今日のベルギー麦酒#005-グーデンカロルス・クリスマス sugaya-beer.comお久しぶりです!(笑)

二〇一二年皐月三十一日

今日のベルギー麦酒#006-ラ・シュフ sugaya-beer.com

このブラッセリー・ショフ、元々は「大瓶しか造っていなかった太っ腹な醸造所」というイメージが私には強く残っている銘柄ですね。
1.5Lのマグナムも何処よりも先に日本に輸入されていたのではないかと。

La Chouffe
Brasserie D’Achouffe / シュフ醸造所 : モルトガットデュヴェル醸造会社
ベルギービール / BelgianBeer

そうですねぇ、、、
ま、、グラスから嵌りラベルに向かい麦酒の味わいと兼ね合わされてのベルギービールと思っていた私にとって、最高の商材でした。

これとUKの
ホブゴブリンが一時期私の中での2TOP!
美味しい物にもイメージ大事!!これ必須。。

フルーティな"香"りというより"風味"と言った方が良いかと思います。口に含んだ時に口の中から鼻にかけて感じるオレンジピールやコリアンダー、ホップの香りが生き生きとしたイメージを造り上げています。

サーヴィング温度はやや低めの4℃から10℃位でご用意下さい。
飲みながら温度が上がる事で冷たい時には無い香りや味わいが出てくるのは美味しい麦酒の特徴ですね!
123161_detailImage2
グラスのデザインも色々変わりますので、コレクションが増えてしまうのが辛いところ・・・・


現在はデュヴェル・モルトガット社の傘下に入り独自経営ではなくなりましたが、独創性はそのままに諸外国での人気も落ちる事無く操業を続けています。

chouffe



sugaya5216 at 15:18│Comments(0)TrackBack(0) 麦酒 | ベルギー

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日のベルギー麦酒#005-グーデンカロルス・クリスマス sugaya-beer.comお久しぶりです!(笑)