アジアチャンピオンズリーグ(ACL)のベスト16に、川崎フロンターレを除くJリーグ勢3チーム(鹿島アントラーズ、浦和レッズ、サンフレッチェ広島)が駒を進めた。ベスト16の内訳はサウジ4、日本、中国各3、韓国、カタール各2、UAE、イラン各1となる。

 Jリーグ勢は何とか面目を保った格好だが、その過程で鮮明になったのは中国勢との争いだ。H組で3位に終わった川崎Fはその5節、ホーム等々力で対戦した上海上港に2-2で引き分けたことが痛かった。

 川崎Fは平素のJリーグ同様、試合を優勢に進めはじめたかにみえた。スムーズに試合に入ったが開始6分、カウンターから突如、超人ハルクの異名を取るフッキに暴走を許した。左のライン沿いに縦パスが出ると、この日本でプレー経験がある元ブラジル代表は、川崎Fのサイドバック登里亨平に走り勝ち、先制ゴールを叩き込んだ。

 だが川崎は同点に追いつき、そして逆転に成功する。このまま終わればグループリーグ突破に光が差すという段だった。フッキがふたたび超人ぶりを発揮したのは。元ブラジル代表のオスカルが送り込んだクロスボールに反応。高々とした打点の豪快なヘッドで、川崎を奈落の底に突き落とす同点弾を叩き出した。

 Jリーグにこのクラスの大物ストライカーはいない。試合後フッキは川崎のレアンドロ・ダミアンと旧交を温めあっていたが、同じ元ブラジル代表でもスケール感には大きな開きがある。名古屋グランパスにいるジョーとの比較でも同じ事が言える。元ブラジル代表と一口にいっても、レベルにおいてワンランク開きがある。
続きをYahoo有料記事で読む
続きをTHEORYメルマガで読む
続きをnote有料記事で読む
続きをタグマ有料記事て読む