DSCF0059昨日は焼津の花火大会でした。

本当は8月14日に行われるはずだったのですが、台風のため延期されていました。

でも、秋の花火もいいものですね!

私は人混みが嫌いなので、地元の祭りや花火大会に行ったことがありません。

DSCF0080たぶん私が焼津の花火を観たのは40年ぶりくらいで、これが2度目です。

カメラをやっていなかったら、おそらく行かなかったと思います。

今日は焼津の花火大会の写真でお楽しみください。

私は、昔の立派な人の生き方を参考にして会社を経営してきました。
DSCF0109
もちろん元々の人間性が腐っているので、「参考にした」と言っても人から見たら遠くかけ離れたものだと思いますが、おかげで30年間一度も赤字を出すことなく増収増益を続けてこれました。

これは30年前にマネージメント・ゲーム(MG)で学んだことを実践してきたからです。

DSCF0120そのため、たくさんの人に「マネージメント・ゲームをやった方がいいよ!」と伝えてきたのですが、マネージメント・ゲームをやっても一番大事なことを身に着けるは少ない気がしています。

そこで今日は30年間、増収増益の秘訣を書いてしまおうと思います。

本当に大切なことは、人から答えを教えられても意味がなく、自分で気づかないと実行できないと思っているのですが、このままではダメになってしまう会社もある気がするので今日は書いてしまいます。

しかし、MGで3回くらい続けて優勝できなかったらわかったつもりにならないでくださいね。
DSCF0123
知っていることとわかっていること(やれること)はまったく違うのです!!

私がMGで学んだ会社が儲かる秘訣は、「遠くを図る」ということです!

二宮尊徳の言葉に「遠きをはかる者は富み、近きをはかる者は貧す」という言葉がありますが、まさにそれです。

DSCF0125今年の業績よりも、来年以降の競争力を高めることに注力してきたことが、30年間の増収増益につながったと思うのです。

MGをやった方なら「次繰りのことでしょ。そんなことは知っているよ!」と言う人がいると思いますが、では今年の業績よりも来年以降の競争力(魅力)を高めている人がどれだけいるでしょう?

ほとんどの人は、今起きていることに一喜一憂しているだけではないでしょうか?
DSCF0138
旅館などの経営を見ていても、今期の業績ばかりを見て人を育てていない旅館がたくさんあります。

確かに派遣やアルバイトにお願いしても今日の仕事を回すことはできるかもしれませんが、果たして会社の質は高まるのでしょうか?

確かに人を育てることは手がかかることです。

しかし、それを後回しにした結果、新入社員を入れてもすぐに辞めてしまったり、求人しても良い社員が入ってこない会社がいくらもあります。

DSCF0146中国のことわざに「流れない水は腐る」という言葉がありますが、優秀な人材が入ってこないと、そこにいる社員さんたちは胡坐をかいて腐っていきます。

現状を打開するために新しく何かをやろうと思っても、それをやってくれる人材がいないのですから、うまくいくわけがないのです。

ここでは会社の採用を例に挙げて書きましたが、これは決して人に限ったことではありません。
DSCF0186
私はずっと前から「一年にひとつ新しい魅力をつけなさい」と言い続けてきましたが、去年よりも今年の方が付加価値が高まっていなければ、目には見えなくても劣化は進んでいるのです。

若い人はわかりにくいかもしれませんが、40歳くらいになって同窓会に出席してみればどのくらい自分たちが劣化しているのかよくわかると思いますよ!(笑)

それだけ私たちは若さ(命)を投資しているのですから、その分の新しい魅力をつけなければ、競争力(価値)が下がるのは当然のことなのです!

DSCF0210皆さんは5年前の自分と比べて、どれだけ進化したでしょう?

5年後のあなたは、どれだけ価値が上がっているでしょう?

価値が上がらずに、収入が増えるはずはないのです!

それなのに今を回すことばかり優先している経営者がたくさんいるのが現実なのです。

しかし、DSCF0214そんなものは「経営」ではないのです!

私が30年前にMGで学び、やり続けてきたことは「今年よりも来年がもっと強くなること」それだけです!


しかし、繰り返しになりますが、答えを知ってもわかったつもりにはならないでくださいね!

今よりも将来が楽になるように準備しなければ、知ったところで意味のないことなのです。
DSCF0217
あっと言う間に、若さはなくなりますよ!

今日のひとこと
「流れない水は腐る!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!