不思議なのは森保監督への言及が少ないことだ。アジアカップ準優勝は成績的には及第点ながら、スタメンとサブとの間に明確な境界線を引いたり、選手交代のタイミングが極端に遅かったり、首を傾げたくなる采配が目立った。

 日本の目標は、もはやアジア予選突破ではない。次回W杯から本大会出場国枠も、現行の32から48に肥大化することが濃厚になっている。本大会でどこまで勝ち上がれるか。本大会で日本代表監督は、どれほどの采配を振れそうか。これこそがチェックすべき一番の点だ。

 アジアカップはW杯と大会の形式がよく似た短期集中大会である。そこで代表監督が振った采配について、なぜ議論しようとしないのか。不思議というより謎。世界的に見てとても奇妙な話だ。

 西野朗監督に次ぐ日本人監督。しかしながら森保監督は、ロシアW杯限定の暫定監督的な色合いが濃かった西野さんとは違い、長期の就任を前提に招聘された本格的な監督だ。98年フランスW杯、2010年南アW杯に臨んだ岡田武史監督も前任監督の退任を受けたリリーフだった。

 日本人監督がW杯後に、次回W杯を目指して代表監督に就任するのは、日本がその本大会に続けて出場するようになってから初めてのケースである。

 はたして森保監督に2022年W杯まで代表監督に任せて大丈夫なのか。この疑問はあと3年8ヶ月、抱き続けていかなければいけない、サッカーファンに課せられた宿命でもある。自由闊達、フランクに語られるべきテーマだが、議論は全く盛り上がっていない。この日本の現状。森保監督の采配より問題視したくなる。

 突っ込むことを控えたくなる監督の地味キャラに対し、気がつけば優しい眼差しを向けているというより、監督采配に意見する文化が十分浸透していないことの証と考えるべきだろう。

 サッカーほど監督が批判の対象になるスポーツはない。実際に他の競技よりサッカーは監督交代が頻繁に起きる。たとえば、プロ野球の監督と比較すれば一目瞭然だ。

 代表監督をW杯という本番の開幕を2ヶ月後に控えた段階で更迭する競技は、サッカー以外にあるだろうか。しかもそれは波風が立つことをあまり好まない日本で起きた話だ。この時もメディアが「交代すべきだ」と騒いだわけではない。手前味噌で恐縮だが、僕以外でそれを原稿化した人はほとんどいなかったはずだ。ところが、それでもサッカー協会は監督交代を決断した。ハリルホジッチから西野さんへ劇的な交代劇を行った。

 サッカー監督とはそういうものだ。突っ込むべき一番の対象は監督。代表監督に限った話ではない。取材に携わるものは、取材対象のサッカー監督すべてに目を凝らす必要がある。

 2月22日にスタートするJリーグ。プロ野球より一足早くシーズン開幕を告げるというのにその報道の量は少ない。スポーツニュースのキャンプ情報といえばプロ野球。Jリーグの話題を聞くことは滅多にない。

 サッカー報道の中心は日本代表。Jリーグではない。そして日本代表選手の大半が海外組だ。スポーツニュース等で取り上げるに値する知名度の高い選手はプロ野球ほど存在しない。話題が枯渇する理由だろうが、サッカーには選手以外にも監督という主役がいる。試合に及ぼす影響はプロ野球の監督より圧倒的に大きい。その解任の頻度がプロ野球より高いことがそのなによりの証拠だ。

 欧州ならば、間違いなく選手より監督だ。選手のスター性を越えるカリスマ性を備えたスター監督は数多く存在する。なぜ監督にカリスマ性は宿るのか。世の中から注目を集めるのか。逆になぜ日本のサッカー監督は、世の中から注目を浴びないのか。カリスマ性に富む監督がいないのか。

 前回の原稿でも触れたが、それは話の中身と深く関係する。見出しになるような発信力のある言葉を吐けるか。森保監督を含め、日本人のほとんどの監督は話が面白くない。当たり前の話が大半を占める。

 最後まで戦う。このやり方を継続させていく。バランスよく戦う。気持ちを切り替えて等々、そりゃそうだと言いたくなる台詞でその発言はほぼ100%占められている。意見が割れそうな話はまずしない。見出しになりそうな話と言ってもいい。炎上しそうな話なのかもしれないが、そうしたいわば反論を買いそうな話はほとんどしない。

 だが、サッカーはいろいろな意見があるスポーツだ。ブラジル式か欧州式か。その昔、進むべき方向性を語ろうとしたとき、この2択で議論が分かれたものだ。

 身近なところでは、縦に速いサッカーを唱えたハリルホジッチだ。協会の方針と合わず、前述の通り途中解任の憂き目に遭ったが、監督の在り方としてこれはきわめて標準的な姿になる。

 欧州では90年代後半、攻撃的サッカー対守備的サッカーかで揺れたことがあった。その結果、攻撃的サッカーが勝利を収め、現在に至っているが、その対立軸上のどこに自分はいるか、監督には説明が求められたものだ。

 あの監督は攻撃的だと言っているけど、実はそれほどでもないとか、メディアが各監督のサッカー哲学的な立ち位置について議論することで、それはより明確なものになった。

 現在のJリーグにその手の魅力は一切ない。話の中心はその結果、もっぱら「勝った、負けた」になる。選手に寄った話があるとすれば、次に日本代表入りする選手、五輪チームで活躍するのは誰かという代表話と関連づけたモノと決まっている。監督にスポットは当たらずじまいだ。これではサッカーそのものへの議論は深まっていかない。それで「代表監督は日本人監督で!」と言われても、そうですねと、素直に賛同する気になれないのだ。

 アジアカップ期間中、森保監督は「サッカーにはいろんな意見がある」と述べ、メディアに対し自由闊達な意見を促したそうだが、その場に居合わせていなかったので、それがどういうニュアンスだったか定かではないが、言葉通りに解釈すれば、それはメディアの恥に値する。

 その昔、オシムはこちらのインタビューに対し、「日本人はもっと私を叩くべきだし、私は侮辱されても全く構わない」と述べた。「ただ、私がそれで自分の信念を曲げることはない」と、不敵な笑いを浮かべることも忘れなかったが、それは自信があるからこそ言える台詞だ。

 森保監督はどうなのか。いろんな意見があることを認めるなら、まずは自分が自分の意見を明確に述べるべきだろう。オシムは独特の言い回しで自分を主張。その度に、監督に不可欠なカリスマ性を高めていった。反対意見が起きそうな、まさに見出しになりそうな哲学的な言葉を数多く述べたものだ。

 欧州では特段、珍しい存在ではない。「オシム」はそこに何十人、何百人といる。片や日本には、ほぼゼロだ。日本代表は、それでもそれなりに盛り上がるだろうが、Jリーグは苦しい。見どころは限定される。スポーツニュースの中身が、プロ野球のキャンプ一色に染まるのは、当然の帰結だと思う。サッカーは監督で決まる。普及発展、および繁栄のカギを握るキーマンに他ならない。厳しい目を向けざるを得ない理由だ。