2012年07月

2012年07月31日

心の洗濯

20京丸園の鈴木厚志さんの息子さん(次男)は、私の息子と同じ19才です。

今は仕事で下田にいるのですが、彼とは昨年の2月に一緒にバリ島でダイビングをしたダイビング仲間でもあります。

今回は仕事の都合で一緒にダイビングできませんでしたので、食事だけでも一緒にしようということになって、みんなで焼肉を食べに行きました。

なかなかいい雰囲気でしょ!

しかし、アルコールを飲んでいるのは私だけです。

寂しい~!!

でも、楽しかったなぁ~。

厚志さんもダイビングしに来ながら、就職した息子さんと一緒に食事ができてうれしそうでした。

P7310598昨日、「明日は台風の影響でカメ根からのエントリーができないかもしれない」と聞いていたので、どうなるかと心配しましたが、思ったよりも波が小さくて、昨日同様、ハンマーを狙えるカメ根からエントリーできました。

せっかく神子元に来てくれたのですから、何とかハンマーを見せてあげたいものです。

そう思ってエントリーしたのですが、台風の影響で昨日よりも透明度が落ちています。

この透明度だとハンマーが相当近くに来てくれないと、ハンマーがいても姿を見ることができません。

P7310595しばらく水中を探していると、ハンマーは出てくれました!

気づいたら、すぐ目の前です!!

この写真を見て、「日本の海」という気がしますか?

私はハンマーの群れを見ると、まるでガラパゴスの海に潜っているような気持ちになるのです。

見たことのない人にはわからないでしょうが、近くで見るハンマーヘッド・シャークは、筋肉質でとてもカッコイイですよ!

女性なら惚れてしまうと思います。

P7310591仲の良い仲間と食事をし、研究発表について語り、一緒に海に潜って、とても充実した一泊二日となりました。

明日から8月ですが、皆さんは心の洗濯(リフレッシュ)ができていますか?

8月後半にバテないためにも、上手にリフレッシュしてくださいね!

今日のひとこと
「心身共にリフレッシュする時間をつくりましょう!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

sugiiyasuyuki at 19:01コメント(17) 

2012年07月30日

障害を受け入れる国に

昨日と一昨日で650人くらいの方に講演を聞いていただきました。

その際に「(発達)障害」について、次のような話をさせていただきました。

「世界ではスウェーデン20.5%、ポルトガル19.0%、オランダ18.8%、デンマーク18.5%と、どこの国でも障害者が人口の10%を超えていて、WHO(世界保健機構)でも、人口に占める障害者の割合を10%と見ているのに、日本にはたった5%しか障害者がいません。

国によって障害者の認定の仕方に違いがあるのかもしれませんが、これはあまりにも少ない数字で、日本人が「障害」というものを嫌っていることが表れていると思います。

本来、「障害(ディスオーダー)」という言葉は、「生活をする上で多少不便のあるもの」といった意味だったのに、日本では「障害」と訳されてしまったために、悪いイメージが定着してしまった気がします。

そのために、障害があることを隠したり、適切な教育を受けさせてもらえない子どももいるのです。

誰だってなりたくてなったわけではないのですから、障害についてもっと正しい理解を広めていきましょう!」

すると、講演を聴いてくれた方の中に障害を抱えた子どもさんをお持ちの方たちが、「杉井さんに言ってもらってうれしかった。親も子供も肩身の狭い思いをしています」と言いに来てくれたました。

私の講演が、障害者が受け入れられる社会の役に立ったらうれしく思いました。

講演を聴いてくださった皆さん、本当にありがとうございました!

さて、私は今、
P1050722神子元に来ています。

この青い空と海を見てください!

こちらも日差しが暑いのですが、海を渡ってくる風がサラッとしていて、街中の熱気とはまったく違います。

こうした景色に包まれるを見ると、仕事の疲れが吹っ飛びますね。

P1050723神子元島に近づくにつれて、ハンマーヘッドへの期待が高まります。

果たして、今日はハンマーヘッド・シャークに遭えるのでしょうか?

今日は「カメ根」からエントリーして、Aポイントへ向かいます。

Aポイントというのは、ハンマーが群れで現れるビューポイントです。

P1050734海にエントリーしてみると透明度はいまひとつですが、海は青く、水温も28度くらいあります。

Aポイントでは、この写真のような感じでハンマーを待ちました。

すると青い海の中に、薄っすらと何かの影が見えます。

????
P1050726
出ました!

ハンマーです!!

すると、その後から来るわ、来るわ!

これがその写真です!!
P1050731
透明度があまりよくないのにこれだけ写るのですから、ハンマーとの距離はだいたい5mくらいだと思います。

筋肉の隆起までよく見えました。

これで透明度が上がってきたら、スゴイですよ!

明日は京丸園の鈴木社長と一緒に潜るので、何とかこの景色を見せてあげたいものです。

8月16日には、不登校やひきこもりの子どもたちを集めて、大瀬崎(静岡県沼津市)でダイビングをします。

興味のある方は、ご連絡ください。

今日のひとこと
「障害は、負いたくて負ったわけではない!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

sugiiyasuyuki at 13:02コメント(19) 

2012年07月29日

女性は元気!

昨日は、島田CL(建設的な生き方)を学ぶ会と、JA遠州夢咲主催の講演でした。

DSC_0355島田CL楽習会は、島田市の学校の先生方が中心となって主催してくれている会なのですが、今回は学校の行事でその先生方が欠席でした。

そのため参加者は3~4人くらいしかいないのではないかと思って会場に行ったのですが、会場に着いてみるといつもより多くの方たちが参加してくれていて、会場を間違えたかと思ってしまいました!

しかし、普段はこんなに人が集まらないのに、どうして今回に限ってこんなにたくさんの人が集まってくれたのでしょう???

DSC_0356皆さんにも経験があるかもしれませんが、誰かに「みんなで飲むんだけど来ない?」と誘われたときに、「誰が来るの?」とたずね返したことってありませんか?

「あの人が来るのなら、ぜひ参加させてもらいたい」ということもありますが、「あの人が来るんだったら、今回は遠慮しておこう」ということもありますよね。

おそらく今回は、そんな理由で多くの人が参加してくれたのだと思います!(笑)

今回は、今月CLの基礎講座を終了された永井さんの体験発表と、中学生の子どもさんに対するいじめについての質問、学校の先生の事例検討が行われました。

そのため、子どもさんに対するお母さんの愛情が感じられる研修会となりました。

P1010137そのあとは、掛川市民文化会館でJA遠州夢咲女性部主催の講演でした。

会場にはすでに私の講演を3回も聞いたという方も来てくれ、会場が笑いの渦に包まれた講演会でした。

島田のCL楽習会やJA遠州夢咲女性部に参加して思ったことは、女性は元気だということです。

皆さん、口々に「暑い、暑い」と言っていますが、男の人たちのそれとは明らかに違うのです!

何が違うのだろうと思って見ていて気づいたことは、「暑い、暑い」と言いながら、皆さん笑顔なのです!

その笑顔から元気を感じるのだとわかりました。

大きな大会でしたので夢咲女性部の方たちの中には年輪を重ね、いろいろな苦労をされた方もいたと思いますが、それが苦悩として顔に刻まれるのではなく、頑張ってきた勲章として笑顔に表れる人生は素敵だなあと思いました。

今日はカウンセリングと教職員組合の夏季研修会です。

これが終われば、明日は神子元でダイビングです!

さあラストスパート、頑張ってきます!

今日のひとこと
「苦労が、苦悩として顔に刻まれる人と、勲章として笑顔に表れる人がいる」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

sugiiyasuyuki at 06:58コメント(18) 

2012年07月28日

このク〇暑い日に

昨日は、困難を有する子ども・若者への支援の「地域協議会設置のための研修会」に参加して、夜からは京丸園のCL(建設的な生き方)を学ぶ会でした。

一昨日から長野の「さかえや」さんにいた宮井さんが、京丸園さんに住み込みの農業体験に来ていて、昨夜のCL楽習会にも参加してくれました。

DSC_0352CL楽習会の席で野沢農園の野沢さんから「みんなのはままつ創造プロジェクト」の農業と福祉の連携による6次産品開発事業に応募したところ、数ある申請事業の中から選ばれて助成金をいただけることになったという報告がありました。

「もともとはパソコンも使えず作物を作るだけの農家だった私が、市の助成事業に応募して助成金をもらえるようになるとは夢にも思っていませんでした」と言っていました。

京丸園さんのCL楽習会には、農家の方たちも多いので、きっと良い刺激になったことと思います。

昨日の楽習会には、大学生が卒業論文の資料集めのために参加してくれたり、家庭の問題を抱えている方が参加してくれたりと、初参加の方が多かったので「CLとは、どんなものか?」ということについていつもと少し違った角度からお話させてもらいました。

3私も含めて多くの人は、楽しいこと、うれしいこと、気持ちが良いことを求めて暮らし、そうした状況を「幸せ」と捉えています。

しかし、CLではそうした生き方を「気分本位」と言って疑問を呈します。

それは、楽しくなくても、うれしくなくても、気持ちが良くなくてもしなくてはならないことがあり、それをすることで人生が充実することがあると考えるからです。

子供たちは今、夏休みですが、毎日暑いからといってクーラーに当たりながらグダグダと暮らして、思い出深い良い夏休みになるでしょうか?

1私もついクーラーの効いた部屋で横になりたくなるのですが、人生もそれと同じで嫌なことを避けていても充実した人生にはならないと思うのです。

私は昨日仕事があったので行きませんでしたが、静岡経営塾の仲間が菊川市の岳洋中学校のトイレ掃除に行ってくれました。

このク〇暑い日に、仕事の時間を割いて自分とは何の関係もない中学校のトイレ掃除に行く。

何の得があるわけでもなく、疲れるばかりでまったく馬鹿げたことです。

写真_1~1
しかし、子どもたちのためにそうした時間を割いて、生徒たちと一緒に汗を流した一日は、思い出深いとても充実した一日だったと思うのです。

私は子どもの頃からずっと最小限の努力で最大の効果を出すことばかりを考えてきましたが、それは決して幸せではないということを、CLを学ぶようになってやっとわかってきた気がするのです。

今日も暑い日になりそうです。

DSC_0353神子元島のダイビングまで今日を入れてあと2日です!

今日も頑張っていきましょう!!

今日のひとこと
「人生のほとんどはプロセスです。プロセスを良いものにしましょう!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

sugiiyasuyuki at 08:41コメント(17) 

2012年07月27日

親切

今年の3月に卒業して、隣の課に配属されたA子さんが「看護師の試験を受けたいと思うのですがどうしたらよいでしょうか?」と、あなたのところに相談してきました。


話を聞いたところ、A子さんは大学で看護師の勉強をしていて、将来は看護の仕事に就くのもいいなと思っていて、入社してからも自分なりに勉強していたそうです。


大学でほとんどの単位をとっているので、あと3年のうちに試験を受けて3単位をとれば資格が取れるのでそれを目標にしていたというのです。


しかし、A子さんは入社以来、何度か体調を崩して職場の人たちに迷惑をかけているため、「今は入社したばかりで、仕事を覚えることと試験が重なって体調を崩しがちだから、今年は仕事に集中して、仕事になれた来年以降に受験してはどうか」と社長と上司との三者面談のときに言われたというのです。

自分なりに受験することを目標にしていたA子さんはガッカリです。


この会社は8月が仕事のピークで、体がきつくなることは予想できるのですが、A子さんは「受験をしないで仕事を続けるよりも、受験をしたほうが今の仕事に対するやる気も高まります」と言っています。


こうした状況で、悶々としてあなたのところに相談に来たのですが、皆さんならどのように対応しますか?


本来はその人が自分で決めることなのですが、どうしたらよいかわからずに相談してくれたわけですから、少しでもA子さんの役に立ちたいものです。


では、どのようにアドバイスしたらよいのでしょう?


私がこうした相談を受けたなら、「そうした話は私ではなく、まず三者面談に立ち会ってくれた上司に相談しなさい。それでも決め切れなかったら私のところに相談においで」とアドバイスすると思います。


組織で仕事をしたことがない人には、この対応はわかりにくいかもしれませんが、相談されたからといって、その人の上司が指導している内容について横から意見を言うことは、とても失礼なことだと思います。


皆さんが指導している問題を、部下が他の部署の人に相談したり、他の部署の人が自分とは違う意見を言ったらどう思われますか?


私がうっかり相談にのったら、その新人が「失礼な人」になってしまうと思うのです。


まだ社会人になったばかりの人は、こうした社会のルール(組織の常識)を知りませんから、受験をするかしないかの相談に乗るのではなく、こうした社会のルールのほうを教えてあげないといけないと思うのです。


このA子さんの場合、これまでも体調を崩して職場の先輩たちに迷惑をかけているようです。


受験をして何もなければよいのですが、もし体調を崩したら「やめなさいと言ったのに、言っていたとおりのことになった!」と言われて、その後の仕事に支障をきたすおそれがあります。


また、A子さんは「受験をしないで仕事を続けるよりも、受験をしたほうが今の仕事に対するやる気も高まります」と言っていますが、もし皆さんの社員さんが「今の仕事だけだとやる気がしないけど、次に勤める会社の面接に行かせてもらえば仕事をする気が出てくる」と言ったらどうでしょう?


これも社会人として、未熟な発言だと思うのです。

自分が体調を崩したときにその穴を埋めてくださった方たちのためにも、今の仕事を覚えることがまず先なのではないでしょうか?


それができないと、もし看護師になったとしても、看護士の仕事よりも次の仕事のことを考えてしまうと思うのです。


中にはA子さんのことを思って「自分のしたいことをしたらいいよ」と言ってあげる人がいるかもしませんが、そのアドバイスによって部署ごとの諍い(いさかい)がうまれたり、A子さんが会社にいにくくなることにつながるおそれがあることを知っておいてほしいと思うのです。


今日のひとこと
「まず人の相談にのれる力をつけましょう!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!


部下からの相談、子どもからの上手な相談にのるためには、
CL(カウンセリング)講座がおすすめです。



sugiiyasuyuki at 14:39コメント(15) 
ブログランキング
人気ブログランキングへ ランキング参加中です。 1日1クリック応援してください。
オリジン・コーポレーション公式サイト
著書
ブログで紹介した本
ブログで紹介した本
ブログで紹介した本
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ