ゲームは面白いのに、実際の人生はあまり面白くないという人が多いのはどうしてなのでしょう?

もし実際の人生が面白かったら、そもそもゲームなどやっていないと思うのです。

どうしてゲームは楽しいのに、人生は楽しくないのか?

これは私の考えですが、おそらくゲームの方が目的が明確で、やったことの成果がわかりやすいからだと思うのです。

ゲームでは、お金を払えばすぐに武器が買えますし、買えばすぐに効力を発揮します。

しかし、実際の人生では少しくらい勉強しても成績は上がりませんし、筋トレをしてもすぐにはムキムキにはなりません。

だから努力するのが面倒になってしまうのだと思うのです。

でも、よく観ると実際の人生は、ゲームよりももっと結果が早い気がするのです。

「五誓の言葉」をやった人ならわかると思いますが、一番最初に合格した人は大したものだと思いますが、何度も不合格をもらい心が折れかけてもあきらめずに練習している人の姿はとても輝いています。

つまり、その人は合格したから輝くのではなく、合格する前にもう輝いているのです!

だから、人生の価値を「どうなったか?」で決めるのではなく、「どれだけ輝いたか?」で決めたら、人生がもっとわかりやすくなると思うのです。

そうなるために私は「建設的な対応」を教えています。

建設的な対応というのは、人の心遣いや、見逃しがちな良い行動を認めて、それに対して敬意を示すことです。

それを続けていくと、「どうなったか?」よりも「どう生きたか?」の方が輝いて見えるようになってくるのです。

サッカーでも野球でもゲームの目的は「勝つこと」ですが、試合の勝利よりももっと大事なことは、自分自身が最高のプレーをできたかどうかだと思ます。

笑顔での挨拶に始まり、身だしなみを整えること、周りをよく見て落ちているゴミを拾うこと、人の良いところを言葉にすること、困っている人の手伝いをすることなどなど、いいプレーしようと思ったらそのチャンスはいくらでもあります。

しかし、不幸な人たちはそうした輝くチャンスを捨てながら、「幸せになりたい」と言っているのです。

私が幸せになる方法は、自分の能力を活かして人の役に立ち、人から喜ばれることだと思います。

それが上手になると収入も増えると思うのです。

時々、「儲からない」と嘆いている人がいますが、儲からないのは、自分が儲かることばかり考えていて、人を喜ばせていないからかもしれませんよ!

皆さんの周りをよく観てください。

きっとあなたが輝く(人生を良いものにする)チャンスがあると思います!

今日のひとこと
「輝いた時間が多い人生が、良い人生なのです!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!