こんにちは、ピュアデンタルの菅鉢です。今回は、オリエンテーションで発表したラミネートベニアの症例をひとつ紹介します。前歯のスペースを閉じてほしいとのことで来院されました。最初は、矯正治療でどうでしょうかと提案しましたが、来院回数も少なくしてほしいとのことで相談の上ラミネートベニアということになりました。ラミネートベニアは、つけ爪のようにコンタクトレンズのように薄い陶器の歯を歯に貼り付けて行う治療方法です。治療回数が、2回から3回という少ない回数で行うことができ、歯の表面を薄く削り治療を行うもので、普段は歯を大きく削るのですが削る量が少ないもの特徴になります。
下の写真が治療前で、
DSC_8545








下の写真が治療後になります。
DSC_9424








患者さまも大変満足されすばらしい笑顔をみせてくださいました。