Brightz
※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。

セイコー・ブライツ・コレクションの歴史 Seiko Brightz Collection History

今更ながらとなりますが、2017年度のブライツ・コレクションは機械式モデルはディスコン(生産終了)となり、ソーラー電波モデルのみとなりました。2015年にブランド誕生15周年を迎え、世界25タイムゾーン対応のワールドタイム機能とストップウオッチ機能、世界4エリア5局対応のソーラー電波ウオッチ機能がついた、新開発ムーブメント「FLIGHT EXPERT(フライト エキスパート)」をリリースした辺りから、ブライツの方向性はシチズンの「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」に照準を絞ったのでしょうか。ちなみにアストロンはアテッサが事実上ライバルではないかと。

2015年9月に「ブライツ15周年記念限定モデル」として、当時のセイコー限定品で流行だった、ブルーサファイア入りの文字盤モデル「SDGZ021」、「SDGC031」がリリースされたのが機械式モデルとしてはラストだったのかもしれません。この5万円以上~30万円以下の機械式モデルは、2016年のプレザージュ・コレクションのグローバル化によるところと思われます。

SDGZ021
ブルーサファイアとブルーベゼルが爽やかな15周年記念モデルのSDGZ021。限定数量500本

ブライツの歴史は、どうもコンセプトがあやふやであったことは否めません。例えば、ブライツフェニックス。2008年に30代の男性を中心に展開をしていたコレクションは、「JAPAN PRIDE」をコンセプトとしていましたが、いつの間にか生産終了。翌年の2009年には、「日本刀」をモチーフとしたデザインで迫力満点のボディを採用した「ブライツ アナンタ」コレクションがグローバルモデルとして展開していました。Cal.8R28を搭載した、高級メカニカルモデルとしてラインナップされていたことは記憶に新しいところ。

SAEA001
極圧のケースラグが日本刀の雰囲気を表現したグローバルモデル、アナンタ・SAEA001

ブライツの歴史で忘れてはならない、2012年に展開された「スター・ウォーズ」とのコラボレーションもありました。全6モデル合計5,000本というリミテッドモデル。その中でも、R2-D2モデルは「アクティブマトリクスEPD」を採用したことでも話題でしたね。

メカニカルモデルのみならず、ソーラーはもとよりキネティックのラインナップも充実していたブライツ。私的にブライツのイメージは「ブライトチタン」の印象が強かった覚えがあります。

SAGA125
未だユーズド市場で根強い人気のコラボモデル。

ブライツロゴの「B」マークも、文字盤上の「Brightz」のロゴも、既存のラインナップからは外れてしまったことで、「ブライツ」の印象はどんどん薄れていっている状態。2017年には山縣亮太(やまがた りょうた)氏とのコラボレート、「ブルー」をテーマにした2017限定が登場。

シチズンで言えば「アテッサ」に通ずる「ビジネスウォッチ」をコンセプトに進化し続けるブライツ。今後の展開に注目ですね。

セイコーブライツの歴史。

セイコー・ニュースより抜粋。2008年以前は省略。
2017年
セイコー ブライツに世界5エリア対応の新ソーラー電波キャリバー搭載モデル(SAGA237)が登場。限定1200本。
セイコー ブライツに山縣亮太(やまがた りょうた)とのスペシャルコラボレーション限定モデル(SAGA239)が登場。限定610本。
セイコー ブライツに北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平)とのスペシャルコラボレーション限定モデル(SAGA257)が登場。限定1100本。
セイコー ブライツにBrift Hとのスペシャルコラボレーション限定モデル(SAGA246、SAGA245)が登場。それぞれ限定700本。

ブラック硬質コーティングがスポーティなSAGA257チタン大谷翔平限定モデル。

SAGA237
新ソーラー電波キャリバーを搭載した1200本限定のSAGA237。

SAGA239
男子陸上競技でお馴染みの山縣亮太(やまがた りょうた)とのコラボ、 610本限定のSAGA239 SAGA245
Brift H(ブリフトアッシュ)限定 となるSAGA245は限定700本

SAGA246
Brift H(ブリフトアッシュ)限定 となるSAGA246は限定700本


2016年
セイコー ブライツに「FLIGHT EXPERT(フライト エキスパート)」セイコー創業135周年記念モデル(SAGA225)が登場。限定1200本。

SAGA225
創業135周年記念モデル


2015年
セイコー ブライツに「FLIGHT EXPERT(フライト エキスパート)」ブランド誕生15周年記念限定モデル(SAGA203)が登場。限定1500本。
セイコー ブライツに「FLIGHT EXPERT(フライト エキスパート)」搭載モデル7機種登場。
セイコー ブライツにブライツ15周年記念限定モデル(SDGZ021)登場。限定500本。
セイコー ブライツにブライツ15周年記念限定モデル(SDGC031)登場。限定888本。

SDGC031
ブルーサファイア入り文字盤がラグジュアリーな、888本限定のSDGC031。

SAGA203
ブライツブランド誕生15周年記念限定モデル、SAGA203。


2014年
セイコー ブライツに「モーションブルー ヨコハマ 」限定モデル(SAGA175)が登場。限定300本。
セイコー ブライツに麻布テーラー コラボレーション限定モデル(SDGM005、SDGM007、SDGM008)が登場。限定500本。
セイコー ブライツに国産クロノグラフ 50周年記念限定モデル(SDGZ005)登場。限定500本。

SDGM005
麻布テーラー コラボレーション限定モデル、こちらはSDGM005。

SAGA175
モーションブルー ヨコハマとのコラボモデル、SAGA175。

SDGZ005
クラシカルな雰囲気が魅力の国産クロノグラフ 50周年記念限定モデル、SDGZ005。


2013年
セイコー ブライツに「コンフォテックス チタン」を装備したソーラー電波ウオッチ9モデルが追加。 セイコー ブライツに「アクティブマトリクスEPD セイコー腕時計100周年記念限定モデル(SDGA011)」が登場。限定200本。
セイコー ブライツに「アクティブマトリクスEPD・レギュラーモデル(SDGA007、SDGA009)」が登場。
セイコー ブライツに「エグゼクティブ ライン セイコー腕時計100周年記念限定モデル(SAGA142)」が登場。限定500本。

SDGA007
アクティブマトリクスEPD仕様のブライツ、SDGA007。

SDGA011
セイコー腕時計100周年記念限定モデルとなる、SDGA011。斜体のデジタル表示が特徴。


2012年
セイコー ブライツに「スター・ウォーズ」とのコラボレートモデル、全6モデル(SAGA125・1,500本、SAGA127・800本、SDGC013・600本、SDGC015・600本、SDGC011・500本、SDGA005・1,000本)が登場。
セイコー ブライツ アナンタに70年代のスポーツクロノグラフ・ヘリテージ(SAEH005、SAEH007、SAEH009)が登場。
セイコー ブライツに 「バカルディ」、「ボンベイ・サファイア」とのコラボレートモデル(SDGC007、SDGC009)が登場。限定500本。
セイコー ブライツに「エグゼクティブ ライン ワールドタイムソーラー電波時計(SAGA111、SAGA113)」が登場。

SAGA121
300本限定で販売されたFCバルセロナ公式ウオッチ、SAGA121。

SAEH005
70年代の雰囲気を現代流に再現した、SAEH005。

SAGA127
スター・ウォーズ(ダースモール)をイメージさせる、SAGA127は800本限定。

SDGC009
バカルディとのコラボレートモデル、ボンベイ・サファイアをイメージしたブルーが美しい、SDGC009。

SDGC007
バカルディとのコラボレートモデル、SDGC007。グリーンのアクセントが特徴。

SAGA113
エグゼクティブ ラインというだけあり、ケース形状などに違いが見られる、SAGA111。


2011年
セイコー ブライツ アナンタに「中澤佑二コラボレーション限定モデル(SAEK017、SAEH003)」が登場。限定700本(内国内500本)
セイコー ブライツ アナンタに著名コンセプター 坂井 直樹氏とのコラボレーション「NS_CONCEPT限定モデル(SAEC013)」が登場。限定1000本(内国内700本)
セイコー ブライツに「49er class LIMITED EDITION 2011」とのコラボレーション・モデル(SAGA093)第3弾が登場。限定490本。
セイコー ブライツ アナンタにセイコー創業130周年記念限定モデルダイバーズウオッチ(SAEK015)が登場。限定700本
セイコー ブライツに「スーパークリア コーティング」付きソーラー電波クロノグラフ4モデル(SAGA071、SAGA065、SAGA067、SAGA069)が登場。

SAGA093
「49er class LIMITED EDITION 2011」とのコラボレーション・モデル(SAGA093)

SAGA091
流通限定モデルとなる(SAGA091)。ブラックボディにレッドのアクセントが鮮烈。

SAEK017
中澤佑二コラボレーション限定モデル、SAEK017

SAEH003
中澤佑二コラボレーション限定モデル、SAEH003

SAEC013
坂井 直樹氏とのコラボレーション「NS_CONCEPT限定モデル、SAEC013」


2010年
セイコー ブライツにソーラー電波クロノグラフ10周年記念限定モデル(SAGA061)が登場。限定700本。
セイコー ブライツ フェニックスに漆黒文字盤のプライド イン ブラック(SAGK015・限定500本)、スペシャル限定モデル(SAGK011、SAGK013)が登場。限定700本。
セイコー ブライツ フェニックスにダイバーズ限定モデル(SAGQ007・限定500本)、レギュラーモデル(SAGQ005 )が登場。
セイコー ブライツにアクティブマトリクスEPDソーラー電波デジタルウオッチ(SDGA001、SDGA002、SDGA003)が登場。
セイコー ブライツ アナンタにブライトチタンモデル(SAEK005、SAEK007)追加。。
セイコー ブライツに「49er class LIMITED EDITION 2010」とのコラボレーション・モデル(SAGA055)第2弾が登場。限定490本。

SAGA055
「49er class LIMITED EDITION 2010」・SAGA055は限定490本。

SAGA051
2010年6月10日発売のソーラー電波クロノグラフ・SAGA051。

SAGA061
ソーラー電波クロノグラフ10周年記念限定モデルとなるSAGA061。

SAGK015
セイコー ブライツ フェニックスに500本限定でラインナップされた、漆黒文字盤のプライド イン ブラック・SAGK015

SAGQ007
セイコー ブライツ フェニックスに500本限定でラインナップされた、ダイバーズモデルのSAGQ007


2009年
セイコー ブライツ フェニックスに月齢表示を新たに付加したキネティック ダイレクトドライブ・ムーブメント(SAGG019、SAGG021)搭載が登場。
セイコー ブライツ アナンタがグローバルモデルとなり、10モデルがラインナップ。
セイコー ブライツに「49er class LIMITED EDITION」とのコラボレーション・モデル(SAGA043)が登場。限定300本。

SAGG019
大型のリューズガードがクールな、ムーンフェイズ仕様のブライツ フェニックス・キネティック、SAGG019。

SAGA043
外周のチェッカーフラッグが特徴となる、300本限定の「49er class LIMITED EDITION」、SAGA043。


2008年
セイコー ブライツにフルオートカレンダー機能を備えた自動巻発電クオーツ「キネティック パーペチュアル(SAGV015、SAGV017)」が登場。
セイコー ブライツ フェニックスに赤×黒文字盤の「2008 リミテッド エディション(SAGH011)」が登場。限定500本。
セイコー ブライツに「Honda Racing F1 Team」とのコラボレーション・モデル(SAGA019)が登場。限定500本。
セイコー ブライツに6時位置にビッグデイトを備えたアナログ式ソーラー電波時計が登場。

SAGV015
フルオートカレンダー機能を備えた自動巻発電クオーツ、SAGV015。個性的なインダイアルがポイント。

SAGH011
鮮烈なレッドカラーが印象的なブライツ フェニックス「2008 リミテッド エディション・SAGH011。

SAGA019
500本限定となる、ホンダレーシング F1モデルのSAGA019


2007年
セイコー ブライツ(SAGA007)300本限定モデル登場。

SAGE001
新開発キネティッククロノグラフ7L22を搭載したSAGE001。

SAGA007
ワールドタイムソーラー電波時計、300本限定のSAGA007。


2005年
セイコー ブライツに「カラーホーローダイヤル(SAGN015)」が登場。限定200本。
セイコー ブライツに『ぶどう色2号』「カラーホーローダイヤル(SAGL005)」が登場。限定200本。

SAGN015
SAGN015はホーロー文字盤に多針、そしてクッションケース仕様。200本限定。

SAGL005
旧国鉄カラーのぶどう色2号が哀愁漂う、ホーロー文字盤のSAGL005。200本限定。


2004年
セイコー ブライツにソーラー駆動+カレンダー機能を搭載した電波腕時計(SAGZ003)が登場。

SAGS003
キネティックオートリレーを搭載した珍しい白文字盤のSAGS003。

SAGF001
エクスプローラーテイストの文字盤が印象的なSAGF001。

SAGZ003
国内2箇所の標準電波送信所の周波数をキャッチしていた、電波腕時計SAGZ003。ベゼルのビスがロイヤルオークを彷彿とさせます。


2003年
SAGN006
18Kピンクゴールドベゼルを採用した300本限定のSAGN006。


2002年
セイコー ブライツに年差±20秒の高精度キャリバーモデル(SAGM005)が登場。

SAGM005
高精度キャリバーを搭載した、ブライトチタン素材のSAGM005。


2000年
セイコー ブライツ誕生。

SAGD003
ミレニアムを記念して生産された、1000本限定となるSAGD003。5M65ムーブ搭載、当時の定価は10万5000円。