どうして私に人が集まるのか、その理由がわかればそれでいいです!

当たり前すぎることを聞いた私も、少し大人げなかったと今は反省しています。

どうかお許しください!(笑)

ただ繰り返しになりますが、「成功したから人が集まる」という考え方は間違いです。

確かに成功したほうが人を集めやすいというのは事実です。

しかし、成功していても人が離れて行く人もいますし、そうした考え方だと「成功していない人は人を集められない」ことになってしまいます。

それは大きな問題だと思うのです。

多くのものを持たない私たちが学ぶべきことは、お金も人望もなかった人がどうして成功できたかなのです!

もうひとつ大切なことを書いておくと、「成功したときよりも、成功を目指して挑戦しているときのほうが人生は充実している」ということです!

それがわかってくると、CL(建設的な生き方)の格言にある「努力すなわち幸福」という言葉の意味も分かってくると思います。

努力して成功したから幸せなのではなく、成功を目指して努力しているとき、すでに幸せだということです。

こうしたことがわかってくると、生きていることの醍醐味(価値)がわかってくると思うのです。

そもそも、お金のために自分の時間を手放している人は、お金以上にかなえたい夢があるのでしょうか?

もちろん生きていく為にはお金は必要ですが、普通に暮らせたら、それ以上どうしてもかなえたい夢はないように思えるのです。

ほとんどの人が努力をしないのは、食べられていればそれでいいからです。

本当に欲しいものがあったら、そのために努力をすると思うのです。

これは会社も同じことです。

会社を維持し、社員さんに給料を払うためにお金は必要です。

しかし、それが会社が存在する目的でしょうか?

私はそうではないと思っています。

会社というものには目的(使命)があり、その使命をかなえるために存在すると思うのです。

その目的は経営者によって異なるかもしれませんが、私にするとそこで働く人が人間的に成長して人生を謳歌することです。

そうした夢(想い)がないから、自分も本気にならないし、社員もついて来ないのだと思うのです。

皆さんにはやっていても疲れない、それどころかどんどん元気になることがあるでしょうか?

趣味でサッカーをやっている人とプロを目指してサッカーをやっている人とでは、練習の厳しさも違いますが、サッカーに対する想いも違うと思います。

大リーガーのイチロー選手などは、記録や年収が目的ではなく、一打席一打席の勝負を本気で楽しんでいると思うのです。

「成功したから人が集まる」とか「成功したら人生が楽しくなる」というのはまったくの間違いです!

人が集まるから成功するのですし、楽しんでいるから成功するというのが本当だと思うのです。

「あの人がいるから私は不幸」という考え方も同じです。

確かにいろいろな人がいるので仕方がないこともまれにありますが、その人が不幸な生き方をしているから嫌な人が寄ってきていることのほうが絶対に多いと思います。

私たちが気持ちよく生きていたら、嫌な人は自然と減っていくということを私は経験しています。

「原因」だと思っていたものが「結果」かもしれないということを、ぜひ考えてみてください!

ところで、皆さんにはお金を得ること以上に、どうしてもやりたいことがありますか?

本当は「やれたらいいなぁ」という程度で、どうしてもやりたいことなどないと思うのです。

だから、今の生活を変えようとしていないのだと私は思うのです。

京丸園の鈴木厚志社長は自分の求める人生のために苦手なMG(マネージメント・ゲーム)に挑戦しましたし、連続で保険の成績でMVPをとったあんしんサービスの天野社長は経営状況が厳しいときに私の会社の社員旅行にオーストラリアまで社員さんと来てくれました。

うみの塗装の海野社長もお金がない中、北海道まで夫婦で来ています。

成功した人たちには、それだけの想い(求めるもの)があったのです!

ちなみに私は仕事を辞めてみて、「仕事をしたい!」「人の役に立ちたい!」と強く思いました。

私の場合、成功することよりも、人のために役立てることが私の求めているもの(幸せ)だと思うのです。

だから少しくらい寝なくても全然平気なのです!

今日のひとこと
「原因と結果を間違わないでください!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!