日時:8月7日(日)〜9日(火)
会場:米子産業体育館

中国五県(山口・広島・島根・岡山・鳥取)の各県から団体1チーム、個人4名の選手が参加して19日から北九州で開催される全校中学校体操競技選手権大会への予選となる、中国大会へ箱崎若葉が広島県代表として出場しました。
参加するに当たり、目標として個人総合6位以内の入賞をめざし、全国大会への出場権を獲得することとしました。
演技構成などは充分目標達成に可能なものにして練習を重ねてきたので、大きな失敗がない限り予選は通過できると確信していました。

ところがいざ本番になると、緊張からか普段通りの演技ができていないようで、おまけに平行棒と平均台で落下してしまいました。
平行棒で落下した時点で全国大会は夢と消えてしまいました。

メンタルの弱さが大きな原因ではないかと考えています。
今後はメンタルトレーニングにも取り組んでいかなければならないなと反省しています。

今年の夏までの試合はことごとく思ったような結果が残せず、とても残念に思っています。
しかし、落ち込んでいる場合ではないと思い直し、来年に向けて新たに目標を設定し直し、練習に励んでいる今日この頃です。