2009年12月26日

販売終了のお知らせ

 一部のモデラー御用達のアルプス電気MD-5500が来年5月をもってついに終わるらしい。→マイクロドライ(R)プリンタ MD−5500販売終了のお知らせ

 もっとも、最近では1年に一回使うかどうかという稼動状態だったので、たまにプリントしようとするとダダをこねるようになってきていたのだが、それでもインクジェット式よりはメンテが楽なのではないかと思い、だましだまし使い続けている。
 もともとその構造上、機械的に動く部分が多いので、使えば使うほどガタが出るのもしようがない。ブラックボックス化したデバイスが多い中ではその“機械的”なところが私好みでもあったのだが、ちょっと残念。サポートは当分の間してもらえそうなので、ここまできたらウンともスンとも言わなくなるまでは使い倒してやるつもりである。クルマとかカメラとか、自分の使ってるものってそういうのが多くなってきた。

この記事へのトラックバックURL