平成30年4月5日
菅原 広二様

今年は桜の開花が早まり、そのうえ花散らしの雨もなく
菜の花やチューリップなどと共に、各地で美の競演が始まり
日本列島が美しく染まる春爛漫を迎えています。

冬の寒い日々の中でも
今に生きることの大切さを
私たちに教えてくれる花の姿に
真民先生の詩が心に響きます。

咲くもよし
散るもよし
花は歎かず
今に生きる

清明の日の今日、
「坂村真民詩集百選」(横田南嶺・選)より
ひとつの詩をお届けします。

ほんのひとときでも、
こころ安らいでいただければと・・・

https://www.chichi.co.jp/special/24/spring05/

致知出版社   小笠原節子