NPO法人青竜スポーツクラブ・菅体操スクール

広島県尾道市・三原市・広島市を中心に活動するNPO法人青竜スポーツクラブと菅体操スクールのブログ。地域のお子様の体力づくりに貢献する青竜スポーツクラブと、体操競技の普及と、選手育成を目的とした青竜体操クラブを運営しています。 http://npo-seiryou.com

広島県広島市・三原市・尾道市でそれぞれ子供体操教室を運営し、地域の子供たちの体力づくりに貢献するとともに、体操競技の普及と選手育成を目的とした青竜体操クラブを運営しています。 出来るだけ多くの子供たちが参加してくれることを願っています。

高校生選手に

青竜体操クラブの選手の一人が今春高校生になり、体操の競技会も増えてかなり忙しくなっています。
とりあえず高校生の全国大会への出場権を得ることができたので、今度は中学生の全国大会への出場権獲得に向けて練習に明け暮れています。
以前は試合後の疲れというものはあまり感じていませんでしたが、最近は歳のせいでしょうか、疲れを感じています。
しかし、試合は待ってくれませんのでいかに疲労回復を図るかということが最大のテーマになっています。
8月まではこの状態が続きますので、何とか乗り切っていきたいと思っています。

第70回広島県高等学校総合体育大会 体操競技の部

日時:平成29年5月27日(土)〜28日(日)
会場:広島県立総合体育館小アリーナ

今春から高校生になった舟橋弥里が高校総体に出場しました。
私自身は久しぶりの高校総体とあって、少し戸惑いもありましたが、競技が始まるといつも通りの競技会の感覚で臨むことができました。

4月23日に因島高等学校で行われた尾三大会では、少しオーバー気味だった体重のせいで思うような演技ができなかったので、食事の改善をして理想体重に近づけることが課題でしたが、うまくクリアできたようでした。
今回は、中国大会とインターハイの予選となっていますので、練習と体重管理などの準備をしっかりして試合に臨みました。

結果は、ゆかのラインオーバーが1か所あったのですが、心配していた平行棒の離れ技もしっかりと持つことができ、平均台も落下することなく演技ができました。
おかげさまで個人総合で優勝することができました。

課題はたくさんあったのですが、ゆかでの演技で体操系の開脚度不足とひねり不足、そしてアクロバットのひねり技での足割れが減点対象となり予定した得点を得ることができませんでした。
6月の中国大会ではこの点を修正して減点の少ない演技ができるよう練習したいと思います。
中国大会の1週間後には国体予選が待っています。
怪我をしないように最新の注意を払って練習を重ねていきたいと思います。

成績

個人総合優勝     舟橋 弥里
種目別 跳 馬 1位 舟橋 弥里
    平行棒 2位 舟橋 弥里
    平均台 1位 舟橋 弥里
    ゆ か 速報が手元にないため未確認です。

多くの方に応援をしていただきありがとうございました。
また、尾道高等学校の顧問の先生には大変お世話になりました。ありがとうございました。


2017高校県総体舟橋2
















2017高校県総体舟橋3















2017高校県総体.1

菅流メンタルトレーニング(5)潜在意識の存在

これまで4回に分けてメンタルトレーニングについて書きましたが、シリーズ最後となる5回目の今回は潜在意識について書いてみたいと思います。

人間には顕在意識と潜在意識と宇宙意識というものを持っているといわれています。
顕在意識とは、頭で考えたことや周りの状況から物事を判断して考えたり思ったりすることを司る部分です。

一方、無意識のうちに湧き出てくる想いであったり、夢を見たりすることに関わってくるのが潜在意識です。
自分ではコントロールできない意識体と考えて下さい。
しかし、人間は実はこの潜在意識にコントロールされている部分がとても大きいのです。
そして、潜在意識に影響を与えるものが心の在り方なのです。

つまり、心をコントロールすることで潜在意識をコントロールすることができるといっても良いでしょう。

人間の行動は、頭で考えた通りに動くと考えがちですが、潜在意識がコントロールしている部分が多くあります。
スポーツ活動も、潜在意識の存在を無視しては良いパフォーマンスはできないのです。

競技会に臨む場合には、この潜在意識がうまく機能しなければ良い結果は出ないと思います。

良い結果を生むためには、心の状態をプラス思考に切り替えて、すべてを潜在意識にゆだねるといった考え方で臨むのが一番良い方法なのです。

不安感を持ったり、恐怖心を持つとマイナス思考となり潜在意識はうまく機能しません。
演技に失敗したり、実力が発揮できなかったり、最悪の場合は怪我をすることもあります。

以上のことを理解して、毎日の練習に励み競技会に向けて準備をし、競技会当日は潜在意識にゆだねるといったことで良い結果が生まれるのです。


過去の記事は次の通りです。参考にして下さい。

(1)PDCAサイクル
http://blog.livedoor.jp/sugataisou/archives/52146603.html

(2)心構えを整える
http://blog.livedoor.jp/sugataisou/archives/52148155.html

(3)心も体もリラックス
http://blog.livedoor.jp/sugataisou/archives/52149711.html

(4)あがりを克服する方法
http://blog.livedoor.jp/sugataisou/archives/52151542.html

第66回尾三地区総体(体操競技・新体操)

日時:平成29年4月23日(日)
会場:因島高等学校 体育館

舟橋弥里が尾道高等学校に入学し、高校生となって初めての競技会に参加しました。
尾道・三原地区の高校生の大会で、因島高等学校で開催されました。
高校入学後すぐに高校の合宿訓練や試験などで練習時間を確保することが難しく、調整ができないままの出場となり、平行棒・平均台で大過失があり反省すべき点が多くありました。
また、29日・30日と学校行事で練習ができない可能性もあり、今後気を引き締めて練習をしないとインターハイ出場という目標を達成することは難しいかなと思っています。
今後の本人の危機感を持って練習に励んでくれることを期待したいと思います。

今回の会場になった因島高校はとても環境の良い学校で、海のそばにあり心が癒されるような感覚を覚えました。
次回の試合を楽しみにしています。

また、各高校の先生方に大変お世話になり心から感謝いたします。

写真は「因島公園から見える風景」
 innnosima

春の合宿練習

日時:平成29年3月26日(日)・27日(月)
会場:練習場 おのみち体操練習場
   宿泊所 尾道ふれあいの里

毎年恒例の春の合宿を行いました。
今回は、参加者が過去最高の17名となり大変にぎやかな合宿となりました。
低学年の女の子はホームシックの状態となり、周りが慌てふためいた状況もありましたが何とか無事終えることができました。
今回の合宿で感じたことは、小さな子が親元を離れて宿泊すると想定外のことが起こることがあるんだなということでした。
次回からの合宿にはその点も考慮に入れて計画しようと考えています。
ただ、子供たちはとても楽しんでくれたようです。
この合宿を最後に、別の体操クラブへ移籍する者があり、みんなで気持ち良く送り出せたのも良かったことでした。
中学の試合では会うことがあると思うので、ぜひ頑張ってもらいたいものです。

27gassyuku 


















17424852_750192825148079_7517547166451367860_n

 17361839_750192865148075_6643325610912828474_n



17425897_750190095148352_6238302724266619507_n

2017体操チャレンジ教室 開催

日時:平成29年3月20日
会場:おのみち体操練習場

午前中の検定試験の後、午後からは2017体操チャレンジ教室が開催されました。
器械体操の普及と選手発掘を目的としたチャレンジ教室ですが、参加資格を設けたため参加申込が期待通りには集まりませんでした。
しかし、参加いただいたお子様には体操の面白さを感じていただけたと思います。
また、青竜体操クラブの育成・養成・選手コースの演技を目の前で見ることで感動しているようにも見えました。
このように器械体操の魅力を知らないまま別のスポーツを行っている子供たちは多いと思います。
今回のイベントは、多くの子供たちに器械体操(体操競技)というものを知ってもらい、体験することでスポーツを選ぶ選択肢の幅を広げることを目的としています。
また、本当は体操が好きなのに体操に出会うことがないために気が付かないで別のスポーツを選ぶ子供も必ずいるものです。そのような子供たちの心に火をつけることも大きな目的の一つでもあります

そういう意味では、、参加者は少なかったのですが参加されたお子様と保護者の方には体操の面白さを感じていただけたと思っています。
今後も定期的に行っていきたいと思います。
 
2017charenji 

検定試験

日時:平成29年3月20日
会場:おのみち体操練習場

検定試験が行われました。
今回の特徴は4級の合格者が1名であったということです。
鉄棒の懸垂逆上がりが壁となり、4名の不合格者が出ました。
腕の力と腹筋のバランスがうまく機能していないと思います。
今後のトレーニングを見直す必要があると考えています。

合格者

10級 福居 太郎
 8級 的場 心音
 7級 末貞 結菜 澤井 花乃 久留島 二葵 
 6級 安藤 拓海 竹井 悠真 河野 未来 石原 早亜渚 的場 一華 山本 瑛太
 5級 岡本 竜馬 河野 真暖
 4級 吉原 伸顕
 3級 金山 紗和 久留島 一舞 杉 実和 宮崎 桃菜
 2級 西山 京之介 安保 葵
 1級 岡田 未羽 宮田 桃愛

合格した皆さん、おめでとうございます。
また、合格できなかった皆さんも次回はぜひ合格できるよう頑張ってください。

2017,3kenntei-3

















2017,3kenntei-2

















2017,3 kenntei-1
青竜スポーツクラブ

青竜スポーツクラブスケジュール
メールマガジンの紹介
メルマガ登録・解除
青竜スポーツクラブ・菅体操スクール・三原体操クラブ メールマガジン
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
心癒功実践講座

ネット講座「心癒功講座」
心癒功通信講座
アディダス
Archives
アクセスカウンター




記事検索
facebook 青竜スポーツクラブ
Google+
アフィリエイト
本の紹介
  • ライブドアブログ