DSCF0098福井県などでは、雪の影響で大変なことになっているようですね。

何かできることがないか考えながら、被害がでないことを心から祈っています。

さて昨日はさかえやのリーダー研修でしたが、2月の経営塾で「れっどぱーる」さんに見学に行った宮本さんから感想文が届いたので、今日は宮本さんの感想文を紹介します。

宮本さんもれっどぱーるさんと同じ、イチゴ農家です。

(感想文)

2月経営塾、「れっどぱーる」さんの訪問に、お声がけいただき、ありがとうございました。

両親にお願いして、佐野さんの農園に行く事が叶い、聞きたい事を整理して行きました。

佐野さんのお話を聞いて、自分が聞きたかった事は、イチゴの栽培についてや、お客様に対するサービスの仕方など、何かいいものは取り入れようという卑しい内容ばかりだったと感じました。

そんな事よりも、ずっと大切な事を教えていただいたと思います。

以前、私は佐野さんと同じイチゴ農家、ぐらいに感じている節がありましたが、私などは親の作っていただいた基盤に胡坐をかいていただけでした。

佐野さんが通ってきた道は、私には味わった事のない大変な道だったでしょうし、それでもなんとかしなきゃと、自ら切り開いてきた道なのだと感じました。

自分は頑張っている。というのは本当に自己満足でしかなくて、傲慢な考え方ですね。他人と比べてもらわないと、本当にわからないものだと思いました。

自分が今までどれだけ甘えていたかを教えていただきました。

佐野さんのお話の中にあったスーパーあおきさんで「いきなり行って、変な人だと思われそうだ・・でも“もうこうなったら恥もクソもない”」という所がとても印象に残りました。

私は恥ずかしいと感じた事はやってこなかったです。

それだけ自分の中に甘えや、自分を守っている所があります。

もともとそんなに大した人間だったのか、今、振り返ると、本当につまらない所で自分を守ろうとしていた事が思い出されます。

DSCF0101-2私が変わっていけないのは、そうした考え方があるからだと思います。

皆さんが帰られた後、少し佐野さんと長谷川さんとお話させていただきました。

本当に楽しそうに笑ったり、気持ちのいい人だと思いました。

私のように自分を守ってばかりいる人間よりも、佐野さんは自分が大切にしているもの、家族や社員さん、精魂こめて作ったイチゴを全力で守っているから、逆に周りにも大切にされるものなのだと感じました。

自分の未熟さに、今まで何をやってきたのか・・と情けない限りです。

同時に、佐野さんとのご縁をいただいた事、そして、お声がけくださった事に感謝いたします。

今回参加させていただいて本当によかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

宮本さんはイチゴのハイシーズンのため経営塾は欠席でしたが、「れっどぱーる」さんの見学だけは来たほうがいいと思い、「ぜひ来たほうがいい」と誘いました。

良い刺激になったようで誘って良かったのです。

今月の20日・21日に行われるホテル松本楼さんのマネージメント・ゲームに、さかえやのリーダーや雨宮オートボディサービスのリーダーが参加するかもしれません。

それはホテル松本楼さんのリーダーたちも含めて、若手リーダーたちが自主的に連絡を取り合って、互いに刺激し合っているからです。

こうした刺激し合える仲間がいることは、本当にいいことだと思います。

皆さんには刺激し合える仲間がいるでしょうか?

果たしてどこの会社がマネージメント・ゲームで優勝するのでしょうね?

今日のひとこと
「刺激し合えるいいライバルがいることは幸せなことです!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!