成功者は霊障度が低い。 

テレビや雑誌などで紹介されている成功者といわれる方を見ていると、霊障度が低いことが分かります。 
また、そのほとんどが霊格の高い守護霊に守られているのです。

このことから分かるように、守護霊の霊格(人間を守る力)が高いという事は、霊障からその人間を守ることを意味しています。

一般的に言えば、目に見えない部分であり、科学で証明されないことなので、このようなことを言う人はあまりいませんが、長い間人間を観察してきた私にははっきりと確認することが出来ます。

霊格の低い守護霊を持っている人は成功しないということになりますが、残念ながらそのとおりなのです。
成功しないというよりは、成功し難い、成功するためには相当の努力が必要といったほうが正しいでしょう。
霊障度が高い(多い)人は、物事がなかなかうまくいきません。

ここに生まれ持った格差があるわけです。

では、霊格の低い守護霊を持っている人はあきらめなければならないのでしょうか?

守護霊の霊格を向上させる方法があります。
それが自己浄霊法なのです。
自己浄霊法を実施することで、霊障を浄化することが出来る上に守護霊の霊格も向上させるのです。

このような理由で、自己浄霊法を実施すると少しづつではありますが、運が良くなっていくのです。

是非このことを知っておいてください。