菅原こうじ後援会日記

菅原こうじの活動報告

2017年09月

季節の便り 「秋分の日」

平成29年9月23日
菅原 広二様

金木犀の甘い香りが、秋風と戯れる季節となりました。

今日は24節気の「秋分の日」です。

秋分の日を中日とした前後3日間を秋彼岸と言い、
墓参りなど先祖供養を行う日とされています。

また「秋分の日」は、昼と夜の長さが同じ日でもあり、
この日を境に次第に夜の時間が長くなり、
虫の音を聞きながら、読書に親しむのも楽しみのひとつかと・・・

季節の移り変わりを感じながら、
素敵な秋をお楽しみくださいませ。

http://chichi.happy.nu/24/autumn10/

致知出版社   小笠原節子

男鹿半島の西海岸に「ミニ展望台」

平成29年9月19日
 芦の倉沢駐車場は、山頂から海までの絶景が見られる場所です。
しかし、大桟橋が見にくい状況でした。
この展望台により、よく見えるようになりました。
西海岸には、まだまだ眺望の良い場所があります。
展望台・ベンチなどの設置により、観光客の喜ぶ環境を整備して行きたいものです。
IMG_2075


























IMG_2074

「台風18号」

平成29年9月18日
台風18号の被害が心配で、8時半から男鹿を一周してきました。
屋根が剥がれる被害が何件かあったようです。一番心配した農業被害が少ないようです。稲の倒伏はほとんどなく、梨も落下しておりましたが想定内との事でした。
熊が目撃されて、驚いております。注意を喚起し、追跡調査を行います。
男鹿市では、高齢者など避難に時間を要する人のために、「避難準備」を早期に出しました。避難所の対応をしてくれた、地域の自主防災組織の皆さんに感謝です。
先ずは、被害が少なくて、ホッとしております。
IMG_2093



















IMG_2079



















IMG_2077

「浜のそば」オープン

平成29年9月16日
男鹿市浜間口は、北側に位置します。
休耕田に蕎麦を撒き、美しい景観を創りました。それだけで満足せず、蕎麦の実を販売しました。今度は、自ら蕎麦を打ってそば屋をオープンしました。
地域の人を巻き込んで、ここまでやるとは驚きです。6次産業の成功事例を作って欲しいものです。
全て地域の「手作りそば」は、美味しい❗️白神山、入道崎を望む眺望も素晴らしい❗️
皆さん、おいで下さい。現在は、土日祭日営業です。
IMG_2060



















IMG_2066

感動の「ねんりんピック男鹿市大会」

平成29年9月11日
男鹿市では、ラグビーとミニテニスが行われました。
何人もの選手の皆さんに、「男鹿は素晴らしかった!」と声をかけられ感激しました。とても嬉しかった!
男鹿市は、「おもてなしの心」を大事にしてます。訪れる人を喜ばせるには、まず自分たちが輝いていないといけません。男鹿を誇りに思い生きていることです。
多くのボランティアのスッタッフ、市職員の皆さんも選手の喜ぶ姿に生きがいを感じたと思います。こういうイベントを通して、男鹿市民が進化してしていると思いました。
また、選手の皆さんの若々しさ、パワフルな姿には元気を貰いました。私も「頑張らねば!」と良い刺激を受けました。
《ラグビー》レセプションでの半端でない盛り上がりには、驚きました。80才を過ぎてもユニフォーム姿でグラウンドに立つ気力。熱い人達でした。「ラグビーは、仲間づくり・率先垂範など、人間性の陶冶!」だと、改めて感じました。
《ミニテニス》ドライブ・カットなど多彩な技を使います。観客も多く大変な盛り上がりでした。秋田県が初開催の競技でした。閉会式は、手を繋ぎ絆を深め、輪になって選手を送る良い趣向でした。
「見知らぬ土地の、見知らぬ人たちとの新たな出会い」に感動した2日間でした。善き出会いに感謝!!
IMG_2019



















IMG_2031



















IMG_2027



















IMG_2034

「ねんりんぴっく秋田2017」

平成29年9月9日
「ねんりんぴっく」が愛称で、正式には「全国健康福祉祭」だそうです。
60歳以上の高齢者を中心に、心身の健康維持・増進図るとともに、スポーツの交流大会や健康・文化・福祉など多岐にわたるイベントが行われます。
総合開会式が県営陸上競技場で行われました。
入場行進は、各県・各市が趣向を凝らした行進をしました。ユニフォームも鮮やかで、各チームの紹介も選手が各地の方言で行いました。
なまはげ・竿灯などのアトラクションも行われました。
いずれも素晴らしく、感動的な開会式でした。
この後、男鹿市では、ラグビーとミニテニスの会場となっており、交流大会合同開会式が行われました。
最高齢者などに表彰が、なごやかに行われました。約600名の選手を市長・市議会議員などでお迎えし、大変喜んで頂きました。
良い思い出を沢山つくって、欲しいものです。皆さん、応援にお出で下さい!!
DSC06895

















DSC06897

















IMG_1824






感動的な「客船の見送り」

平成29年9月7日
豪華客船飛鳥Ⅱが、船川港に入港しました。
㈱道新観光が関連会社である、北海道新聞の創業130周年を記念して企画したものです。歓迎セレモニーは、生憎の雨で艦内で行われましたが、㈱道新観光の社長より、企画からの男鹿市の親切・丁寧な対応に感謝の言葉を頂きました。
乗船客791名のうち、484名がオプショナルツアーに参加して、寒風山・なまはげ館などを観光しました。バス13台、タクシー22台でした。しかし、300人程が船内に、とどまっていたようです。来年からは、道の駅「おが」を拠点に、船川の街中を歩いて欲しいものです。
出港の見送りは、感動しました。民謡・踊り・エレキバンド演奏で盛り上がり、乗船客が楽しんでくれました。こんなに多くの人が、デッキに出てくれたのは、今までにありません。船内から、「男鹿ありがとう!!」の掲示があり熱くなりました。
男鹿市民の「おもてなしの心」に、飛鳥Ⅱの人々も喜んでくれて、感動的なシーンでした。
ボランティァで、参加してくれた皆さんには感謝です。そして、ボランティァの人達が、自ら楽しんでいるのが良くわかりました。男鹿は、進化してると感じました。
IMG_1778



















IMG_1784

季節の便り 「白露」

平成29年9月7日
菅原 広二様

雨の多い東日本では、例年より早く秋の気配を感じる頃となりました。

暦の上では、今日は24節気の「白露」です。

24節気の季節の便りに載せて、
『致知』10月号の特集の「自反尽己」と
小さな人生論「ポケット名言集」に
「『自反尽己』に生きる」
という頁がありますので、その言葉をご紹介させていただきます。

秋の風情を感じながら、
言葉の意味と、先祖の思いに触れていただければと・・・

http://chichi.happy.nu/24/autumn09/


致知出版社  小笠原節子

「あきた元気むら大交流会」

平成29年9月2日
男鹿市で行われ、全県から地域おこしに取り組む集落が集まりました。
大交流会では、地域自慢のお菓子・漬物の試食も行われました。美味しいものが沢山あり、つい食べ過ぎてしまいました。
また、「伝統のなまはげ行事を継承する地域の取り組み」や「高校生と地域で創造する元気ムラ!」の事例発表がりました。
男鹿からは、安全寺と鮪川集落が参加しました。
とても活発な会でした。お互いの交流により、さらに磨きがかかると思います。しかし、商品化まで行っているところがないということなので、是非、道の駅「おが」と連携して、男鹿から成功事例をつくりたいものです。
堀井副知事も来て挨拶をしてくれました。
IMG_1745



















IMG_1747

「JR東日本」に感謝!!

平成29年9月2日
「男鹿ぐるめマーケット」が、東日本旅客鉄道㈱の主催、男鹿市の協賛で行われました。
船川港内特設会場(男鹿みなと病院の隣)で行われました。
「男鹿駅から徒歩約5分」との表示に、まず驚きました。ホームから臨時の通路を創ったのでした。本当に、駅からの近さを感じました。来年オープン予定の道の駅「おが」との、連携による相乗効果を感じました。改めて、良い立地条件だと思いました。
飲食コーナーでは、会場で買った魚介類を直接その場で焼いて食べれる仕掛けは、大好評でした。この発想は、今後も使えます。
その他、地場産品の販売や鉄道ジオラマなども人気でした。
また、中央の新聞社も招き、男鹿の良さをPRして頂きました。ここまでやるJR東日本には、感心します。
この日の来場者は、約3200名とのことです。JR東日本の集客力には恐れ入りました。また、このイベント会場近くのスーパーが賑わっていて、「どうしてこんなに人が来るの?」と店員が話していたそうです。街中まで、相乗効果が出ることが証明されました。
JR東日本の企画力・行動力・スピード感に感謝・感謝の日でした。
IMG_1711



















IMG_1724



















IMG_1710

記事検索
プロフィール

sugawara_koji

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ