菅原こうじ後援会日記

菅原こうじの活動報告

2011年03月

千羽鶴

ボランティアの皆様が、千羽鶴を事務所に飾ってくれました。
この鶴は、ボランティアの皆様を中心に来場者の方も折ってくれたものです。たくさんの時間と手間をかけてつくってくださったと思います。

一羽一羽丁寧に折られ、きれいに ” 繋  ” がった鶴たちのてっぺんには大きな鶴が羽をひろげています。

菅原こうじも 事務所に入るとすぐに 感謝 感激 大感動しておりました。

この千羽鶴によって、事務所内が更に明るくなったように感じます。

毎日 皆様の想いが詰まったこの千羽鶴に見守られ、活動しています。

ありがとうございました。

(事務局より)
千羽鶴

震災を経験された 男鹿市の皆さんへ

被災されました皆様へ、心よりお見舞いを申し上げます。
そして 未だ安否が不明な方々の一刻も早い救援を願っております。

日々ニュースで被害が明らかになるにつれて その甚大さに驚いております。
被災地では今なお、余震の恐怖と、原発の放射能汚染の恐怖におびえ
場所によっては孤立し、寒さに凍え、食料さえ不足している状況のようです。
被災者の大きな悲しみ、苦しみが感じられます。


心が痛みます。


私達は、かつて日本海中部地震を経験しました。
その際 全国の皆様から多くのご支援を頂きました。
あの時感じた 感謝の気持ちを忘れることはできません。

この度の震災に対して、男鹿市では既に被災地へ
必要な物資の搬送と消防職員の派遣を行っているようです。
また 学校など、公共施設への迎え入れの準備も始まっています。

今 日本は、この震災で戦後の復興以来 最大の危機を迎えています。
今こそ 男鹿の力を発揮する時です。

私達には、先祖から受け継いだ
地域の優しさ、思いやりの心、強い結束力、ナマハゲの心があります。
市内のホテルや旅館では自主的に被災者を受け入れる準備を始めたそうです。
私達個人も被災者の方々のために、微力でもできる事があります。
義援金、衣類や食料、紙おむつ、カセットコンロなどの支援品の提供
さらには 個人所有の空家の提供も支援として考えられます。

男鹿の豊かな海、里山の文化が育んだ山には豊富な資源があります。
男鹿の力を被災地へ、全国へ届けましょう。

私は この誇れる男鹿、愛する男鹿を全国に発信して
男鹿から地方を再生していくことを約束します。
一緒に男鹿を繋いで 頑張りましょう。

原風景

CIMG3314

私は朝起きると 『 寒風山 』を眺めます。

私の”原風景”かもしれません。

この山を見ると ホッ とします。

船越海岸

私はここの景観が好きで、毎週休日にはジョギングをしています。

海越しに見える 「 真山 ・ 本山 」 そして 「 寒風山 」  が素晴らしい。

そして反対側には 船越水道に架かる男鹿大橋、太平山もよい。


おすすめの場所です。

CIMG3307
CIMG3311

若い力

とてもありがたいことに、青年経営者の方々と話し合う機会をつくっていただきました。

真剣に経営に取り組む姿勢に感心しました。

また、何よりも、この会のメンバー達が主力になって 世の為・人の為・地域の為にと 『 男鹿ロックフィスティバル 』 を開催していることが素晴らしいことです。

私が30~40代の頃にはとても発想できなかったことでしょう。

昨年見たときはとても感動しました。

今年も大いに期待し、楽しみにしています!

女性の力

CIMG3289

昼は 「 JA女性部若美地区総会 」に出席させていただきました。

3人の県議会立候補予定者が各々スピーチする時間をいただきましたが、正直 緊張しました。

現在の厳しい農業環境(不況・不作・価格低下など)にありながらも、明るく逞しく生きる女性にお会いでき、感動いたしました。


午後は 脇本を訪ねおそくなり、日が暮れてしまいました。

空を見上げると星がとてもきれいで 楽しい気分になります。

モンゴルで見た「満天の星空」を思い出しました。

踊りの講習会

CIMG3272

ご婦人たちが楽しそうに踊りの練習をしていました。

ホイットマンの詩を思い出しました。
” 女あり二人行く 若きは麗し 老いたるはなお麗し ”



丹精をこめて生きてきた女性は美しい!



写真をお願いすると

「ちゃんといい着物の時に写真を撮ってくれればいいじゃない~」

と、言われました。

きれいな衣装で発表会に臨むのが楽しみだそうです。

北浦

北浦は坂の多い町です。

坂から海を望む景観は素晴らしい。

尾道市を思い出しました。



この町は昭和初期の大地震で、海岸沿いに崖崩れが発生。

人家が海沿いに崩落し、大きな被害があったことも初めて知りました。



昔の栄華をしのばせる建物もありました。

ここは、ご婦人たちに「 品のよさ 」を感じる港街です。

(写真は北浦漁港から寒風山を望む景観)
北浦漁港写真(ブログ)

勉強会

先日ある農家の勉強会を見学させていただきました。

とても熱心で、予定時間を1時間近くも超過していました。

皆がいなくなっても、講師の方にまだ質問している婦人がいました。

熱心な姿勢に頭が下がります。

不況 ・ 不作 ・ 価格の著しい低下 ・ 後継者不足 など問題が多いことも再確認できました。

私にとっても、現場の声を聞ける良い勉強会でした。

寒風山

私は毎朝 『 寒風山 』 を見ます。


男鹿の人達は、自分が住んでいる地域から見る 寒風山 が一番と思っているようです。

船川の人も
脇本の人も
男鹿中の人も
五里合の人も
払戸の人も
潟西の人も

皆そう思っているようです。

男鹿を象徴する信者(ファン)が多い『 山 』です。

写真は脇本の飯ノ町方面から見る 寒風山 です。
CIMG3177
記事検索
プロフィール

sugawara_koji

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ