日時:平成27年8月8日(土)・9日(日)
会場:島根県立総合体育館

中国5県の県代表選手が出場し、8月20日から北海道で開催される全国大会への出場権をかけて熱戦を繰り広げる中国中学校体操競技選手権大会に舟橋弥里が出場しました。

広島県予選では、ゆかと段違い平行棒での失敗が影響し、4位通過でかろうじて中国大会に出場できました。
また、昨年は怪我のせいで満足な演技ができず涙を飲んだ試合をしたので、今年はぜひ全国大会に出場できるように頑張りたいと思っていたようですが、県予選での失敗があり、どうなるか不安を抱えたままでの出場となりました。

ゆかの失敗は克服できており、問題は段違い平行棒でした。
県予選での失敗から、構成を変えて練習に取り組んだ結果、通しで使えるまでになりました。
安定性に問題は残りましたがここまで来たらやるしかないと腹を決めて臨んだ結果、成功してまずまずの得点を得ることができました。

指導者としては不安を抱えたままでの試合でしたので、試合を楽しむというところまでは行きませんでした。
考えてみると、8年前くらいから試合を楽しむという境地にはなれていないように思います。

試合成績:
 個人総合6位入賞
 種目別 跳馬2位入賞
 全国大会には個人3位通過で出場権を得ることができました。

まだ、平行棒が安定しないため、全国大会までにはもっと安定した演技ができるよう練習に取り組みたいと思っています。

IMG_2679