平成30年2月10日
先日、「山村・過疎地域政策研修会」という秋田県内の市町村長の会で、指出一正さんが講演しました。
「増やせ多様な関係人口~関係人口を主張するワケ」との演題でした。とても感銘を受けました。
概要は、以下の通りです。

関係人口とは、交流人口以上、移住未満。
交流人口は、訪れた地域に思い入れがない。一生に一度、訪れればよい人達。関係人口は、そのまち・その地域が好き、そこの人のファン、そのまちの人と同じ立ち位置で一緒にやりたい。そのまちとかかわりを持ちたい人。
○関係人口は、健康寿命を伸ばしている。
人生のしまい方だけ考えていた老人が、関係人口の若者達と接して、「まちづくり、地域づくり、明日や未来を考え」楽しんでいる。
○「関係案内所」
宮崎県新富町では、観光協会を廃止し、その財源で「関係案内所」を創った。観光協会から、関係協会に移った若者は、「観光協会では、仕事とは、どうこなすかを考えていた」。関係協会では、「まちのことを皆で考える仕事をしている。まちをどうして行きたいか考える仕事は、楽しい!」との事。
まちに誇りを持つと、若者が集まってくる。「利他的な若者」が、「その地域を面白くしたい」と考え、地域に関わる人を多くする。
○「ゲストハウス
一か月に一回など、たまにそこを訪れる若者が、地域の人生の先輩たちと話するのが楽しい。高級なホテル・旅館で「おもてなし」をうけても、深い心の交流はない。
○その他
行政マンは、東京に「人さらいに行く」こと、清住白河などよろず性のある場所、茅ケ崎には「ちがラボ(?)」がある。
・三種町は、18から28歳で「若者会議」を行っている。
・東京の移住定住は、難しい。大阪・神戸が良い。
などの話でした。

「関係人口」との言葉は、最近、総務省の講演で聞いたばかりです。男鹿でいえば、男鹿出身者・なまはげ・ふるさと納税・ジオパークなど、男鹿は切り口が多いと思っていました。
この言葉の発信源の指出さんによると、まだまだ色んな可能性があります。移住定住でなくても、年に数回男鹿に来る・男鹿の行事に参加してくれるなど、男鹿に関心を持ってくれるファンを集めていくことです。
男鹿の可能性を感じました。「関係人口」を広めて行きたい。