6月3日、カーディフで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝。ユベントスとレアル・マドリーが、決勝で欧州一を懸けて争うのは、97−98シーズン以来2度目だ。

 19シーズン前に、アムステルダムのアレーナを舞台に行われた、R・マドリーが1−0でユーベを下した一戦だ。

 この時、下馬評で上回ったのはユーベ。3シーズン連続の決勝進出だった。対するR・マドリーは、17年ぶりの決勝進出。ユーベの方が、場慣れしたムードを醸し出していた。置かれた立場は今回とは逆。R・マドリーは、まさしくチャレンジャーだった。

 ユーベが準決勝で戦った相手は、この時もモナコだった。これも19シーズン前を想起させる理由のひとつだが、そのユーベをR・マドリーは1−0で下し、65−66シーズン以来、32年ぶりに欧州一の座に就いた。そこから昨季までの19シーズンでCL優勝5回。97−98の決勝戦を機に、R・マドリーは復活を遂げた。

 ライバルチームのバルセロナも、その間、同様に4度優勝を飾っている。スペイン勢としてはその他に、バレンシアとアトレティコが各2回、計4度準優勝に輝いている。この試合を機に「スペイン」も蘇った。

 一方、97−98シーズン以前はイタリアの時代だった。イタリア勢が決勝進出を逃したシーズンは90−91まで遡る。88−89、89−90もミランが連覇しているので、つまり88−89以降10シーズンで9度、決勝進出を果たしている。
続きをBLOGOSメルマガで読む
続きをTHEORYメルマガで読む
続きをYahoo有料記事で読む