ドラマー杉山雄一のカクテルドラム日記

CEDROCKのドラマー杉山によるドラマーのためだけのblogです。ドラマーさん以外の方々にとっては面白くも何ともありません

TAMA Cocktail JAM Drum Kit、CJB46C-ISPを愛用のドラマー杉山より、ドラムの話しかないblogです。2021年6月、参加する「CEDROCK」のレコーディングが予定されています

国産、、、なのかな?ひょっとして
スミダなお国あたりで創ってるのかな。

いずれにせよ海外のドラマー関連動画には
まず出てこないコチラ、PLAYTECKです。

一年半前に、5年ぶりにドラマー復帰を
決めまして、その頃に楽器を検索しまくり
知るに至ったメーカーさんです。
さうんどはうすのオリジナルですよ。

当時私は長期入院中でした。
もう鬱の真っ只中だったんです。
この、死んでさしまいたい感覚から
抜け出すには、在るべき自分に
なるのが一番効果的と判断さしました。

実際、その瞬間から私は激変しました。
引退の原因、四肢の末梢神経障害は
今も闘っていますが、叩けないで
泣いてばかりいるより絶対に良い。

そんな考えに至るまで約6年かかり、
その間2膨大なドラムセット、シンバル
何から何まで処分してしまい、手元には
スティクケース一つない。

4ヶ月の入院中、サウンドハウスや
オークション、アマゾンを見まくりました。
まずスポンサーになってくれた旧友の
お志で、TAMA cocktail jam が退院翌日に
スタジオにやってきました。

cocktail



次にこれまた入院中、私はシンバルの
事ばかり思案し検討を重ねました。

今となってはzildjianやMEINL . SABIANで
百花繚乱でさはさが、復帰した頃は
ご覧の純正セッティングで考えてました。
つまりクラッシュ一枚にクローズドハット。

色々試す中で、奇跡の出会いが。それが
PLAYTECKの12"HH.PCXです。
151649576_780604875878315_2635110563594446777_o

それまではスタジオの常設機材、
14"のROCK RIDEを借りてました。

まーバランスのわるいこと。
やっと小口径のHHに思い当たります。
見た目、そこから見えるサウンド、
無数の選択肢から選んだPCxが
実に素晴らしかった!

なんと言ってもキレ。包丁さながら。

そして熟考の末、これまでsplashしか
なかったクラッシュに、クラッシュらしい
一枚が欲しい戸なりました。

狙いは12"のスプラッシュ。出来るだけ
クラッシュの成分が多いやつ。
思い出しました。PCxがあるじゃないか。
買いました。昨日届き、土曜日組みます。


空でショットしても素晴らしさが
分かる、実に高品位なクラッシュです。
狙いは当たりました。

次回はセットに組み込んだ音をお届け。






かねてより計画していた「14"のHHを使ってRIDEとCRUSHに」を
昨日やってみました。使用のHHはMEINLのProfile Rock Velvet Hihats 1980s

80年製造の古い古いHHです。音はPAISTE寄りですね。
で、BOTTOMをRIDEに、TOPをCRUSHにしてみたと。
KIMG0446


RIDEは行けそうです。これまで使っていた
PAISTE PST 
12" DJs 45より
2インチの増加故、ヴォリュームは上がりますね。
意外とテイパーの刻みが気持ちよくなりました。
12" DJs 45の時はテイパーがぐわららららと堀がってしまい、
刻みにならない場面があったんですよ。でもこれならいいなー。

ただしクラッシュは全然ダメ。失敗です。まぁ元々HHなので、
念のため持っておきます。マイHHとして。

でもなー、やっぱ10”よか1サイズ大きいクラッシュが欲しいな。
なかなかないんですよね。このたりで試してみようかな。









一昨日、スーパースラッパーベーシストと二名で
リハーサルやってみました。まぁまだ2回目ですので
本当に様子見の段階です。遠慮なく自分の都合でい
色々作業委してみました。


まずはTAMAの新兵器、HP-50ですよ

こいつの調整がどうやからうまい事と進みました。
早いWもズッパズッパ決まります。いやー良かった。

宜しかったらそのリズムも。スマホの場所が悪くてBDはほとんど聞こえないんです。




ちょっとはねてる、ボンゾの感じが出たらなーと思ってやってみたら
意外と似てたんで売れいいですね。


さて来年は、メインであるCEDROCKに加えて、上記のファンキーなロックバンド、
そしてヘヴィーなロックバンドの参加します。まずは1月4日、もうすぐですが
ヘヴィーロックバンドのミーティングがあり、14日には上記のファンクロックバンドの
リハーサルが入る予定です。


ますます発展するドラマー杉山を、来年もよろしくお願いいたします。



<div align="center">
<a  title="instagram" target="_blank" href="https://www.instagram.com/sugi1023jp/​">instagram​</a>
 <a  title="twitter" target="_blank" href="https://twitter.com/drum92594656​">twitter​</a>
 <a  title="facebook" target="_blank" href="https://www.facebook.com/sapporo.create">facebook</a>
 <a  title="youtube" target="_blank" href="https://www.youtube.com/channel/UCNuOu4uwaQQhvrXJkk_Opng">youtube</a>
 <a  title="ネクスト杉山" target="_blank" href="https://sugiyama-yuuichi.hatenablog.com/">ネクスト杉山</a><br />
</div><br /><br /><br />

まず、クラッシュとして使っている10"スプラッシュ。

これまで以下のシンバルを使用してみました。
メーカーとシリーズをご案内。全て10"のスプラッシュです。


・A Zildjian 
・SABIAN Sonix Pro
・PLAYTECK PCH
・PAISTE Color Sound 900 



色々組み合わせ、これでもかとセッティングも試し、
現状での一つの回答が析出されました。


カクテルドラムのクラッシュはSABIANを採用する。


もちろんあくまでも私の感覚です。何と言いましょうか、
カクテルドラムのドラムサウンド全体の中で混ざり具合が
最も適する
と感じるんです。



Zildjianは「普通」なんですよ。スプラッシュと言えば
この音になります。悪く言うと無味無臭なんですよ。



PAISTEは900ですので、実質2002と同列ですよね。
「クシャン」と言う成分より「コワーン」なんですよ。
なので普通のドラムセットでヘヴィーなロックに向いてます。



PLAYTECKは単純に外れました。と言うことで残った
SABIAN Sonix Proをメインで採用。
siinix

そして今日、SABIAN Proの10"が到着するんです。
この2枚のコンビネーションでクラッシュは完成ですね。
pro
なおZildjianは通常のドラムセットでのリハーサル用に
IRINの8"とのスタックで使用しましょう。

昨夜のPAISTE 900とSABIAN Sonix Proの2枚での
コンビネーションがお聞きいただけますので宜しければ。




カクテルドラムでドラマーに復帰し、1年です。
お陰様でとんでもなくコンパクトに始まった
カクテルドラムですが、デフォルトではクローズドHHで
後はクラッシュ用に一枚ってなキットだったんですが、
「HHはHHスタンドで開け閉めしたい!」っつって
実際にHHスタンドを入手して食い込んだ途端に発症し、
今じゃなんぼ引いてもバーズアイビューではフレームに
収まらないほどになっちゃいました。ご覧の通り。

KIMG1067




KIMG0979





ノーマルなドラムセットに決して引けを取らないサウンドですから。



そんな私も復活一年を経て、ついに通常サイズのドラムにも挑むんです。
先日が6年ぶりの22"-12"-13"-16"-SDのキットを叩いた模様です。







こうなりますってぇと、メインでやらせてもらってるCEDROCKならばカクテルドラムで
フルセットがスタジオの器材庫に格納されてますので、違うバンドのリハーサルは
どうしても違うスタジオのnormalドラムセットでプレイすることになります。

そこを見据えてまずはフットペダルの購入でしたよ。TAMA  THE CLASSIC PEDAL HP50。



そしてちょっと探したら出て来たのがご覧のフットペダルケースです。

51xXoEVQewL._AC_SX569_とにかく激安でしたし廉価商品でおなじみのIRIN製品です。



安っぽさは織り込み済みです。でもね、同じIRIN製のスティックケース、500円と思えない必要十分なちゃんとした製品でした。

8"のスプラッシュも実は気に行ってるって位しっかりとしたスプラッシュサウンドです。


このペダルケースですが、なるほど薄っぺらいし、クッションもぺらぺらです。
ですがフットペダルなんですから繊細な楽器じゃありません。
そんなね、国産一流メーカーの重厚なケースは私は求めていないと。


ペダルを始め、スプラッシュ二枚とかシンバルホルダー、アダプター、スティックケース、
スマホ撮影用三脚、各種工具やケーブルなど入れてまだまだ余裕です。


KIMG1114

外付けポケットがまだありましてね、スマホも財布も余裕で入るので、リハーサルの際は
このケース一つだけですべて解決するんです。いやー実は多機能なこちらのフットペダルケース、
中の仕切りはマジックテープですので、日によっては普段使いで行けちゃうクオリティです。


やっぱりなめちゃいけないIRIN製品でございました。






盲点中の盲点でしたよ。

ミニキーボードスタンドです。

sryst


これ、ご覧のように天板が
水平になるんですよね。


ってことは?はい、テーブルに
なるんですよ。

これまで挙動が難しかった
トライアングル、ティンシャ、
マレット、ロッズなどを
おいて、いつでも必要な時に
手にすることが出来ます。


サイズもぴったり、100均の
滑らないシートをのせました。

スタンド本体の天板はスチールんので
トライアングルなどがかんかんと
余計なノイズが出てはいけないので。


その内、CEDROCKの音楽性を
反映した、民族衣装風のストールを
かぶせてみたらカッコいいかも。


その途端にHH側からの並びが
異様に整いまして、まとまりが出まして
もうほとんど決定です。

それがこちら、バーズアイビューです。
HH側のみね。全体はスタジオの
天井からでも収まりきらなかったと。

KIMG1067


あっち出せばこっちは引っ込むと言う、
ドラムセッティング特有の現象で苦しんでいましたが、
片側から攻めるのが良かったのかもしれません。どんどん決まって行ったもん。
いやー感無量です。


また、この間に他のバンドにも参加して行くんですが、
通常のドラムセットで叩くことになります。でもカクテルドラムでトレーニングを
一年間やって来たのが功を奏して、案外違和感なく叩けたんです。


こっちはこっちで真剣にやりますので、ってことでTAMAのペダルを買ったわけです。
61KsUPdLI9L._AC_SL1500_
年内は多分準備期間かな。
来年から2〜3バンドでリハ―サルが入ると思います。

滅茶苦茶だった去年のあれこれをぶっ飛ばしてやるんだ。







…があった今日でしたよ。
まんずCEDROCKのリハーサルでした。

ギター/マニピュレータのDiegoが会長不漁のため欠席でして
結成当初以来の楽器体2名でのアンサンブルで進めました。

とは言えVoのyukoさんもタンプーラやパーカスを担当します。
まずはディジュリドゥとドラムのみのインプロヴァイスです、

いつも恐るべき多彩な音色で楽曲に命を与えてくれるDiegoがいないので
物凄く隙間ばかりに感じますが、その分自分への集中力が増すんですね。

セッティングもまたしても変更、10"のスプラッシュシンバルを一枚追加です。
PAISTE COLOR SOUND 900ですよ。黒いの。バーズアイビューです。

KIMG1025



これでクラッシュとしての10"スプラッシュは、
左からPAISTE、Zildjian、SABIANです。

なんだってこう統一感がないのか。


それはほとんどわざとです。カクテルドラムなので
当然小口径になりますよね。全体音量が小さい。
するとシンバルのような「本体が楽器」、
つまり体鳴楽器の特色が通常のドラムセットよりも
思いきりそれぞれの個性が前面に出ます。

これを逆にとらえ、全く違う個性のクラッシュ
(スプラッシュ)が並ぶことによって
カクテルドラム特有の「メロディアス」な表現が
しやすくなりますよ。


でもまだ決まりじゃありません。
もう一つのガレージロックなバンドで、これを使います。
たまたまこの2枚、カクテルドラムとの相性があまり良くなかったんですよ。
IRINの8"とPLAITECKの6"ですよ。

どちらも単体の音はいいんですがね、
カクテルドラムセットの中では、悪い意味で
前に出ちゃってたんですね。・・・ってことは、
ロックバンドにはむしろ向いてるじゃないかと。

ってぇことで、元々はカクテルドラムの
クローズドハット用のホルダーを
ダブルスプラッシュ用に改造しました。大得意。
次のリハーサルに持ち込もうと思います。

あー楽しい作業だった。







これです、TAMA THE CLASSIC PEDAL HP-50です、
61KsUPdLI9L._AC_SL1500_



たまたま立ち寄った楽器屋さんで異様に心惹かれました

まず私は引退した5年前まで、頑なにYAMAHA FP-720を
踏んできました。23歳からずっと。

そんな私の感覚から見ますと、まず目につくのはフットボード。
盾にスリット的なホールがあります。これは720同様、愛して
やまないludwig SpeedKingやYAMAHA FP-310を想起させます。
ほとんど見た目の問題ですが、ノスタルジックになれます。

次にボトムプレーなしのこの仕様。
私、どうしてもボトムプレートが好きになれなくて。
それもあって意地でも720だったんですよ。


ところがこのペダル、現代の常識に真っ向から逆らうかのような
ポール式のボトムです。これ、すごく大事です。

そしてビーター。私ね、昔ながらのフェルトの円が好きなんです。
前後で素材が違ったりする最近のビーターは信用していません。

そして細かい部分ですが「剣崎がない」、ここ大切です。

昔のセットならいざ知らず、最近のバスドラはレッグがしっかりしており
まず歩くことはないでしょう。しかも剣崎がついてる場合、
支柱から床に刺さる長さによってペダル全体の傾き、およびバスドラの
床に対する安定度が低下します。そらそうです、あんな大きなバスドラの
手前打面側が針みたいな細い剣崎2本なんですから。

なので私、720の時も剣崎は使っていませんでした。
KIMG1003
さらにテンションを決めるスプリング調整は上向きについており、
バスドラから外さなくても調整できるのがまた心憎い創意工夫です。

ペダル全体の高さが、ビーターやフットボードの角度に関係なく
独立して上下できるのもいいんですよ。近未来、小口径のバスドラを
蹴ってみたいので、そのための布石にもなります。


ペダル一つ買ったってだけで、頭の中で様々なフレーズが飛び交います。
この辺、楽器と言う商品はやっぱりミュージシャンの片腕ですね。







昨日は誕生日でした。
一番自分らしい場所でって思いまして、
CEDROCKの拠点であるスタジオタイラーで
セッティングの調整に行って来たんです。

加わった一枚がこれ。

mienl122MEINL Generation X Jingle Filter China 12"です。
Generation X Filter China 12"と並べています。

ジングルがついてるとここまで違うんですね。
ヴォリュームも違うんですが、何と言っても
リズムキープで使うと楽しそうです。

ってかそうやってみました。

宜しかったらご確認くださいませ。




結果、とってもいい誕生日になりました。

バーズアイビューです。
KIMG0979

考えた末、ちょっとカクテルドラムでは浮きがちだったIRINの8"とPLAYTECKの6"を
新たに加入したガレージロックのバンドで使いましょう。シンバルの音が尖っているので
むしろこの方が良い。俺の頭の良さと勘の冴えには毎度驚愕する
TLdFw0p2



・・・という、普通サイズのドラムを叩いた!


昨年10月の復活はカクテルドラムでした。
今となっては大型戦車セットですが、

元はこうですから。cocktail
ここに思いつく限り楽しめそうなものを加えて行きまして、気が付いたらこんなことに。
KIMG0836




前から見たら、カクテルドラムの小ささが良くお分かりかと思いいます。

KIMG0739




気が付けば一年経過しました。今の情勢その他で今はちょっと停滞していますが
出来るだけ早期に活動再開したいですね。

その間隙をついて、私は新たにバンド加入です。

今回は打って変わってガレージロックですから。これまでの自分のまま
自然なリズムで臨むことが出来そうです。まが一回しかリハーサルを
やってないんですが、それだけでも面白いもんですよ。



ドラムを叩いてるって実感が溢れていましたよ。
普段のカクテルドラムは最高ですのでもちろんこのまま
使用して参りますが、このバンドはリハーサル場所も違いましてね、
自分の器材を全て格納してあるCEDROCKのスタジオじゃないので
どうしたって常設の普通のセットを使いますが、行けそうな実感があります。




ようやくここまで戻しました。
もっともっと復活します。








↑このページのトップヘ