国内ナンバーワンの予算規模を誇る金満クラブが最下位に低迷する。世界広しといえど、ここまで費用対効果が悪いクラブも珍しい。不名誉な笑えない話とはこのことである。

 ヴィッセル神戸の話だが、クラブはミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を解任。吉田孝行氏を三たび監督に招聘した。吉田が、三浦淳寛、リュイス・プラナグマ・ラモス、ロティーナに続く、今季4人目の監督であることにも驚かされるが、筆者がそれ以上に格好悪さを覚えるのは、あれほど話題になった「バルサ化」が、立ち消えになっている点だ。
続きを読む>>>>>