新世代アストロンは新開発のキャリバー「5X53」搭載

セイコー・アストロン 5Xシリーズ デュアルタイム 2018限定モデル・SBXC007
セイコー・アストロン 5Xシリーズ デュアルタイム 2018限定モデル・SBXC007
新生アストロンは横3つ目で、インダイアルの位置が下がり、ツリ目風の8X系とは異なるオーソドックスなダイアル配置。こちらはブルーをベースとしたグラデーションカラーにピンクゴールドカラーをインデックス類に配置した特別仕様。2,000本世界限定。2018年初出。自動巻き。定価250,000+税。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

正常進化した新生アストロン「5Xシリーズ」

「世界初のクオーツ時計」として親しまれた「クオーツアストロン(1969年登場)」の登場から43年ぶりに復活したアストロン。2012年に登場したアストロンはGPSソーラーを駆動としたもので、当初は大型ボディだったものの、技術革新と市場の要望によりダウンサイジング化。現行アストロンは「8Xシリーズ」と上級モデルのエグゼクティブライン、そして2018年に追加されたスポーティラインがラインナップしています。

そんなアストロンに11月29日に新世代モデルが登場することになりました。今回は「5Xシリーズ」となり、セイコー曰く「アストロン史上最高性能を誇る」とのこと。5つの進化となる「5X」系ですが、ムーブメントは新開発となる「5X53」を搭載するとのこと。新設計のモジュールは、それぞれの針にモーターを搭載することで、動きが格段に速くなったとのこと。さらに受信成功率も向上しているようです。

技術が向上するとムーブメントは必然的に小型化されるため、アストロンのサイズは「8X」シリーズよりさらにダウンサイジング。ケース幅は42.9ミリ、厚さ12.2ミリとだいぶ一般的なサイズとなりました。ビジネスシーンで着用することが多いであろうアストロンユーザーにとっては朗報かもしれません。

今回、紹介する限定モデル以外にも魅力的なスタンダードモデルが登場するので、あらためてご紹介したいと思います。進化したアストロン、楽しみですね。

スペック

  • ブランド名:セイコー
  • モデル名:アストロン 5Xシリーズ デュアルタイム 2018限定モデル
  • 型番(Ref.):SBXC007
  • 駆動方式:GPS ソーラー
  • ムーブメント:5X53
  • 防水性能:日常生活用強化防水(10気圧防水)
  • ケース幅:42.9ミリ
  • ケース材質:チタン(ベゼルのみセラミックス)
  • 機能:デュアルタイム表示機能(AM/PM 表示つき)カレンダー機能(日付)…etc
  • 定価:250,000円+税
  • 発売日:2018年11月29日
  • 限定数:2,000本世界限定


セイコーに心惹かれる方はクリック♪

時計ランキング