グループリーグ第5週を終了したチャンピオンズリーグ(CL)。最大の激戦区はパリサンジェルマン(PSG)、リバプール、ナポリ、レッドスター・ベオグラードの4チームが同居するC組だ。ベスト16の椅子がすでに12決まる中で、このC組はひとつも決まっていない。勝ち点3差の間に、第5週でナポリに敗れ脱落が決まったレッドスター以外の3チームがひしめいている。

 ベスト16入りするためには最終戦の勝利が不可欠。となると、アウェー戦ながらレッドスターと対戦するPSGが、直接対決するナポリ、リバプールより若干有利に見えるが、いずれにせよ最後まで予断を許さない状況だ。

 C組のレベルは確かに高い。昨季の準優勝チームで今季のプレミアでも現在2位に付けるリバプールと、フランスリーグで現在首位を独走する金満クラブのPSG。この両チームが2強かと思われたが現在、この両チームを抑えて首位に立つのはナポリ。実際、現在の立ち位置に相応しいよいサッカーを展開している。逆にPSG、リバプールには物足りなさを覚える。

 第5週では、この両チームがパルクデプランスで直接対戦した。ホームのPSGは37分までに2-0としたが、前半終了間際、PKを決められ1点差とされる。その後スコアは動かず、2-1で終了した。この結果、3位と2位だったPSGとリバプールの関係は、2位と3位に入れ替わることになった。
続きをYahoo有料記事で読む
続きをTHEORYメルマガで読む
続きをnote有料記事で読む
続きをタグマ有料記事て読む