2006年07月24日

森林鉄道の機関車を見に行く

9ac408f9.jpg昨日、わけあって(こればっか)群馬県沼田市にある「林業機械化センター」へ行って来た。
 沼田の林業機械化センターといえば、知っている人は知っている、というか鉄道ファンでナローゲージ好きで森林鉄道マニアにとってはかつて置戸(おけと)森林鉄道で使われていたボールドウィン製SL(BLW)とホイットカム製GLが保存してある場所として有名なところ。もちろん私一人ではなく友人と合わせて3人で、しかもその内の一人の愛車シトロエン(BX1.9GTI)に便乗してである。

↑屋外に展示してある協三工業のDLと木曽のB型客車


BXに乗る
この梅雨の真っ只中にエアコンの効かないクルマで山の中へ出かけるというのも因果だなあと思いつつ、つい先日動力系を修理したばかりというBXの快調な走りで関越を沼田で降りる頃には晴れ間が現れ、現地にたどり着いた頃にはピーカンになってしまった。実は私のジンクスに「初めて訪れる場所は晴れる」というのがあり、前回の八百津に続いてここでもまだ活きていた。
 この日、林業機械化センターで地元をはじめとする一般の人たちに林業にもっと親しんでもらおうということでイベントをぶち上げるための決起集会を現地で行ない、ついでに「みんなでBLWをきれいにする祭り(よみがえれボールドウィン実行委員会)」があるというので鉄道雑誌(「とれいん」)の取材に紛れ込ませてもらったのである。
両巨頭
 私にとっては取材の手伝いとはいえ鉄道モノにしか興味はないわけで、久しぶりに見た実物のナローの車輌を前にコーフンしてしまった。はからずも、突如乱入して“いいとこ取り”していった某誌編集長のご尊顔を拝することが出来たかと思えば、何の活動もしていないのにたまたまそこに居合わせたというだけで昼食やら手打ちソバなどを振舞われたりして、なんだかわしらがとても不順なものに思えてきた。詳細は次の「とれいん」をご覧いただきたいが、それはともかく、立て続けに友達のクルマでドライブという行事があったせいか、ウチのプジョーでもそろそろ長距離ドライブしてみたくなってきたと思い始めているところである(でも一抹の不安)。そばを食う

ソバをむさぼり食うヤツ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sueroom/50646266
この記事へのコメント
ニュースで見ましたよ。
残念ながら私は氏の御尊顔を存じ上げないので記憶にあるのはボールドウィン号だけですが。。。

鉄分少なめの私ですが、蒸気機関車って心踊りますね。
Posted by ぽてCCP at 2006年07月27日 01:20
ぽてCCP様

鉄系にも興味がおありとは知りませんでした。

>ニュースで
そのN○Kのカメラマン氏は私がビデオを撮っていると、
なんの挨拶もせずに前に割り込んでくるという傍若無人ぶりを発揮してました。(3回ほど)

>御尊顔
ちょっと分かりにくいですが、BLWの写真に写っているオレンジ色のシャツの人です。
Posted by SueRoom at 2006年07月27日 11:17