ここで説明する自然エネルギーはほんの一部ですが、このエネルギーを扱う(研究し、指導する)人は、占い師と混同されています。
また本人も占いの一部として扱っているようです。
今話題の風水もこのエネルギーを扱うものです(家相の分野が主)。

この世の全てのものには中心があり、その周りには方位・方角が存在します。
この周りの各方位にエネルギーが存在するのです。そのエネルギーは時間の経過とともに変化していきます。

この変化していくエネルギーは人間にとっては、良いものでもあり、悪いものでもあります。
表現が抽象的になりますが、お許しください。
詳しい説明をするにはスペースが足りませんので、機会を改めて発表していきたいと思っていますが、今回はこんなエネルギーもあるということを知ってほしいのです。

人間(自分)にとって良いエネルギーの応用法を知って実行すれば、病気を治すこともでき、望みを叶えることも出来ます。
反対に、知らずに自分にとって悪いエネルギーの影響を受けると、医者では治らない病気になったり、事業がうまくいかなくなったり、不運なことが起こってきます。

方位の影響

引越しなどで、住居を移すことで方位が生じます。
また、長期の旅行などで移動するときや、短期の旅行でも方位が生じます。
一番身近なことでは、訪問や買い物で外出する場合も方位が生じます。
人間は常に移動しているのですから、何時も方位が生じているのです。
そして、この方位のエネルギーの影響を受けながら生活しているのです。
この方位の影響の強弱は、移動する期間と距離が関係しています。


家相の影響

家相という言葉は良く聞かれると思いますが、日本人は昔からこの家相を気にしています。
隠れたベストセラーといわれている暦にもこの家相のことは書かれています。
読んだぐらいでは理解できないと思いますが。
家の中心を決め、その中心から見てどの方向に何があるかということを見て、それがそこに住んでいる人にどのような影響を及ぼすかということを知ることが出来ます。
つまり家の造りがそこに住む人たちに良い影響や悪い影響を与えるということです。

引越しをして4年後に重病になったとか、家族の誰かが亡くなったということは良くある話でしょ。
また、増改築をした家族の誰かがその後すぐに亡くなったなどということも良く聞きますよね。(普請負けと呼ばれている)

私たちはこのような状態を人生の途中下車と呼んでいます。