湘南ベルマーレ、チョウ・キジェ監督のパワハラ疑惑。Jリーグが調査を行っているとされるが実際はどうだったのか、もちろん僕には知る由もない。ただ、他との違いとしてひとつ分かりやすいものがあるとすれば、それはサッカーそのものの厳しさである。

 湘南の選手は毎試合、人一倍頑張っているように見える。勤勉で実直。こう言っては何だが、少々技量の劣るところを激しい動きでカバーしようとするファイティングスピリットにも溢れている。

 この状況をどう見るか。その泥臭さ溢れる頑張りはともすると美しい姿として映る。その一方でかなりキツそうにも映る。ギリギリの戦いを強いられている。そんな感じだ。

 タイムアップの笛が鳴ったとき、ピッチにへたり込むぐらい全力でプレーせよとは、かつては当たり前のように言われたものだ。余力を残さず最後まで力を振り絞って走り切れと監督、コーチ、指導者、さらにはテレビ解説者まで、何の疑いもなく選手に頑張りを強要した。
続きをYahoo有料記事で読む
続きをTHEORYメルマガで読む
続きをnote有料記事で読む
続きをタグマ有料記事て読む