霊障があなたの邪魔をする

霊障とは霊の憑依を受けることを表す言葉ですが、人間は全ての人が霊障を持っています。
程度の違いはありますが、必ず霊の影響を受けています。

この霊の影響を受けている度合いを表す言葉が霊障度ということになるのですが、私の感覚で捉えるるものなので公表できるものではないとは思いますが、相談者の霊障の程度を知るうえでは非常に重要なのです。

では、霊障度とは何を表しているのでしょうか。
霊障度とは人間の肉体を100%として霊障が肉体へ与えている影響の割合を表したものなのです。
たとえば霊障度80%ということになれば、肉体の80%に霊障があるということになるのです。

守護霊の霊格が高いため霊障が余り多くない人で、霊障度30%ぐらいです。
私の経験では、平均的には65〜70%が一般的なところではないでしょうか。
この数字は運気や健康面から考えると良い状態ではありません。
ましてや70%以上になれば危険な状態といっていいでしょう。
いつ病気になってもおかしくなく、事故やトラブルに見舞われる可能性が大なのです。

このことから考えると、霊障度の高い人は成功することは難しいということになります。
例えば、事業を営んでいる人がもう少しのところで病気をしてチャンスをつかめなくなったり、トラブルに巻き込まれてうまくいかなくなります。
最悪の場合は倒産ということもよくあることなのです。

このような理由から霊障度を低くする必要があるのです。

自己浄霊法を実行すれば霊障度は確実に下がります。
また、菅が行う浄霊(神癒)を受けられた方は霊障度が3〜10%に一気に下がります。(長時間何もしなければ再び霊障度は上がっていきます)

神癒について