城市さんの一言ルールについて考える(2)

2018年03月12日

ルールについて考える(1)

DSCF0162昨日は倉敷から戻って、島田CL(建設的な生き方)を学ぶ会に参加しました。

今日はそこで出た事例を紹介したいと思います。

相談者:小規模校に勤務する小学校教諭Aさん(55歳)

DSCF0178相談内容:Aさんは山間の小規模校に勤務して2年目で、昨年度から続けて生徒指導主任を務めています。

学校は落ち着いていて生徒指導上の問題は特にないのですが、校長の経営方針に戸惑うことがあってどう対応したらよいか困っています。

DSCF0179-3具体的に言うと、校長は学校の規則などはなるべく少ないほうがいいと考えていて、もしトラブルが起きたときは、その都度子供たちから聞き取りをして、どうしたらよいか子供たちに考えさせようと言うのです。

しかし現実は、この学校には昔から続いてきた校則(ルール)がたくさんあり、それを各学級に掲示しています。

DSCF0215-2校長は、それらをすぐになくすつもりはないが、「ルールだから守れ」と言うのではなく、どうしてその規則があるのかを子供たちに考えさせたいと言うのです。

Aさんの所属している生徒指導部会のメンバーは年配の先生が多く、「ルールがなくなったら問題が増えるよ」「子供を育てるのには少しくらい窮屈なルールがあった方がいいんだよ」という意見が大半です。
DSCF0219
Aさんも個人的には部会の人たちと似た意見ですが、校長の方針に沿うにはどうしたらよいか悩んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんはルールについてどのように考えますか?

DSCF0225皆さんがAさんだったら、どのようにしますか?

私の意見は明日書きたいと思いますので、今日は皆さんの意見を聞かせてください!

今日も倉敷の町の写真です!

倉敷にいると、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気持になります。
DSCF0238
明日はいよいよ倉敷の「春宵あかり」の写真を紹介したいと思います!

今日のひとこと
「ハッキリとした魅力があれば、人もお金も集まるものです!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

この記事へのコメント

1. Posted by 藤川 麗衣   2018年03月12日 10:07
ブログありがとうございます!
倉敷の街並み本当に良いですね!
校長先生の自分で考えさせ、学ぶ姿勢を私は良いなと思いました。
自分もそうですが一度失敗したことや困った事でつまづくと二度と同じ思いはしたくないと心に深く刻まれるので、考えるチャンスになります。
なのでルールはあまりたくさん作らず最低限だけにし、後は自分自身で心掛けて行けば変わって行くのではないかと思いました!
2. Posted by 堀内勇斗   2018年03月12日 11:41
ブログありがとうございます。
本当に江戸時代みたいですね!
あの船に乗ってみたいです^ - ^

私の学生の時を思い出すと
「そういう決まりなんだ」と言われるのが
優しさが感じられないというか
機械的ですごく嫌でした!
最小限のルールは必要だと思いますが
それより生徒のことを考えているのが
伝われば生徒は悪いことも
しづらくなるのかなと思いました。
3. Posted by 北村優香   2018年03月12日 11:48
ブログありがとうございます。
倉敷の街並み、すごく良いですね!
日本の歴史が感じられます。

校長先生の考えも、良いなあと思いました。
私は、とりあえず1度校長先生の方針で
子どもたちと接してみると思います。
それでもし前より悪い方向に行ってしまったら
現場の意見として校長先生に伝えます。
相談した方も校長先生も、子どもたちに
良くなってもらいたいという思いは一緒だと
思うので、良い関係でいて欲しいなと思います。
4. Posted by 大森美花   2018年03月12日 12:25
ブログありがとうございます。
倉敷の写真、日本らしくて素敵ですね。
「ルールだから」と言ってしまうよりは、実際起きたことから気づいて学んでいくことも大事なのかなあと思いました。
小学生の目線ではわからないことも多いかなと思ったので、ある程度はルールも必要だと思いましたが、一度校長先生の方針に従ってみると思いました。
5. Posted by 林 尚吾   2018年03月12日 12:26
問題が起こる前から問題に悩むことはどうかと思われるので、校長の方針なら従うことでいいのではないかと思います。子供達に考えさせることはいいことだと思いますし。
これは個人的意見ですが僕が学校に通っていた時は校則などといったルールなんて読んだこともないし、何一つ知りません(笑)社会にでればその場所でルールも変わってくるので柔軟性というものを大事にするのが良いと考えます。
6. Posted by 矢崎紘一   2018年03月12日 12:27
ブログありがとうごさまいます。
人に魅力を持ってもらえるようなものを何か一つでいいのに持てるようにしていきたいと思います。
7. Posted by 高須輝   2018年03月12日 12:32
杉井先生、ブログをありがとうございます!
倉敷の街並みは江戸時代(イメージ)の様ですね、素敵です。

事例をありがとうございます。
私が学生時代、校則は何の為にあるのか、とりあえず守れば良いと思っていました。
そう思うと、何の為にこのルールがあるのか?と考える様になるのは良いと思います。
ルールが無くなると問題が起きるという決めつけが、生徒さんを大事にしていない考えの様に感じました。
生徒の為に何が出来るのか?
そこを考えていく様にしていきたいと思いました。
杉井先生、ありがとうございました!
8. Posted by 掛川 康達   2018年03月12日 12:46
ブログありがとうございます。

今あるルールがどこまでのものか分かりませんが今あるルールで支障かなければ今のままでいいと思います。

ですがそのルールを教える人が「決まりだから!」と言うのではなく、なんでこのルールがあるのかを生徒と考えればいいのかなと思います。
9. Posted by 本菅重行   2018年03月12日 12:48
杉井さん、ブログありがとうございます。

最低限のルールは必要だと思いますが、
子供たちのことを考えると、
校長先生の方針に従うのが良いと思います。
10. Posted by 鈴木友絵   2018年03月12日 12:49
ブログをありがとうございます。
会社の良い文化を作ることと通じていると思いました。
私なら、リーダーの立場の校長先生の方針に従って行動してみます。現場の様子を伝えたり、見てもらうことで次の対応を検討していくのがいいのかなと思いました。
ルールに縛られずに、自分で考え、協力しあう環境になっていくのが理想的ですね。
3枚目の着物姿の写真が素敵だと思いました。




11. Posted by 北山 達朗   2018年03月12日 12:59
杉井さん、ルールについて考える、ありがとうございます。
こうして事例を考えられる機会があること、ありがたいです。
ルールについては、私個人的には、細かくなく、モラルで
やっていけるといいなぁ~と思っています。
ルールを細かくすればするほど縛られて自由がなくなるように思います。
私がAさんだったら、校長先生も他の先生も子供たちの事を
大切に思われての事だし、ルールを無くすとは言っていないのでゴールは一緒と考えます。
今特に問題が起こっているのではないので、悩まず、
相談が具体的になったとき、子供たちと一緒にルールについて
考えると思います。

倉敷にこんな街並みが残っているんですね。
時代劇を思い出します。
12. Posted by 杉山圭子   2018年03月12日 13:01
ブログをありがとうございます。
のどかな雰囲気の写真ですね。倉敷をのんびり散策してみたいです。
事例について、
お互いに安全で気持ち良く生活する為にルールは作られて来て、社会に出る前に子供達にルールを守る事を教えるのは大切だと思います。校長先生が規則を減らしたいと言われるのなら、「どうしてその規則があるのかを子供達に考えさせる」前に、教師達が集まって考えたらどうかなと思いました。その中で無くしても良いルールが見つかり、先生達の合意の元に減らすこともできるかもしれないと思いました。

13. Posted by 菅原麻弥   2018年03月12日 13:03
ブログありがとうございます。
3枚目の写真が好きです。
ある程度の決まりは必要だと
思いますが
子供たちに考えさせるというのは
いいなと思います。
やってみないとわからないと
思うので、
校長先生のやりかたで
私だったらやってみてから
また考えると思います。
14. Posted by 宮本俊博   2018年03月12日 13:03
こんにちは。
ブログをありがとうございます。
何の為のルールかと考えた時に、ある程度の所はあった方がいいと思います。
子供達が社会に出てトラブルが起きた時に、考えて行動できるようになればいいなぁと思いました。
ルールに任せて過ごすのは楽でもありますが、ルール外の事が起きた時に、対応しづらい人になってしまうのかな。と、実体験から思うところがありました。
街並みが、おかっぴきが今にも走ってきそうですね。
ありがとうございました。
15. Posted by 両角 日香里   2018年03月12日 13:25
ブログありがとうございます。
倉敷は素敵なところですね。
明日の写真も楽しみです!

ルールは、必要だと思います。
でも、私が小学生のころを思い出してみて、
先生や親に、だめだと言われるからそうする、
ということが多かったので、
自分で考えることも必要なのかな、
と思いました。

私がAさんだったら、校長先生に
具体的にどのようにしていったら良いか
聞きます。
16. Posted by 金子結希   2018年03月12日 13:40
杉井先生、ブログをありがとうございます!

数ではなくて、どういった物が子供たちにとって必要なルールなのかを考えるべきだと思いました。例えば「授業の時間は守る事」「校内の立ち入り禁止区域には入らない事」時間のルールは、将来大人になった時に勤め先で時間を守らないと仕事を任せてもらえないかもしれないし、立ち入り禁止を守らないといけない理由は、その子供の命にかかわる事かもしれないと思うからです。

問題が増えて困るのは先生や大人の都合だと思います。

私がAさんだったら先輩の先生に意見したくないと思うので、最初に校長先生に話して、「子供たちが社会人になった時に必要だと思う守るべきルール」を決めなおしてもらうといいのかなと思います。

部会の人達のルールに対する考え方と校長先生のルールに対しての位置づけが違うので、そこを揃えてもらうのが、校長先生の責任だと思いました。

倉敷の写真、時代を感じます!
カサをかぶって船に乗るのが楽しそうですね~
白壁の大きな家は、家だったんだのか酒蔵だったのか・・・作りが豪華ですね!





17. Posted by 松本光男   2018年03月12日 14:05
杉井先生、ブログありがとうございます😊
倉敷の街並み、落ち着きがあって魅力的ですね。
3番目の写真のお二人のお着物姿が素敵です。
小学校のルールの緩和に関してですが、校長先生の意向を汲んでやっていくで良いと思います。
トップ(校長)の掲げる目標や方向性に職員が一丸となって力を合わせていくことが一番に思います。
上手くいく上手くいかないは別として、まずやってみることが必要だと思いました。
18. Posted by 坂本昭一   2018年03月12日 14:19
ブログありがとうございます。

ルールはないほうがいいと思います。しかしいろんな考え方のひとがいるので難しいですね。
19. Posted by 馬場綾子   2018年03月12日 15:30
杉井さん、ブログありがとうございます。今日のひと言、本当にそうだと思います。蔦屋もそうなるように、自分の役割の仕事に励みます。

さて、Aさんのお話の件について。
先日まで、小6の子どもを預かっていた時、その子が学校の社会か何かのテストの答案を見せてくれました。その問題は、権利について勉強した内容で、働く権利や買い物をする権利や社会で生きていく幾つかの権利をあげていて、否定的な発言をした友達に柔らかに
話してみよう、みたいな文章問題に、その子が「皆の権利を守るために皆のルールを守らなきゃいけないんだよ」みたいなことを書いていて、上手な文章ではなかったけど大切な意図を伝えられていることに、私は感心して彼女を褒めたことを思い出しました。
この校長先生も、そういう子どもがきちんと理解できる、考える力を持っていることを信じているんじゃないでしょうか。私がAさんなら、実際にルールに対して守らない事態が起こったときに、小6が学んだ権利とルールの話をして考えさせてみたいと思います。もしくは、現時点の学校のルールを1つ1つなぜあるのか、と考えさせる授業をしてみたいです。それは、小6で習う社会の授業そのものになると思うからです。指導部の先生たちが思っているルールが必要だと言うことを、子どもたち自身も必要だと思えたら、守るべきルールになるのではないでしょうか。その中で、何で必要なのか、誰のためのルールなのかが分からないようなものがあれば、それこそ先生同士で意見を交換し校長先生ご意見をふまえ、最終的に生徒にフィードバック出来たら、生きた社会の授業になると思います。

夢中で書いてしまいましたが、こういうコメントじゃ、的外れな回答になってますか??
私がAさんだったらどうするか?と言うことで、教師の大変さも分からずに書いてしまいました。失礼がありましたら、もしくは的外れ過ぎていたら、すみません。。。
20. Posted by 庄司昌史   2018年03月12日 15:44
ブログありがとうございます!!

私はどちらの意見も間違ってはいないと思います
子供に経験させ考えさせるのもいいと思いますし
学校という集団で生活していく上で最低限のルールも必要になってくると思います
私でしたら教育者である大人が反発してしまうのではなく組織の上の立場である校長先生の方針に従いどう行動していくかを考えると思います
また学校としてルール作るのではなく
一緒にいるクラスの仲間で子供が自分達でルールを作っていくというのも1つの手かと思いました。
21. Posted by 平澤   2018年03月12日 15:53
ブログありがとうございます。
素敵な街並みですね!

私がAさんでしたら、とりあえず従って行動します。
子供達に考えてもらい、行動してもらうことは良いと思いました。
問題が出てくる可能性もありますが、どのような問題が出てくるかの先読みを教員である程度していれば対処もできると思うのでそう行動します。
22. Posted by 中村 光輝   2018年03月12日 16:36
ブログありがとうございます。
私は校長先生は組織のリーダーであるため、どちらがいいにしても校長先生が行う案でよりよくなるよう部下は支えることが大切だと思いました。
23. Posted by 仲川 南   2018年03月12日 16:48
ブログありがとうございます。

社会に法律があるように、ある程度の規則は無いとダメだと思います。生徒さんも何をしたらダメなのかがわからないと思います。


但し、校長先生のおしゃる事もわかるので、ひとまずは校長先生の案をやってみたらいいと思います。
24. Posted by 佐藤佳則   2018年03月12日 17:10
こんにちは
本日もブログをありがとうございます。
ルールはある程度あったほうがいいと思います。
生徒たちの為なのでしょうが、先生たちにとっても
教える基準をそろえられることができると思うからです。
ただ、ルールだから守りなさいだけではなく、校長先生のおっしゃる通り、ルールがある理由を考えていくことは大事なことではないかなと思います。
まとまっていないと思いますが、こう思いました。

ありがとうございました。
25. Posted by 中間   2018年03月12日 17:29
ブログありがとうございます。

ルールは必要だと思います。
ルールを定めずに最悪の事態を起こってしまってから、本人が気付いたとしても、その子の人生に大きな汚点が残るのにはかわりありません。未成年にそう言うことが起こらないように見守ってやるべきだと思います。
26. Posted by 中森慶子   2018年03月12日 17:44
ブログ、ありがとうございます。
本当に江戸時代のような雰囲気ですね!

私なら校長先生が言う方針に従って、
とりあえずやってみます。
それで問題が出るようなら、
職員同士で話し合って、改善していけば
よいと思います。
のびのびとした環境で、自分で考える力を
つけていくのは、よい経験になると思います。
27. Posted by 榛葉 大   2018年03月12日 17:45
ブログありがとうございます。
今のところ問題が起きていないようであれば、それはそれでいいのかなと思います。
ルールを守らない人が出てきたときに先生方がどう対応するか考えた方がいいと思いました。
28. Posted by 高橋典雅   2018年03月12日 18:15
杉井先生、ブログありがとうございます。
倉敷ですか、景色も雰囲気も良いところですね。
1度行ってみたいです。
ルールがあるのであれば守るのが基本ですが
疑問符がつくようなルールは見直したりするのが
よいと思います。
学校のルールを、可能であれば生徒全員で決めるのも
良いのではないでしょうか?既存のルールは
1度ガラガラポンして。そうすれば自分たちの作ったルール
であれば守るのではないでしょうか?
校長先生が考える「事が起きてから」では取り返しがつかない場合もあると思います。
29. Posted by 足立章   2018年03月12日 18:20
杉井さん ブログありがとうございます。

倉敷の街並みは江戸時代の様で風情がありますね。
日本的な風景はなぜか懐かしくなってしまいます。
(別に江戸時代の人間ではないのですが)

私は校長先生の方針にのっとて指導するのが良いと思います。Aさんも自身の教育方針があると思いますが、上司の意見が食い違っていると部下(生徒)が混乱してしまうように思います。大筋の方針は校長先生に従っていきます。
その上で教育方針の違いから周りの先生と関係が悪くならないように対応を意識していけたらと思います。
30. Posted by 大城成之   2018年03月12日 18:38
ブログありがとうございます。
倉敷行ってみたいです。

今のルールがわからないのですが、時代や場所によってルールは変わるのかなと思います。
私がAさんの立場なら校長先生の方針にやるかなと思いました。
31. Posted by 日夏健介   2018年03月12日 18:40
倉敷、風情溢れる素敵なところですね。

たくさんある校則というのがどの程度のものかはわかりませんが、最低限のルールは必要だと思います。
校長先生の言う、トラブルが起きた時にというよりは、現状のルールがなぜ必要なのか子供達に討論させては?と思いました。
ただその前に先生方で話し合って、説得力のある落としどころも用意してもらう必要があると思います。
32. Posted by 金子悟士   2018年03月12日 18:44
杉井さんブログありがとうございます。

私個人的には校長先生の考え方や方針が素晴らしいなと思います。
そして、事実学校も落ち着いて、生活指導上
の問題も特にないということなら、その方針に従って、生徒を見守るのがAさんの出来ることではないかなと考えました。
33. Posted by 轟 象平   2018年03月12日 18:54
杉井先生ブログありがとうございます。
本当に江戸時代に戻ったかのような風景ですね!
3枚目の写真がいいと思いました。

学校のルールを最小限にして子供に考えさせるというのは個人的にはいいと思います。
それが校長の意向であれば基本的にはそれに従うものだと思います。
ただ、子供がそのルールがどうしてあるのかまで理解出来るかというのもあると思います。
私がAさんなら校長の意向に従って行動すると思います。
34. Posted by 荒蒔圭一   2018年03月12日 19:16
ブログありがとうございます。

その学校に有る限り、校長の考えに沿った教育をしなければならないと思うので生活指導部の
先生たちと話し合って一度校長の方針に従って
みてはどうかと思います。
35. Posted by 希代和也   2018年03月12日 19:17
ブログありがとうございます。
ルールの量や内容に先生方がこだわっているような気がしますが、校長先生も生徒指導の先生方も同じ生徒さんに良くなってほしいという目的は一緒だと思います。
ルールの内容よりもどんな人に育てほしいか
目的に合うようにルールを作ればいいと思いました。Aさんとしては最終的には校長先生の方針に従ったほうがいいと思いました。
36. Posted by 清水慶浩   2018年03月12日 19:24
こんばんわ。ブログありがとうございます。私はルールはある程度厳しくしていった方がいいと思います。何でこの決まりを守るのかを理解することは大切だと思います。制約があるなかで教えいけたらいいと思いました。みな意見はあるでしょうが、校長先生の方針に従うと思います。
37. Posted by 佐野真史   2018年03月12日 19:42
杉井さんブログありがとうございます。
倉敷の写真はのどかでほのぼのしてきます。
私も色んなところを旅してみたいです。

学校のルールの事ですが、団体生活の場でもあるので、ある程度のルールは必要だと思います。
今のところ学校は落ち着いているようなので、校長先生の方針に従えばいいと思います。
38. Posted by 小林俊之   2018年03月12日 20:15
ブログをありがとうございます。
私はルールはあまり多くない方が良いと思います。
細かいルールばかりになると、それを守らない人は悪い人になってしまいます。最低限困らないくらいあればいいのではないかと思います。
今回の場合は校長が一番の責任者ですから、その意見に従うのが筋ではないかと思います。校長がおっしゃっる様に、困ったら何のためにルールがあるのか考える良い機会になると思います。
39. Posted by 小池 祐樹   2018年03月12日 20:18
ブログありがとうございます。
多少のルールはあった方が良いと思いますが、自分なら校長先生の方針でやってみます。
40. Posted by 古橋幹大   2018年03月12日 20:27
ブログありがとうございます。

私は、ルールよりもそのクラスの皆とどんなクラスにしたいのかというのが大切な気がしました。
ルールがあってもあまり利いてた人でないので、言えた身では無いですが、細かいことよりも大切な生き方を教えてくれた方が良いのかなと思いました。
よろしくお願いします。
41. Posted by たてっち   2018年03月12日 20:36

今回はポエムにして答えます。

『幸せは列車に乗って』

たった二本でいい

その上を列車は走る

トコトコとゆっくり走る

子どもの夢を載せて走る

たった二本のレールの上を

たてっちです。



42. Posted by 窪田幸恵   2018年03月12日 20:39
ブログをありがとうございます。

私はルールはそんなにたくさん無くて
良いと思っているので校長先生の考えには
賛成です。
しかし自分が考えている事と反対の事を
校長先生が勧めようとしているのならば、
職員として校長先生のやり方にそって
やるしかないのかなと思います。
43. Posted by 小林理恵   2018年03月12日 20:45
杉井先生、ブログありがとうございます。

本当に江戸時代の風景を見ているようですね。

私も校長先生が言うように、ルールは少ない方が逆に子どもたちが考えるようになると思いますし、トップである校長先生の方針に従うのが良いと思います。
44. Posted by 服部 都史子   2018年03月12日 20:57
ブログをありがとうございます。
倉敷、いい町ですね。一度行ってみたいと前々から思っています。

ルールについて。
誰のためのルールなのかが問題だと思います。学校ならば、先生が楽をするためのルールではなく、子ども達が成長してお互いに気持ちよく生活できるようなルールだといいなと思います。
Aさんだったなら。
基本的に校長先生の方針に従います。同僚の先生方にはあまりに不満がでるようでしたら「そうですか。児童の為にも、校長先生がどんな学校にしていきたいのか聞きたいので一緒に聞いてもらえませんか、私だけでは役不足なので」と言います。
45. Posted by 鈴木崇司   2018年03月12日 21:03
杉井さん、ブログありがとうございます。
問題が起きていないのでしたら、校長先生の方針にしたがい、どうしたらいいのか考えてやっていくと思います。
そのなかで、問題が起きたら、また、対策を考えていけばと思いました。
ありがとうございます。
46. Posted by 辻敏充   2018年03月12日 21:04
杉井さんブログありがとうございます。
ルールの目的は、社会生活を円滑にするためにだと思います。そのルールは手段だと思います。それがルールを守ることが目的になっているのは本末転倒だと思います。
今回の事例では、校長先生の方針に従うことが社会的なルールに従うことだと思います。方針通りにやってみて問題があれば、それを校長先生へ報告するだけだと思います。
47. Posted by 横岡摂樹   2018年03月12日 21:08
ブログありがとうございます。

素敵な写真もたくさんありがとうございます。
私は最後の写真が風情があってとても好きです。

悪法も法なりという言葉を子供の頃教わりました。
ルールを守るということを教えるのも教育だと思います。

個人的には校長先生の考え方に賛成ですが
支持が曖昧なことが問題だと思います。
48. Posted by 古橋力   2018年03月12日 21:19
杉井さん、ブログをありがとうございます。
私は、校長先生の意見を尊重したいと思います。
周りの方々にも校長先生の考えていることを伝え
たいと思います。
49. Posted by 小池 和   2018年03月12日 21:34
ブログありがとうございます。私は歴史などは詳しくないですが、古い町並みは好きです。他の国にはない日本らしさだと思います。
今回の事例ですが、私は校長先生に従うと思います。上司だからというのもありますが、校長には明確な考えがあるからです。ルールを守る事ももちろん大切だと思いますが、失敗から学び自分の力で成長していくことは歳を重ねた時に役立つと思います。
50. Posted by 堀口功太   2018年03月12日 21:39
ブログありがとうございます。

校長先生からの提案は大切であり、それに沿って教育していく必要があると思いました。
ただ今のままの規則で問題が起きていないので、生徒さん達で規則を見直していく時間を作り、規則を削っても今まで通り学校生活が送れるか試していくのがいいのかと思いました。
51. Posted by 小林孝之   2018年03月12日 21:40
杉井さん、ブログありがとうございます。
校長先生が考えている方針に従って、キチンとやってみることが大事だと思います。
キチンとやることで検証もできるようになり、校長先生の方針に進むことが出来ます。
52. Posted by 原 和己   2018年03月12日 21:42
ブログありがとうございます。
くらしきの町並みは、風情がありますね。
歩いてみたいです。

『校長の方針に沿うようにする』という目的があるのですから、
そのためにはどうしたらいいかを考えます。
校長は規則をすぐにはなくすつもりは無いし、
Aさんも規則は悪いものとは思っていないのですから、
何かあったときにはよく聞き取って、
当てはまる規則を子どもに説明してあげると思います。
53. Posted by 小林隆浩   2018年03月12日 21:46
杉井先生、ブログありがとうございます。

校則があれば、はみ出た生徒見つけやすいので、指導もしやすいですが、無くなれば、生徒をよく見ていないといけない時間が増えると思います。大規模校でしたら、全部は見きれないと思いますが、小規模校という事で、出来ないことは無いのではないかと思いますが、実際は大変だと思います。
54. Posted by 森   2018年03月12日 21:56
ブログありがとうございます。
ルールは作った人が思ったように人を動かす為の道具だと思います。ルールではなく自分で考え判断させるという校長の考えは良いと思います。
55. Posted by 雨宮 正孝   2018年03月12日 21:57
ブログありがとうございます。
倉敷の街並みとてものどかで、落ち着きますね。
必要最低限のルールはやはりあった方が良いと思います。
子供達に問題が起きた時一緒に学べるような環境が
良いのではないかと思います。
56. Posted by 野沢   2018年03月12日 21:58
ルールは最小限にしたいと思います。
それもどんな場合でも守れというのではなく、やむを得ない場合は除く、といったグレーゾーンがあるのがいいと思います。
キッチリし過ぎても抜け道を探すようになるように思います。
校長先生のやり方は大賛成ですので、私だったら校長先生についていくと思います。
57. Posted by Kashiwa   2018年03月12日 22:15
杉井さん、ありがとうございます

この場合、校長が一番トップですので、自分の考えがどうであれ、まずは校長の方針に従うべきだと思います。

その方針が良くないと思うのであれば校長に方針を変えてもらうよう、校長としっかり話し合うのが良いと思います。
その結果、方針が変わっても変わらなくても校長の決めたことに従うべきだと感じます。
58. Posted by 柴崎おさむ   2018年03月12日 22:19
杉井先生、ブログありがとうございます。
ルールとは、一人一人が役割を演じ生きていく社会の中でやってはいけないことを示す大事なことだと思います。それが窮屈かどうかは別の問題と思います。自分がAさんなら、だれのためのルールということをみんなで考える場を設けるように提案したいと思います。
59. Posted by 中尾   2018年03月12日 22:22
やっぱりある程度のルールは必要だと思います。ただ今回はルールをなくそうとは違うので僕はあんまり気にしないかも、Aさんの立場だったら、まず他の先生たちに校長先生の意見をふまえた上で一度生徒と話をしませんか?とそこからどうしていくを考えます。今日の心の叫び······先生達は子供だからとか言ってるけど(汗)大人でも必要だよ~せ·ん·せ·い
60. Posted by 荒井大悟   2018年03月12日 22:25
ブログありがとうございます。
やってみないとわからないのでとりあえず校長先生の方針に従います。
やってみた時の生徒の反応と結果をフィードバックします。
61. Posted by 竹澤 史貴   2018年03月12日 22:27
ブログありがとうございます。
基本、学校でのトップは校長先生ですから、校長先生の方針に沿って行くと思います。
教員と校長先生のコミュニケーションはどうなのでしょうか。
倉敷の町並みありがとうございます。
62. Posted by 室伏 剛   2018年03月12日 22:29
杉井先生、ブログをありがとうございます。
私は校長先生の考えに共感致します。
また、校長先生はAさんの上司、会社の社長ですので、社長の意向に沿うのが社員さんの必須条件だと思います。
ですのでAさんが別の意見を持っているのであれば、それを校長先生に伝えればいいと思いますし、校長先生のやり方でやってみて問題が解決しないようであれば、その旨を報告するのが良いと思いました。
63. Posted by 関 澪   2018年03月12日 22:41
ブログありがとうございます。
私はひねくれた性格なので窮屈なルールでこうだ!と言われても納得出来なかったです。自分達でなぜそれがダメな事なのかを考えさせる事も大切な事ではないかと思いました。
64. Posted by 小林那津子   2018年03月12日 22:43
ブログありがとうございます。
倉敷の写真をありがとうございます。街並みや建物が雰囲気があり素敵ですね!

事例をありがとうございました。
部会の方たちの意見もあるとは思いますが、あくまでも意見だと思いました。部会の方たちに左右されずに、今の学校の校長先生の考えを聞いているので、素直に校長先生のやり方でやってみる、やってみての結果と校長先生の考えとは違うようなら自分の考えを校長先生に報告する対応だと思いました。
65. Posted by 伊村益広   2018年03月12日 22:44
「ルールについて考える」ありがとうございます。
倉敷の街並み素敵ですね。
組織の頭の方向に進むと思います。
ありがとうございました。
66. Posted by 荻原健太   2018年03月12日 22:47
杉井さん、ブログありがとうございます。
倉敷の写真、素敵ですね。

私がAさんであれば、まずは上司である校長先生の方針に従って行動します。そのうえで何か問題があれば、校長先生に相談、提案します。校則やルールが掲示されてあるかどうかが大切なのではなくて、どういう子供に育ってほしいか、そのために子供にどんなことを学ばせたいか、そのために子供にどんなふうに関わるか、が大切なような気がします。

それには、校長先生が意図を先生方にしっかりと伝えて、率先して子供たちに関わっていくことが必要ではないかなぁと思いました。
67. Posted by 渡邉浩志   2018年03月12日 22:50
ブログありがとうございます
危険なことは前もって注意しておいた方がいいと思いますが
一度体験させて、ダメなことだと気付いてもらうのも良いと思いました
68. Posted by 神戸枝美里   2018年03月12日 22:53
ブログありがとうございます。

ほんとに江戸時代にタイムスリップした
街並みですね!
ルールは必要だと思います。
自分でそれなりのルールを考えてみて
実際にやってみてそのルールがダメだったら、また考え直せばいいと思いました。
69. Posted by 長谷川慎   2018年03月12日 22:59
本日もブログをありがとうございます。
多少の窮屈に感じるようなルールも必要だと思いました。
関心を持たなければ考えないと思うので、ルールが何故あるか考えるキッカケとしてもルールがあって良いと思います。
70. Posted by 古橋浩美   2018年03月12日 23:02
ブログありがとうございます。
倉敷って、ステキな街並みですね。
行ってみたいです!
ルールは、あっても少なくていいと思いました。
71. Posted by 柴田晃輔   2018年03月12日 23:03
杉井さんブログありがとうございます。
ルールについて、もちろんなければ統率が出来ないのである程度は必要だと思います。
私は校長先生の意見も受け入れ、少し試してみると思います。
やる前に決めてしまうのではなく少しでも取り入れその結果で決めてみると思います。
72. Posted by 林 知世   2018年03月12日 23:11
ブログありがとうございます。
問題が起こっているわけではないので、私でしたら、校長先生の指示に従い動きます。
73. Posted by 荒木喜裕   2018年03月12日 23:15
私はAさんや年配の先生方と同じ意見でルールで生徒を縛ってあげる方が良いと思いました。
自分自身はルールがあった方がいかにこの状況で最大限楽しむか頭を使った気がします。

部活や校則で何で?と思う場面はたくさんありましたが、、社会に出てからは何で?と考えるよりまず従う事も大切な事だと思っています。
74. Posted by 岩谷龍二   2018年03月12日 23:41
ブログ有難うございます。

ルールを無くすことを提案しているのではない為、この基準を保つ事が役目だと思います。
校長先生のルールに対する基準、先生たちのルールに対する基準が一致する事が重要なことではないかと思いました。
75. Posted by 水澤富枝   2018年03月12日 23:42
こんばんは、ブログありがとうございます。どこにもルールあると思うのです。ある程度ルールはあってもいいと思います。ただ、ルールを破ったら罰ではなくて、その時に校長先生の言う、どうしてこのルールがあるのかを子供に考えてもらう事は大事かなと思いました。
76. Posted by 服部 忠   2018年03月13日 00:17
杉井先生、ブログをありがとうございます。
私の個人的な意見は、ルールは破るためにあると学生の時は思っていました。
ルールに縛られるのが窮屈で反発していたと思います。あまりルールに縛られない方が子供はのびのび育つのではないかと考えます。
倉敷いいところですね。写真をありがとうございました。
77. Posted by takahashi   2018年03月13日 00:21
「ルールについて考える(1)」ありがとうございます。
倉敷の町並みはいいですね。行ってみたいです。

ルールについては内容によるのかなと思います。事故(命)に関わる事柄であれば、交通ルールと同じようにルールも必要かと思います。しかし、子どもをコントロールするためのものや、問題を起こさないためのルールであれば不要かと、私は思います。

もし子どもたちが社会に出る時のことを考えるのであれば、先生方がまずは上司である校長先生の方針に沿うことが大事だと思います。そのうえで問題があったら校長先生に相談してもよいのかなと思いました。

私の職場も昔からのルールを提示しています。ルールについて考える機会をありがとうございました。
78. Posted by 海野貴   2018年03月13日 00:22
杉井さん、ブログありがとうございます。
ルールが多いほうがいいか、少ないほうがいいかはわかりませんが、人々が円滑に暮らすためにルールがあると思いますから、その中でうまくやっていけるようになることが大事だと思います。
私個人の意見は、小学生ですのでルールを守るということで自分をコントロールすることを身に付けさせることはいいことだと思いました。
Aさんの立場だったら、校長も「ただルールを守れ」というのではなく、どうしてルールがあるのかを考えて欲しいと言っているので、そのようにすると思います。
79. Posted by 恵良研二   2018年03月13日 00:48
校長先生の方針に従う感じていいと思います。でも子供たちだけで解決するのは難しいと思うので、そこは柔軟に対応したいです。ありがとうごさいました(^-^)
80. Posted by 藤城直樹   2018年03月13日 00:57
ブログありがとうございます。
倉敷の町並みと着物がよく似合っていますね!
ルールはなくても生活していけますが
困ったときにどちらがよいのかを教えて
くれるものだと思いました。
なぜそのルールがあるのかを考えることは
とても重要なことだと思います。
私がAさんだったらまずは方針に従い
やってみて、困るようなことがあれば
校長に相談しに行くと思いました。
81. Posted by 小林匠   2018年03月13日 04:41
ブログありがとうございます。
何のためのルールなのか自分達が理解していないで使っていないか気になりました。子供の為のルールなのに、自分達が楽をしようとして作ったルールになっていないかなと感じました。本当に必要なものはしっかり伝わって使われるようになるのではないかと思いました。
82. Posted by 小島 章子   2018年03月13日 05:36
杉井先生、ブログをありがとうございます。
個人的にはルールは必要だと思います。国も法律があったり、会社も規則があったりしていて、そこのルールを守ることは大切だと思います。
Aさんだったら、ルールを全部なくしているわけではないので、校長先生の方針に沿ってルールの意味を見直してみると思います。ルールの意味を考えることは悪いことではなく、そのルールを守ることの大切さを教えてあげます。
83. Posted by 大村達也   2018年03月13日 05:53
しっかりとしたルールがあるならそのルールにしたがって行きたいです。
84. Posted by 窪田貢   2018年03月13日 05:59
杉井さん、ブログありがとうございます。
ルールは最低限のことは必要だと思います。校長先生の方針には私は従ってやって行くと思います。子供たちとルールの意味を考えて進めて行くというのは私の考えでは良いことだなと思いました。ルールは様々な場面や場所にありますので子供たちとそのルールについて考えて行くことは良いかなと思いました。
ありがとうございます。
85. Posted by 冨澤 貴那緒   2018年03月13日 06:04
ブログありがとうございます。
難しい問題ですね。校長先生のチャレンジ精神はとても良いと思います。学校は生徒の学ぶ場所でもあると思うので生徒に気付いて欲しいというのは個人的には賛成です。
86. Posted by 才木祥子   2018年03月13日 06:04
ブログをありがとうございます。

「自発的に考え行動できる生徒になる」というのが校長先生の考えるゴールであれば、細かなルールに関してもその意味を子ども自身に考えさせるきっかけを作ることは理にかなっていると思います。
小学校に入ることでこれまで家族という小さな密な枠から一気に地域や学校という大きな枠に入り「社会に出る」ことを感じ、その上で皆んなが気持ちよく支え合って過ごしていけるための最低限のマナーがルールだと思います。
北村さんのおっしゃるように、自分であればまずは一度やってみて、現場の声を擦り合わせながらより良いゴールに着地できるよう一緒に作り上げていくことが大事かなと思います。
87. Posted by 飯室隆一   2018年03月13日 06:32
ブログありがとうございます。
子供達を校則で窮屈にするのは指導者からしたら負担が減って楽だと思います。問題が起きた時に子供達自ら校則なりルールを作った方が成長するような気がします。
88. Posted by 石川 直文   2018年03月13日 06:45
杉井さん、ブログありがとうございます。
新たな取り組みに、先生方の不安や緊張もあるかと思います。
その上で、校長先生の意図、考えを理解して
子供たちに考えさせたい、自分で取り組んでいくことの
大切さ、ルールは少ない方が良いのではとの方針を
進めていく中での問題点を
問いかけていかれては、いかがでしょうかと
伺います。
ありがとうございます。


89. Posted by 山本陽介   2018年03月13日 06:49
杉井さんブログありがとうございました!まるで江戸時代の景色ですね。
Aさんは、校長先生の意向に沿って行動すれば良いと思いました。その上で校長先生が喜ぶ工夫を考えてプレゼンするとさらに良いと思いました。
90. Posted by 鈴木厚志   2018年03月13日 06:58
倉敷いい味出てますね!
人力車の青年と街並みの写真が好きです。

校長も先生方も子供たちを育てるという目的は共有していると思うのでやり方の違いやその効果について実験してみようよという提案はどうでしょう。
91. Posted by 雨宮恵美   2018年03月13日 07:11
ブログありがとうございます。
倉敷風情がありますね。
ルールを全て外し自己責任の中で団体生活をしていくのは指導する立場としては大変だと思います。
ルールばかりに縛られても主体性や思考力がなくなりますのでほどほどが良いと思います。
責任者は校長先生ですので校長先生に従いその中で工夫して楽しくやるか辞めるかだと考えます。
92. Posted by 岡村教正   2018年03月13日 07:18
ブログありがとうございます。
倉敷の写真は趣があって素敵ですね。
校長先生はAさんの上司に当たるわけですから校長先生の方針に従うのが一番だと思います。
その上で周りの部会の方との連携を取っていかれたら良いと思いました。
ありがとうございました。
93. Posted by 雨宮淳市   2018年03月13日 07:34
杉井先生ブログありがとうございます。倉敷の街並みは本当に江戸時代のようで素敵ですね。
ルールは、学生にも社会でも必要だと思いますがルールがなくても自分で考えて正しい行動をしていくことも大切です。しかしこの場合は校長先生の方針に従うしかないと思います。
94. Posted by 伊村真美   2018年03月13日 07:38
とても大事な事例で、考えさせられました。
個人的には、校長先生の意見に賛成です。

ルールが誰のためのものなのか。
問題を未然に防ぎ先生達の手がかからないようにするためのものなのか?
子供たちが必要と判断し出来たもなのか?
ルールを守る側の子供たちが考えたものでないと身についたとしても意図が違うものになってしまうと思います。
私がAさんでしたら、校長の指示に従い校長先生の目指すゴールへ近づけるよう協力します。
95. Posted by 松本ゆき   2018年03月13日 07:43
校長先生の考え方は素晴らしいし、小規模な小学校ならではでいいなと思いました。命に関わる事は別として、トラブルが起きたら、何の為にルールが必要なのかを考えさせる良い機会だと思いました。部会の先生方が校長先生の方針に従う事も社会のルールだと思いますが。
96. Posted by 小田 渉   2018年03月13日 07:50
私も校長先生と同様に規則などは
なるべく少ないほうがいいと考えております。
また、今回のケースは
学校自体も荒れているわけではないので、
校長先生の方針があっているのではと考えます。
今回の場合は何か問題が起きればその都度
校長先生に確認、対策などを
提案したらいいのではと思います。
97. Posted by 市村 智   2018年03月13日 08:02
おはようございます。
ブログありがとうございます。

ルールは少ない方が良いですね。
然し程度にもよりますが、問題が起きてからでは遅い事もあると思います。
何の為のルールなのか誰の為のルールなのか、話しあって進めていくのがベターでは無いでしょうか。
それでも纏まらなかった場合は、問題が起きた時の最終責任者は校長先生と思いますので、最終責任者の意見に沿った方が良いと思います。
98. Posted by 小林弘子   2018年03月13日 08:08
「ルールについて考える(1)」ありがとうございます。

課題についてですが、まずは、校長先生
と、他の先生方と話し合いを持った方が
いいと思いました。校則と同じで、
上が決めた事だから従えというのでは
現場を支える先生も混乱すると思い
ました。

倉敷は時代劇のようで、タイムスリップ
したように感じました。実際に船に乗って
いけるとはいいですね。
99. Posted by 米永沙織   2018年03月13日 08:27
ブログありがとうございます。

着物の方もいるとますます雰囲気が良いですね。
時間がゆっくりと流れる感じがします。
人力車のお兄さんはやっぱりイケメンなんですね(笑)

ルールについてはいつも考えさせられる問題です。
規則がないと何でもアリだととらえられてしまうので、この場合はこうというルールがありますが
それに当てはまらないと全くそれが通じなくなります。
なぜこのルールがあるのかや具体的に何の目的があるのかを説明することが必要だと思います。
100. Posted by 梅澤有里   2018年03月13日 08:32
5
ブログ、ありがとうございます。

昔ながらの街並みが好きなので、1度行ってみたいなと思います。

自分たちで、何故この決まりがあるのか考えるのは、とてもいいと思います。
生徒を危険から守る為のルールなら私も必要だと思います。
でも、どうやって指導するのか...。
すみません、考えましたが出てきませんでした...。


101. Posted by 湯本晴彦   2018年03月13日 08:37
杉井さん、ブログありがとうございます。
私はマニュアル化を推進してきて、社員さんとの関係が悪くなったと思っています。
必要なルールもあると思いますが、ルールで縛ると言うより、皆の雰囲気でそうしていたくなるという方が、楽しかったり、自分の存在感が感じられるように今は思います。
周りの先生たちは、なかなか自分の考えを変えようとはしないと思いますが、校長先生に共感する人が他にいないか探すかなと思いました。
102. Posted by 村田大貴   2018年03月13日 08:41
ブログありがとうございます。

昔から続いてきたルールだから、と思考停止せず、大人たちも何の為にそのルールがあるのか考える必要があると思います。そしてそのルールが子供たちの命を守るためのものや、取り返しのつかないことになるのを防ぐ為のものであれば失くしてはいけないと思いますし、あまり重要でないと思われるものであれば校長先生の意向に従い、失くしても良いと思います。

子供にとって、ある意味が理解できないルールで「ルールだから」と押さえつけられては反発したくなってしまうものだと思います。しかし、「君たちの命を守る為のものだから」と言われれば納得できるのではないかな、と思います。

ハガキ452日目
103. Posted by 山本真理子   2018年03月13日 08:56
杉井さん、ブログありがとうございます。


その校長先生は、素敵な方だと思います。
当たり前のルールについて、小さい時は考えたことはありませんでしたが、どうしてそうなるのか自分で考えさせるのはとてもいいと思います。

時間はかかると思いますが、校長の意見をどうやったら取り入れられるかに動いていい気がします。
104. Posted by 宮崎昌美   2018年03月13日 08:59
今日もブログありがとうございます。
ルールだから守れ!ではなく、どうしてその規則があるのか考えさせたい。という思いは、子供達の未来へつながる考える力を育てようとしているのかなぁと思いました。Aさんの立場なら子供たちが卒業する時にどんな力を養っていくべきかを考え、他の先生とも意見を交えながら校長先生の意思にしたがうのではないかと思いました。
105. Posted by 新穂杏奈   2018年03月13日 10:52
ブログありがとうございます。

私は、校長先生に今出ている意見を伝えたうえで
校長先生の意向にそっていくと思いました。
106. Posted by 市之瀬優   2018年03月13日 21:31
ブログありがとうございます!
自分も魅力のある人間になれるように頑張ります!
107. Posted by 坂本憲彦   2018年03月14日 17:00
杉井先生、こんには
私は、学生時代によく生徒指導の先生をこまらせていました(^^)ぶつかったぶん、今でも交流があります。ルールの件ですが私は、いかなる事も決め事は会社であれば、社長が道筋を示すことが必要だと考えています。ですからあくまでも会社の方針に社員が議論を、重ねながら近づいて行きその中からアイデアが浮かんで方針にたいして肉付けがされていくのでは?と思います。ですから、生徒に対して聞くとか?その都度生徒から意見を聞きながら?とは?確かに一見聞くと良いような気がしますが責任転換できる環境だなと‥。校長先生が基本の軸となる考えや方針をルールとして決めておきながら、
その基本軸を、元に生徒から意見など問題があった場合には対応するなど、基本軸(ルール)は、必要では、ないのかな?と思いました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
城市さんの一言ルールについて考える(2)