ツアーの形式、メジャー大会の在り方、勝利の重みや勝者のステイタス、世界的な認知度、競技の世界性等々、テニスとゴルフは似通ったレベルにある。テニスにはダブルスもあるが、どちらも基本的には個人競技で、世界の最高峰に君臨している。渋野日向子選手の全英女子オープン優勝はそうした意味で画期的。偉大な成績だ。

 双璧の関係にあるのは大坂なおみ選手。日本人の男子選手3人が9秒台の記録を持つ陸上の100mもそれに迫るものなのかもしれない。サッカーファンとしては、苦し紛れにというか「久保建英も負けてないぞ」と向こうを張りたくなるが、それはともかく、渋野選手の今回の快挙には、他を寄せ付けぬ面白さが内包されていた。正真正銘のエンターテインメントを見た気がした。

 42年前(1977年)に樋口久子さんが全米女子プロを制した時、こちらは10代だったが、その模様を日本で視聴することはできなかった。優勝したというニュースは耳にしたが、試合展開は聞かされなかった。

 それが今回はテレビ観戦を通して手に取るように伝わって来た。
続きをYahoo有料記事で読む
続きをTHEORYメルマガで読む
続きをnote有料記事で読む
続きをタグマ有料記事て読む