DSCF0009昨日は、沼津経営塾でした。

そこで「1000万円以上貯蓄がある人の「時間」の使い方3つ」で書いた、「貧乏な人はお金のために時間を売り、お金持ちになる人は時間をお金で買う」という内容について質問が出ました。

人に頼まず自分でやった方がいいことと、お金を払ってでも人にやってもらった方がいいことを、どういう基準で分けたらよいかという質問です。

これはとてもいい質問だと思ったので、今日はその質問に対する私の考えを書いておきます。

DSCF0033皆さんなら、自分でやることとお金を払っても人にやってもらうことを、どんな基準で分けるでしょうか?

私は、自分がやったほうが自分のためになることは面倒なことでも自分で行い、誰がやっても同じ内容やプロがやったほうが間違いがない作業はお金を払って人にやってもらうようにしています。

例えば、新しく会社を興す人が「会社設立の登記書類を作成」と「会社の就業規則の作成」をしなくてはならないとしましょう。

私なら「会社設立の登記書類を作成」はお金を払って司法書士さんにお願いし、「会社の就業規則の作成」は自分で作ります。

「会社設立の登記書類を作成」は誰がやっても同じことですが、「就業規則の作成」は自分の会社の規則ですから、社労士さんにアドバイスをもらうにしても自分で作るのです。
DSCF0031
決して丸投げすることはしません!

決算書を読めない経営者に「日々の入出金の入力業務は、人に頼まず自分でやりなさい!」と言うのは、自分で入力したらお金の流れがわかってくるからです!

それを面倒がって事務員さんにやってもらったり、会計事務所にやってもらうから、いつまで経っても自社の数字がわからないのです。

入出金を入力すれば、残金や利益が変化します。

DSCF0041-2入力するたびに資金繰りがどうなったか、利益がどう変わかが見えてくので、自分の会社の資金繰りや利益の状況がイメージできるようなるまでは、自分で入力したほうがいいと思うのです。

先日、静岡経営塾のブログに工場の雨漏りの補修工事を社員たちとやった話が書かれていました。

自分たちでやれば材料代だけでできるので得をした気がするのでしょうが、私は絶対に業者に頼みます。

自分でやってうまくいかなかったら、またやり直しになって時間を奪われます。
DSCF0047
それどころか、時間を割いて悪くしてしてしまうリスクもあります。

ところがプロに頼めば何度でもやり直してもらえますし、こちらの時間は奪われないのです。

だから「餅は餅屋」に頼むべきだと思うのです。

私が「スキマ時間を無駄にしない」という話をすると、「杉井さんは、ボーッとしていたいと思わないのですか?」と聞かれることがありますが、私はボーッとしたりゲームをしたいとはまったく思いません。

「ゲームと所得は反比例する」という研究結果も出ていましたが、それはお金の問題だけでなく、時間は命だからです!
DSCF0060-2
皆さんは命がけでボーッとしたり、命がけでゲームをしたいと思いますか?

不平や不満を言うのもそうですが、そんなことに自分の命を使いたくないと思っているのです。

そうした時間があるのなら、少しでも充実した人生にしたいと思うのです。

今日の写真は青山のいちょう並木のライトアップと渋谷の「青の洞窟」、カレッタ汐留のイルミネーションの写真です。

DSCF0088-2いちょう並木のライトアップは試験的にやっているので今だけだと聞いて、11月29日の夜、ものすごい強行軍で東京まで行ってきました!

私はボーッとする時間やゲームをする時間があるのなら、妻と京都に行ったり、離れて暮らす子供たちと食事をしたり、美しい景色を見ることに時間を使いたいと思います。

そのほうが人生が豊かだ(後悔が少ない)と思うのです。

これらは人に頼んでやってもらっても意味のないことですからね!

死んだらずっと休めるのですから、生きているうちは「生きていて良かった!」と思うことに時間を使うべきで、命を削ってまでボーッとしたいとは思わないのです。
DSCF0128-2
皆さんは、命がけでゲームをしたりネットサーフィンをしたいと思うのでしょうか?

今日のひとこと
「時間の価値がわかってくると、お金の使い方も変わってきます!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!