日時:平成29年7月8日(土)・9日(日)
会場:広島県立総合体育館小アリーナ

中学校の試合としては今年最初の県選手権が開催され、尾道市立因島南中学校から箱崎若葉が、三原市立第三中学校から本林麻音の2名が出場しました。
この試合は、中国大会への予選会となっていますので、参加選手は力の入った演技を見せてくれました。

初出場となった本林は、初めてとしては練習通りの演技ができたように思います。
緊張はしているようでしたが、心配していた平均台では落下もなく演技することができ周りもほっとしていました。
しかし、ゆかではアップの際には成功していた前宙と後方宙返り半ひねりが本番ではしりもちをついてしまいました。
普段の練習でも、油断をするとしりもちをつくよと指導していたのですが、まさにその通りになってしまいました。
今回の経験で何かをつかんでほしいなと思います。

箱は、平行棒の終末技が前日練習では不安定でしたので内容を変更したため予定していた得点を得ることができませんでした。
また、平均台で落下があり大きく減点されました。
本人は緊張してしまったといっていましたが、今後の課題だと思います。
全体的には想定した範囲の結果だったと思います。

成績:
女子個人総合  3位 箱 若葉
女子種目別  跳 馬 2位 箱 若葉
            平行棒 3位 箱 若葉
            ゆ か 2位 箱 若葉   

8月6日〜8日に米子市で開催される中国中学校体操競技選手権大会への出場権を獲得しました。
中国大会は全国中学校体操競技選手権大会の予選となりますので、全国大会への出場権を獲得できるよう頑張ってほしいものです。

IMG_2074