3月より1日体験レッスン制度を設け、1回だけレッスンに参加を希望するお子さんを募集しています。
教室によって違いはありますが、概ね良い反応があり、参加希望者が増えています。

最近の傾向は、募集広告を打ってもなかなか反応がなく、入会へつながるケースが減ってきております。
これは体操教室だけでなく、様々な習い事の塾なども同じような傾向にあると聞いています。

少子化の問題も大きく影響しているとは思いますが、人口密度の違いや世の中の不景気も影響しているのではないかと思います。
 
しかし、そんな状態であきらめるわきにはいきませんので、知恵を絞って、1日体験レッスン制度を設けてみました。

実施して感じたことは、1日体験レッスンを希望される方の考え方が大きく分けて二つあると感じています。
 
もともと、この制度は体操のレッスンを気軽に体験していただき、入会に結び付けたいという狙いがあったのですが、そのような考えで参加される方は半数で、そのほかの方はイベントに参加するような感覚で体験を希望されるようです。

ここに、指導者として、また経営者としての思いと、小さなお子様をお持ちの保護者の方との思いにギャップがあることを痛感しました。

このことについての私の考えは次回のメルマガで書かせていただきます。