W杯本大会は通常なら6月上旬に開幕する。いまごろは最終メンバーが発表される時期になる。ハリルホジッチ解任を受け、西野ジャパンとして臨むことになった前回ロシアW杯で言えば、最終メンバーの発表は5月31日だった。しかし今回のカタール大会はご承知の通り、通常より半年近く遅い11月21日に開幕する。強化の日程には時間的な余裕がある。

 2014年ブラジルW杯に臨んだザックジャパンは、W杯イヤーにテストマッチを4試合しか組めずに終わった。そのうちの2試合は壮行試合後、開催国ブラジルに向けて日本を発った後に行われた、本番直前のスパーリングマッチだった。選手選考などを兼ねた準備試合はわずか2試合。慌ただしく本大会を迎えたのに対し、今回は来月6月に親善試合が4試合すでに組まれている。翌7月にも東アジア選手権が日本で開催される。

 W杯最終予選から本番まで、メンバーに大きな入れ替えがなかったこれまでとは、異なる展開が予想される。選手選考はまだまだ予断を許さない状況にある。

 混沌に拍車をかけているのは、国内組と欧州組に大別される選手の優劣、善し悪しが不鮮明なことにある。森保監督はこれまで欧州組にプライオリティを与えてきた。その選手選考は、本場欧州で活躍する選手は、Jリーグでプレーする選手より優れているとの概念に基づいていた。だがそれはどこまで真実だろうか。時間がある今回は、疑ってみるいい機会になる。

 欧州に渡ったことを機にサッカーが突如、上達するわけではないのだ。欧州でやって行けそうな選手は、Jリーグでプレーしている時からほぼ予想できる。選手はあるとき急に欧州へ渡る。現地の試合にさっそく出場し、活躍する姿をこれまで多々見てきた。欧州で活躍してから代表に招集するというスタンスでは、旬な選手を見落とす可能性がある。欧州組か国内組かではなく、欧州で通用しそうな選手か否かなのである。選手の潜在的なポテンシャルを読む力が、代表監督には問われている。

 国内組か欧州組かで線を引くことは、分かりやすい物差しではあるが、それに頼ったり、すがったりする姿勢は代表監督としていささか格好悪い。思考停止の状態に陥っていることを、世間に曝け出しているようなものなのだ。

 欧州組と一口で括ることもナンセンスだ。欧州組がプレーする先にはそれぞれレベル差がある。抑えておくべきは、以下に示した各国のリーグのレベルを示すランキングだ。

 1位)イングランド、2位)スペイン、3位)イタリア、4位)ドイツ、5位)フランス、6位)ポルトガル、7位)オランダ、8位)オーストリア、9位)スコットランド、10位)ロシア、11位)セルビア、12位)ウクライナ、13位)ベルギー、14位)スイス……

 日本のJリーグを欧州に組み込めば、この中のどのあたりにランクされるか。Jリーグの世界的なレベルを考察することは、FIFAランクなどで、日本代表のレベルを考察すること以上に興味深いものになる。

 6位ポルトガル、7位のオランダを凌駕することは絶対にないが、10位台前半には滑り込めるのではないかとは、筆者の見解だ。しかし当然、同じリーグでも上位と下位とでは、レベルに大きな違いがある。2部の扱いをどうするかという問題もある。田中碧(デュッセルドルフ)、板倉滉(シャルケ04)、植田直通(ニーム)、柴崎岳(レガネス)がプレーするドイツ、フランス、スペイン各国リーグの2部を加えると、比較はさらに難題になる。

 一方で、チャンピオンズリーグ(CL)に出場したか否か、ヨーロッパリーグ(EL)に出場したか否かは、頼りになる物差しだ。CLは言うならば欧州1部で、ELは2部だ。UEFAもここでの成績を各種ランキングのベースにしている。

 だが、CLでプレーする日本人選手の数はいっこうに増える兆しがない。今季はご承知のように南野拓実(リバプール)ただ1人だ。その南野にしても、出場した試合は事実上の消化試合が中心で、国内リーグに至っては、今季僅か89分しか出場していない(編集部注:5月17日時点)。この現状をどう捉えるか。南野はどの国のリーグの何位ぐらいのチームなら、コンスタントに出場機会を得られるだろうか。イングランドはもとより、ランクキング2位のスペインでもCL級のクラブでは活躍が難しいだろう。イタリア、ドイツ、フランス、ポルトガルのトップ3でも微妙と言わざるを得ない。

 ELでは鎌田大地が所属するフランクフルトが、決勝進出をはたしている。ブンデスリーガでは現在11位ながら、そこでスタメンを張る鎌田は、日本人選手の中では出世頭といって過言ではない。南野がフランクフルトで鎌田に代わってスタメンを張れるかとなると、微妙な問題になる。筆者は鎌田優勢とみるが、森保監督は南野に軍配を挙げている。直近の4試合では鎌田を招集さえしていない。

 フランクフルトがELの決勝で対戦するレンジャーズは、前田大然、古橋亨梧、旗手怜央がスタメン選手として活躍するセルティックと、永遠のライバル関係にあるチームだ。今季のスコットランドリーグを制したのは、セルティックだが、ELではグループリーグで敗退。レンジャーズに先を越されることになった。レンジャーズ対フランクフルトのEL決勝は、セルティックとフランクフルトの力関係を推し量る物差しの役目を果たす試合でもあるのだ。

 シントトロイデンを中心に数多くの日本人選手がプレーするベルギーリーグは、先述の通り、UEFAリーグランキングでは13位になる。Jリーグよりほんの少し上のレベルにあるリーグだとは筆者の見解だが、現在プレーオフを戦う上位4チーム(クラブ・ブルージュ、アンデルレヒト、アントワープ、サンジロワーズ)は、隣国のオランダリーグ(7位)に場所を移しても、上位でプレーできるとみる。

 サンジロワーズで不動のスタメンを飾る三笘薫は、オランダリーグで現在2位を行くPSVで、それなりの活躍を見せている堂安律といい勝負か、それ以上と見ていいだろう。鎌田に次ぐ存在として挙げたくなるセルティックでプレーする先述の3人に対しても、同様な関係を築けるのではないか。

 オランダリーグで言うならば、堂安に加え、森保監督からの信任が厚そうなズウォレ(現在同リーグ最下位)でプレーする中山雄太より、5位のAZアルクマールで、右SBとして出ずっぱりの活躍を見せている菅原由勢の方が、勢いという点で上にある。国内組より欧州組にプライオリティを与える森保監督だが、菅原の評価はなぜか低い。五輪代表のメンバーからも気がつけば外れていた。日本代表の右SBは酒井宏樹、山根視来とレベルの高い選手が揃っているが、菅原にはサイドならどこでもできるという多機能さがある。筆者には菅原が選ばれるべき選手に見えて仕方がない。

 昨年、欧州組から国内組に転じた酒井、長友佑都、大迫勇也のベテラン3選手が、相変わらず代表でスタメンを飾る姿も、混沌に拍車が掛かる原因だ。

 欧州組から国内組に転じても、サッカーが急に下手になるわけではない。これは事実だ。しかし、ならば、逆のことも言える。欧州に渡ったことでサッカーが突如、上達するわけではないのだ。彼ら3人がなぜスタメンで、これから欧州に羽ばたきそうな選手は選外なのか。理屈的にバランスが取れていない。

 欧州で培った経験を重視しているからなのだろうが、それを差し引いても大迫はいささか危なっかしく見える。左SBではなく主に右SBとしてプレーする長友に至っては、不自然な印象さえ受ける。

 ボールを前方に運ぶ力はすっかり失われた。プレーに関与する機会がそもそも少ない。存在が希薄なのだ。一方で、長友の代わりになる選手がいないとする声が幅を利かせているが、それを言っては、話は一歩も前進しない。筆者には思考停止の状態に自ら陥りたがっているようにしか見えないのだ。難しいことは考えようとしない姿勢、現状を疑ってみようとしない姿勢は退化に繋がる。

 まれに見る混沌だ。日本のW杯本大会出場は今回で7回目を数えるが、過去一番の激戦である。代表選考レースは今回が一番面白い。本番は半年後。時間はたっぷりある。思考停止に落ちるのは損。頭は可能な限り柔軟に保ちたい。