菅原こうじ後援会日記

菅原こうじの活動報告

「関係人口」

平成30年2月10日
先日、「山村・過疎地域政策研修会」という秋田県内の市町村長の会で、指出一正さんが講演しました。
「増やせ多様な関係人口~関係人口を主張するワケ」との演題でした。とても感銘を受けました。
概要は、以下の通りです。

関係人口とは、交流人口以上、移住未満。
交流人口は、訪れた地域に思い入れがない。一生に一度、訪れればよい人達。関係人口は、そのまち・その地域が好き、そこの人のファン、そのまちの人と同じ立ち位置で一緒にやりたい。そのまちとかかわりを持ちたい人。
○関係人口は、健康寿命を伸ばしている。
人生のしまい方だけ考えていた老人が、関係人口の若者達と接して、「まちづくり、地域づくり、明日や未来を考え」楽しんでいる。
○「関係案内所」
宮崎県新富町では、観光協会を廃止し、その財源で「関係案内所」を創った。観光協会から、関係協会に移った若者は、「観光協会では、仕事とは、どうこなすかを考えていた」。関係協会では、「まちのことを皆で考える仕事をしている。まちをどうして行きたいか考える仕事は、楽しい!」との事。
まちに誇りを持つと、若者が集まってくる。「利他的な若者」が、「その地域を面白くしたい」と考え、地域に関わる人を多くする。
○「ゲストハウス
一か月に一回など、たまにそこを訪れる若者が、地域の人生の先輩たちと話するのが楽しい。高級なホテル・旅館で「おもてなし」をうけても、深い心の交流はない。
○その他
行政マンは、東京に「人さらいに行く」こと、清住白河などよろず性のある場所、茅ケ崎には「ちがラボ(?)」がある。
・三種町は、18から28歳で「若者会議」を行っている。
・東京の移住定住は、難しい。大阪・神戸が良い。
などの話でした。

「関係人口」との言葉は、最近、総務省の講演で聞いたばかりです。男鹿でいえば、男鹿出身者・なまはげ・ふるさと納税・ジオパークなど、男鹿は切り口が多いと思っていました。
この言葉の発信源の指出さんによると、まだまだ色んな可能性があります。移住定住でなくても、年に数回男鹿に来る・男鹿の行事に参加してくれるなど、男鹿に関心を持ってくれるファンを集めていくことです。
男鹿の可能性を感じました。「関係人口」を広めて行きたい。

「オーガニック農業」の推進

平成30年2月5日
「オガニック農業推進協議会」設立総会が行われました。
「オガニック」は、「オーガニック」と「男鹿に行く」を掛け合わせた造語です。
この協議会は、男鹿市におけるオーガニック・エコ農業の生産拡大、加工や流通機会の増大、移住や新規就業者の受け入れ拡大、市民のオーガニック農業(有機農業)浸透などを推進し、それを通じて男鹿市の魅力を向上させ、オーガニック農業を男鹿市のブランドとすることを目的としてます。
設立したこの3人の若者は、それぞれ男鹿で活躍し、注目されています。オーガニックの衣料・安全な素材をつかった食品・田園の中の珈琲店をそれぞれ経営し、尖った経営をしております。その上に、地域おこしのイベントも行政に頼らず、自主的に行っております。
今回も良くこのような協議会を立ち上げたものです。しかも、理念が良い。オーガニックの普及拡大は、もとより、「地域を元気にしたい」「移住定住の拡大をしたい」との話には、感心しました。
男鹿には、中山間の農地が多くあります。狭い沢で、大規模な効率的な農業は不向きです。このままでは、耕作放棄地も増えていきます。有機農業は、とても難しいとの話は聞いておりますが。一つの沢全体で、有機農業を行うなど、何とか頑張って貰いたいものです。
IMG_1092



















オーガニック的な食品を使っての立食パーティ(?)
IMG_1095

季節の便り 「立春」

平成30年2月4日
菅原 広二様

「節分」を過ぎ、「春が始まる日」
とされる今日は「立春」です。

今年は東京でも大雪に見舞われ、
日陰には今でも雪が多く残っています。

春の訪れが待ち遠しい頃ですが、
坂村真民先生の誌で紹介されている
「いつもいっしょ」
と、心に愛のことばを唱えながら、
春を楽しみにお待ちくださいませ。

http://www.chichi.co.jp/special/24/winter11/?utm_source=willmail&utm_medium=email&utm_campaign=okami_20180204

致知出版社   小笠原節子

「限界集落の再生」

平成30年1月14日
兵庫県篠山市を訪ねてきました。
「限界集落の再生」「街中の古民家の再生」をしている、社団法人ノオト代表の金野さんから、お話を伺って来ました。
考えられない、驚くべき企画をして、実践しておりました。
篠山市は、人口4200人ほどの城下町です。京都・大阪・神戸から1時間ほどの所にあります。

この城下町の古民家を再生し、高級ホテルにしました。現在、点在している5つの古民家をホテルにしており、フロント・食事は一か所で行っております。食事も部屋も高級でした。テレビ・新聞もなく古民家で非日常的な体験をします。
ノオトが企画・リフォームを行い、運営会社に貸し出しテナント料を頂くシステムです。また、資金はクラウドファンドで集めたそうです。国から半額の補助もあり、全て借金は返済したそうです。

また、郊外の丸山地区は、人口が19人の限界集落でした。現在は、26人住んでいます。
空き家2戸をホテルにリフォームしました。ここも受け付けは1か所です。食事は、1か所あるレストランで撮ります。シェフは、移住してきた方です。
食材は、近くの田畑からの作物です。耕作放棄地がよみがえりました。農地のオーナー制度により、多くのボランティアの方が来ているそうです。
また、ミシュランに載るそば屋さんも移住してきておりました。

私たちの男鹿にも、再生の可能性があると思いました。農家・漁家・町屋の再生に期待が持てました。
丸山地区
IMG_0699



















町屋のホテル

IMG_0776



















町屋のホテル内部


IMG_0685

「なまはげ」が大人気

平成30年1月13・14日
「大阪国際空港(伊丹空港) 2018第2回雪まつり」が開催されました。

開会式では、私の両脇になまはげ居て、挨拶させて頂きました。
この時も盛り上がりました。孫がいるというご婦人の方から、「市長さんの挨拶から、なまはげは神様ということを知った。また、『怠け者はイネが!』との言葉は、身が引き締まる」との話を聞きました。
なまはげは、男鹿市民にとって「畏れ敬う存在であり、何時もお山から見守ってくれている。」、そして、「弱気にならず、前向きに生きろ。誠実に勤勉に、生きろ。」と叱咤激励してくれる存在であります。
こういう誇れる伝統文化を持っている男鹿を「もっと伝えていかねばならない」と思いました。
また、なまはげ太鼓の好評で多くの人に囲まれて、演技できました。

横手のかまくらにも長い行列ができました。雪遊びの広場にも多くの子供たちが集まりました。
2日間で、12000人ほどの集客があったそうです。驚くほどの人でした。よくこんなに集まるものです。
また、こんなに集まるように努めた横手市さんに、敬意と感謝を申し上げます。
かまくらの「静」と、なまはげの「動」が良い、とのことを横手市長が話してました。
今回の成果を秋田県の振興に繋げていきたいものです。
IMG_0650



















IMG_0670



















IMG_0784

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ