なっていないようです。つまり…結果はきちんと跳ね返って来たと言う事だと。

雉白・みぃちゃん
この翌日の夕方頃…安楽死処置で天国へ旅立ちました…。

やっぱり賢い猫です。人に飼われた事は一度もなくても、リラックスをしていますね…安全な場所だと

理解している…。合掌。。。

はい、何れにしても私が行かねば出てこなかったであろう餌場に、急遽行く事になり

行ってきました。取り急ぎ、保護せねばならんのが

現れまして、それでTNRアシスト氏にOさんが依頼、はい。私が必死で声掛けをして

仕掛けの方ににゃんこを誘導。私ならば

完全に気を許していますので声につられてやってきました。仕掛けに入った所を

完全に確認してから「OK」と合図を出した途端

バシッ。歯の調子が悪いのか、最悪は厄介な口内炎なのか…涎がだらだらでしたので

多分、口内炎かな?とOさん。

何れ、この場所も閉鎖しなければならないので、今現場にいる錆も、近くの別の場所に

誘導せねばならんねと前から話している私達。

この現場の猫を可愛がっている人がいまして、それは寂しくなるとか言ってましたが

いや、そう言う訳にはいかんのです、移動させて

何れは閉鎖しないといかんのですよ。と私。永久保護なら、口の中の状態によっては

最低でも、スナップコンボによるウイルスチェックと

ワクチン一回接種となる。先日、ドタバタ緊急保護をしたうちの三毛は、もっと酷い状態で

の緊急保護となった。今回の保護となったのは

推定15歳過ぎの老猫。かなりのおばあやんです。決して、パンチも威嚇もないおとなしくて

賢い猫。直ぐに大丈夫と理解する筈だと伝えてくれと私。

今頃は、ゆっくり病院で静かに寝ているかと思うんだ。この猫は、もっと若い時に一度出産をしているらしい。

親子を快く思わない者が、闇の猫捕獲業者に依頼。

一説には、保健所とグルだと聞いた事があるんだが、今はどうなっているのかわからない。

現場の近くに、だいぶ前に捕獲業者が住んでいると

いう情報を掴んだ事があるんだが、今はどうなっているのか。子猫達は、可哀想な事になった…。

唯一、難を逃れたのが母猫である今回の老猫。

この猫は、確かT橋さんにキャッチされた猫じゃないかな…。そう聞いた覚えがある。

勿論、避妊済みです。人間に、我が子を殺害されても

ご飯をくれる人には、ちゃんと心を開いてくれる。信用をしきっているんですね…。

痛いのがましになれば、余生はきっとそれなりに送れるかと。

先日の三毛は、もうこれ以上苦しめるのも良くないから、あとはタイミングを見て処置をして頂ければ。。。

今回の老猫も、静かに余生が送れれば。

ゆきちゃまのドックフードが本日、営業所の倉庫に届いたと言う事で、明日はちょうど

配達時間内に現場に行かねばならないいい用事が重なり

急遽、クロネコヤマト井高野集配センターに行ってきた。本当の井高野は、随分最寄駅から

離れているんだが、自転車でえっちらおっちら。

その前に、昼頃にも一度近辺に来ているんだが、此方と合わせると荷物の量が多くなるので

一度自宅へ帰宅。良い運動になった…。

ところで、うちの馬鹿なお隣さん。今日、初めて空きスペースの草むしりをやったぞ(笑)。

私が「バイクをちょっとどけてくれ。草を毟り取るのに

邪魔になるから」と言うと、一緒にやると言い出して。そう、こうやって態度にちょこちょこ出す。

ここは湿地帯と言う事を、まだ気が付かなかったんか?

育った街が、海に近かったとか何とか?そんなこと、私は聞いてはおらん、勝手にべらべらと

喋っていただけなんだが(笑)。「ここは湿地帯。水田だった場所。」

とだけ言うと、あとは知らんぷりして作業を適宜続けて完了した。何かと問題を起こすお隣だが

それなりにある意味私を意識しているっぽい。ある意味ね。

そう、怒らせるとまずい相手…みたいな。が、今日もやっていましたよ、人の怒りを買う行為を。

まあ、これは暫く様子みとこう。兎に角

私が一つ何かを言ったり行動に移したりすると、何だか少し慌てるみたい。様子見、様子見。

他人と良い関係でお付き合いをして行くならば

ある程度、信頼関係を築きつつ、ある程度距離を放す事も意識してやらないといけない。

これが学べていない感じ。だから、やっちゃいけない事も

平気でやらかす。直ぐに、生活に支障が…とか言って甘えた事を言うが、それをうまく工夫して

支障がない様に考えて生活をするのが知恵と言う事なんだ。

それが、無い。本当にお子様。完全に、人様に迷惑をかけている馬鹿な夫婦。飼い犬にほろくに

無駄吠えをやめさせる躾もしない。私は、躾をきちんとして下さいと

以前に、3頭目を入れるかもと言ってきた時にそういった。これ、犬の吠え声がかなりうるさく感じている

と言う意味も含めて言ったんだが、馬鹿夫婦には

当然理解できていない。少しずつ、リアクションする事である程度、夫婦が馬鹿をやらかす事への牽制にも

なればと思い、ある程度グサッと来る様な行動に出ている。

限度を超えだしたなと判断した場合に。うちにも犬がいるが、うちの犬は、自身が気が向いた時にしか

吠えないので、本当にいるのかいないのかわからない

程度の存在だと思う。で、人が傍に来たら…一生懸命お愛想する…。良いのか悪いのか。さて、近い内に

ゆきのブラッシングをまたやるぞ。良く抜けるんよねこの時期。

だから、確り解いてやらないと、ゆきも暑かろう。春夏秋冬の毛の生え変わりは、四季折々の

季節に対応出来るようにあいつらの体はある程度

出来ている。その上で、ほんの少し様に、過ごし易い様に手を添えてやる。今年は、オーニンぐターブを

1階の裏庭の部分につけた。また、吠えてる。しまいに苦情が

来るよ、馬鹿夫婦の所に。あほか。

文字通り、ユニクロへ。昨日の話です。パンツの替えが無いのと穴が開いたりしたのは全部破棄

したのもあって、隣り街のユニクロへ行ってきました^^。

お財布は厳しいが背に腹は変えられない…って事で。カテゴリーは動物愛護だが、理由はのちに述べます。

試着用に4点取って、さあ、入ってみる。

で、結局2点を選び、そのまんまお会計。で、帰りに、喫茶店に立ち寄りレモンスカッシュを注文して

飲んで帰ったんだが、この店舗は、イオンの中にあり

イオン全体の閉店時間がわからないか?と聞くと、それはわかんないと言われた(^^;)当然か。

区内にも1軒あるんだが、区役所の近くなので

直ぐ上の兄貴の嫁さんと道中で会った時に聞いたら「隣り街の方が近いよ」と言われ、よく考えて見たら

そうかもと、言ってみるとやっぱり近かった(^^;)。

で、購入点数は2点。当座は間に合うかな。元々は摂津の学園町の方にあった?店舗が隣り街の

イオンに移転したようだ。学園町にあった時に

何度か行った事があるような気がする…。此方にあった時も、えらいダダ広いスペースだったと思うが…。

確かね、何かの倉庫の跡地っぽかった様な気が。

さあ、それからやけに蒸し暑い中、直ぐ近くにあるサタケグループのスーパーに立ち寄って

胸肉とささみ肉を買って帰路へと向かった。

さて帰宅後、気になって先日保護した三毛の様子を聞いてみると…やはりかなり深刻な状態だとの事。

小判さんが先生に相談して下さると、安楽死も視野に

入れた方が良いと言われたとの事。これ、私に決断を促す為に言われたのだと察した。

即答で、これ以上激痛が続き、嚥下が困難なら

いっそのこと早く眠らせてやって欲しいと伝えた。それでいい。それでいい。

1日も早く目を閉じさせた方が良い。

で、処置した後の写真を送ってくださいとお願いした。啓発!啓発!普及啓発と法改正‼楽になりたいと

縋る様な目で言っていたあの目。苦しいんだわ…今も。

これが現実だ!!



この間の黒君に続き、タキシードのちび♂君…そんでもって‼今さっき捕獲した三毛猫ちゃん。

タキシードのちび君は、♂と判明したので…。

そんでって、今回の三毛が一番ひどい状態での保護となった…怒髪天大噴火となった。

黒猫・深夜にキャッチ
前々回の黒♂君も、リリース時に何となく覇気のない動きだったので、思わずおじぃかと思ったら

小判さんいわく、先生が仰るには

年齢はそんなにくってないが歯茎の色が悪い、貧血気味かも?という事だったそうな。

で、先ほど捕獲した三毛猫ちゃんの姿。

三毛
ズタボロおんぼろそのまんま。あちこちで追われまくり、命からがらうちの近辺に辿り着いたと言う感じだ。

黒毛君も、タキシードちび君も…。三毛のあまりにもズタボロの姿に

怒りのツボがいっぺんに爆発大噴火した私…。ですが幸いだったのがタキシードちび君の

スナップコンボによるウイルスチェックの結果「陰性」の判定が

出たとの事。で、比較的おとなしくしているって…。このままだったら、三毛は命が危なかったかもしれん。

じりじりと怒りがわいてくる…。10時になったら搬送しようと思ってる。

脱水をい引き起こしている感じもするな…人間、どこまでエゴの塊なのか?まじでブチ切れます…。

と言っても、日付が変わってから行くので今日と言ってもいいんだが。

新顔らしきのは見ない、いや、定着しつつあったのを

排除されたのかな?という感じだ。そこを縄張りとしている猫達が許さないのは当然なので。

穏やかなのは、すっと受け入れるが、ね…。

うちの方の昨日のドタバタ捕獲で残った片方の三毛は、なるべく定着させた方が良い

と言う事で、捕獲のチャンスを狙うつもりだ。

こういうのを、手っ取り早く解決できるとしたら、うちの地域全体で一斉捕獲をして

手術をする事が一番なんだが、それでも

取りこぼしが出たりもするし、やっと落ち着いたと思った所へNEWフェイスがやって来たりするから

継続した監視とTNRが勿論大事なのは言う迄もない事は

書いている通りなんだが今、捕まえるのは本当に、ふらりっと他からやって来るのばかり。

三毛については、何れやってくるだろうと言う

予想はしていた。多分、あの取り壊されて新しく建築されているあの場所に住み着いていた

のが分散、散らばってその内の1匹が来た感じがする。

そのあたりで三毛猫を見かけた覚えがあるような気がするのでね。次から次へとやって来るが

タキシードのちびについては、避妊を怠った飼い主が

棄てに来たんじゃないかと言うO氏。あっ、性別がわかった。♂だとの事。こいつは

うちの店子筋の方の付近で捕まえた。三毛が親とするなら

多分一緒について来たんじゃないかなと思うんだが。年内いっぱいかけて支払いもしよう。

兎に角、親の可能性が否定できない三毛も捕獲したい。

もう少し、太らせてからの方が良いかなとも思うんで、ちょっと時間を稼ごう。癖付けも兼ねて

行えば、だんだん太って来るでしょう。うん。

静観・監視。どちらも同じ意味。色んな意味でやらないといかんねぇ〜と実感中。

で、捕獲しようと奮闘していたらなんと生後2~3カ月位のタキシードが現れて…。生活がピンチに

なるが仕方がない…。どちらかが入ってくれればと…

踏ん張ると、ちびの方が入ったので捕まった〜と連絡して、猫は小判邸へ搬送した。

性別の確認なんてしている暇なんぞ無かったので

後で聞こうと思ってる。三毛は、暫く癖付けをしてからまた再度捕獲することにする。

余りにも痩せていて推定年齢の判別が私じゃ

難しいので、もうちょっと太らせてからにしよっと。空き家があった場所から来たかな?

と睨んでいる。三毛の方は。

さあ、暫く癖付けを頑張ろう。秋ごろを目安にするかな。いかんせん、ガリ&痩せで

顔もかなりくちゃくちゃ。栄養状態が

悪いのは確かっぽいぞあれ。暫く、癖付けに奮闘だ。うん。さあ、仮名称などは

おいおいまた聞くとして…。小判邸では子猫がもう

満員御礼状態と聞く。そう、春猫の巣立ちのラッシュなんです今。来月一杯迄それが続く。

三毛を見た時。以前にも見かけた気がするが

あれがもしかしたら親かな?親なら、あいつも狙わないとなと言う事で、癖付け作戦開始だと

伝えました。あまりにも、ガリ痩せなので

麻酔に耐えられるかどうかが心配と言う事でね。いきなりふらりと現れたタキシード模様の

ちびにも仰天したが、私が到着したら

小判さんも、少し大きい月齢?(小判さんいわく、推定3カ月かな?と。私なら、3~4カ月と

少し幅を持たせますが…。)のをやはり一匹

捕まえていらっしゃった。あれだけ徹底してやって来ているのにどこでお産してんだろう?

勿論、追加でふらっと現れると言う事なんだが。

今月は、これで何匹目になるんだ?もう少し太って貰わないと。それから、何か黒毛も

見かけたが、もうちょっと様子を見るぞや。

この間、捕獲した♂かも知れないので。兎に角、どこかからかフラッとやってくる。

自分の生活を守りながら、やれる範囲で頑張る。

その方針は、今も変わってない。やるだけやる。手を付けていない所が勿論沢山あるので

そこでは繁殖が進んでいる事は間違いない。

が、私は、自分の所に来たらやる、来なければ遠征をしてまでやらないと言うのは変わらない。勿論

手伝ってほしいと言われたらお手伝いに行くけど。

私に文句を言いたい奴もいるだろうが、私は絶対に言わせないよ。いや、そんな奴は

相手にしないに限るんだが…。さあ、今年も

上半期が過ぎた。あと、どれだけ捕まえる事になるんだか。あと、もう4匹か5匹は捕まえる事に

なるかも知れんね、今年いっぱいかけてなら。

毎月1頭か2頭。このペースでやるのが一番。また、1頭ずつでも良いから継続して行えば

最終的には地域中の猫達を減らす事が出来るんじゃないか。

そう思ってる。明後日あたり、性別を聞いてみよ。

に、しても、タキシードにしても初めて見たちび助。小生意気に一貯前に閉まった扉を

一生懸命開けようとがじがじ。お前の力でなんか

開けられんよこのあんぽんたんと言う私。今日は、2カ月に一度の町会費の集金で

会計さんの所へ運んできた。

その行き帰りにまず三毛に遭遇。入りかけるも、結局は捕まらず…。そんなこんなの所に

ちびタキシードが登場。急遽、何方が

入っても良いと変更した。三毛も何としても、頑張らねば。暫く、太らせよう。うちに来たら

食べる物には困らない。そう記憶させる。

それも方法だ。

日々、日参している餌場は、時折変化がある。嫌がらせをする輩はまだまだいるが

そんなのはどこ吹く風でやって来ている。

頭数は、増えたり減ったりの繰り返しだが、確実にしぶとくやっていますよ〜(笑)。

序を言うなら、ゆきちゃまもしぶとく毎日楽しそうに悪戯

に励んでる(爆笑)。いや、最近はちょっと淑女におなりあそばせだろうかね?

それでもボールを投げると目の色を変えて走って行くのは

変わらないね〜。今年の夏こそは、平穏無事に過ごして欲しいもんだが……。

次々と今年も上半期はバシバシと家の周辺では掴んだ。

♂3匹と♀1匹。今年は、あと何匹目撃して捕まえる事になるんだろう。出来る限り

捕獲する。秋に向けての交尾・繁殖に向かいだすのは6月からだ。

もう既に始まっている。引き続き継続して頑張る。誰にも邪魔はさせない。誰にも邪魔はさせない。

この界隈から一匹残らず手術して淘汰を目指す。

さあ、その猫達の件で時折店子さん達と話もするんだが、うちの物件が建った当初から

住み続けている入居者も「人間の犠牲者に変わりがないよ」と。

その通り。それが理解できないお方は猫が憎い訳じゃないが糞尿の臭いで生活に支障がどうたらこうたら。

ええ、そのお方は何かと我が儘や無理を言えば

黙って聞いて貰えると言う、甘ったれた御仁なのだ。これ迄にも私に対して5回ほど既に怒らせる真似を

している。で、2回は他の店子やご近所にも迷惑を

かけている。一喝してから今の所は、おとなしくしているが一喝・やや強めの一撃を落とした事で

少しは理解したと思うがまだまだ、精神年齢が本当に

子供以下なので何かをやればそのつどまた対処するしかない。普通ならもうやらないと思うが

ちょっと問題ありの御仁達なのでやったらやった時の事。

いい歳をした大人が甘え、子供みたいな我が儘が本気で罷り通ると思っているのが可笑しい。

言っちゃ悪いが、うちのゆきのほうがよっぽど賢いよ。

いや、動物全てがこの御仁たちより賢いよって事。今迄ずっとそんな環境の中で過ごして来たのかな。

そういう事なんでしょうよ。うまくあしらい、時に一撃を

落とす。子供でも、間違った事をして叱られたら反省する。大の大人が、子供みたいな精神状態ってのは

本当に情けないよ。人間だから、甘えても生きていけるが

四足の世界なら、生きていけませんよ。たとへ、飼育下に置かれているとしても。うん。

と、梅雨の最中の晴れ間に日記を書きながら、そう思ってる。

日参している現場でも、色んなstoryがありますね〜。いちいち書いていたらキリががないから

書かないが、さあ。ちょっと出かけてきますか。

さっき、ウッドデッキに出てみると、姿がなかったので麻縄のボールで誘き出してみた。

やはり、ウッドデッキの下に潜っていたね(笑)。

はい、今、雨が降っているんです大阪地方。ダダダ~って走っていく音が聞こえたので

ちらっと覗くと。真夏の暑い時でも、デッキの下に潜るのは

勿論なんだが、いつも不思議に思うのは、デッキの入り口にいる…。なんでお前、奥の方に

いかんのさ?入り口付近が涼しいのかね?と。

ちっちゃいお頭で色んな悪戯を考えて、弾けている感じのお嬢さんなんだがこいつの

一日は、食っちゃ寝が大半と思うが

悪戯が特に大好き。ゆきの出身犬舎さんにも、また近況をお知らせしたい。

巣立ってきてもうじき6年。本当に巣立った後も

心配が尽きない感じみたい。これは、ゆきだけじゃなくて全国及び海外にも行っている

わんちゃん達に対しても…。お父さんの鯉淵さんは

五月蠅くて厳しい人だが、てしおにかけて管理されているわんちゃん達がこの世に

送り出し、巣立たせた犬達への愛情が深いゆえに

つい厳しい事も言ってしまうんだとお嬢さんの琉球宮城さん。良い物を残す為に

質に拘り、頑固に守り続けるが故にヒートアップしてしまう。

本当に、愛情が深いんだなぁ…と思う。そう、皆愛情が深いから、夫々表現の仕方が違うだけで

より厳しく相手を吟味するんだね〜。ブリーダーは死の商人

と言う…いや、違う。うん。確かに、そう言ってしまえばそうかも知れないが、守りの番人とも言えるんよ。

質を守り、伝え続ける為の。必要な繁殖は

これからも続けられて行かねばならんもん。これだけは、何度でも。うちのかかりつけでは

和犬の繁殖をされている方と遭遇する事があまりない。

洋犬種のブリーダーご夫妻とはたま〜にお会いするが。ワゴン車でお出でになられている事が

多いんだが、いらっしゃっていたら「来院されているんだな」とわかるけど。

ゆきにとっては、爆笑珍道中となる病院への道中も、私にとってはごく普通の道中。川伝いと

川を越えて行く事になる。みんな…平和が一番。

☆九州、熊本大地震で犠牲になられた方のご冥福をお祈り致しますとともに

被害にあわれた方たち及び動物たちが

一日も早く、平和な日々を取り戻される事を祈っています。

これ以上の災難が起こりませんように☆

宣言があったみたいで…。昨日は、日差しがきつい中、此方の境内にある倶会一処に墓参り。

これ、ペットの供養墓でして、ここにO家は愛猫ちゃんがええ〜っと数匹と

愛犬ちゃんのお骨と保護猫のお骨がええ〜っとうん?わからなくなった、と、うちの先代のハル婆のが

入っているので、お花1束とお線香をもって自転車で行ってきました〜。

さて、ここでまたちょっと歴史の話が少しで出て来る。此方に着くまでの最中、つまり近く迄来ると

袋小路になっている所がある。というか、お寺の付近全体がそれっぽいんだが

こういうのを見ていると、戦国時代、その合戦でいかに勝利するかを考えていたか?というのがねぇ〜。

豊臣通りと呼ばれている所がやはりあるらしいし。

あっ、そういえばあちらの最寄り駅周辺で確か、見たような気も。兎に角、晴れ間に自転車で

行ってきたので、どうやら日焼けをしたみたいで

顔が真っ赤になっていると言われた(^^ゞ…。序に、永久預かり猫の雉♀ちゃんの様子をちらり。

私の顔を見ると「ふぁ〜」と言うのはいつもの事。

一通り、保護猫達の様子も見るも、懐っこいのが熱烈の大歓迎状態、序を言うと飼い猫達も。

因みに、うちのゆきも人を見ると、熱烈に「あなたのお相手はあたちがしゅるでしゅの〜」と言う感じで

大歓迎状態(^^;)。が、恐らく相手をよく見ての行動だと

は思うんだなこれ。お寺には何の連絡もなく、抜き打ちで訪問という感じ。で、保護猫部屋には

純血種のスコティッシュフォールドが来ていた。

飼育放棄じゃなくて、ここから保護猫を譲り受けた里親さんが、入院をするので預かって欲しいと

これまた緊急で預けに来たんだと。

耳は折れている。スコは、骨の異常が多いと言うけど、この子はどうなんだろう?と少し興味が出た。

特に、異常な感じはしないよと言う蓮月さん。

あんなの見たら、そら痛そうと言う感じ。その写真をミル機会があって、関節が瘤状のようになっていたのにゃ

ちょいと引き気味となった。寺から譲り受けた猫は

お☆様になったらしいが、同居猫が純血種…だったみたいで。ゆきちゃまも機会があれば連れて行くのも

良いだろうが、その際には猫達とぶつからない様に

細心の注意を払わねば。お手伝いに来られている方の中には、愛犬とご同伴って方もいるが

これと同じ感覚でやると事故の元と肝に銘じる私なのでした。

普通に、互いが狩猟動物と言う事を考えると、惨劇状態にならない様に気を付けるのは

当然の事なんで。何でかこのあたりは特に五月蠅い私なので。

うん、で、供養墓で線香と花を供えて「みんな、来たよ」と声をかけながら、合掌。多分、集まって来たと

思う。帰宅後、ぐっすりぴ〜と数時間、寝入った事は

言うまでもありません。はい。今度は、ゆきの最新画像を掲載したいっす。お古ばかりじゃなくて〜〜。


深夜の餌場。いつもいつも、遅く行くんだが要観察中の疑惑の猫が、定着をし始めてきた感じ。

Oさんにもう少ししてから報告を。

TNRアシスト氏には、私からも簡単に説明をしてあるんだが、正式に依頼する時はOさんから

頼んで貰う事になる。確かに、女性が1人で

挑むには、ちょっとやばいかもしれないね…。いや、男性でも下手をしたら…。兎に角、やる事になる

可能性が大。どう見ても、♀っぽいんだが…。

何としてでも、阻止だよ阻止っていう奴。定着をさせる為に、姿を見つけたら少し離れた

位置に、フードを適量分だけ掴んで置く。

以前よりは、警戒心が和らぎつつあるかな。手懐けている(ある程度)のである。

私がある程度、手に掴んで一定の位置まで

誘導する形。で、そこで置いて直ぐに離れる。何せ、毎日そこへ来る様に仕向けないと

猫を捕まえる事が出来ないもんで(^^:)…。

園内で食べている猫達には「お前たちも似たような境遇だろ。爪弾きにしたらいかん。受け入れてやれ!」

と強く念じる。完璧に定着したと判断したら

Oさんに伝える。何でか重なる時は重なる。が、やるんだよ、やるの。園内で食べている猫達には

メインの餌やりが存在している。だから、やるのは本当に少量。

徐々に、淘汰も始まっている。ここの公園付近も、あと数年したら、順当に数が減る筈だ。

もう少し、もう少し長い目で見てやって欲しいんだね私達は。

毒殺なんてしたら、きっと天罰が下りますよ。人に罰せられなくても、人生の中で何れ報いを受ける日が

来るでしょうや。そうなりたいですかね?皆さん?さて…。

挿入としますか。

数日前、何かの拍子にインターネットでの内容になるが飼い主の不注意というか

浅はかさが原因で咬みつき事故に

発展するケースについて取り上げられている記事を見た。これは、ある程度、認識&見識として

理解している飼い主なら誰でも

常に頭の片隅に入れて飼っている。飼い犬を玄関先付近で繋いで生活をさせるなんてのも

私から言わせれば馬鹿の典型の一つです。

犬がゆっくり寛げず、ストレス状態となり(気の小さい臆病な犬なら特に)来訪者にとっても

危険な状態となる…。あとは、ノーリード状態。

そう、放して散歩させると言ういかにも大馬鹿者がやらかすと言う三大おバカ・大馬鹿。

何れも、飼い主の思慮・認識の甘さから

犬も人もある意味不幸のどん底に引き落とす。取り返しのつかない事態に発展すると言う事が

つゆとも考えられない。攻撃力のある犬だと

飼い主が反対に気を付けるが、おとなしいとか臆病な場合、飼い主がそれで甘くなって安易に

考えると言う事。殆どがこのケースらしい(一般人は大半がこれだわい…)。

わしは、そういうのが嫌だから細心の注意を払いに払う。以前にちょっと挙げた動物病院の

看護士が迂闊な真似してくれてブチっ!!となって病院側に

クレームを入れた事もあると言う事を、ちょこっと書いたと思う。また、更に遡り、一時病院の待合室

には、ノーリードで連れて来る飼い主たちと遭遇する事が

相次いだので、事故が怖いから(遭遇するのも嫌なので)受付に
頼むから飼い主達にペット達のリードを

放さない様に五月蠅く言ってくれ
と懇願した事もある。

病院側としても、過去に待合室でペットが咬まれると言う事故があったので、犬にはリード・猫には

キャリーか洗濯ネットに入れる事と注意書きを置く様になった。

その前後から、紙に書いて貼っていたと思うんだが、飼い主達が目に届きにくかったみたいで

今は、はっきりとわかる様にプラスチックに印字した物を

パシッと打ち付けてある。一組の飼い主の認識の甘さが原因で大惨事に至ると言う事に気が付かないのが

余りにも多すぎる。狂犬病ワクチンを受けていても

咬まれた側は、その恐怖を忘れる事が出来んのだよ?仮に受けていたとしても。いい加減にしろ、ほんと。

犬にも人にもその他の動物にも不幸な結果となる。

飼い主となる人物は、ペットを選べる。が、ペットは飼い主を選べない。これ、人の子供だって同じ。

子供は親を選べない。違うだろうか?うんざりするほど

この手の馬鹿がくさるほどいると言う事。まあ、動物の事だけに限らず自分勝手で非常識な奴らがね。

姿を見せた茶トラ君。多分、アメリカンショートヘアーのMIX。綺麗なレッドマッカレルタビー。

と同時に、時々見かける雉のような麦わらの様な猫。

今日は姿を見せていた。やはりどう見ても♀っぽい。お尻を確認するとやはりそれっぽい…。がっ。完全に

定着をさせない事には幾らなんでも捕獲は無理だ。うん。

あの公園の猫達が受け入れてくれると良いんだが。

次から次へとやってくる感じだが、私の所は今の所、しぃ〜んと静まり返っている。

が、秋ぐらいにまたやってきそうな感じ。家賃回収で

遅れそうなら、不動産屋を通じて保証会社に連絡をしなければならんな。さあ。うちは、家賃さえ

入ればいいので。払わなかったらどうなるか?困るのは

店子さんなので。うん。因みに、ある人物にうちの店子たちの事を話すと「あれま」っちゅう様な感じだ。

Oさんのお店にバイトで来ている女の子の中に

この現場の近くに居を構えている子がいて、その子にちと聞いて貰いたい事があるので

この間から頼んである。それの確認も必要なんだな。

兎に角返事待ち。次から次へと難儀な事が起こる時は起こるが、私達はとりあえず目の前に

起こっている事の問題解決が先決だ。

で…この現場。Oさん宅の猫達のかかりつけ医からもそんなに離れていない現場なんだねぇこれが。

私でもうすぐ120匹越えとなるTNR。Oさんの場合は

恐らく300頭超え。が、私達は決して数自慢をするつもりはない。勘違いしている者は平気で数自慢するが。

数よりも質。そう、質が悪ければ意味がない。

ゆきのブラッシングも、すればするほど毛の艶が出て鮮やかな感じになって来る。本当に、ちょうど

背中の中心くらいから尻尾の先にかけて

黒い差し毛がちょろちょろと生えているんだが、これがまた鮮やかな色合いなんだな。

色褪せる事無く、年齢を重ねれば重ねるほど

より綺麗な感じになってる。小さい頃はその尻尾がまるで豚ちゃんの尻尾みたいだったんだが

今では、その尻尾も綺麗で緩やかな巻尾となっている。

この尻尾を盾に色気のないお尻をフリフリしながら歩くのがゆきなんだが、多分、あのアメショーミックスも

きちんとした飼育下に置かれ、手入れがされれば

綺麗な光沢のある毛並みになるだろうねきっと。勿論、他の猫達もだが。今度どうぶつ基金

香川県・男木島で増えすぎた猫達の無料の避妊去勢の

要請を島から受けたと言う事で、明日から協力獣医師様たちと基金のスタッフが現地に行かれ

地元の愛護レスキュー団体BONにゃんと島の共同事業者達と

一緒に、徹底した避妊去勢を開始するらしい。既に、捕獲が始まっているみたいだが、一気に200頭

って、やっぱり凄いよ。がっ。私はもっといそうな気がするんだが。

継続していけば、喧噪感については半年後位から・数の減少に置いては、3年も経つ頃には

じりじりと始まる。これ、嘘じゃないから。継続していけば必ず。

私は、数の減少に置いては3年も経てばと書いているが、下手をすると5年位かかる場合もある。

が、徐々に徐々に必ず減る。子猫が生まれて来る事が

無くなるんですから。私は、どうぶつ基金の参画ボランティアではないんだがメールの配信は

させて貰っている。どうぶつ基金の参画協同ボランティアに

なるには、先ず行政と連携を取る事が条件となっているらしい。で、必ず着手した数の報告をしないと

いけない事になっているらしい。残念ながら私は

行政の方とは繋がっていない…。その代わり、出来る事を出来る範囲でしている。

そう。ちっちゃなスローガンみたいな感じ。

出来る時に出来ることをやろう。


それが一番。自分の器を超えてまでやると自滅するから。

麦茶を沸かし…。そんでもって、その前にはゆきの体をほんの少しだけブラッシング。多分、今年初。

そんでもって、胸肉を2枚ゆで乍らブログを書こうと上へ。

近日中に、店子が家賃を持参すると言うので「はいはい」と私。多分、午前中かな〜って。

うちの場合、猫については「コロニー」と言うのは

余りないかな…って感じなんだが、この界隈を1つの場所として考えれば、コロニーという考え方も

成立するのかな?と思った。うん、そう考えれば

納得も行くが、新顔も定期的に姿を見せるし、一度に全部を捕まえるのは余程の事がない限り

困難なので年間単位で継続してやって行くことが

やはり重要だと言うのは、実感できるね確かに。これ、どうぶつ基金やその他の団体のHPでも

書かれてるよ。私もそれは強く思います。

明らかに、人馴れしているのが現れて、あっこれ遺棄されたなと見て取れる場合もあって

やはり監視は必要と言う事を。

ところで、ゆきちゃまをブラッシングすると時は、一度に大量にそぎ落とせないので

数回に分けてブラッシングをする事になります。

この時期、日本犬の犬舎さんを含む、シリアスホビーブリーダーさん達はそら大変だと思うわ。

犬舎中が大量の抜け毛という感じでしょうから。

私は良く、ゆきの出身犬舎さんを含む確りと堅実にされているとわかるブリーダーさんの事を

時々枠の中に入れるが、こういった本当の意味での

プロクラスの方の傍らで、無知(無恥)な一般人が生み出した悪質な業者の存在もやはり…。

悪質業者達も無知な一般人たち(他の人が飼っていない

毛色の犬や猫が欲しい等というバカも含めて)も、徐々に国が監視の目を強化する方向で

少しずつ前向きに動き出してきているのは

本当に有り難いが、中々思う様に進められないのもやっぱりあるみたいで……。私が

訪問した事があるのは琉球宮城さん・鯉淵さん親子の犬舎さん(琉球宮城さんがお嬢さんです)

と今はちと繁殖から遠のいていると言うフードショップさんでもあるA&MEさん

見た目はブリーダー犬舎には見えないがダイゴ犬舎さん(一応ペットショップ形式になってる。)と

た〜まぁ〜に足を運ぶアズミラとオリジナルのペットフードとサプリメントの発売元でもある

ペットショップパピヨン(輸入元の代理店紹介の所に掲載されてる。)位のもの

なんだが、一つ物言いを間違えれば100倍にして返されると言ってもいい位、本当の意味での

プライドの高い所ばかり。あのね。簡単に言うと、敷居が高いのです。

拘りのある、頑固一徹おやじとお嬢さんたちがやっていると言う。何件も行ってみると違いが本当に

わかるんだ。社会性については、親から50日くらいで引き離しても

同じ月齢のちびわん達がいるので遊ばせたりしていれば身につく。パピヨンさんは、オーナーの専門が

猫らしいのだが、お友達関係でわんちゃんのブリーダーと

も懇意にされていると生体部門の部門長っぽい感じの子に聞いた事がある。このおっちゃんも

そら五月蠅い位の頑固じじぃなのでちょっとやそっとでは

妥協されないだろうね…。他の皆さんも、妥協なんぞせんよ〜ってのが丸出し。

私は、そういう人が大好きなんだ。前から言っているがこういう人だけが残ってくれればいい。中途半端な

奴らはいらん。そう思ってる。だもんで

わんちゃんやにゃんこちゃん達も、のんびりゆったりしてる。昭和の頃は、犬猫を扱うタイプの方の

ペットショップが殆どなかったと記憶してる。

このあたり、私がかなり幼少期の時期になるのでうろ覚え的な部分もあるが。みんな、繁殖をさせている

今でいうブリーダーの方の所に直接足を運んで

交渉して入手を決めたりするのが普通だった筈だ。うちにも希望者が現れればかなりの低料金か

ほぼ無料でお譲りしていた…。それで食っていた訳じゃないのでね。

それで得た糧は皆、維持費の方に当然回っていた。

今、行きつけにしているお店の一つがひごペットフレンドリーなんだが、私は彼らにとってちょっと

怖い存在になっている感じがするかなぁ〜。いや、そんな事はないと思うんだが。

あっ。隣りのマルチーズが吠えている(笑)。

確かに血筋もあるけどねぇ〜この夫婦にも問題があるなぁと感じているんだな。わしならこの場合

犬がどんなに騒いでも黙ってフェードアウトするんだが。

勿論、五月蠅いと一喝を落とした直後に。

この夫婦に犬を託した人物ってどんな人なんだろう?と首を傾げる。さて、明日はゴミ出しの日なので

出す準備をしておかねば。と言ってももうしているが。

私は犬のプロじゃないが、、、、。往々にしてこう言うのが多い感じがするねぇ〜。

このブログを見ている気もするが、別に構わない。

思ったまでの事を書いているので。うちの場合、躾らしい躾はしていないがそのつど急所でピシャっとやる。

適材適所という奴。「お座り・お手・待て・伏せ」から

入るのは、本当に未熟な者から。躾をしていても、本質はやはり出てしますので

そこも確り熟慮しておかないと、取り返しのつかない事態に発展する事も。

ゆきは、確かに普段おっとりのんびりな犬だが

やはりしぶとさも持ち合わせている。その一面も垣間見せる事があるんです。はい、私もかなり荒療治

な事をしますけどねその時は。しぶとさがまた良さでもあるんだが。

躾、だけじゃないんですって(笑)。

また、借金が増えるが仕方がない(笑)。と言っても、捕獲の方じゃないです。

これは、順当に減らしてる。

本当に、貯金が出来ない(泣く)。そうしながら、私は今更ながらに戦争の恐ろしさというのを

今一度知りたいと思い、自分の足で調べられる範囲で

知り出した。隣り街では、通称「すりばち公園」と言われている公園があり、なんでだろう?と

市史を追いかけると、我が大阪市内と同じで

(大阪大空襲と記されています。)ライフラインが集中する場所に的を絞って攻撃をされていたのが

わかる。勿論、それ以外の地域でも空からの波状攻撃で

多くの方が亡くなられている事も…。戦争ってえぐいな(関西人なんで:笑)とつくづく。

通称「ピカドン」と言われる爆弾。これ、広島と長崎に落とされたと聞く。

それに付随して戦争終結宣言をされた理由も

近くのご老人から偶然お聞きする事が出来た。これは、投下されて直ぐにわかった事じゃなくて

暫く経ってから判明したらしいんだが

このピカドンと言われる由来。これ、落とされた爆弾が普通の火薬だと皆思っていたらしいんだが

これが投下されてから続々と原因不明の健康被害に

陥る状態の人が相次ぎ、死亡して行き、原因は何か?と言う事を調べたら、その2県に投下された爆弾の

中身が原子爆弾・つまり放射能だった事が判明し

原因不明の体調不良も(恐らく白血病と思う)これが原因だと言う事が判明し、それを知った当時の日本政府

が天皇からの戦争終止符宣言及び敗北宣言を

公表、で終戦日となったんだと聞かされた。つまり、放射能がぴかっと光って地面にドンと落ちて

ピカドンと言う事に。知るのは怖いが、知らねばならない事でもある。

戦争って本当にえぐい。大阪府下の中では、現在2つ目の政令指定都市になっている堺市と大阪市が

一番大きな被害を被っているわけだが

主に狙われたのは、移送の糧となるライフラインと兵器の製造を含む工場。文字通り、戦地への武器の

補充や内部に残った民の生活ラインを叩き潰す為。

当然、その周辺には沢山の方が住居を構えられていた。人については機銃攻撃、建物については

爆弾。という感じだったみたいだが、一度に大量に殺害する為に

勿論、爆弾も。長崎は、雨模様だったと言う事もあり、広島より被害が軽かったらしい(雲行きで

視界が悪く、米兵達もうまく投下できないと判断したと聞くが。)。

兎に角知る事だと思った。初空襲は、いつだったかな?今もう一度見てみると、春の中頃の3月13日

の夜半から14日の未明にかけて市内の北区扇町あたりを

中心に投弾されたとある。それから第2回投弾、第3回投弾という数回に渡り奇襲空爆を受けて

焦土と化したと…。初投弾以降は、夜が明けてから

昼前後の間に、投弾された地域もあるようだ市町村の方では。嫌だ嫌だ嫌だ。

考えてみれば、戦争は第二次世界大戦だけじゃなく、古くは

戦国時代にまで遡る。どこの国もそうだ。どこの国でも自国内での戦争・内紛を繰り返している訳です。

そして今現在、その渦中にある国もまだ。

あちゃーー北朝鮮も、馬鹿な事をやっとるしぃ〜。我が動物愛護では、猫の事だけじゃなくて

序に歴史の事迄遡りをやってのけると言う事迄

やらかしてしまう私。いや、本当にわかるんですって…夜道を通過しているとある意味、戦国時代の

武将達がどれだけ頭が良かったか、武将だけじゃなくて

その時代を生きた士農工商民達も。昼間でも夜でもそこを通るのは同じなんだが、兵法に置いては

地形と言うのもうまく利用している筈なので。また

そういう風に作った筈なんで。そんでもって、その時代に生きた人が現在の基礎を作ったと言う事なんで。

機会があれば、大阪市内の図書館の場所も聞いて

話を詳しく聞いて来よう。先月だったかな?戦後70年の大阪市史というのを貰って来たんだが

思ったほど、詳しくは記載されていなかったと思う。

薄い小冊子だったんだが…。だが、被害にあった場所などは詳しく記載されていた。

間一髪、機銃掃射から免れて命拾いしたという方の記述も。

(その方のお母さんはその際に眉間を撃ち抜かれ即死されたそうな。お寺の部屋の中にいて

外へ脱出しようと当時赤ん坊だったその方を抱いて

廊下に出た所を機銃掃射がめがけて攻撃を仕掛けて来たんだと成長されてから

聞かされたとご本人。)なんでこんな話に迄繋がってしまうんだか

という話なんだが、知らねばならん事っていっぱいあるじゃない?もっともっと知れば知るほど

2度と起こしちゃいけないってのも。まあ、グロイ話ですが。

爪痕って、あちこちにあるかと…。皆さんも、ご自分がお住まいの地域がどの様な被害にあったのか

というのを、一度調べてごらんになられたら如何でしょうか。

兵隊さん達もかなり戦死されていますし…。因みに、隣り街の図書館に初めて行った時に

そのすりばち公園の事を話すと「あるのは気が付かなった」と編さん室の人。

通称の由来が、園内に焼夷弾の流れ弾が落ちて

穴が出来た事に由来するんだと隣り街の地主さんがそうおっしゃっていると耳にしたと話す私。

確かになっている、道路の端から端までを見渡してみると

園内全体が歪な斜めすりばちになっているのがわかります。実はこれ、猫の避妊と去勢で

お世話になっている病院に行く際にも「あっ。ここも落とされて出来たんだな」

というのがわかる場所がある。その辺は

大小合わせると4つぐらいあるのが搬送中に気が付いた。もともとそこは、山を切り開いて

開発された所でもあるが、同時に戦争の被害にも

あっている地域の一つ。知らないと、同じ過ちを繰り返してしまうから…。知ろう。皆。

ゆきちゃまの写真も撮影してないし(是非とも、ゆきの父犬・秀吉号の所有者様。にはなるべく写真を送りたいが)

現場の写真も、ご無沙汰だが、ゆきちゃまと久方ぶりに

早朝散歩に行ってきた。ゆきちゃま、久しぶりだもんから「おかあちゃん、早く早く〜」と言わんばかり(笑)。

そしたら、うんPも沢山するする。いえっ。連れ出さなくてもするんですけど

ここぞとばかりしまくったお嬢さん(爆笑)。また、被毛の手入れもしてやらねばと思う。どうしても、季節の

変わり目には、馬鹿みたく抜ける。前季節の時に活躍した

毛が死毛となって、抜けるんだな。さて、ブラシを探さねば。あれ、どこにやったかな?ペットを見世物みたいに

自慢しまくっている買主には、本当にうんざりするなか

うちは、飼い主の私があまり見せびらかしたくないと言うのもあってたまにすれ違う人に

声をかけて貰うと、シューって近寄って行き「頭を撫でて~」と

すり寄るゆきべぇ様に「こらこら、余り飛びついたらいかんよ、服を汚してしまうから」と言って少し後退させる。

だが、わかる人にはわかるみたいで

怖がらずに頭を撫でて下さる。ゆきは、攻撃をする犬じゃないので。これが、わかる人はわかるんですね。

目つきと顔つきで「攻撃性の意思はない」と。

ただの自称大好きさんレベルだと、寄って来られるのが嬉しいと言う事でキャーキャー騒ぐ。

扱いがわかっていないあほのレベル。

私が言っているのは、扱いがわかっている人。扱いがわかっている人は、飛びつかれても不動の姿勢。

それでいて、むやみに手を出さない。様子を見てから

「よしよし」という感じ。だから、犬を見ている時(猫の方の繁殖に携わっている方なら猫を見ている時)

の目が違うんだよこれが本当に。犬を見抜くと言う感じ。

犬の本質を。目は口ほどにものを言うと奴で、犬もまたそうやって人を見抜くし、人もまたそうやって

犬を見抜く。猫もまたそう。鯉淵さんもそうでした。

秀吉号と対面する際、その隣りの犬舎に入っていた鯉の秀錦号が私に向かって吠えた時も

コラッ!と一喝されたんだが、その鯉の秀錦号を

見据えていらっしゃる時にちらっと見た時。やはりプロの目だなとわかった。彼もまた、秀吉号と

同じで最高賞受賞犬の実子で、母犬は違うらしいが

秀吉号と同じ血を引いている。秀錦号の実子。私は、賞を取っているから〜等は関係なしに

性質がごく普通の穏やかな血統なんだなと思うんだ。

勿論、展覧会に出て厳しい審査を受けて審査員を含む本部が授与するに相応しいと認定したから

それだけの賞を授与出来たと言う事なんだが

その賞が取れなかったからと言って、その犬が駄目犬なのか?と言うと決してそんな筈はない。

それなりの良さを残す為に、汚さない様にする為に

より質の良い繁殖を目指していらっしゃるのが琉球宮城さん・鯉淵さんなんで。

ゆきは、ペットタイプだが確りといい面がやはり

受け継がれている。ゆきは、外見こそ見事にペットタイプだが、気質・中身はやはり良い面を確り

受け継いでいると思う。本当に、迎え入れる時。

かなり深いところまで掘り下げて聞いた。ペットタイプだからと言って、病弱と言う事はないか?

と。ショータイプだから頑丈で、ペットタイプはひ弱と言う事はないかと。

それはない、同じ様に育てているからとはっきり。

確かに、ゆきは丈夫だ。内臓面は丈夫だ。体質も強い。うん。嘘じゃなかった^^。時折、あほあほ

状態炸裂となるが、まあ、これも良さとしましょう。

この様に、確りと質に拘って妥協をせずに取り組む方だけが残って下さればいい。

良くに目が眩み、利益主義に走る馬鹿と

そいつらを蔓延らせた無教養な一部の一般人達。本当、無教養な一般人なんぞ

淘汰されてしまえ、共にね。といつも腹の底で

思う私でございますはい。

また、妨害が(笑)。いいえ、例のS市です(笑)。まあ、いつかはやるだろうと思っていましたが。

はい、計算づくです。分散させる為にしています。

どうしても範囲が狭いからね=^♀^=。はい、うまくやりますよ〜。その為に、移動癖をつけているんですから。

先日、ちらっと書いた某商店街の猫達の事も

その商店街の中にあるコンビニの店員に聞くと、やはり相当数の数がいるようです…。

寄って来るんですよ、食べ物商売が並ぶ所でもありますから。

それから、区内の方の餌場で時々現れる多分、♀の様な感じの雉。多分、雉だと思うんだが。

昨日は見なかったね〜。その延長線上にある

公園猫ボランティアが入っている公園の方に行ったりしているんだろうか。Oさんと相談したが

様子を見たらどうかと言う彼女。どんなに頑張っても

中々徹底するのは難しい。隣り街のS市も、ようやくTNRの為の助成金が年間50頭分らしいが

支給される事となった。支給される頭数も

市区町村によって限定数が違うらしいが、それでも出ないよりはましって事でしょうね。

さて、私は、先日1月に捕獲した黒♀の手術代を

郵便局から振り込んだ。あとはその♀の血液検査代とワクチン代に♂3匹分の

手術代が今の所未納金として残っている。

出来たら、未納金が0になってからにしたい、次を狙うなら。さあ、領収書を発行して貰い

あとは、福祉協会へ返送するのみ。今日か明日

病院へ行って領収書を書いて貰い、ポスト投函しよう。妨害なんぞに負けるかよ。うん。

さあ、頑張るよ。今年も既に4匹捕獲した。

おいでおいでと手ぐすねをひき、来たらあれに入って貰うだよ=^♀^=にゃんこちゃんってなもんです。

私の精神衛生上の為にもやめられません。

見つければ、あっちゅーまにあれで御用となって頂き、種無し肥しなしの体になって貰いますはい。

ひゅう~っと侵入、ぽとんがしゃん。目が覚めたら〜

中性の体になりました私&僕ちゃんという奴です。昨日、黒毛が来ていた気がするけどこの間

リリースした♂かな?あれ…。今度よく見てみよう。

そこでもうちの界隈と同じで、やはり商店街通りになっている所がある。で…。小耳に挟んだんだが

野良猫が寄ってきているらしい。私が着手している地区じゃないだけに

状況が良くわからないのだが恐らく自然繁殖しているんじゃないかなと思うんだこれがね。

それが問題になっているんじゃないかなって…。

前にも書いたけど、うちの界隈も私が着手する前は、あほみたく繁殖を繰り返すのみだった

ようで、毒殺も頻繁に行われていたと聞いている。

これは、その地域の人が自分達の手で解決するべき問題だと思うんだわ。

私が住んでいる界隈は、私の精神衛生上の

為にも、これからも継続してやるつもりでいる。毒殺をしても問題の解決にならないから、その地域の人が

問題解決の為に、TNRに着手するしかないのです。

今は、大阪市からも助成金が出る様になっていますし、民間の助成金支給団体も存在

していますからそう言う所から支援を受ける事も可能。

この界隈で私が着手しただけでもこれまでに40匹からにのぼる。多分、数十匹は生息していると思うが

継続して行う事が大事なのでね。今、私達が監視の為に

補助的に行っている公園にも、ちらちらと新顔らしきのが姿を見せ始めているが、こいつが定着するか

どうかを見極めている。しかけている感じがするが

さあ、8匹の中に入れて貰えるかどうかは疑問。どこででも、頻繁に起こるのが野良猫問題。

身近な問題。徹底して手術をして行けば

必ず減少して行く。そう、完全に淘汰は難しい。長い年月がかかる。♂も♀も来たら、必ずターゲットにする。

やる。諦めずにやるしかないです。





↑このページのトップヘ