本を読まねば・・・

読書は大好きですが・・・時間もない・・・ なんて言い訳している場合じゃない。 自分にハッパかけ読みまくるぞー。

対岸の彼女


八日目の蝉


Google完全活用術



Googleの全貌



副業で!!

こちらもクリックよろしくお願いします


人気blogランキングへ


ありがとうございました。







『ネット副業』という本を買ってみました。




まあー簡単に副業で儲かるとは思いませんが

まずはやってみようかなと読んでみたら

面白い内容で興味は深まるばかり

早速、実行してみようと思います。



こちらもクリックよろしくお願いします


人気blogランキングへ


ありがとうございました。


資格が欲しい!!!

こちらもクリックよろしくお願いします


人気blogランキングへ


ありがとうございました。



資格マニアという訳では決してないですが


持っていると役に立つんだろうなーとは


常に思っているのです。



そこで読んでみました『資格試験合格後の本』




資格の取り方とか就職先は・・・みたいな


内容の本は多いですが、この本は実際に取得してからの


活用法やどんな資格をとるべきかがわかりやすく書いてあり


とても参考になりました。



これから、資格取得の勉強もしたいと思っている


ちゅう吉でした。


しかし、『グラジュイト・ジェモロジスト』という名の資格も


あるんですね。



んーーーー。この世は知らぬことばかりです。(笑)




こちらもクリックよろしくお願いします


人気blogランキングへ


ありがとうございました。

腐ってもちゅう吉

こちらもクリックよろしくお願いします
人気blogランキングへ
ありがとうございました。
















いつも新鮮さを失わないでいたい・・・。






中年にもなると、この新鮮さがなくなる感じがして・・・。








そのうち腐ってしまう気がして・・・。











読まねば・・・と思いました。











『こうすれば伸ばせる!人間の賞味期限 』
















タレントという栄枯盛衰の激しい業界で活躍された著者が



言わんとしていることは、常に謙虚であり、向上心を



忘れないということ。





人間は『賞味期限』を自身の力で延ばせる!!!





僕もがんばります。






こちらもクリックよろしくお願いします。




こちらもクリックよろしくお願いします
人気blogランキングへ
ありがとうございました。

あけましておめでとうございます

こちらもよろしく
人気blogランキングへ


正月休みはテレビ三昧の日々でした。


なかでも僕が大好きな番組はお笑い


普段はテレビでネタを披露しなくなった中堅芸人やベテラン芸人の


ステージも見れるので大満足!!!笑いっぱなしの正月でした。




芸人の方は皆、大好きなのですが幼い頃から面白いなと


思って見ていたのが『三波伸介』さん



どんな方だったのかと思い、読んで見ました
『笑伝・三波伸介―びっくりしたなあ、もう』



僕は『ザ・ドリフターズ』『ビートたけし』他、お笑いの天才達の


洗礼を受けて育ったのですが、『三波伸介』さんの面白さも記憶に


強烈に残っているのです。


三波さんの笑いには『品』があり


それでいて人を笑わすことが出来るすごさ



この本を読んでよくわかりました。


日記を毎日、綴っていたという話も意外であり

又、そうかもな・・・とも感じたのでした。


著者も僕と同世代、伝えたいことがびしびしと響きます。


『笑うかどには福来る』
2007年はこれでぶっ飛ばしていきます!!!!!


こちらもよろしく
人気blogランキングへ

頼みたい!!!!!

こちらもよろしく
人気blogランキングへ


古本屋で買いました

『依頼人』



著者はあまりにも有名なだけに僕としては、敬遠してしまう


『ジョン・グリシャム』


しかーし、読み始めたら、はまる(笑)・はまる(笑)・はまる(笑)


夜も寝ないで、読む・読む・読む(笑)


人に勧める・勧める・進める(笑)


皆、何を今頃と呆れ顔でしたが・・・


内容は良くある推理ものですが、主人公である11歳の少年が


年配の女性弁護士に頼むという設定がおもしろかったです。


でも、アメリカの少年(ガキ)ってませているんですね。


そんな感想しか思いつかない僕はただのアホでした。


それでは!!!

こちらもよろしく
人気blogランキングへ

結論、僕が好きなちょいワルおやじは『大竹まこと』

こちらもよろしく
人気blogランキングへ


最近は『ちょいワルおやじ』が注目を浴びてます。

でも『ちょいワルおやじ』って・・・・誰?

どんな人のこと?????

ジローラモさん?????


んーーーーーーーー


まあ、人それぞれにイメージの人がいるかと思いますが

僕にとっての『ちょいワルおやじ』は大竹まこと。


『結論、思い出だけを抱いて死ぬのだ』を読んで


自身のおやじ像をイメージして

こんなおやじになりたいと思わせる、魅力にあふれた内容でした。


でも、繊細さもないと『ちょいワルおやじ』にはなれないかも・・・



大分昔に、著者が犬を散歩させていたときにすれ違ったことがあります。


あの時は『ちょいワルおやじ』という言葉はもちろんなかった。


サインもらえばよかった・・・・・。



人気blogランキングへ
Profile



  • ライブドアブログ