魂が目覚めることで起きる変化

ほとんどの人がご自分の魂を眠らせたまま生活しています。
とても残念なことです。
魂を目覚めさせている人とそうでない人の差は見た目には判断は出来ないと思います。

では、魂が眠っている人と魂が目覚めている人の差は何でしょうか。

内面的な差なのです。つまり精神的な部分に差が出てきます。
また、ものの考え方にも差が出てきます。
例えば、魂が眠っている人は物事を頭で考え、自分で判断します。
当たり前のように思えますが、魂が目覚めている人は心で物事の判断をします。
閃きや感といったものが優先されるのです。直感と言っても良いでしょう。
また、物事の本質が見えてきます。

魂を眠らせている人の中にも、一つのことに集中して精進している人などは潜在意識を強化して魂の代わりとして働かせている人もあります。
芸術家やスポーツ選手、事業の経営者などに多いようです。

特別なことをしていない人が潜在意識を強化するには難しすぎると思います。
そのような人は魂を目覚めさせ、自己浄霊法で魂の霊格を向上させることが一番の近道なのです。