DSCF0241ギネスブックに載っている友寄さんが、「もともと記憶が苦手だった」と言っても、あまり説得力がないですよね!

でも、この私も学校にいるときよりも、社会に出てから学んで人生が変わった人間の一人です。

DSCF0236では、社会に出てから学んだ方が良いことにはどんなものがあるでしょうか?

「Inc.com」のライターTravis Bradberryさんは、社会で生き抜くために必要な「学校では教えてくれない9つのスキル」をまとめています。

DSCF2635彼の言う「学び」というのは、単に知識を身につけることではなく、友寄さんのように実際に使いながらスキルを鍛えていくものです。

良かったら皆さんも鍛えてみませんか?

昨日は近所の公園に妻と写真を撮りに行ってきたので、その写真でお楽しみください。
DSCF2839
1.職場で欠かせない「心の知能指数(EQ)」

心の知能指数(EQ)は、自分や他人の感情を認識し、理解する能力のことです。

このスキルは、管理職として部下を指導したり、仕事に関する意思決定をするときに役に立ちます。
DSCF2641
「TalentSmart」の調査によると、EQが高い人は、低い人よりも年間平均29,000ドル(約318万円)収入が高い傾向にあるそうです。

もちろんそれだけではなく、職場の環境を整えるこのスキルは、ストレスを軽減させ、幸福感を得ながら仕事をする手助けとなると言われています。

DSCF26472.優先順位を見極めるタイム・マネージメント

時間を管理するために一番気をつけなければいけないのが「数の暴力」です。

「数の暴力」とは、実際の問題を解決するために、すぐにやらなければならないように見える、たくさんの小さな事柄を指します。

DSCF2548この「数の暴力」にかまけているせいで、一日の終わりに重要な仕事が何ひとつ終わっていないということもあるのです。

時間の使い方を見直し、優先すべき仕事を見極めることで、私たちのパフォーマンスはもっと高いレベルになるのです!

3.聴く力

私たちは、相手の話を聞いているとき、どうしても自分のなかに意見や反論が沸き上がり、それを相手に伝えたいと考えます。

DSCF2619しかし、真の「聴く力」とは、相手の発言を理解することに一番のプライオリティを置くことです。

簡単そうに思うかもしれませんが、実際にやってみるとなかなか大変なスキルです!

ここで言う「聴く力」というのは、話の内容だけでなく、相手の表情や声のトーン、身体言語などから文脈を理解することです。
DSCF2539
ですから、耳や目を100%オープンにしておかないと、本当の意味での「聴く力」は身につかないのです。

4.「No」と言うスキル

DSCF2589カルフォルニア大学サンフランシスコ校の研究によれば、「No」と言えない人ほどストレスを溜め込み、うつ病などを発症しやすくなるといいます。

「No」と言うことを学ぶことで、私たちは不要な束縛から解放され、もっと重要なことのために自分の時間とエネルギーを使えるようになるのです。

DSCF27185.助けを求めること

助けを求めることを「スキル」と呼ぶことに違和感を感じる人もいるかもしれませんが、これも重要なスキルのひとつです!

職場においても、自分がどういう状況なのかを認識して、勇気を出して人に助けを求め、その人にきちんと業務を引き継ぐことができれば、想像以上に仕事はスムーズに進むのです。
DSCF2719
6.意識的に質の良い「睡眠」をとること

ロチェスター大学の研究によれば、眠っている間、脳は神経活動の副産物である有害なタンパク質を取り除くと言われている。

絶好調のバリバリで能力をフルに発揮できるベストな状態を「100」とすると、睡眠不足のとき、私たちの能力は「30」くらいまで落ちるそうです。
DSCF2767
7.口に出しかけたことをグッと飲み込むスキル

「自分が正しい」と思うことを相手に知らせたい気持ちは人間の本質かもしれません。

しかし、ほとんどの場合、あとで考えるとそれは言う必要のないことです。

DSCF2689一時的な感情で自分の思っていることを口にしてしまいがちな人は、一度それを飲み込んで、明日や来週や来年のことを考えてみましょう。

それを言うことで、あなたの大切な人間関係を壊してしまう恐れはないでしょうか?

DSCF26148.主導権を握るスキル

人生をうまく生きている人は、いつも人に合わせてばかりいません。

主導権(イニシアティブ)を握る力は、私たちの人生をより発展してくれるのです。

DSCF2710決して難しいスキルではありませんが、「これをしたい」という理想よりも、目の前にある現実に意識が向いてしまって、恐怖や怠惰が邪魔をしてしまうのです。

人に合わせる楽(安全)な道から一歩踏み出して、率先して前に進んでいきましょう。

DSCF2728そうすることで、あなたの人生はきっと進化していきます。

9.ポジティブ思考

挑戦が大きければ大きいほど、ポジティブ・シンキングを保つことは難しいものです。

DSCF2731なぜなら、人間の脳には、ネガティブなことや不快なことのほうを強く意識する傾向があるのです。

狩猟生活をしていた時代には、この力が脅威を回避し、自分の命を守るために役立っていたからです。

しかし、現代においてそれは悲観と否定を生み出すことに繋がり、新しいことに挑戦する妨げとなってしまいます。

DSCF2824この本能的な脳の働きをコントロールして、ポジティブな感情を保つことは、現代人にとっては非常に大切なスキルなのです。

この脳の活動が円滑に進むためには、質の良い「深い眠り」が必要だそうです。

翌日の脳のコンディションを整えるためには、いま一度、自分の睡眠を見直してみてはどうでしょうか?

今日のひとこと
「幸せに生きるスキルを身につけていきましょう!」

人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!