2016年07月28日

営業の本質

DSCF0090服部農園さんの社内MG(マネージメント・ゲーム)は、大いに盛り上がっています!

一日目が終わってA卓に服部農園DSCF0094の4名が入り、売り上げの1位から3位を独占しています。

しかも、服部農園ルールでは、マトリックスが10位を超えると、その順位に応じて「腕立て伏せ」をしなけれDSCF0108ばなりません!

こんなわけのわからない体育会系MGは、初めてです!!!

DSCF0107頭の中まで筋肉の服部農園の人たちが考えることは、私にはまったく理解できません!

DSCF0106しかし、そんな服部農園の社員さんの周りには、どうしてこんなに人が集まるのでしょう?

DSCF0104それがわかったら「営業力の本質」がわかるかもしれないと思って、今回MGに参加した方たちに「何と言って誘われ、どうして参加しようと思ったのか?」を聞いてみました。
DSCF0109
すると、これといった決まったセールストークがあるわけではなく、一人ひとり誘い方も違うし、参加しようと思った理由も違うことがわかりました!
DSCF0102
私は何か決め手となるセールストークがあるのかと思っていたのですが、そうではなく、その人のことを思って、その人に合わせた誘い方をしていることがわかったのです!!
DSCF0096
これは「弱者の戦略」の基本中の基本の「接近戦」です!

参加者の方からは「普段からハガキをもらって・・・」という話DSCF0097が出ていて、服部さんの営業力のベースには、「服部さんは、自分の都合だけで私とかかわっていない」という安心感(信頼関係)があったと思うのです。

DSCF0095皆さんは、信頼関係を作らないうちに物を売ろうとしていませんか?

もしかしたら、商品を売ろうとする気持ちが、結果として売れにくくしているのかもしれません!

DSC_0247まず、相手のことを考えてあげましょう!

もし誘っても人が集まらないとしたら、自分では相手のことを思っているつもりでも、自分中心になっていると考えるべきでしょう!

今日のひとこと
「相手(お客様)のことを考える人間関係が、営業のベースです!」

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

sugiiyasuyuki at 10:30コメント(54) 

2016年07月27日

文化の力

今日と明日は服部農園さんの社内MG(マネージメント・ゲーム)です。

この日のために服部農園の社員さんたちは、毎日マトリックス決算表をやってきました。

おそらく社員の誰もが「優勝」を狙っていると思うので、これまでの努力をぜひ形にしてもらいたいと思っています。

今回、私が名簿を見て驚いたことは、5卓(30人)もの人を一農家で集めたこともありますが、参加者に屋久島や岡山から参加される方がいたことです!

一般企業の人でも「営業下手」な人が多いのに、たいした業績をあげているわけでもなく、経営者は優秀でも努力家でもない一農家が、これだけの人を集めることができたのです。

これが服部農園さんの凄さ(魅力)だと思うのです!

お金というものは人が使い先を決めるものです。

ですから、人を集められれば、お金は自然に集まるものです。

逆を言うと、人を集められないようでは、儲けることは難しいと思うのです!

先日も、社員さんの紹介で日本語が話せないイタリア人が「服部農園で働きたい」と言って来たそうですが、「どうして服部農園に人が集まるのか?」だけでも、今回のMGには参加する価値があると思うのです!

先日の
静岡経営塾のブログにハイフラワーの原さんが「文化」について書いてくれましたが、会社の魅力は「文化」で決まると思っています。

一口に「文化」と言っても、原さんのようにピンとこない人がいるかもしれませんが、「文化」にはすごい力があります。

人は「文化」に縛られていて、同じ社員さんであっても置かれた環境(文化)によって、誠実にも不誠実にもなるし、勤勉にも怠け者にもなるのです!

ですから優秀な経営者や良い教師は、人を注意したり指導するのではなく、よい文化を作ることに注力するのです!

その「文化」に最も大きな影響を与えているのが「経営者」です!

それなのに自分の行動は変えようとはせずに、社員さんに「変われ!」と迫ったり、「数字が伸びない!」とイライラしている経営者がどれほどいることでしょう?

そういう経営者の存在が、膠着した会社の「文化」を作っているのです!

「私」「社員」「業績」の3つのうちで、私たちにコントロールできるものはどれでしょう?

私たちにコントロールできるものは、私たちの行動だけなのです!

リーダーの大事な仕事の一つは、文化をつくり、人を育てることです!

自分のかかわり方(生き方)を向上させて、良い文化を作っていきましょう!

それ以外に、会社が良くなる方法はないと思うのです。

P.S.次回のCL(建設的な生き方)の基礎講座は、8月11日~15日です。

服部農園のリーダーたちも参加しますので、ぜひ奮ってご参加ください!

今日のひとこと
「優秀なリーダーは、文化をつくる!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

sugiiyasuyuki at 10:30コメント(77) 

2016年07月26日

利益意識

MG(マネージメント・ゲーム)をやると、「利益」ということがわかるようになり、「頑張る=儲かる」ではないことが分かるようになります。

そこがわからないと、頑張っても頑張っても儲からなくて、いつか働くことがつまらなくなってしまうと思うのです。

社員さんにしても、「自分は頑張っているのに給料が増えない」⇨「会社(社長)はケチだ!」と考えるようになって、会社のことを嫌いになってしまうかもしれません。

皆さんは、「利益」というものを理解して、儲かる働き方をしているでしょうか?

先日、ある会社でMGをしていたとき、よく休暇をよくほしがる社員さんが、ゲームで「一回休み」のカードを引いて悔しがっていました???

「ハガキを書いてごらん」と言っても書かない社員さんが、青チップを5枚も買い集めていましたが、その青チップこそハガキかもしれないのです!

私の会社の社員さんたちは、MGをやるまでは「あの機械がほしい」とか「あの機械のほうがカッコイイ」と言っていましたが、MGをやってからは「この機械を買ったら、これだけの粗利を稼がなくてはならないからなぁ・・・」と考えてくれるようになりました。

その結果、いろいろな判断を社員さんに任せられるようになったのです。

普通の人は、人に指示されて働くよりも、自分で判断して働きたいものです。

しかし、判断をゆだねるためには、判断の仕方(基準)を身につけてもらう必要があるのです。

その基準の一つが「利益」なのです。

キチンとした基準を持っていない社員さんの判断基準は、「好きか、嫌いか(やりたいか、やりたくないか)」です!

そんな個人の好みを基準にされたら、儲かるわけがありません!

もしどうしてもそういう基準で働きたいという人がいたら、会社も「給料を払いたいか、払いたくないか」で対応させてもらうしかないと思うのです。(笑)

とかく「お金を稼ぐ」と言うと、「お客様からお金を奪い取る」という悪いイメージを持っている人がいますが、人はお金を使うことで幸せを感じるものです。

事実、皆さんだって何かを買うときのほうが、買うのを我慢しているときよりも幸せを感じていると思うのです!

ですから、私たちに問われているのは、お金を使わせてそれで終わりか、お金を使わせて「良かった!」と思わせようとするかの違いなのです!

どうせどこかにお金を使うのなら、あなたに使ってもらって、「あなたで良かった!」と言ってもらったらいいと思いませんか?

それが「商売繁盛の(人生が良くなる)秘訣」だと思うのです。

私たちが生きていくためには「食べ物」は必要です。

それと同じで、会社が存在する以上、現状を維持するだけでも「お金」は必要です。

しかし、実際は建物や機械は老朽化していきますし、社員さんも結婚したり、出産したりして、今よりもお金が必要になっていきます。

そうした状況の中で、今よりも良いサービスを提供するためには、どうしてもお金が必要になるのです!

ですから、「利益(お金)」は汚いものではなく、お客様に喜んでいただくためにも必要なものだということを覚えておいてほしいと思うのです!

「さかえや」では、社員さんたちが「部屋のグレードアップ」や「おしゃれ浴衣」をお勧めして、館内すべてにWi-Fiを完備しました。

今は、お客様の車が汚れないように、駐車場を舗装しようと頑張っています。

こうしたことを社員さんたちが自発的にやるようになったのも、MGをやったからなのです!

こう考えると、儲けるって悪いことではないと思いませんか?

世の中には「儲けたい」と思って、ギスギスしたりピリピリしている人がいますが、そんなことをしているから儲からないのです!

どうせ働くのなら、儲かる(未来が良くなる)働き方をしていきましょう!

今日のひとこと
「お金は、人を幸せにするために必要なものです! いらない人は私にちょうだい!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

sugiiyasuyuki at 10:30コメント(78)MG(経営戦略ゲーム)経営者 
ブログランキング
人気ブログランキングへ ランキング参加中です。 1日1クリック応援してください。
オリジン・コーポレーション公式サイト
著書
ブログで紹介した本
ブログで紹介した本
ブログで紹介した本
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ