NPO法人青竜スポーツクラブ

広島県尾道市・三原市・広島市を中心に活動するNPO法人青竜スポーツクラブと菅体操スクールのブログ。地域のお子様の体力づくりに貢献する青竜スポーツクラブと、体操競技の普及と、選手育成を目的とした青竜体操クラブを運営しています。 http://npo-seiryou.com

広島県三原市・尾道市でそれぞれ子供体操教室を運営し、地域の子供たちの体力づくりに貢献するとともに、体操競技の普及と選手育成を目的とした青竜体操クラブを運営しています。 出来るだけ多くの子供たちが参加してくれることを願っています。

第20回岡山カップジュニア体操競技大会

日時:平成29年10月21日(土)〜22日(日)
会場:ジップアリーナ岡山

台風が近づく中、岡山市で岡山カップが開催されました。
1日目は、中学生の部で、2日目が小学生の部でした。
今回は、久しぶりに小学生の男子の部に1名参加しました。
4種目を行う試合は初めてで、かなり緊張をしている様子でしたが、ミスはありましたが自分ができることはきちんと演技できたように思います。
多くの素晴らしい選手の演技を見て刺激を受けたのではないかと思います。
今後の成長が楽しみです。

中学生の女子の部では箱崎若葉と本林麻音が出場しましたが、本林は楽しく演技できた様子でしたが、箱の方は、平行棒と平均台に新しい技を入れたため予想通り失敗をしてしまいました。
新しい技に挑戦ができたことが収穫ではないかと思っています。

小学生の女子の部では、久しぶりの団体出場となり選手コース3名(元永夏々華、岡田未羽、高本綾乃)と養成コース(宮田桃愛)・育成コース(石田莉子)からそれぞれ1名ずつの合計5名で編成しました。
小学生の部では平行棒を除いた3種目の合計(平行棒は特殊種目)で争うことになるのですが、元永の平均台の落下と宮田のゆかでのしりもちの2か所のミスで終わることができ有意義な試合の内容だったと思っています。
特殊種目の平行棒では、元永の演技が内容は濃いのですが姿勢欠点が多く、Eスコアが低かったことと、低棒移動でミスがあり得点は伸びませんでした。
今後の課題として新たに取り組んでいかなければならないと反省しています。

来年度は、箱若葉は高校生に、元永夏々華は中学生になりますので、より一層E得点の向上を図らなければなりません。
本人たちはそのことがよく理解出来ているのかわからないところが不安です。
体操を楽しんでいるのはよくわかるのですが。

成績:
小学生女子の部
 団体総合   4位
 個人総合   6位 元永 夏々華
 種目別 跳馬1位 元永 夏々華
     ゆか1位 元永 夏々華

中学生女子の部
 種目別 跳馬4位  箱 若葉

IMG_2964

















IMG_2967

検定試験

日時:10月8日(日)
会場:おのみち体操練習場

2017年度最初の検定試験が行われました。
30名を超す参加者があり、保護者の方も座る場所がないほど盛況でした。
今回は、主催者側のミスで開始時間を間違って早めてしまい数人の方にご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳なかったと反省しています。
次回からはこのようなことの無いよう気を付けたいと思います。
また、午後からは、選手・養成・育成コースの保護者の皆様のご協力で、体育館周りと駐車場の草刈りをしていただき、大変きれいなりました。
暑い中、本当にありがとうございました。
心から感謝いたします。

合格者は次の通りです。

合格者

10級 諸岡 青葉

9級 津島 悠孝

8級 松本 夏希 木曽 瑞和

7級 的場 心音 竹井 祐希子 大澤 蒼空 林 芯 

6級 澤井 花乃 久留島 二葵 諸岡 春香 

5級 正田 真央 的場 一華 高垣 嘉宏 石原 早亜渚

4級 東 万里子 本林 麻音 山本 楓太

2級 杉 実和 宮崎 桃菜 金山 紗和 久留島 一舞 後藤 陽斗 

1級 西山 京之介 安保 葵 藤崎 唯

次回の検定試験は3月に予定しています。


2017検定試験3


















2017検定試験2

第66回広島県中学校総合体育大会体操競技の部

日時:9月30日(土)・10月1日(日)
会場:広島県立総合体育館 小アリーナ

中学3年生の箱崎若葉と本林麻音にとっては中学生最後の試合となる広島県中学校総合体育大会体操競技の部が開催されました。
この大会は男女とも3種目の演技をして、団体総合と個人総合を競うものとなっています。

女子は跳馬、平均台、ゆかの3種目で、段違い平行棒が無いため、平行棒を得意とする箱にとっては不利な状況でした。
そんな中で、いつも必ず何かで失敗する箱崎若葉が今回はノーミスで演技を終えました、
細かいミスはあったのですが、大過失がなく本当の実力が出せた試合で、本人も指導者も喜びがとても大きかったのです。
8月の中国大会では、平行棒と平均台で落下があり、全国大会への切符を逃してしまったこともあり、平均台の落下は選手も指導者もトラウマになっていました。
しかも、今回は平均台には二つの新しい技を入れて臨んだので、落下なしで演技できたことは本当に良かったと思います。
ゆかも3回ひねりを初めて試みて成功し(ひねり不足気味でしたが)13.00という得点を初めて頂きました。なかなか12.00以上が取れなかったのですが、姿勢欠点も少なくなってきたように思います。
多くの方から演技がきれいになったねとお褒めの言葉もいただきました。

一方、本林麻音は苦手な平行棒がないためのびのびと演技することができたようです。
夏の選手権大会から2か月しかたっていないのですが、技の数も増え急激な成長を見せてくれました。
彼女の体操に対するひたむきな想いには感心させられます。
高校進学を控えている為この先どうなるかはわかりませんが、体操は続けて行ってもらいたいと願っています。

10月21日(土)は岡山カップへの参加もありますので、一層練習に励んでもらいたいと思います。

成績:
女子個人総合  2位 箱 若葉
種目別 跳 馬 2位 箱 若葉
    平均台 3位 箱 若葉
    ゆ か 1位 箱 若葉

2017中学県総体

感じたこと

9月に入って少し涼しくなってきました。
8月は30度を超える日が多く毎日暑い日が続いて少しばて気味になりました。
毎日天気予報を気にして、温度計を何度も見るようになりました。
私の年代(団塊の世代)が子供のころは暑いといっても今のような暑さではなかったような気がします。
地球の温暖化などと言われていますが、何かが変化しているのでしょう。
自然が勝手に変化したのか、人類の行動が影響して変化したのかはわかりませんが、いずれにしても自然の力とは恐ろしいものです。
人間は自然に逆らうことはできないのですから。


2016 6 6-2

第51回中国中学校体操競技選手権大会

日時:8月7日(日)〜9日(火)
会場:米子産業体育館

中国五県(山口・広島・島根・岡山・鳥取)の各県から団体1チーム、個人4名の選手が参加して19日から北九州で開催される全校中学校体操競技選手権大会への予選となる、中国大会へ箱崎若葉が広島県代表として出場しました。
参加するに当たり、目標として個人総合6位以内の入賞をめざし、全国大会への出場権を獲得することとしました。
演技構成などは充分目標達成に可能なものにして練習を重ねてきたので、大きな失敗がない限り予選は通過できると確信していました。

ところがいざ本番になると、緊張からか普段通りの演技ができていないようで、おまけに平行棒と平均台で落下してしまいました。
平行棒で落下した時点で全国大会は夢と消えてしまいました。

メンタルの弱さが大きな原因ではないかと考えています。
今後はメンタルトレーニングにも取り組んでいかなければならないなと反省しています。

今年の夏までの試合はことごとく思ったような結果が残せず、とても残念に思っています。
しかし、落ち込んでいる場合ではないと思い直し、来年に向けて新たに目標を設定し直し、練習に励んでいる今日この頃です。

2017西日本ジュニア体操競技選手権大会

日時:7月26日(水)・30日(日)
会場:岡山ジップアリーナ

今年は女子Aクラスに箱崎若葉(中3)と元永夏々華(小6)の2名が参加しました。
今回は、全国(西日本)レベルの試合で二人の演技がどのように評価されるのか確認することが大きな目的でした。(選手自身のイメージと他人から見た評価のギャップを埋めるため)
素晴らしい演技をする選手が多くいる中では、採点も厳しくなるようで予想以上の減点があり反省しきりです。
箱は西日本は最後の出場となりましたので、少し無理をしたところもあり平均台でも落下があり、成績はいま一つでした。
元永は、のびのびと演技してノーミスで終えることができました。
ただ、姿勢欠点が多いため得点は伸びませんでしたが、本人は今後の課題としてとらえることができていたようでした。
箱は1週間後には中学中国大会に出場することになっていますが、どうなることか少し不安になっています。

第50回広島県中学県体操競技選手権大会

日時:平成29年7月8日(土)・9日(日)
会場:広島県立総合体育館小アリーナ

中学校の試合としては今年最初の県選手権が開催され、尾道市立因島南中学校から箱崎若葉が、三原市立第三中学校から本林麻音の2名が出場しました。
この試合は、中国大会への予選会となっていますので、参加選手は力の入った演技を見せてくれました。

初出場となった本林は、初めてとしては練習通りの演技ができたように思います。
緊張はしているようでしたが、心配していた平均台では落下もなく演技することができ周りもほっとしていました。
しかし、ゆかではアップの際には成功していた前宙と後方宙返り半ひねりが本番ではしりもちをついてしまいました。
普段の練習でも、油断をするとしりもちをつくよと指導していたのですが、まさにその通りになってしまいました。
今回の経験で何かをつかんでほしいなと思います。

箱は、平行棒の終末技が前日練習では不安定でしたので内容を変更したため予定していた得点を得ることができませんでした。
また、平均台で落下があり大きく減点されました。
本人は緊張してしまったといっていましたが、今後の課題だと思います。
全体的には想定した範囲の結果だったと思います。

成績:
女子個人総合  3位 箱 若葉
女子種目別  跳 馬 2位 箱 若葉
            平行棒 3位 箱 若葉
            ゆ か 2位 箱 若葉   

8月6日〜8日に米子市で開催される中国中学校体操競技選手権大会への出場権を獲得しました。
中国大会は全国中学校体操競技選手権大会の予選となりますので、全国大会への出場権を獲得できるよう頑張ってほしいものです。

IMG_2074
体操チャレンジ教室 参加者募集
青竜体操クラブ

青竜スポーツクラブ

メールマガジンの紹介
メルマガ登録・解除
青竜スポーツクラブ・菅体操スクール・三原体操クラブ メールマガジン
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
心癒功実践講座

ネット講座「心癒功講座」
心癒功通信講座
Archives
アクセスカウンター




記事検索
facebook 青竜スポーツクラブ
Google+
アフィリエイト
本の紹介
  • ライブドアブログ