上海(1)昨日から今日にかけて、私のところにはいくつもの相談が来ています。

これはたまたまかもしれませんが、今回起きた問題の数々は、まさに「のど元過ぎれば熱さ忘れる」を地で行ったような内容ばかりでした。

そこでもう少し昨日の内容を深めておきたいと思います。

多倫路文化名人街(1)私は「伝統(ルーツ)を大切にすること」が、他力を集めるうえでとても大事なことだと思っています。

「伝統」というと昔から続いている文化(tradition)を思い受けべるかもしれませんが、私が言いたいのはどちらかというと起源(origin)に近い意味の「伝統」です。

私たちは、いろいろな人のお世話になって今がありますが、つい自分の力だけで生きている気になって、過去のお世話を忘れがちです。
多倫路文化名人街(2)
しかし、その時のお世話がなければ、今はないと思うのです。

そうしたルーツを認めて大切にすることが、私は大事だと思っているのです。

例えば、人に紹介してもらった方から仕事の依頼が来たとしましょう。

多倫路文化名人街(3)そうしたときに仕事をくれた方にお礼を言うだけでなく、その方を紹介してくれた方に「以前ご紹介いただいた〇〇さんから、お仕事の依頼をいただきました。本当にありがとうございます」と連絡することが大事だと思うのです。

ところが、「人は紹介してもらったけれど、仕事をもらえたのは自分の努力の結果だ」と考えて、お礼の電話をしない人が多い気がするのです。

多倫路文化名人街(4)しかし、出会いがなければ、努力のしようがないのが事実なのです!

そうした伝統(事実)を頭に入れて生きることが、大人の生き方だと思うのです。

物事を人のせいにしている人は、こうした事実を無視して偏ったものの見方をしていると思うのです。

今月も静岡経営塾の感想文を宮本さんが送ってきてくれたので、紹介しておきます。
豫園(1)
経営塾2日間ありがとうございました。

今回はいろいろあったので何について書こうかと思いましたが、山中湖CL楽習会での「私がCLと出会って」について改めて考えてみました。

考えてみるうちに、私が経営塾にお世話になろうと決めたのは、儲け方を教えてもらおうと思ったからだったことを思い出しました。

豫園(3)確か杉井さんにも、そのようなお手紙を書いた記憶があります。

しかし、途中からそれはズレていたと気づかせていただきました。

山中湖の学ぶ会でお話させていただいた息子のことを始め、両親とのことなど、いろいろと受け入れがたいことがある中で、どう生きていくのが自分や周りの人にとって良いのか、自分のことを今までこれほど考えたことはありませんでした。

豫園(2)私は自分のことをまともな人間だと思い込んでいて、人の言うことを聞かなかったり、相手にしていただいたことに対しても、感謝というよりも「負けた」とか「借りを作ってしまった」、もっとひどければ「やるのが当然」ぐらいの見方をしてきたと思います。

今考えると、とても歪んだ考え方をしていたと思います。

これでは人生がうまくいかないのは当たり前でした。

今でもそういう時が見え隠れしますが、経営塾や学ぶ会に来る方と接することで、何だか「恥ずかしいな」と思うようになりました。

豫園(5)初めてMGをやったフルーツパークで、野沢さんに「ここの方達(経営塾や学ぶ会)と接していると、自分の腹黒くて意地汚い部分を浮き出させられているようで恥ずかしいです」と伝えた事があります。

その時、野沢さんが「そんな事ないですよ。自分にもそういう時があります」とやさしい言葉をかけてくださったことを今でも思い出します。

豫園商城(3)CL基礎講座での内観や、遺書・弔辞の課題を通して、自分がこれまでとても支えてこられたことがたくさんあり、自分では相手に「してやっている」と思っていたことが、実は「していただいていること」だったことに気づきました。

また、「感謝している」と思っているだけでは思っていないのと同じで、きちんと「ありがとう」と伝えることが大切だということを学ばせていただきました。

特に両親に「ありがとう」「ご苦労さま」と言うようにしたことで、最初は恥ずかしかったですが、いまでは自然に言葉が出るようになりました。

豫園商城(2)両親はどう思っているのかはわかりませんが、私自身が父や母にしていただいていることに気づくようになったことは、CLのおかげだと思います。

まだまだCLというものがわかっていなかったり、ダメな自分を責めて止まってしまうことがありますが、素晴らしい仲間と学び舎で、これからも学んでいきたいと思います。

豫園商城(4)12月に入り慌ただしくなってくる中で、このような考える機会をいただきありがとうございました。


今日のひとこと
「いいことがあったときは、誰のおかげでこの幸せが手に入ったかに思いを巡らせましょう!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!