初めまして。
2015年8月16日に入団しました
池袋デッドボールの菅野です。
2015年10月20日、ブログ始めました。
書店とパロディー雑貨を愛し、
テレビ鑑賞が大好きな35歳の選手です。
ユルく、時にマニアックに…。
私の中のデッドボールが
見え隠れするかもしれません。
今後ともよろしくお願い致します。
池袋デッドボール 菅野
プロフィールページ

シティヘブン写メ日記もやってます
写メ日記ページ

池袋デッドボールHP

池袋デッドボール求人ページ

7月最初の週末に、まさかの長時間

通信障害。

LINEやネットは繋がったけど、

電話ができなくて焦った…。

1日スマホが使えないだけで、こんなに

不便を感じるなんてねぇ(;´A`)

通信障害の中で、いろんな連絡手段を

考えてくれて、本当にありがとう!



そんなハラハラしていた週末。

電車に揺られながら、姪ちゃんと甥くんの

運動会動画に目が緩む。


ドラマ 3年B組金八先生のソーラン節を

観ていたあの頃から数十年。

まさか、運動会でソーラン節を踊る

姪ちゃんを見る日が来るなんて…。

月日の流れを感じたよ(*´-`)

キレがない踊り方に、姪ちゃんの照れが

伝わって愛らしい。

それにしても、演目が終わると

1分間のカメラ撮影タイムがあるなんて!!

安心のベストショットだね☆




そんな運動会をがんばった

姪ちゃんと甥くんに久しぶりに会えたヽ(*´∀`*)ノ



最近の姪ちゃんは、音楽系ゲームに

ハマっていた。

以前会った時より、さらにスキルが

上がっていて、令和っ子を象徴する

指さばき。

ソフトクリームをがっちり掴んでいた

小さかった手はいずこ…。


絵も上手になっていた。

見本を見ながら描いていたけど、

小学生にしては、充分じゃないかな?

ねぇねも、ユルい絵を描けるように

なりたいよ。

DSC_0763

いつの間にやら、身長も144cmに。

来年には越されそうだなぁ(´∀`;)

ほっそりな甥くんのマイブームは

恐竜から剣に変わっていた。

木箱に入っている剣を、彫刻刀みたいな

もので削ると出てくるおもちゃに

ハマっていた。男の子だねぇ。





夕方には、姪ちゃんとバドミントン。

私も小学生の頃、クラブ活動でバドミントンを

していただけに、感慨深かったなぁ。

そろそろ、甥くんも野球に目覚めない

ものかと思っているけれど、

やっぱり、運動系はすぐ飽きる。





ばぁばなら、孫と料理をするのが

夢だろう。

一緒にロールキャベツを作っていて

きれいに巻いていた。

食べるのがもったいないぐらい

おいしかったよ(o´∀`)♪





母親になったこともない私が言うのも

アレだけど、子どもの小さい頃って、

一瞬だよね。

思春期を迎えて、自立心が芽生えて

あっという間に巣立っていく。

健やかな成長に触れた

かけがえのない穏やかな週末の1日。


















ある日の遠征先で少し寄り道。

毎年、パンフレットでは見ていた

ガチャピンの麦わら帽子。

初めて実物を見ることができて

嬉しかった。職人さんの技って凄い。




そういえば、もう6月。

2022年も半分が過ぎようと

してるのかぁ…。

早いというか正直、何とか食いつなぐのが

精一杯。毎日が明日は我が身。




それでも、6月になってから不思議なもので

ブログが試合のキッカケになったことを

話してくれることが続いた。

入団3ヵ月目ぐらいから

こっそり始めたブログ。

あんなことやこんなこと、

ざっくばらんに書いてたなぁ…なんて。

話しながら笑ってはいたけど

なんかホッとして、懐かしくて、

肩の力が抜けて泣きそうになった。

あの頃の自分は踏ん張ってたなぁ…とか。







そういえばこの前、

スーツ姿の人が、自動販売機に向かって

叫んでる人がいた。

きっと、鬱憤が溜まっていたのかな。




私も色々と、

『あぁでもない、こうでもない』

自分の中で、葛藤だったり

もがくことがある。


うおおぉぉぉ((( ;゚Д゚)))ああぁぁあああ!!

って、叫びたくなる時があるけど、

感情って、思った以上に伝染するね。

鬱憤を発散するなら、スーツさんのように

場所を選ぼうと思ったよ。

組織のチームワークって難しいね。



何だろう…

日々に追われ過ぎて、大事なことを

忘れかけている時に、( ゚д゚)ハッ!とする

ことがある。




ほんと、たくさんの人がいるし、

いろんな感情が渦巻いているけど、

振り回されずに、ベストを尽くせば、

きっと、いい日につながる。

どんな状況でも、腐らず、楽しくいきたい。






口コミもプレッシャーに感じたりするけど、

試合で感じたことや

雰囲気を言葉にしてもらえることは

やっぱり嬉しいし、これからも1試合1試合、

大事にメモしていくよ。

対戦してくれて本当にありがとう(*´∀`)ノ








みんな、どんな時にブログや日記を

見てくれているんだろう…。

仕事の休憩時間、電車移動の時、

ごはんを食べながら、寝る前に…?


1人1人の生活環境がある中で

少しでも心が癒えたり、

日頃の活力になってもらえたら

嬉しいな。

私も誰かの日常に触れていたい。


これからも、画面の向こう側にいる人を

思って大事に書いていくね。
















2022年3月。

ここ半年ほど、抱えていた葛藤から

解き放つ一歩を踏み出すことができた。



親も気付けば、通院して10年以上が経ち、

そろそろ福祉に頼らなく

ならなければなってきた。

でも、私は何も知らなかった。

手続きに主治医の意見書が必要だと

いうことを。


『でも、
目を背けている場合じゃない( ・`д・´)!
何としても、これだけは言わねば!』


口から緊張のヘドロが涌き出るんじゃないかと

思うほど、心臓が波打つ。


力みながらも、意を決して

言葉を振り絞ってお願いした。




主治医
「いいですよぉ、書きますよー」


「じゃあ、書いてくださーい(・д・`*)」



言えたヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙ついに言えたぞ!!!
ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙


顔文字のような心情を見透かされぬよう

緩めの声で返し、平静を装った。



病院までは一緒に行っても

診察は本人任せにしていたうしろめたさも

あって、意見書をお願いしても

怒られたりするんじゃないか…と

ネガティブな想像が渦巻きながらも

断崖絶壁に立つように追い込まれていた。



ましてや、通院15年目にして

主治医と初めまして。

そんな人にお願いすることは

手に汗握る勇気だった。




思ったより、あっさりした返答と

ようやく話せた安堵感と

長女としての役目を果たせた達成感。

張りつめていた心の荷が軽くなってく…。



相手がどんな人であろうと

言うべきことを伝えるのは大事。




帰宅して、前から食べてみたかった

ハンバーグ弁当でささやかにお祝い。

しかも、奇跡の3割引きだった。

福祉に関して、情報を教えてくれた

周りの人の優しさにも感謝。

この歳でも、知らないことが

ありすぎて恥ずかしくなるけど

この機会に行政や福祉のしくみなどを

勉強しようと思ったよ。



いけないと思いながらも

壁に直面すると、内にこもるところが

自分の悪いクセ。

前にも、同じような状況になったことが

あるのに、何で繰り返すんだろう…。

滝に打たれて活を入れたい。

でも、やるべきことは果たしたのだから

良しとしよう(*´ω`)

また気持ち新たにプレイボール。















↑このページのトップヘ