ZR-800しばらく放置でした…。
今年はクラブを一新しまして、使わないクラブは売ってついに最新のクラブを入手していっております。とはいってもドライバーに関しては、まともにニューモデルは買えませんので一世代前のクラブを購入いたしました。08’モデル、【SRIXON】 ZR-800 9.5° T-65・S を8月に入手いたしました。定価が71,400円ZR-800-2ですからね…当然某オークションで格安ゲットいたしました。実は7月に 08’モデル 【Taylormade】 TOUR BURNER TP 9.5°  Fujikura Rombax・S を入手したのですが(後日こちらもアップします)、どうしてもSRIXONが欲しかったので…買っちゃいました。
460CCの大容量ヘッドには抵抗があり、300CC台のヘッドにこだわり 【Titleist】 975J 9.5° を使っZR-800-3ていたのですが、6月に帰省したときにラウンドした際に父親と叔父が使用している460CCヘッドドライバーを見て父親にも勧められ、「う〜ん、こだわりを捨てて使ってみようかな?」ってことで購入いたしました。
さて、オーソドックスな形状で構えると非常にどっしりと安心感があります。球筋は結構ストレートが出ますね、T-65-Sのシャフトとの相性も良く結構飛びます。楽に球ZR-800-4も上がるし、力を入れて振らずとも良い当たりがでるのが更にGOODです。ただし、強振した時に右にふける球が出るのが課題ですね、芯をはずしてもミスの度合いが最小限に抑えてくれるような気がします。
しかし、このスパルタンなバックフェースデザインが良いですね、ビックドライブを彷彿させてくれます。ヘッドカバーがボーリングのピンみたいで笑ってしまいますが、もうちょっとセンス良いもの作れなかったんでしょうかね?
ラウンドでどのような飛びを見せてくれるのか楽しみなクラブです。