バーレーン102位、シリア115位、マレーシア155位。

僕は不確定要素が多いFIFAランキングを材料に、何かを語るのは避けようと思っている。日本ランキングは19位だが、それを額面通り受け止めるのは危険だし、実際、30位ぐらいなんじゃないかと怪しんでいるが、それでも、日本のU22と上記の3か国との間には決定的な開きがあると確信する。抽選結果を見た瞬間、正直これはもらったと思った。普段、悲観的な予想に走りがちな僕でさえ、笑いが出そうなくらい安堵した。本当にフェアな抽選だったのかと勘ぐりたくなったほどだが、それもいまや昔。すっかり懐かしい話になっている。五輪チームは、これまでの戦いで一切と言っていいほど格上感を出せずにいる。

日本が急に弱くなったのか。相手が急に強くなったのか。宮市を招集できないからか。清武、原口がA代表に招集されたからか。山村が怪我をしたからか。はたまた「勝負の世界は何が起こるか分からない」からだろうか。

日本が、思いきり手を抜いて戦っているのなら分かる。この予選を文字通りテストマッチと位置づけ、メンバーや戦術及び新布陣を試しているのなら納得できる。五輪チームの本来の趣旨に基づき、結果を度外視し、若手の底上げを図るような戦いをしているのなら全く問題はない。強者ならではの余裕を前面に押し出しながら、苦戦覚悟で強化に励んでのならオッケーだ。

実際、抽選結果を見たとき、逆にそれぐらいのことをしなければ、時間の無駄だと思った。それができる環境が用意されたものと思った。格上感を予選を通してどれほどいい感じで出せるか。関塚監督に問われているそれこそが最大のポイントだと思った。

5‐0ぐらいで勝てるだろうと思ったマレーシアに、ホームで2‐0に終わると、協会の首脳は、同じ時期にA代表がベトナムにホームで1‐0で辛勝したことと重ね合わせるようにこう述べた。「最近はアジアの勢力図も少し変わってきていて、ベトナムとか、マレーシアが強くなってきている」と、相手の力が上昇していることを言い訳の材料に挙げた。

続くアウェーのバーレーン戦も苦戦だった。スコアこそ2—0だったが、日本が自ら掴んだ決定的なシーンはごく僅か。結果と内容が一致していたわけではない。苦戦の原因が、日本みずからに潜んでいることが、明確になった試合でもある。

そしてホームにシリアを迎えたわけだが、スタメンは山本と山口が入れ替わっただけ。布陣も4—2—3—1で変わらず。バーレーン戦の結果に満足したのか、内容について見直しが図られている様子は伝わってこなかった。もちろん、多くの選手を試し、底上げを図ろうとするU22本来の目的も見えてこなかった。

つまり余裕は一切見られなかった。強者の振る舞いができずにいる。小さく固まり、絶対に負けられない戦いの渦中に引きずり込まれていた。

試合はご存じの通り、前半終了間際に先制点をマークしたものの、後半になるとシリアにぐいぐい押し込まれる苦しい展開。マレーシア戦、バーレーン戦と同じ流れになった。それ以上に撃ち合いを挑まれてしまったわけだが、にもかかわらず、日本ベンチはその状況を、手をこまねいたまま傍観した。挙げ句、後半30分に、同点ゴールを叩き込まれてしまう。

最初のメンバーチェンジが行われたのはその直後。まるで良いサッカーができていないのに、そこまで手を打たなかった。つまり、若手の底上げもできなければ、試合内容の改善もできなかった。世界ランク115位のシリア相手に、19位の日本は格上感を出せなかった。

メンバーチェンジの話をすれば、2人目の交替は後半36分。3人目の交替は試合終了のホイッスルが鳴る7、8秒前だった。その間、決勝ゴールが決まり日本は2—1で辛勝したわけだが、その瞬間、僕には日本がとてもサッカーの弱い国に見えた。

アイディアはこれしかないの? もっとできるはずなのに、もっと可能性があるはずなのに、なぜそんなに小さく縮こまるのか。タッチライン際をせわしなく動く関塚監督の試合中の振る舞いを見ていれば、余裕のなさは一目瞭然だった。世界で19番目に強い国の監督にはとてもではないが見えなかった。

しかし、日本は勝利を収めた。劇的な勝利に酔いしれた人も少なからずいるはずだ。日本に蔓延る結果至上主義が、問題点を隠蔽してしまう恐れは十分にある。115位のシリアに、それこそ全力で戦い負けそうになった試合を喜んでしまえば、近い将来、罰が当たるような気がしてならない。

シリア戦ではとにかくボカ蹴りが目立った。特に後半、バッコンバッコン、後方からボールを蹴りまくった。

パスを繋ぐサッカーの片鱗も見せたことは見せた。前半、手の込んだ小さなパスを例によってちょこちょこ繋いだ。一見巧そうに見えるが、実は、展開力に欠ける生産性の低いパスワークで、攻撃のスピードを鈍らせていた。

不思議なのは、それとボカ蹴りとの関係だ。どちらが本当の姿なのか。ここまで落差のあるサッカーをするチームは珍しい。洒落たサッカーを目指しているのか、田舎っぽいサッカーを目指しているのか。支離滅裂とはこのことだ。アトランタ五輪以前に大幅に逆戻りしたような、それこそ世界ランクで50位以上転落したようなダメぶりを見た気がする。かつてないひどい事態だと思う。

ザックジャパンのことは、多くの人がアーだコーだいって関心を示すが、五輪チームにはそれがない。もともと曖昧だった存在が、いっそう曖昧になっている。監督の采配、メンバー選考に異を唱える人もほとんどいない。ファンの関心も高そうではない。巷で話題になることは少ない。五輪は女子がいるからそれで十分といわんばかりのムードさえある。五輪チームはどこへ行こうとしているのか。世界ランク100位台の弱者と、思いきり真面目に戦い、好勝負を演じる姿について、注意を促す人がもっと増えないと、世界ランクはどんどん落ちるような気がしてならない。