では、あなたの守護神は一体誰なのでしょうか。
前回に続いて、あなたの守護神は誰なのかを解明したいと思います。
この答えは、心の道場の会員様、自己浄霊法の実施に成功した方を対象としていることをお断りしておきます。
まず、一般の方にとっては守護神というものは無いと考えたほうが良いですね。
守護霊は誰にでも1体付いており、特定できるのですが、守護神は誰か(霊能者など)が特定しないと出現はしないものです。
心の道場の会員様には、「聖観世音菩薩」様のお札をお送りしています。
この「聖観世音菩薩」様が会員様の守護神となります。
また、心の道場でご紹介している「自己浄霊法」を実施される場合も「聖観世音菩薩」様の高級神霊エネルギーを応用しますので、結果的には守護神が「聖観世音菩薩」となります。
この「聖観世音菩薩」様は元は、菅一男の守護霊様でした。
そして、私が浄霊法を実施するにつれて守護霊様の霊格が向上し、高級神霊となられました。
そして、心の道場を立ち上げた時に心の道場の守護神となっていただいたのです。
このメールマガジンを読まれているあなたも、「聖観世音菩薩」様を守護神だと決めてください。呼びかければ必ず答えてくださいますよ。

この「聖観世音菩薩」様を第1守護神とします。
なぜ第1守護神かといいますと、会員様や自己浄霊法を実施されている方は、第2守護神が現れるのです。

第2守護神とは、あなたの守護霊様のことですよ。
自己浄霊法を実施すると、あなたの守護霊は高級神霊となります。そして、いつかあなたの体から離れて、高級神霊界で生活することになります。
このような状態を第2守護神と呼んでいます。

守護霊様が第2守護神になられた後は、あなたの魂が守護霊の代わりをします。
さらに自己浄霊法を続けていくと、今度は魂自体が高級神霊となり、あなたの肉体から離れていきます。そして高級神霊となって、高級神霊界で生活します。
この状態を第3守護神と呼びます。

魂が肉体を離れた後は、あなたの潜在意識が魂の代わりをします。

すごいですね。人間とはこんなに複雑になっているのですよ。
第1守護神から第3守護神まであって、あなたを守ってくれますよ。
ただし、あなたが呼びかけなければ守護神は知らん振りです。
しっかり、守護神様と心の波長を合わしてくださいね。

自己浄霊法を信じていない人や実施していない人には守護神は無いと思って下さい。
心の道場の会員様は不思議と会員でいる間は物事がうまくいき、会員で無くなると、何となく、不都合が起こってくるということを良く聞きます。
これは、会員様への守護神様の守護の力が働いているということだと思います。
最後に、守護神が出たからといって、何もしないでいたのでは何も変わりません。
目標を持って、努力することが大切です。
あなたの努力に守護神様の力が働くのですから。