2022年カタールW杯アジア2次予選が迫ってきた。日本の初戦の相手はミャンマー。森保監督はこの試合にどんなメンバーを送り出すのか。

 注目されるのは「ベストメンバー度」だ。100に近いほど好ましくない。その値をどれほど下げられるか。その度合いから、森保監督の代表監督としてのセンス、力量をうかがい知ることができる。

 ミャンマーに限らず、W杯2次予選を戦う相手(その他はキルギス、モンゴル、タジキスタン)のレベルは低い。ちなみにタジキスタンとは8年前、ザックジャパン時代(ブラジルW杯アジア3次予選)にも対戦し、ホーム8-0、アウェー4-0で勝利を収めている。五輪チーム級を送り込んでも大丈夫すぎる弱者ながら、ザッケローニはほぼその時のベストメンバーをスタメンに並べて戦った。
 
 またそれは前回のハリルホジッチも同じだった。予選の初っ端から海外組が多くを占めるベストメンバーを送り込んだ。
 
「その時のベストメンバー」は、カタールW杯が行われる2022年11月には3歳、確実に年齢を重ねている。現在は100でも3年後は80になっている可能性が高い。代表チームが求めるべきは3年後の100なのだ。
 
 このベストメンバーで戦いたがる癖。代表チームに限った話ではなかった。Jリーグを含め日本のあちこちで見られる傾向だった。サッカー協会の3代前の会長だった犬飼基昭氏(2008年〜2010年)は当時、Jリーグの各チームが、カップ戦にベストメンバーを送り込まなくなっていることに立腹。ちょっとした騒動になったことがあったが、令和になったいま、当時の犬飼サン的な言葉を吐く人はいない。

 ここ何年かの間に少なくともサッカー界は「ベストメンバー」ついてかなり学習した。ベストメンバーで臨まないと視聴率が上がらないとか、そうした広告代理店ぽいというか、競技の本質から外れた余計な意見を言い出す人も減っている。

 今年6月に行われたコパアメリカに招待された日本は、諸事情によりベストメンバーを送り込むことができない状況に陥った。Jリーグ、アジアチャンピオンズリーグと日程が重なったこと。日本サッカー協会が海外組を拘束する力を持ち合わせていなかったこと(今年アジアカップで選手を招集しているので)も輪を掛けた。

 ご承知のように、東京五輪候補選手を中心とする若手主体のチームで臨むことになった。結果はグループリーグ落ちだったが、そのことに悪い印象を抱いた人は少ないはずだ。ベストメンバーを送り込まないよさを見た気がした。たとえば、もしこのコパアメリカに臨んだメンバーで9月に始まるW杯の2次予選に臨んだとしても、悪く言う人はいないはずだ。

 久保建英の招集を見送ったとしても、いまはマジョルカでスタメンを勝ち取り、スペインリーグで活躍することが先決だと多くの人が口にするに違いない。コマーシャルメリットがあるからと無理矢理、呼ぼうとする動きに対して、賛同する人は少ないと思われる。

 世界の常識は日本の非常識と言われることがよくあるが、令和のいま、サッカーに関しては8割方、浸透したとみていいだろう。時代は変わった。森保監督もその一翼を担う人であって欲しい。

 世界の常識が、気がつけば浸透していたもの。その一番がベストメンバーとするなら、2番目は布陣だ。その昔、たとえば15年前、その重要性はほとんど叫ばれていなかった。布陣の話をすれば、サッカーは布陣でするものではないとうるさがる人は、そうではない人を大きく上回っていた。

「試合が始まってしまえばポジションなんてあってないようなもの」と、テレビの解説者は、当たり前のように話していた。

 割り当てられたポジションから大きく離れてプレーする選手は、世界に比べ圧倒的に多くいた。そしてそれは「流動的な動き」と称され、肯定された。

 古くは、ハンス・オフトから2トップだと言われて出場したにもかかわらず、トップ下の位置まで降りてプレープレーしようとした三浦カズだ。オフトから注意されてもカズは簡単には従おうとしなかった。

 代表チームでは岡田ジャパン時代(2007〜2010)まで、普通に見かける光景だった。前線の4人が高い位置で右も左も関係なく、まさに流動的に動き回っても、右サイドを任されたはずの中村俊輔が、その7割以上の時間、中盤でゲームメーカー然としたプレーに及んでも、テレビ解説者や評論家はそれに異を唱えようとしなかった。

 続くザックジャパン時代は香川真司だった。左サイドを任されたにもかかわらず、多くの時間、真ん中でプレーした。この流れで臨んだブラジルW杯では、その香川の流動的な動きが致命傷になった。

 勝利が義務づけられた初戦のコートジボワール戦。香川が対面で構える相手のSBを放置したことが失点の大きな原因になっていた。

 だがその後、少なくとも代表チームで、ポジションを大きく外してプレーする選手を見ることはなくなった。川崎フロンターレの家長昭博に依然、その気は多少あるが、見かける頻度はグッと減った。

 流動的を奨励する声も、監督のシナリオと言うべき布陣を、軽んじる声も減っている。香川や中村のようにポジションを外すことが、高い位置から守るプレッシングにどれほど大きな影響を与えるか、世の中に広く浸透したからに他ならない。

 ベストメンバーにこだわるデメリット。布陣やポジションを軽視するデメリット。日本サッカーは、ここ何年かの間に遅まきながらそれぞれのデメリットに気付いた様子だ。悪い癖、非サッカー的な独自の習性はパッと見、減っている。これから探るべきは裏の部分。目を凝らしていきたい。