働き方改革?

トロピカーナ(1)昨日は、ホテル松本楼さんのマネージメント・ゲームの一日目でした!

実は、私は旅行中に携帯電話を盗まれてしまい、日本に着いたのにインターネットがつながらない状態が続いています。

そのため携帯電話を買うまで、ブログのアップがしにくくなっています。

トロピカーナ(2)しばらくの間、ブログをアップする時間がまちまちになると思いますがお許しください!

さて今日は、今回行って来たキューバについて書いておきます。

ご存知の通り、キューバは社会主義の国です!

トロピカーナ(3)ここ数年、自営業が認められて公務員でない人も増えてきましたが、まだ多くの人が公務員で、医療費や教育費がタダです。

住む家も国から与えられます。

また、仕事を頑張っても頑張らなくても収入は同じです。

トロピカーナ(4)それが良いことなのか良くないことなのか、意見が分かれるところだと思うのです!

ハバナの人に聞いてみると、「キューバの人は仕事についてストレスがない!」と言っていて住んでいる人たちはそれなりに気に入っているようですが、現実問題として貧富の差が出始めるとそうも言っていられなくなってきたようです。

トロピカーナ(5)皆さんは、社会主義と民主主義のどちらがいいと思いますか?

ちなみに、このダンサーたちも公務員です!

お医者さんや弁護士、野球の選手も公務員ですから、給料は掃除の人と同じです。

トロピカーナ(6)だから、お金のためではなく、自分のプライドのためにいい仕事をすると言っていました。

私は頑張っても頑張らなくても結果が同じだったら、いい仕事をしようとする人がいなくなるのではないかと思っていましたが、そうばかりではないというのです。

ハバナ旧市街(1)今、「働き方改革」が声高に言われていますが、何のために働き方を改革しようというのでしょう?

私はそれが明確でないと、どのように改革したらよいかが決まらないと思うのです。

ハバナ旧市街(2)国の「働き方改革」では、残業をなくそうとしています。

しかし、残業をしない人よりも、60時間以上残業をしている人の方が「幸せ度」は高いのです!

国は、その一方で副業を認めようとしています。
ハバナ旧市街(4)
私にすると、副業をするくらいなら、自分の勤めている会社で残業をしたらいいと思うのです???

今日のマネージメント・ゲームの講義で「何のために働くのか?」ということをお話ししましたが、みんなお金のためではなく、幸せになりたくて(いい人生にしたくて)働いていると思うのです。

ハバナ旧市街(20)そこから話を始めないと、形ばかり変えても、誰も幸せにならないと私は思うのです。

皆さんは何のために働いていますか?

まず、それを考えてみる必要があると思うのです!

今日のひとこと
「何を求めているかがわからなければ、どのようにしたら良いかは決まりません!」



人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

託されたお金

MSCオペラ(1)先程、メキシコから日本に戻りました。

今日は午後から伊香保のホテル松本楼さんのマネージメント・ゲームがあるので、成田空港から直接伊香保に向かいます。

MSCオペラ(2)旅行中に髪の毛が大分伸びてしまったので、途中、どこかでカットできればと思っています。(笑)

今回の旅行はキューバ以外、ケイマン諸島やメキシコ、ジャマイカなどにも行きましたが、時間の制限もあってキューバ以外の町の観光はそれほどでもありませんでした。

MSCオペラ(3)ですから、もしキューバに行こうと思う人は欲をかいていろいろな町も見ようとせず、キューバだけに時間をとった方がお得だと思います。

それでも、今回のクルーズはご一緒した方たちからいろいろなことを学ぶことができて、本当にいい旅をさせてもらったと思っています。

MSCオペラ(4)今回の旅で、私の残りの人生のテーマを「人を遺す」ことにしようと思いました。

若い頃の私は、お金を稼いで自分が豊かになることが目的でした。

ですから社員さんを雇ったのも、最初は「会社が儲かるため」で、結局は「自分が豊かになるため」でした。
MSCオペラ(6)
しかし、この歳になるとお金よりも大切なものがわかってきます。

それは自分の人生の役割を果たすことです!

それが私の「いい人生」だと思うのです。

MSCオペラ(8)私は「さかえや」の社員さんたちと出会い、旅館甲子園を目指していくうちに、自分が豊かになることよりも若者たちが輝いていくことの方が幸せだと感じるようになりました。

それから、さかえやの最初の社員旅行(グアム)のときも「私が費用を全額出す」と申し出たのです。

MSCオペラ(11)私はこの旅行中も「さかえや」の旅館甲子園のDVDの編集をしていたのですが、私は何も「さかえや」の応援をしている訳ではなく、彼らの姿を見ることで自分の人生に期待をしてほしいと思っているのです。

そのために私に託していただいたお金を遣っていこうと思うのです!

MSCオペラ(12)多くの人は、自分が稼いだお金は自分のものだと思っています。

だから、自分のことだけにお金を使いがちですが、私は「あなたはお金を上手に活かすことができる!」と期待されて、多くの方から「託されたお金」でもあると思っています。

MSCオペラ(9)その期待に応えられると、もっと大きなお金を託されるようになるのです!

貧しい人はそこが分っていません。

だから、いつまで経ってもお金の使い方が上手にならず、お金を託してもらえないのだと思うのです。

MSCオペラ(11)私たちは毎年年末に募金活動をしていますが、そうして集めたお金を寄付するとき会社名を出して寄付してはいけません!

会社が稼いだ利益から出した寄付金ならともかく、人から募金してもらったお金を、さも自分が出したように寄付したら、とんでもないことになると思うのです。

MSCオペラ(12)ところがうっかりすると、貧しい人は自分が寄付したように名前を出してしまうのです。

自分の子供にはお金をかける。

自分たちの食事にはお金をかける。

MSCオペラ(14)でも、人が困っていてもお金は出さない。

そんなことでは、いつまで経っても豊かになれないと思うのです。

私は自分に託されたお金を、最高に活かして使いたいと思っています。

MSCオペラ(7)私の今の生活があるのも、父の借金に追われている30歳の頃から、誰に言われたわけでもなく施設などへの特定寄付を続けてきたからだと思うのです。

日本CL(建設的な生き方)学会に託されたお金は、皆さんの思いの込められたお金です。

ハバナの夕暮れ(6)私は皆さんから託されたお金を使って、周りの人に希望を与える若者を育てていきたいと思うのです。

今日の写真は、私が乗ったクルーズ船の写真です!

今日のひとこと
「経営を学ぶというのは、お金の得方を学ぶことではなく、お金の使い方を学ぶことです!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

クルーズ船の旅

DSCF1694私は今、メキシコの空港に来ています。

これから日本に向かいます。

日本に着てすぐ松本楼さんのマネージメント・ゲームですが、この格好で伺ってもいいでしょうか???

しかし、丸10日間もインターネットにアクセスできなかったのは何年ぶりでしょう?

コントロールできないことは受け入れるしかないのですが、今、世間で何が起きているのか一切わからない状況は結構不安になるものです。

その反面、この10日間は自分自身と向き合ういい時間になったと思っています。

今回、無線がつながらないことと、クルーズ船の旅だったことが、とても良かったと思っています。

ビジネスクラスを利用しクルーズ船で旅をする方たちは、どちらかと言うと金銭的にゆとりのある年配者が多いようです。

時間とお金にゆとりがないと、こんなツアーを選ばないと思うのです。

事実、今回日本からご一緒した方たちは、これまでに何度もクルーズの旅を楽しんでいる方たちでした。

そうしたいい人生を積み上げてきた方たちのお話を聴けただけでも、クルーズ船に乗った甲斐があったと思うのです。

私はこれまでにいろいろなランクのツアーに参加してきましたが、安いツアーと高いツアーとでは明らかに客質が違います。

もちろん全員ではないのですが、安いツアーのお客様ほど小さなことに不満を持ちクレームを言う傾向があると思うのです。

それに対して、高いツアーのお客様は小さなことに文句を言わず、その環境で楽しもうとします。

特に今回は行った先がキューバやメキシコということで、待たされることは当たり前!

最後までガイドさんが来ないこともありました!!

それでも誰も怒らないのです!

おそらくこれは旅行の時だけではなく、これまでの人生もこうやって生きてきたから、いいツアーに参加できる老後を得られたと思うのです。

私は仕事柄、多くの経営者やお勤めの人を見ています。

その中には、問題にばかり目が行き、小さなことで愚痴を言ったり、あからさまに不満そうな態度をとる人がいますが、それをしてどうなるのでしょう?

周りの人が不快な気分になるだけで、何もいいことはないと思います。

それどころか自分がオーダーした不満が返って来て、もっと不快な人生になると思うのです。

今回、クルーズ船に乗って、私はもっと早くこうした方たちの生き方を見ておきたかったと思いました。

貧乏な家に生まれた私は、金銭的にも精神的にも豊かな人の生き方を知りませんでした。

だから、どうでもいいことに目くじらを立てたり、人とぶつかってきた気がします。

もしもっと早くこうした人たちの生き方を知っていたら、もっと早くラットゲーム(働いても働いても貧乏から抜け出せない人生)から抜け出せていたと思うのです。

皆さんも人生勉強だと思って、クルーズ船の旅をしてみてはどうですか?

今回の旅を経験して、私は頑張っている若者たちを少し贅沢な旅に招待しようと思いました。

同じ環境にいても、ファーストトラックにいる人と、ラットレースの中にいる人とでは見ている世界が違います。

そうした違いを若いうちに知れば、若者たちの将来が変わると思うのです!

その時は経営者の方々も、ぜひ参加してみて下さい。 

今日のひとこと
「人生が貧しい人は他人や起きたことに意識が向いていますが、人生が豊かな人は自分の人生を良くすることに意識が向いています!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!
ブログランキング
人気ブログランキングへ ランキング参加中です。 1日1クリック応援してください。
オリジン・コーポレーション公式サイト
著書
ブログで紹介した本
ブログで紹介した本
ブログで紹介した本
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ