平成29年11月19日
第15回ナマハゲ伝導士認定試験が、行われました。
主催は、男鹿市観光協会ですが、今回から男鹿市と男鹿市教育委員会が共催とさせて頂きました。
若い人が多いのに驚きました。受験者77名のうち、20代26名、30代12名、40代13名でした。この世代だけで、約80%です。大学生も多いようですが、一般の社会人の方もグループで参加しておりました。若い人たちが、伝統文化に関心を持って頂けるのは、本当に嬉しいことです。
また、県外の参加者が52%を占めておりました。これも驚きです。東京都などの首都圏から24名の参加で、全体の31%を占めております。
男鹿は、美しい景観・美味しい食・伝統文化があります。特に、ナマハゲは、都会では失われた「日本人の魂」を伝えていくものです。先祖がナマハゲを神として、五穀豊穣と家内安全を祈り、必死でこの土地で生きてきたことに感謝したいものです。
「貴重な民族文化が消えるのは、あっという間だ」そうです。人口減少で、後継ぎがなくなってきているこのナマハゲ行事、2018年には、ユネスコに登録予定です。皆で守っていきたいものです。
IMG_0079



















IMG_0072