DSCF1117このブログがアップされる頃は、日本に向かう飛行機の中だと思います。

今日は「水の都」ベネチアの写真を紹介したいと思います。

今回の旅は、ドロミテが中心でベネチアはオマケみたいなものです。

ですから、ドロミテでは二泊ずつだったのですが、ベネチアは一泊だけです。

それだけに時間を無駄にしないように過ごさなくてはなりません。

ところが、この時期のベネチアは、日本並みに暑いです!!

とにかく暑い!

DSCF1130凄く暑い!

倒れそうになるほど暑いのです!

それまでドロミテの涼しいところにいたので、ベネチアの暑さが応えます。

ここまでの暑さは、チョット予想外です。

この暑さの中でベネチアの写真を撮り、今回の旅の目玉でもあるブラーノ島に行きたいと思っています!

ここベネチアの撮影ポイントと言えば、サンマルコ広場とリアトル橋の夜景、あとはゴンドラからの景色と相場が決まっています。

特にサンマルコ広場は「世界で最も美しい広場」とか「大理石造りのサロン」と呼ばれていて、朝、昼、晩でそれぞれ表情を変えます。
DSCF1133
また、リアトル橋からの夜景は、ベネチアを代表する夜景スポットとなっています。

しかし、ベネチアは迷宮のような町なので、慣れていない人は一人で歩くと道に迷ってしまいます。

私も初めてベネチアに来たときには、道に迷って苦労をしました。

そのため以前来た時は、サンマルコ広場の写真と、ゴンドラに乗った写真がやっとでしたが、今回は違います!

前回、道に迷ったおかげで、ベネチアの大体の地理が頭に入っているので、地図がなくても目的地に行けます。

DSCF1136おかげで暑い気温の中でも、限られた時間で撮りたいところに写真を撮りに行けるのです!

これが「経験の差」だと思うのです。

この旅行中、私は「妻が願った最後の『7日間』」以外にも、ジョン・クルンボルツ博士のカウンセリングの動画を観ていました。

ジョン・クルンボルツ博士の「計画された偶発性理論(プランド・ハップン・スタンス・セオリー)」については、このブログでも何度か紹介していますが、人生と言うものは予定(計画)したようにうまく行くものではありません。

しかし、そこで起こったことを上手に活かしていくことで未来が拓かれるという思うのです。

DSCF1138たぶん私は、このブログを読んでいる誰よりも、失敗を繰り返してきて痛い目を見ていると思います。

そのときに学んだことによって、今の人生(生き方)があると思うのです。

私はマネージメント・ゲームで、「経営計画の重要性」を毎回話していますが、計画の通りに行くことが必ずしも良いことだとは思っていません。

計画を立てる重要性は、その通りになることよりも、今いる場所がわかり、次の一手が決められることだと思うのです。

例えば、自分の目指す学校に合格することが目標の人も、必ずしもその学校が自分に合っているかどうかはわかりません。

DSCF1149仮に希望する学校に不合格になったとしても、合格した学校での生活をいいものにすれば、それが最良です!

それと同じで、自分の計画の通りに大型工場を建てたとしても、そのときにその工場が必要なくなっていたら、意味がありません。

計画の通りにいくことが必ずしも良いわけではなく、その状況によってなすべきことは変わってくると思うのです!

それなのに、「計画通りいくことが成功(いいこと)」「計画通りいかないことがが失敗(悪いこと)」というのはとてもおかしな考え方だと思います。

大事なことは、その環境において学ぶことだと思うのです。

DSCF1153自分を責めても、人のせいにしても、自分が成長しなければ私たちの生き方は向上しません。

自分の生き方が向上しなければ、私たちの人生は変わらないと思うのです。

自分を責めたり、人を責めることは簡単なことです。

しかし、大事なことはそのことによって何を学び、どれだけ自分が成長したかであって、それによってその後の人生がどれだけ良くなったかだと思うのです。

世の中、どこに行っても苦手な人はいますし、好みではないことは起きるものです。

DSCF1157そのときは上手く対応できなかったとしても、そこで学習して、次はより良い生き方が出来るようになったらそれが一番いいことだと思うのです。

私は自分の計画や理想にこだわることは、非現実的だと思っています。

自分の理想や計画よりも、自分の目的や今の状況に合った選択ができる生き方を身に着けて行ってほしいと思うのです。

皆さんは、計画通りにいかないことを悪いことだと思っていませんか?

自分の理想を求め過ぎていませんか?

どこまで成長しても、理想通りの人生などないと思います。

DSCF1181しかし、いろいろな出来事から学習して、生き方が成長した分、不快なことは減っていくと思います。

ですから、理想と違うことや不快なことを悪いことだと考えるのではなく、ぜひ学習の機会にして、私のようにベネチアを自分の足で歩けるようになってもらいたいと思うのです。

起こったことが問題なのではなく、そこで何を学習したかが問題なのです!

ベネチアも暑かったけれど、日本も暑いのでしょうね。

明日はブラーノ島の写真を紹介するつもりでいるので、ぜひ楽しみにしていてください!

今日のひとこと
「上手くいくことよりも、失敗から学習することが人生を良くするのです!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!