平成30年3月22日
潟上市で行われました。
「地域社会の維持について」というテーマでした。
○社会減を如何に抑えるか。高卒で県外に出る率が高い。県内に良い会社があるのに、情報不足である。
○GBビジネス、65歳以上の方たちが、山菜を首都圏に協同出荷している。
などの意見がありました。
大変難しい、大きなも問題ですが、着実に取り組まなければいけないことです。
まず地域の住民が、自分たちの田舎の良さを拾い上げていくことが大事かと思います。
モデル地域を選定し、集落の全員参加で「地域ビジョン」を作成し、夢の実現に向いたいものです。一か所でいい、成功事例を創りたいものです。
県議会議員も良く勉強しており、参考になりました。「やらなければいけない!」とモチベーションが上がりました。
また、近隣市町村との連携、県との連携の尚一層の必要性を感じました。
IMG_1817