杉山茂樹のBLOGマガジン

Profile
[プロフィール]
  • 静岡県出身。東京都在住。AB型
  • スポーツライター
  • 得意分野はサッカーでヨーロッパが厚め
  • W杯は82年のスペイン大会以降、10大会連続現地取材
  • 五輪も夏冬併せ9度取材
  • テーマは「サッカーらしさ」「サッカーっぽさ」の追求
  • 愛称はスギッチ。サッカー番長。スタジアム評論家
  • IMG_7946
    Atom

    【有料記事】3バックか4バックか。数字で判断してはいけない。コンセプトを見分ける方法とは

    4バックと3バック。それぞれには様々な種類がある。現在使われている布陣の中で種類が多いのは4バックだ。3バックとのシェア率を比較すれば、だいたい4バック8割、3バック2割。それぞれは多数派対少数派の関係にある。したがって3バックのチームは、それをあえて採用していることになるので、こちらはなぜそれなのかという興味を覚える。

     とはいえ、サッカーのスタイルを見るうえで4バックか3バックかを一番の物差しにするのは間違いだ。一口に4バック、3バックと言っても種類は様々。コンセプトが異なる布陣が存在する。数字が4と3と違ってもコンセプトが同じ場合もある。数字に惑わされてはいけない。サッカーを語る上で注視しなければならないポイントになる。

     たとえば、試合当初「相手は3バックです」と述べたなら、それはどういう3バックなのか、試合が流れていく中で詳らかにしていくのが実況アナや解説者、評論家の役割になる。4バックも然りだが、4バックのチームは一般的に4バックと呼ばない場合が多い。4−3−3とか4−2−3−1とか具体的な数列表記で言い表そうとするものだ。4バックは多数派なので、分類しやすいからだろうが、それだけに3バックが「3バック」と十ぱ一絡げに呼ばれていることに違和感を覚える。

     3バックも種類豊富だ。コンセプトが違う布陣がある。「3バックです」と言ったまま放置されると、いたたまれなくなる。
    続きをYahoo有料記事で読む
    続きをTHEORYメルマガで読む
    続きをnote有料記事で読む
    続きをタグマ有料記事て読む

    森保J、キルギスの術中にはまる。 長友、酒井が上がれなかった理由

     スコアは0−2ながら、奪ったゴールはPKと直接FK。守ってはGK権田修一(ポルティモネンセ)が超美技を2度披露した。内容的には2−2で引き分け、せいぜい2−3で日本の勝利の試合。前戦タジキスタン戦(0−3)とは、スコアこそ1点しか違わないが、W杯アジア2次予選対キルギス戦は、それとは比較にならない大苦戦だった。
    続きを読む.

    二兎を追う者は一兎をも得ず。森保監督の兼任は是か非か

     森保監督はU-22の監督も兼ねる兼任監督だ。しかしU -22チーム監督として、これまでどれほど活動してきただろうか。事前に練習を行い、その流れで試合に臨んだことは、兼任監督就任直後に行われたアジア大会に限られる。それ以外は全て横内昭展コーチに任せてきた。

    「彼と私は全く同じ考えの持ち主であると考えてください」と森保監督は当初述べたものだが、これは言い逃れだ。サッカー競技の特性を踏まえれば、1から100まで全て同じ考え方の持ち主がいたとすれば、それは奇跡。十人十色どころか、1万人いれば1万通りの考え方が存在するのがサッカーである。だいたい同じとか、似ているならわからないでもないが、全く同じはサッカーの道理から外れている。

     当初は、もう少し兼任を実行できると思っていたのではないか。横内コーチに任せる割合は半分程度と読んでいたのではないか。兼任監督に任命した田嶋幸三会長はどう見ているのか。読み違えだとすれば、任命責任は重いと言わざるを得ない。

     来たる14日、日本代表はアウェーでキルギス戦を戦う。森保監督の帰国は16日になると思われるが、17日(12時50分キックオフ/広島)には、日本U -22対コロンビアU -22戦が組まれている。森保監督はこの一戦のスタッフに名を連ねているので、試合現場には駆けつけるものと思われるが、練習には参加できないだろう。スタメン等は横内昭展コーチが決めることになるはずだ。

     一方、日本代表もその翌々日(19日)、大阪でベネズエラと親善試合を行う。ただしメンバーは、5日前に行われるキルギス戦と大幅に入れ替わる。主力の欧州組9人が抜け、代わりに国内組が加わる。この中には新顔も4人いる。従来の「ベストメンバー」で、ここに名を連ねるのは柴崎岳、中島翔哉などほんの数人に限られる。まさに急造チームでベネズエラと対戦するわけだが、森保監督の大阪入りは早くても17日の夜。練習に立ち会えるのは試合前日の18日しかない。

     兼任監督の立場を貫こうとすれば、いずれの試合も前日しか、チーム練習に立ち会えないことになる。二兎を追う者は一兎をも得ずーーの状態に陥ろうとしている。

     ベネズエラ戦のみ招集された9人の選手はとりわけ哀れだ。既存の選手とコンビネーションを図りたくても図れない状態にある。アピールする機会も限られている。フェアな環境にあるとは言い難い。兼任という監督の都合のために理不尽を強いられている格好だ。

     そもそも、なぜ一気に9人も入れ替えるのか。これでは別部隊も同然だ。なぜ4、5人ずつではダメなのか。キルギスとベネズエラ。どちらか強いかと言えば、断然ベネズエラだ。メンバーを落として戦うべきはむしろキルギス戦の方になる。

     代表は循環が宿命づけられている集団だ。現在のベストメンバーは近い将来、ベストメンバーとは言えなくなる。9人の入れ替えはそうした流れに相応しい考え方とは言えないのだ。現状は循環しにくい状態にある。

     U -22との関係性に話を戻せば、なぜ使用する布陣は相変わらず両者で異なるのか。3−4−2−1と4−2−3−1。「3バック、4バックどちらを採用するにしても原理原則は同じだ」と、森保監督は両者に大きな違いがないことを強調するが、だとすれば、その原理原則について声高に叫ぶ必要がある。抽象論ではなく具体的かつ明解でなければならない。

     大した問題ではないと言うのであれば、逆になぜ、同じにしないのか。横内コーチと森保監督が全く同じ考えの持ち主だとするなら、そこは一致させるべきポイントだ。矮小化するための言い訳に聞こえてしまう。

     この2つの布陣を同じ種類のものだという人は、この世の中に決して多くはいない。いま採用されている布陣の数はざっと10通りぐらい存在するが、その中にあってこの両者は、接近した関係にいない。水と油の関係と言ってもいいほど離れている。

     今回もU -22とA代表の布陣の関係に変化はなさそうである。U -22の招集メンバーに目を通せば、3バック(3−4−2−1)をベースに選手を選考していることが想像できる。育成部門とトップチームが全く別のスタイルで戦う姿は、森保監督がなんと言おうと異常というべきなのだ。しかし、その点について追及するメディアはほとんどいない。「原理原則は同じ」という言葉に素直に納得しているのだとすれば、現在の状況は将来も蔓延ることになる。

     代表監督が何をしたがっているのか、コンセプトがよくわからない世界。これもサッカーにおいては異常だ。森保監督と、コンセプトを明快に語りながらJリーグで快進撃を続けるアンジェ・ポステコグルーと、どちらが一般的かと言えば断然、後者だ。日本サッカーをどのような方向に導きたいのか、それを明確に語れるなら、多少無理があっても兼任監督を認めたくなるが、それなしでは厳しい。日本サッカー界は現在の異常さに気づくべきだと思う。二兎を追う者は一兎をも得ず、である。

    仲川輝人のゴラッソが証明する、 日本代表「超」級のスピードと技術

    「スピードスター」なる言い回しがあるものの、サッカー界で、見るからに足が速い快足選手がスターとして大成した例はあまり多くない。日本代表史を振り返っても、岡野雅行以降、永井謙佑(FC東京)が登場するまで、長い時間がかかっている。
    続きを読む

    J1自動昇格圏内に順位を上げた横浜FC。三浦カズはどうする?

    「地域に根ざしたスポーツクラブ作り」を目指しスタートしたJリーグ。現在、J1からJ3に在籍するクラブは55を数える。また、将来Jリーグ入りを目指しているクラブも多数存在する。

     クラブ数は依然として増加の傾向にあるが、そのほとんどが育成型だ。選手がユースチームからトップチームを目指すプロセスは構築されていても、トップチームから降りていく下部組織はない。昇りの階段はあっても、下りの階段は用意されていない。戦力外になった、階段を降りなければならなくなった選手の選択は、移籍か引退かに限られる。
    続きを読む>>>>

    U−22に招集された久保、堂安とシドニー五輪に出場した中田英寿との関係性

     ブラジルで開催されているU−17W杯。グループリーグを首位で通過した日本U−17は、決勝トーナメント1回戦でメキシコに0−2で敗れ、ベスト8入りを逃した。

     この結果について語ろうとした際に必要なのは、このU−17W杯の主旨や概念だ。W杯。世界一決定戦とはいえ、言わずと知れたアンダーカテゴリー(年齢別)の大会である。

     大会の最大の目的は、サッカーの普及発展だ。当初はU−◯世界選手権と呼ばれていたが、その後、W杯=ワールドカップに名称が変更されたことで大会の格式もグレードアップ。結果に重みが増すことになった。しかしレギュレーションに目を通せば、世界一決定戦に相応しい仕組みになっていないことが判る。

     A代表のW杯=ワールドカップと出場枠を比較すれば、一目瞭然だ。世界で最もレベルの高い欧州地区の本大会出場枠は24枠中5枠。対してW杯、たとえばロシア大会における欧州の出場枠は32枠中13枠(+開催国ロシア)だった。一方、アジア地区はロシアW杯が4.5枠でU−17W杯が4。オセアニアに至っては、ロシアW杯が0.5枠でU−17は2枠と逆に大きく増大している。

     欧州が枠を極端に減らされ、その分を後進地域が分け合っている格好だ。サッカーの普及発展というコンセプトは、この出場枠に如実に反映されているのである。クラブサッカーが発達し、選手が育つ環境が整っている先進地域の欧州に、無言で遠慮を求めている大会。一言でいえばそうなる。
    続きをYahoo有料記事で読む
    続きをTHEORYメルマガで読む
    続きをnote有料記事で読む
    続きをタグマ有料記事て読む

    CB2人退場のアヤックス。 ラスト十数分で見せた攻撃サッカーの神髄

     チャンピオンズリーグ(CL)第4節は、第3節と同一カードをホームとアウェーを入れ替えての対戦となる。第3節で接戦、好勝負を演じた一戦には自ずと目を凝らしたくなる。
    続きを読む>>>>

    森保ジャパン、異例の「9人入れ替え」。 その編成をどう評価するか

     W杯アジア2次予選は、オセアニア地区を除けば世界で最もレベルの低い戦いだ。そのなかでも日本が振り分けられたF組は、首位候補(日本)と他国との差が最も離れたグループになる。日本はいま、世界でも最も楽な無風区の中にいるわけだ。
    続きを読む>>>>

    サッカー監督の資質を見分けるポイントは「喋る力」にあり

     先の日曜日。乾貴士が所属するエイバルにホームで惜敗したレガネスは、ルイス・センブラーノス監督を解任。新監督にハビエル・アギーレを迎えた。
     
     言わずと知れた元日本代表監督だ。就任して7ヶ月後、サラゴサ監督時代に、八百長に関与した疑いが浮上。2015年2月に解任の憂き目に遭った。
     
     その後、UAEのクラブチーム、エジプト代表監督を務めていた。八百長の話は疑いのまま。それはもはやすっかり過去の話になっている。
     
     疑わしきは罰せず。これは裁判における原則になるが、日本サッカー協会の場合は、疑わしいので解任した。そう言われても仕方がない。世間の目を意識した判断と言うべきだろう。特にスポンサー筋はこうした醜聞を嫌う。一般社会の常識に屈したと言うべきなのかもしれないが、いまとなっては神経質になりすぎた気がしてならない。半年間ぐらい休養させ、一時的に、代行監督に任せておけばと、こちらは当時、記したものだ。
     
     それほどそのサッカーがよかったからだ。就任が決まった瞬間から期待を寄せていた。スペインでそれまで、いい仕事をしていたからだが、日本代表就任会見でその話を聞いた瞬間、それはより確固たるモノになった。
     
     話が明快だったからだ。通訳を介しているとはいえ、サッカー監督に必要な要素を満たした人物であることが、発せられるその言葉によって明示されることになった。
     
    「まず守備から……」とアギーレが言えば、ある記者はこう質問した。「守備を重点的にと仰いましたが、ディフェンダーの選考にはどういう点を留意するか」と。アギーレはこう返した。「攻守、両方こなせるバランスを持った選手を求めています。まずボールを奪うということが重要だと思います。そして奪ったボールをできるだけ的確に扱い攻めていく。FWにも、MFにもそれを求めたい。ディフェンス陣だけが守備をするとは、私は考えていません」

     しかし、これだけ言っても、まだ、次のような質問が傍らに座る原博実専務理事(当時)に浴びせられた。

    「守備的なサッカーを重視する監督で、攻撃的サッカーは目指せるのか? 従来と路線が違うのではないか」

     これは5年前の話になるが、当時の質問のレベルはこんなものだった。攻撃的、守備的、それぞれの概念が判然としない質問が、記者会見の現場で普通に飛び交っていた。しかし、アギーレはそれに落胆することなく、わかりやすい言葉で丁寧に説明した。

     アギーレは、そこで使用する布陣まで言及した。「4-3-3だ」と、聞かれたわけでもないのに答えた。これは日本サッカー界のレベルは幾ばくか上昇させるような記者会見でもあった。

     それに引き替えと言いたくなるのが、森保監督の会見だ。通訳を介しているわけではない。こだわりのある日本語を駆使できるはずだが、その口を突いて出る言葉は凡庸だ。才気溢れる監督の言葉には聞こえない。率先して何かを語ることもない。

     アギーレのレガネス監督就任を聞くと、つい無い物ねだりをしたくなるのだ。監督、あるいは指導者には「オシムの言葉」ではないけれど、オリジナルでこの世界をリードするような台詞を吐いて欲しいものである。カリスマ性はそこに宿っている。

     先日、観戦取材に出かけた川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島戦の試合後では、試合後の会見に臨んだ川崎・鬼木達監督の言葉に、それってどうなのと、引っかかりを覚える箇所があった。

     自軍の右サイドの話をしている最中、同監督はこう述べた。

    「まっ、相手もそこ(対峙する左)がストロングですから」

     ストロングは形容詞だ。名詞ではない。ストロングポイントではないのか。この日に限った話ではない。鬼木監督は毎度、ストロングを口にする。鬼木監督に限った話ではない。多くの監督がこの言葉を口にする。さらに、テレビ解説者、評論家の中にも多くいる。指導者の現場で流行っている業界用語なのかもしれないが、公式な場でこうも多く使用されている現実を見ると首を傾げたくなる。それは言葉使いにこだわりがない人であることが、バレバレになる瞬間なのである。

     もう一つは回収だ。「相手ボールを回収しました」と最近、よく言われる。実況アナウンサーもこれに含まれるが、適切な用語は回収ではなく奪取とか、奪還だろう。ゴミを回収(=収集)しているわけではない。集める行為ではなく奪う行為だ。ルーズボールを回収したなら解らなくもないが、これもストロング同様、狭い世界で流行っている適切とは言い難い言葉遣いになる。

     繰り返すが、そこに安易に飛びつこうとする監督にカリスマ性は宿らない。言葉使いにこだわりのない人物。そう見られることに抵抗がない人物に映ることになる。監督としての資質を見分けるポイントだと思う。

     監督は相手に自分の意志を的確に伝える力が問われている職業だ。喋りは重要なポイントになるが、ライターという立場から言わせてもらうと、それはある程度、書く力に比例する。
     
     外国には選手上がりのジャーナリストはたくさんいる。自らの手で原稿を書いたことがある監督、指導者は多くいる。だが日本では、監督や指導者、あるいはテレビ評論家、解説者のほとんどが自らペンを走らせない。原稿化される場合は代筆が大半だ。言葉にこだわりがない監督、指導者が多い理由だろう。それでは記者会見でオリジナルな言葉を吐くことは難しい。ロッカールームで選手たちに伝えている指示の程度も垣間見えてしまう。
     
     アギーレの名前を聞いて、改めて監督の喋る力を問い質したくなった次第だ。手赤にまみれた言葉ではなく、人と違うオリジナルな言葉をどれほど吐こうとしているか。重要なチェックポイントだと確信する。

    昨季の王者、川崎のボール支配率が 低下した要因はサイドにあり

     J1リーグ第29節。勝ち点47で並ぶサンフレッチェ広島とホーム等々力で対戦した川崎フロンターレは、後半39分、マギーニョの決勝ゴールで勝利を飾り、勝ち点を50に伸ばした。しかし、上位3チームがすべて勝利したため、結果的にその差は詰まらずに終わった(鹿島アントラーズ/勝ち点57、FC東京/57、横浜F・マリノス/56)。残り4試合。川崎がこの3チームをまとめて抜き去ることは難しい状況だ。3連覇は絶望的な状況になったと言えるだろう。
    r続きを読む>>>>

    【有料記事】右利きと右利きか。右利きと左利きか。右SBにとって歓迎すべき右ウイングとは

     長友佑都(ガラタサライ)、南野拓実、奥川雅也(ザルツブルグ)、伊東純也(ヘンク)。今季のチャンピオンズリーグ(CL)に4人出場している日本人選手の中で、先週行われた第3節、最も目を惹くプレーを見せたのはリバプールと対戦した伊東純也だった。

     0-1で迎えた前半26分。伊東が右の深い位置から上げたマイナスの折り返しをキャプテンのエンブワナ・サマッタがヘディングシュート。ゴールは決まったかに見えた。しかし、VARとなり、ボールが出た瞬間、リバプールの左サイドバック(SB)、アンドリュー・ロバートソンより、伊東の身体がわずかに出ていたことが判明。ゴールは取り消しになった。

     しかし伊東はこの後にも、右のさらに深い位置から今度はグラウンダーで強いマイナスのボールを送球。際どいチャンスを演出した。

     リバプール戦は4-4-1-1的な4-4-2の右サイドハーフ。その前のナポリ戦では4-2-3-1の3の右を務めたが、タイプ的には完全な右ウイングだ。

     右利きの本格的な右ウイングは世界的に貴重だとは、これまでしばしば述べてきた。左利きの選手が右でプレーする割合がここ10年、15年の間に主流になりつつあると。日本代表で言うならば、主流派は堂安律、久保建英であり、伊東は異端派になると。

     その理由について改めて整理してみたい。かつてと現在とサッカーを比較したとき最も異なるのは何か。久しぶりにサッカーを見る人はSBだと言うに違いない。実際、そうした声を多く耳にするが、その位置取りはかつてに比べ格段に高くなった。マイボールに転じれば、守備的MFより高い位置を取ることは、もはや珍しくもなんともない。外で構える中盤選手。縦長のピッチを正面スタンド、あるいはバックスタンドから眺めれば、そう受け取れるはずだ。
    続きをYahoo有料記事で読む
    続きをTHEORYメルマガで読む
    続きをnote有料記事で読む
    続きをタグマ有料記事て読む
    Monthly Archives
    メールマガジン(有料記事)





    Hot Topics 最新刊
    Mobile
    QRコード
    • ライブドアブログ